09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

谷垣総裁の本気度 

谷垣総裁ポスターかな?-2

谷垣総裁とは、マスコミで褒める人は誰もいなくて、ネットでも誹謗中傷が絶えない、なかなか評価されにくいタイプの、いかにも真面目な、政治家の代表でもあります。

世の中は、総裁への批判があふれかえっています。

自民党が衆議院に内閣不信任案を、参議院に問責決議案を出せば、それが可決して衆議院が解散すると、本気で誤解している人なのか、政治に興味のない人への印象操作のための植え付けをする工作員なのか、区別のつけようがありませんが。

今回の経緯を簡単におさらいしてみますと、・・・どっからおさらいしよう?

6月下旬、マスコミの予想を裏切って3党合意し、税と社会保障の一体改革について衆院可決。

法案に反対勢力は造反したので、結果的に離党した(自民党は民主党を分裂させることに成功した)

野田は政治生命をかけると言いながら、参議院での採決の先延ばしをやりだした。

「俺に喧嘩を売っているのか?」と総裁を本気で怒らせた。

本当は8/3に採決が、先延ばしになり8/20だの8/10だの言ってるうちに、小沢(日本の借金400兆円の元凶の男)+アジェンダしか能のないヨシミ+真っ赤かな共産党+北朝鮮スパイのみずぽん社民党+小沢の子分な新党きづな+新党改革とか)が、「増税法案阻止で解散総選挙!」と言って、不信任案を提出

しかしこの不信任案は、中小野党連合の、「解散させる気など全くない」嘘っぱちポーズの不信任案であったため、そもそも可決の見込みのない(議席数が足らない)、下手をすると、野田の信任になってしまう可能性が極めて高い、性質のものであった。

自民党内では、独自の不信任案と問責を出せと言う意見が若手を中心に上がっており、それによって総辞職に追い込み、解散をもぎ取れという声と、一方では、三党合意を順守する、解散はまだまだ!という意見の綱引きがあった(と思う。想定)

当然ながら、自民党は伝家の宝刀を抜くぞ抜くぞ!とポーズを出し続けて、野田の解散の確約をせよと牽制を続けた。

野田はあまりにも鈍すぎて、自民党執行部は対応を極めて慎重にすすめていった。ちなみに、最終判断は「総裁一任」という形になっていた。

解散を嫌がる民主党をなんとか議場にひっぱりつつ、最終的に1930pmからの党首会談になった。そこには野田、谷垣総裁、山口なつお様がそろった。

終わったら新三党合意成立で、またもやみんなびっくり!!!



谷垣総裁は、法案の成立も、解散もねらっているようだ。ふたつとも、である。

嘘つき、犯罪者がごろごろいる民主党を相手に、「解散の確約」など土台無理な話であることはわかっている。国民もわかっている。

谷垣総裁はまた、ノダに手を差し伸べたという人は多い。

成立しなくても、不信任や問責を出すべきであったと、あるいは、問責は可決の公算が高く、そうなると審議がストップする。でも、衆院優越という原則を利用して、最悪、会期内に衆院で2/3以上で再可決すれば、法案は成立するからと、そういったところかな?と思っている。

でも、野田というのは極めてバカなので、問責くらっても、法的拘束力がない以上、居座る可能性は極めて高かったと思われる。

そしてそももそも、自民党が独自に不信任案を出したって、もともと成立のために、与党の造反が15議席は必要だったので、はっきりいってしまえば、不信任案は否決されて、野田内閣は信任されたことになってしまっていただろう。

そんな状況で、解散の確約を!な~んて叫んだって、延命第一、の野田に通用するはずがない。

夏の解散を期待してた人には苦しい展開だけれども、一体改革法案を参議院で普通に採決し、1票の格差是正法案を通して、それから、解散という道筋なのかな。

正直、1票の格差も、今のままでも、できないことはない、ということらしいけれども、これは、国民も「なんとかしなさい」と認識が浸透していることだとおもう。だからこそ、これはやらねばならないことなんだと思う。

現在、自民党はまだ衆議院で候補の決まっていない選挙区もある。

公明党と手を切れと言う人は多いけれども、そういう人は、本気で自民党に投票してくれる人を増やす努力をしないと、そんなこと、言えたもんじゃないが、この理屈がわかるだろうか?

自民党執行部は自分たちのための3党合意を死守する意思は固かったようだ。

解散への外堀を着実にうめつつ、現実的にこれらを集中的に処理しつつ、更に解散へむけて締め付けを強くしていく、そういうことだと思う。

中傷野党連合の内閣不信任案は、仮に自公が賛成しても、鳩山Gの造反がなければ成立しなかったこと(自民党お足を引っ張りたいだけの野党連合なんだから、鳩山Gは野田内閣の信任の方向へ動いただろう)は、絶対に理解してべきことである。

というわけで、私の考えは、一般の人や内閣不信任案を出せ出せという自民党支持者の人が考えているような受け止め方とは異なる。

谷垣総裁が、野田に騙されているという声は圧倒的だが、果たしてそうだろうか?

