09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

EURObiZ Japan 8月号の表紙を飾る谷垣総裁がかっこいい! 

EURObiZ Japanという、ビジネスマガジンの2012年8月号に谷垣総裁の記事が掲載されました

http://allowallthoughts.com/14-eurobiz
------------------------
EURObiZ Japanは欧州商工会議所(EBC)に代わりParadigmが出版している月刊のビジネスマガジンです。駐日欧州企業と個々の活動をより活発にする事を目的とし、2010年1月に創刊されました。創刊に際して心掛けたのは、見た目がクリーンでモダン、そして大胆である事。読者に訴えかける、魅力ある写真もその他のビジネスマガジンと差別化を図る重要なポイントの一つです。
------------------------

見た目がクリーンでモダン、そして大胆であること!だそうですが、この表紙がめっちゃくちゃかっこええんだわー! 
http://eurobiz.jp/current_issue/

早速我がiphoneの壁紙にさせていただきましたですー。

英文ですので最初適当に和訳をしたんですが(ずっと総裁の話をおっかけてるので大抵想像がつく感じですし)、さすがにこの政局なので間違えてもいかんと思い、その後にちょっときちっとある手を尽くして確認しましたw。

解釈は英文が優先しますということを前提にご確認ください。

総裁を知らないという方によんでいただけたらなぁ。

開いていくと雑誌のように読めます。22-23ページ。http://eurobiz.jp/current_issue/

http://eurobiz.jp/2012/08/waiting-to-pounce/
David McNeill talks to Sadakazu Tanigaki, president of the Liberal Democratic Party

I n 2009, Japan’s Liberal Democratic Party (LDP) was at its lowest historical ebb. After over half a century of almost continuous rule, the party was dumped from power by the rival Democratic Party of Japan (DPJ), which promised something akin to a political revolution. Nearly three years later, however, the DPJ’s factionally held majority in the lower house is in disarray, and the administration recently has had to shift much closer to the LDP on fiscal, defense and social security policies in order to pass key legislation. Most political observers say it is only a matter of time before the Noda administration collapses, pointing to the growing gap between policy and campaign promises. But what would a resurgent LDP bring if back in power?

谷垣禎一自由民主党総裁へのインタビュー
取材:デーヴィッド・マクニール(David McNeil)

2009年(平成21年)、自民党は党史上最悪の衰退期を迎えていた。半世紀以上にわたり与党として君臨してきた自民党は、政治改革を公約に掲げた、ライバルである民主党に政権を奪われたのだ。しかしそれから3年近く経った今、民主党が衆議院に獲得した議席の過半数はその団結を欠き、主要な法案を可決させるため、特に財政、防衛、社会保障に関し、政策を自民党の主張にかなり近いものとせざるを得なくなった。政治評論家のほとんどは、野田民主党政権の崩壊は時間の問題と見ており、民主党の政権公約と実政策の一層の乖離を指摘している。では自民党が政権に返り咲いた場合、どういったことが起きるのだろうか?


Are you confident that the LDP will return to power soon?

The right to dissolve parliament belongs, of course, to the prime minister. But I believe very strongly that in the next [general] election we will become the majority party [in the lower house]. I think we will see a major change in the country’s political composition by next year. What I can say is that the current government is in violation of its own manifesto, which it drew up three years ago. They have fundamentally accepted our bill on social security reform. When they came to power they promised expanded social benefits, including a new minimum pension and special medical insurance for people over 75. Those things are no longer possible. So what do they stand for?

マクニール:自民党はまもなく政権を奪還するとの確信はありますか?

谷垣:解散権は当然ながら総理大臣が握っていますが、次の総選挙で自民党が(衆議院で)過半数を獲得できると確信しています。来年までには、日本の政治体制は大きく変化していると思います。現時点でいえるのは、現政権は3年前に公約したマニフェストに違反しているということです。民主党は社会保障改革に関する我々の法案を基本的に受け入れました。政権発足直後は、最低年金給付額改定や、75歳以上の後期高齢者に対する特別医療保険など、社会保障で得られる利益の拡大を公約としていたんです。これらの公約はもはや実現不可能です。そうしたわけで、民主党が今一体何をなすそうとするのかまったくわかりません。


Why should European governments and companies welcome an LDP government?

To answer that, you have to look at the current DPJ government. Their identity has essentially collapsed. That’s the biggest problem facing us today. Against that backdrop, you have the European debt crisis and the attempt there to unify fiscal policy.

Asia has been pulling the world’s economy along so far. China is the EU’s biggest trading partner, but it is slipping. So, in this very difficult time for the world economy, Japan needs to be very strong and sure of which direction it is heading; but it is not. Without blowing our own trumpet, I think that our party can offer a lot of assurance to the world, based on our long experience of governing. So when we are asked what the LDP would do, we would be sure of our direction. We would be clear about future areas of growth and the need to invest in them.

マクニール:欧州各国並びに企業が、自民党政権を歓迎しなければならない理由はなんでしょう?

