05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

愛政塾・谷垣総裁講演要旨後半貼ります。 

自民党本部のHPは見やすく、綺麗ですが、自民党愛知県連のHPはうーん。。。京都自民党のHPはとにかくかっこいいと思いますが、愛知は・・・と思います。

しかし、愛知政治大学院のHPはすっきり、綺麗だと思います。
http://www.aichi-seijidaigakuin.com/

8/20日、早々に音声データを配信頂きました(塾生全員に毎講義、配信あり)。スタッフさんに実はメールをしたのですが、当日配布した資料も、送付くださるとのことで、待っています。

スタッフブログさんをご紹介しておきます。

多分、書かれているのは、いつも司会の〇さんと勝手に思っていますが、このスタッフさんはねー、ルナの人相学によれば、めっちゃ、いい人や!間違いない!

ハンサムさんとは違うんだけど、とにかくやさしそうだけど、賢そう。背も高く・・・と脱線しそうだw いつぞや、愛知のどこからの選挙区から衆議院議員として出馬して頂きたいと思います。こっそり応援!

愛政塾 スタッフブログより
谷垣自民党総裁 来たる!2012.08.18
http://www.aichi-seijidaigakuin.com/blog/entry-343.html
----------------------
今日は、8月講座でした♪
先ほど、暑気払いを終えたところです。
1限目の講師は、シークレットにしていましたが、谷垣禎一 自民党総裁でした!☆

7月からの変更で本当に実現するかヒヤヒヤしていましたが、お越しいただけて良かったぁ。
講座の様子は、また後日♪
----------------------
8月講座1限目2012.08.19
http://www.aichi-seijidaigakuin.com/blog/entry-344.html
----------------------
8月講座1限目では、大勢の受講生、報道関係者が集まる中、自民党の谷垣総裁に今国会の情勢を中心にお話いただきました。
昨日の報道番組や今朝の朝刊で報じられているように、今後の動きを示唆するキーワードが幾つかありましたね。
今後、どのように日本の政治は動いていくのでしょうか??
ところで、いつも思うのですが、「名古屋市内で講演」ではなく「愛知政治大学院(愛政塾)で講演」と報じてくれればいいのにぃ~。 (そりゃ、ムリか!)

あと、昨日、今日掲載した写真は、受講生の池村さん撮影のもの。
まるでプロみたい。
あ、プロか!(笑)

谷垣総裁との集合写真もキレイに撮れてました☆
------------------
・・・・・・・益々、悶絶。。。

さて、昨日の続きです。

雲龍さんhttps://twitter.com/cv_unryuu)の概要ツイートをはっておきます。

雲龍さん、このまとめに随分と時間がかかったようです。本当に頭が下がります。ありがとうございます。
------------------
⑪自民党:谷垣総裁講演概要「橋下市長の市政の刷新については、共感できる部分はある。しかし国全体の政策については、生煮えのところがある。<これ以降の詳細はこちらへ→「「しっぺ返し食う」 第三極の動きを谷垣氏が牽制」http://bit.ly/NOTANy
------------------
⑫自民党:谷垣総裁講演概要「来る総選挙に向けて自民党の立候補予定者の公募については、良い点と悪い点がある。良い点は、人材やリクルート源を拡げることができ悪い体質を変えることができる。悪い点は、地方には地縁があり地元に馴染まないことがある。しかし、これも変えていくことができる。
------------------
⑬自民党:谷垣総裁講演概要「総裁である私も含めて自民党幹部などがマイクなしでの集会や対話を全国で400回以上行っている=ふるさと対話。自民党の良い所は、全国津々浦々に組織があり、地方の意見を中央に集約できる。
------------------
⑭自民党:谷垣総裁講演概要「この地方組織ができていない民主党政府が震災復興できていないのは、地方の意見を中枢に吸い上げられないため。自民党は地方組織からの意見を積み上げて、国の政策にフィードバックしていく。第三極と言われている新しい政党や民主党、みんなの党ではこれは難しい。
-------------------
⑮自民党:谷垣総裁講演概要「自民党がしなければいけないこと。第一に国のあり方を提言する。まずは憲法改正の方向性を道筋をつける。今の憲法では自衛権があるのかどうかはっきりしない。緊急事態での対応が難しい。憲法改正をするには、議会の2/3以上の賛成+国民投票というハードルが高すぎる。
-------------------
⑯自民党:谷垣総裁講演概要「このハードルを議会の1/2の賛成+国民投票に引き下げたい。そして、天皇が元首であることの明記。教育の改革も進めたい。自分のためにではなく、他人のためにどれだけできるかを大切にする教育。第二に、外交と安全保障。安全保障基本法の成立を目指す。
--------------------
⑰自民党:谷垣総裁講演概要「自衛隊の装備の必要最小限というのも、時代によって変わってくるため、見直す余地がある。現在問題になっている領土防衛などについても考慮する。首都機能のバックアップという観点からも国土強靭化を推し進める。自民党政権時も毎年3%の公共投資のカットを行ったが・・
--------------------
⑱自民党:谷垣総裁講演概要「現在の民主党政府はそれ以上のカットを行っているが、やりすぎた。あまりにもドラスティックすぎた。公共投資カットによる地方経済の落ち込みを改善していく。自助・共助・公助の順番を大切にし、自助中心の制度にしていく。第三に日本経済の再生。
--------------------
⑲自民党:谷垣総裁講演概要「日本経済の重要な部分である、科学技術とものづくりを基本に進める。現在は、担当閣僚はいるが、担当大臣が他のことに忙しくて全く前に進んでいない。第四に、エネルギー政策。反原発の方々の主張は理解している。
--------------------
⑳自民党:谷垣総裁講演概要「技術革新の状況をみながら、時間をかけて可能性を求めて最大限の効果を挙げて、エネルギーの安定供給ができるようにしていく。」約1時間の講演終了。講演を聞きながらメモをとりましたので、言葉の使い方や表現は必ずしも総裁の発言と同じではないことをご了承ください。
--------------------
番外編①自民党:谷垣総裁講演後にマスコミを退室させてから受講生からの質問を受け付けました。受講生の質問「政治がよくわからない人にもわかるような、夢がある希望が持てる自民党の政策を教えてください。」 
--------------------
番外編②自民党:谷垣総裁の回答「色々悩んだが、正直でいこうと決めた。是非お話ししたいのだが、今話すと他党に真似をされてしまうので、詳細は近いうちに発表されるのでそれまで待ってほしい。概略としては「外交の安心」と「経済成長のための具体的なプログラム」です。
---------------------
番外編③自民党:谷垣総裁の回答「高度経済成長の時は、生活にゆとりができて日本人もおおらかでいられた。ODAにも賛成してくれた。今は、景気が良くないことでゆとりもなく、財源が乏しい中ODAに反対する人もいる。
---------------------
番外編⑤自民党:谷垣総裁の回答「外交上必要な国にはこれまでとなるべく同じようにODAは行っていきたい。」回答終了。この番外編の部分は、メモもほとんどないため、私の記憶だけで書いていますので、この後発表される自民党の政策と内容が異なる可能性があることはご了承ください。
---------------------
質疑前に、報道陣はおひきとり願い、質疑に入ったようです。