「やるべき事をやり抜いた上で適切な時期に民意を問う」という何をやるかも時期もアバウトな話から、「増税法案が成立した暁には近いうちに信を問う」と少し具体化させたことは、前進であったと、思うが、どうだろう。

一事不再理ということで、同一国会内でもう内閣不信任案は出せないという認識かもしれないが、自民党としてはカードは切ってないのだから、切る選択肢はゼロではないのだと思う。

そもそも、ノダが口先ばかりでこの大事な法案を成立させる気がない(採決するとまた割れる含みがあるから)ことは谷垣総裁は見抜いている。

この顔の違いがよく表しているのではないか?
国会を出る谷垣総裁 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000072-jijp-pol.view-000#contents-body
国会を出る野田首相 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&list=PL99317E175667E152&v=rhtxLjCHBV8

ノダ総理を信じると言っているが、この法案を”成立させねばならない”状況に追いこんだという視点に立つマスコミはいないだろう。

一体改革法案に膨大な審議時間を費やしてきたのだ。

自民党がこの法案を成立させたいのだ。

今回の総裁の判断に異論を唱える党内の人たちがいるとすれば(実際にいると思うが)、もうそういう人たちははっきりいって、解散、言うだけなら猿でも言えるということを、よく噛みしめて頂きたいと思う。

これもまた、党内に対する踏絵でもあると思うが、総裁は、こんな嘘つき野田のために、政治生命をかけてやられたことを重く受け止めるべきだ。

こんなにも真面目な、不器用な、政治家もなかなかいないかもしれないんだから。

自民党さん、お願いだ。

谷垣政権を誕生させてください。

解散をもぎとれなかったら、総裁は辞任する覚悟がおありなのだと私は受け取った。

そんなのは本当に嫌です。

マスコミの尋常ではない、自民党叩きの現状にあって、ここまで着実に積み上げられてきた実績を、このまま活かしてほしい。

谷垣総裁の党内をまとめる手腕を、手堅く、日本の復興の道筋をつけるために、活かしてほしい。

谷垣体制であるべきだ。

着実な攻めを行ってきたその手法が肝心な時にがらりとかわる、党首が変わるということが、想像がつかないのです。

これは、国家の運営に関わることです。

谷垣総裁のリーダーシップとは何か?

これはご本人の発言であるけれども、部下にはもっと前に出て汗をかけと、最後の責任は俺がとる!というのが、そのリーダーシップ論なのです。

その通りのことをやっておられると思う。

有権者は、まだ、これまで、民主党が何をしてきたか、何も知らない人がたくさんいる。

参議院自民党がこの3年間を総括したが、そういったことを選挙までにじっくりと有権者に説明しなければならないでしょう。

自分たちこそ、政権担当能力がある政党だと、もっともっとアピールする必要があります。

選挙まではそう遠くないと、そういう状況に、社会全体を誘導するくらいの気概をもって、一体改革法案成立後は「解散まだ?ねぇ成立したけど、近いうちっていつ?解散まだ?」って民主党に迫ってほしい。選挙区で訴えて欲しい。

そして、事実、1票の格差是正など、やらねばならないことはやり、マスコミの批判ネタを今後も封じていく必要があるでしょう。

マスコミのおかしさが露呈することにもなるのです。

谷垣総理の誕生は、世論調査の真逆をいく、マスコミのおかしさを露呈することにもなるはずです。


今日は長崎に原爆が落とされた日。

亡くなった方々の魂を鎮め、静かにお祈りしつつ、平和な世界を願う日。

共産主義者が己の主張をするために反原発を利用して騒ぐ日ではありません。

お母さんたち、このことをよく噛みしめてください。

今日も一日、皆様にとって、またよい一日でありますように。

The Classic

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

政府のエネルギー環境会議のゼロシナリオ、15シナリオ、20~25シナリオにパブコメする際には、必見です。

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 7   tb 0   page top

コメント

マスコミは

「9月の総裁選で野田豚を引き摺り下ろせば、解散は野田個人のいったことだから解散しなくてもいいのです。」

と、国民に説明しています。

馬鹿にすんのもいい加減にしろ!とマスコミ批判になりますが、国民はそれで騙せるわけありません。

グダグダ解散せずに引き延ばす工作はじめるのは、谷垣総裁だってわかりきっています。

野田豚から「解散」という言葉が引き出せたのですから、あとは淡々とやるべき事をやればいいでけのこと。

まだ拘束力はないものの、問責というカードだってありますからね。
参議院だって谷垣総裁の手の上です。

私は自民党政権の総理は誰でも有能だと思っているので、誰でもいいと思っています。でも、今回の谷垣総裁のやり方を見て、今のまま「谷垣総理」がいいじゃん、なんか問題あるの?と思うようになりました。