谷垣:その質問に答えるかわり、現民主党政権を見て頂かなくてはなりません。民主党の党としてのアイデンティティーはもやは根本的に崩壊しているんですが、これが我々の抱える最大の問題でもあります。日本側はこういった事情ですが、一方の欧州では多くの国が債務危機に陥っており、その解消のため財政政策の統一を試みていますね。

昨今、世界経済を牽引してきたのはアジア地域です。中国はEUの最大取引国ですが、その牽引力は減退してきています。世界経済が苦境に陥っている現在、日本は方向性をしっかり定め、状況に対し毅然と立ち向かう必要があるにもかかわらず、それができていません。自慢話をするわけではありませんが、長年政権を握ってきた経験豊富な我々が与党となれば、日本は世界各国の信頼をもっと得やすくなると思います。自民党がどのように日本の舵取りを行うつもりかと聞かれれば、我々の方向性はしっかり定まっていると回答いたします。将来的な成長分野と、それらに対する投資の必要性をしっかりと明らかにしていくつもりです。


One of the long-term criticisms of Japan is that foreign investment is comparatively low and that foreign firms find it difficult to operate here. Isn’t that partly a legacy of LDP rule?

Well, there were a lot of changes under the [Junichiro] Koizumi administration [2001–2006]. The LDP created the Invest Japan campaign and drew up other policies on investment and trade. I don’t think that that fundamental direction has changed under the current government. I think the bigger problem is with the broader policy and financial details. I’d like the current government to return to that Invest Japan policy.

マクニール:日本に対しては、外資率が他国に比べ低いこと、また外国企業がビジネスをしにくいことが長らく批判されてきました。これは過去の自民党政権のあり方が一因となっているのではありませんか?

谷垣:そのことについては、小泉政権(平成13年-18年)時代に多くの変化がありましたね。自民党政権は「INVEST JAPAN」対日投資キャンペーンを展開し、同時に投資と通商に関するその他の政策も立案いたしました。現政権がこの流れを抜本的に転換させたとは思っていません。むしろ本当に問題を抱えているのは、より大枠の政策と具体的な財政ではないでしょうか。現政権が「INVEST JAPAN」政策を復活させることを望みます。


The UK prime minister, David Cameron, has recommended that the EU offer Japan a free trade deal to help it recover from the 3/11 disaster. Tokyo has agreed to address long-standing complaints over non-tariff barriers, prompting the EU Commission to say in May that it is ready for FTA negotiations with Japan. What would the LDP do to expedite these negotiations?

We are in opposition, so we don’t have exact details about how far these negotiations on free trade have gone with the current government. But I can say that at the end of our administration we were already striving in negotiations for an FTA. There is naturally a lot of interest in the EU about lowering our trade barriers. I think we have to work hard to solve those issues once in power.

マクニール:キャメロン首相は欧州連合(EU)に対し、日本との自由貿易協定を推し進めることによって3月11日の大震災の復興支援を行うことを提案しました。これに対し日本政府は、長年批判の対象となってきた非関税障壁について対処することに同意し、これを受けた欧州委員会は5月、日本との自由貿易協定締結に向けた交渉の準備があることを表明しました。自民党が政権をとった場合、これに関しどのように対処しますか?

谷垣:我々は野党なので、現政権下でこの話し合いがどこまで進んでいるのかその詳細はわかりません。しかし自民政権の終わりごろ、我々は既にある自由貿易協定(FTA)に関し交渉努力を続けていました。我が国の貿易障壁を下げることについてEU諸国は当然ながら多大な関心を持っていますね。政権を獲得した暁にはこれらの問題に真摯に取り組まなければいけないと考えています。


Are there any clear disagreements between the LDP and the DPJ on trade and investment?

I don’t think so. Our differences are in domestic economic and fiscal policies, and security issues. The DPJ is not clear regarding those areas, and that’s where so many of the problems lie. Another problem is that the DPJ is strongly supported by trade unions. There are many demands from the unions, and the party has trouble standing up to them. That’s one of the fundamental areas of difference with the LDP. Prime minister [Yoshihiko] Noda’s government still believes in big government. We believe we have to pare down social spending. There is a lot of mistrust in government in Japan right now. A fundamental reason is that the DPJ-led government does not know what it stands for. Under these circumstances, we have no choice but to demand that the prime minister dissolve parliament and call fresh elections.

マクニール:民主党と自民党が掲げる投資通商政策の間に、明確な違いはありますか?

谷垣:そうは思いませんね。我々の対立点は国内経済と財政政策、そして安全保障なのです。民主党はこれらの政策が曖昧なせいで、これら分野に多大な問題を抱えています。またもう一つの問題点として、民主党は支持基盤の多くを労働組合に負っています。労働組合が突きつける様々な要求に対し、民主党はうまく立ち向かうことができていません。これが自民党と民主党が根本的に違う点です。野田政権はいまだに「大きな政府」を信じていますが、我々は社会的な支出削減の必要性を確信しています。我が国は今、強い政治不信に陥っていますが、これは民主党政権が自らの主張や方向性を見失っているからです。この状況下では、自民党としては総理大臣に対し、解散総選挙を要求するよりほかにありません。


以上です。あくまでも参考までに。

参考資料
INVEST JAPAN アジア拠点化・対日投資促進プログラム
http://www.invest-japan.go.jp/

いっぱい書きたいことありますが、時間がなくて!自民党頑張るんだぞー!

【民主党外交・選挙制度改革・解散総選挙など】谷垣禎一総裁(2012.08.23)


砥石をだして、伝家の宝刀に磨きをかけておられるようです。

谷垣総裁頑張ってー!
 


審判

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

「CafeSta」カフェスタトーク ~水曜担当・三原じゅん子議員~(2012.8.22)

尖閣に足を運んだ新藤議員のひじょうに核心迫る体験談です。必見です。テレビでやれよー!カフェスタえらいなぁ。カフェスタのほうがためになるよ。

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/785-61fc566f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。