↑ODAについて触れられていますが、少し補足をしておきます。ODAを巡る、国民感情の変化を、述べられているわけです。

面と向かってアフリカの大使から総裁は言われたんだそう。「この頃は中国はいろんなことを細かに考えてくださるんですよね。かつての日本はそうだったけども最近の日本はちょっとそういう気持ちが失せているんじゃないでしょうか」って。

要するに、金の切れ目が縁の切れ目という言い方をされていました。

ここから先は私の受け止めですが、ODAを切れー!っていう声って今、多いと思うんです。消費税増税するなんてけしからん!という理由の一つに、あるかも?しれません。(総裁もそれを理解している発言内容です、もちろん)

でも、大盤振る舞いと言うことはもちろんできないと思いますが、ODAは続けていくのが日本政府の続く姿かもしれませんね。間違いなくODAは、本当に必要な国、に対しては続くものと考えてよさそうです。

これは海外との取引でもあるように思いますが、金を出すことで何を受けとるか?どんな恩恵があるか?それをうまくやってきた、国民、認識しないまま当たり前に華麗なる外交を、苦労を重ねながらやってきたのが、自民党の外交だっと思いますが、それ以上のものを取り戻すと、谷垣総裁はそんな気持ちなのかなと、感じました。

しかし、批判は受けそうだ。誤解もあるかもしれない。今の世論だと。

素人も自民党みたいな人も、真っ赤な社会党みたいな人もごっちゃになった民主党に、ノウハウもない民主党には、、、、到底無理だった・・・ということです。

田中角栄BOTがいつも語っているのですが、「政治は生活である」と。見るたびにウンウンと思います。

老子 https://twitter.com/rousinokotoba
---------------------
恒産なくして恒心なし。『孟子』(経済的、物質的安定がなければ、信念を堅持することはできない。金銭がなくとも高い志を維持できるのが理想だが、人はそこまで強くない。人間社会に身を置く以上、お金との付き合い方を蔑ろにすべきではない。)
---------------------
というわけで、やっぱり経済成長は重要であるということだと思うんです。

今は、マニフェストの目玉は、言うと取られちゃうので言いたくても言えないそうです(笑 が、書かれているように、「外交の安心」と「経済成長の具体的プログラム」は、マニフェストの大きな柱になるとのことですよ。

というわけで、ここからさき、昨日のブログ、今日のブログの補足もしておきます。いつかご紹介するタイミングを、と思っておりましたが、ようやくやってまいりました。

「近いうち解散」について、麻生さんは谷垣総裁に電話したそうです。「おい、谷垣君」と(8月講義音声データよりw)麻生さんのおっしゃる「近いうち」の話は、こちらのブログが詳しいです。

いつも☆ひまわり様のいずれも、渾身のかきおこしです。
今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 8/9(2012)
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/

消費増税について、増税は決まったと思い込んでいる方は、附則18条のお話を、麻生さんの講演のかきおこしから。いろんな背景や麻生さんをまだ誤解している方に。麻生さんの毒舌ってツボにはまるよなぁw

【京都】7.21「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(完)【ゲスト:麻生太郎 元総理
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/721-1fca.html
----------------------
<消費税増税について>

最後にひとつだけ付け加えます。消費税が来年、再来年の4月から上がると、みんな新聞に書いてあるだろう。しかし、法案を伊吹先生や関係者の御陰で、あれは麻生内閣の時にやった104条と今回の18条というのに細かく来年の10月、即ち6ヶ月前、来年の10月に、再来年の4月に消費税を上げるか、幾ら上げるかは来年の10月に決めます。いいですか?上げますじゃないよ。決めます。その時に、経済成長が、名目成長で3%、実質経済成長率を2%打ち出す、ありとあらゆる景気が良くなきゃ上げないって書いてあるんだから。来年の10月までに、今民主党で経済よくなると思う?(会場・笑)3年やっても全く出来なかったんだから。間違いなく出来ない人にさそうたって出来ませんよ。そんなもの。
----------------------

谷垣総裁の、政権奪還への思い。

【京都】7.21 「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(2)【谷垣禎一 自民党総裁】
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-7de8.html

公募の苦労など。麻生さんと谷垣総裁って表だってどうのってないですが、なんとういうか、見えないところでエールを送りあってるのかな?というのを、何となく感じました。

お互い、凄まじいマスコミからのバッシングを受けている、苦労している総裁として(歴代そうでしょうが)、共通の理解があるのでしょうかね。

おっしゃっていることは、もう常に、一定しておりますね^^

そして、愛知政治大学院の講師としての発言でも触れた、公募について、この京都の安藤支部長さんのことについて、公募のご苦労と言うか、裏話をされていますので、興味深く読んでいただけると思います。

2012.7.21 安藤ひろし政経懇談会 谷垣総裁 a-1
(ブログ主様の許可を得て、お写真を掲載させて頂きました)

しかし、、、谷垣総裁の新三党合意で、解散が伸びたと、国民が悶絶している中、新三党合意、谷垣総裁の戦略について、ここまで語る?と、手を差し伸べておられた西田議員の、書き起しもあります。凄まじい。

【京都】7.21 「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(3)【西田昌司 参議院議員】
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-b91b.html
-------------------
皆さん今晩は。ご紹介いただきました参議院議員の西田昌司です。えー、一人5分ずつなんですけどね。やっぱり、あの~、麻生総理と谷垣総裁がおられるとみんな力が入ってですね(会場・笑)少々饒舌気味になってますが5分で終れるように頑張りたいと思います。(腕時計を手に持ちながら熱弁開始)

それでですね、えー、私は安藤さん、公募でありますけど、正にその時の審査を私していましたけれども。もう、ビックリしましたね。まるで私が言ってるのと同じことをですね、仰るわけですよ。で、ほんとにさっき言われたように、あんたと同じこと言ってる人がいるよと言う事で、経歴を聞いてみますと税理士さん。本当に素晴らしい方なんです。
-------------------

そして、三党合意ってやっぱり大きかったと思うけれども、三党合意はこの方なくしてあり得なかった。

7月の愛知政治大学院の講師として、谷垣総裁のピンチヒッターで、快く名古屋に来てくださった伊吹文明議員。

実は、名古屋での講演の後、この安藤ひろし支部長の京都のほうへ参加、つまり往復されてるんですね。

私の伊吹先生の、講義を受けたときの記事。
税と社会保障の一体改革をまとめあげた人からお話を聞く。
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-761.html

私は名古屋で伊吹議員(イブキング)の話を聞き、夜、ブログ主さんのモスリンさんが京都でイブキングの話を聞くという、なんか、面白いですね!

【京都】7.21 「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(1)【伊吹文明 衆議院議員】
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-62f8.html

さて、今回の名古屋講演の概要と、政局や三党合意、総裁の決意等の解説を含めて話を、総合して確認して頂けるのではないかと思いますが、いかがでしょう?


さぁさぁ!国民も解散風を吹かせましょう!

会期末になるのか、臨時国会冒頭になるのかわかりません。

民主党議員は、審議拒否をする自公と批判しているようですが、尖閣や竹島の外交政策の不備について、これを取引材料にして、特例公債とかを一票格差是正などをやろうとしている、、、、とんでもない政権です。

谷垣自民党頑張れー!解散総選挙へむけて一直線! 
2012.7.21 安藤ひろし政経懇談会 03-1
(いつも☆ひまわり様より。 真ん中が京都第六区の安藤支部長。いい笑顔!)

審判

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

「CafeSta」カフェスタトーク 月曜担当・平将明議員(2012.8.20)

パワー増幅バイラテラルマスタースレーブ制御技術?舌を噛みそうなw ロボットのデモ!動きに素直に感動。こんなの見せてくれるカフェスタ凄い

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/784-cac71c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。