だって、自民党の老獪な議員がしゃしゃりでることなく、総裁一任させたんですよ。これは全責任を谷垣総裁に押し付けて、総裁辞めさせるといわれていますが、自民党のあの長老連中はそんな甘くないです。そんなわかりやすいことやらない。

谷垣総理なら若手保守議員を上手く使って、日本のための政治をしてくれるでしょう。現に野党になった今ほど、保守系議員が活躍していた時はないです。
動画、ネット、ツイッター、ブログなども上手く使っていますしから、政治に関心ない層を票田として、うまく取り込めればいいですね。
ciel #- URL [2012/08/09 12:18] edit

もったいつけてるけど実際は谷垣総裁は自分の派閥の分裂を防ぎたい森元総理にコントロールされてるだけではないかと思われます。
あと選挙考えたら消費税増税に乗る時点で議席減らすだけですよ?
マキャベリズムむき出しで言うなら結局与党にならないと何もできないのです、それが谷垣総裁にはわかってないとしか思えません。
さっさと解散しろ #5wmSjz6k URL [2012/08/09 12:31] edit

自民が先に増税するわけない

自分はこう考えます。自民党は今回の「一体改革法案」を採決したいのだと思います。消費税も適切な時期に必要であれば上げると景気条項がついているので、それさえ守れれば今の時期に成立だけさせておきたいというのはありです。みんな「いや、谷垣は増税したいだけだ!」と言っていますが、忘れているのは自民党は今後のメイン政策として「国土強靭化」をうたっている事です。つまりそれはブレーンに京大藤井先生をつけるということですよね?藤井先生といえば参院の予算委員会?で「重大な疑義」を連発して「増税するのはアホ・バカ」とばかりに「過去の具体例」を示して「デフレにおける増税の愚かさと公共事業の大切さ」をいい絶賛されているのはご存知のとおりだと思います。見たことない人は「疑義 藤井教授」でyoutubeで出てきますよ。つまり、谷垣氏が総裁の時に強靭化をうたっているのですから谷垣氏が公共事業・金融政策・増税の優先順位を間違えるはずがないです。勿論三橋氏や中野氏とも交流のある藤井先生なのですから財源は増税でなく建設国債になるのも当たり前。何故みんな「増税」と「強靭化」が両立しないということに気づかないのか不思議です。
また、別の角度から見るとこの法案を成立させるということは「民主党が更に分裂する」可能性を秘めているという事になります。
過半数割れが現実を帯びると「不信任案」はまさに「凶器」になります。だからオザワ達は今解散したくないから「不信任案」を出したのでしょう?政党助成金なしで選挙になるからです。「法案」成立後だったらまさに「解散」になりますからね。まあ民主は「総辞職」を選ぶでしょうが・・・
なので、自民の方がずっとしたたか。深く考えているけどマスコミに突っ込まれにくいように口をつぐんでいる。
このままだと「民主と同じ」と言われるのは自民執行部だって分かってますよ。なので法案成立後に少しづつ本音やアピールが出てくると思ってます。

shin #rxaZ/LAg URL [2012/08/09 22:18] edit

ciel様

Ciel様、コメントありがとうございます。

> マスコミは
> 「9月の総裁選で野田豚を引き摺り下ろせば、解散は野田個人のいったことだから解散しなくてもいいのです。」
> と、国民に説明しています。>
> 馬鹿にすんのもいい加減にしろ!とマスコミ批判になりますが、国民はそれで騙せるわけありません。

いや、わかりませんよ。おバカな人はいると思います。
輿石風情が必死ですねw

> グダグダ解散せずに引き延ばす工作はじめるのは、谷垣総裁だってわかりきっています。

もちろんなんですよ。なんで騙されていると、無能だというんでしょう。
ってか、昼行燈なんだって!早く気が付いてほしいですね。
採決に持ち込みたいというところを、見抜いて欲しいです。

> 野田豚から「解散」という言葉が引き出せたのですから、あとは淡々とやるべき事をやればいいでけのこと。

まぁ。。。俺だけの発言だとかいって大馬鹿ぬかしてますけどね。
とにかく、最後の猛烈奪取に期待しましょう。

> まだ拘束力はないものの、問責というカードだってありますからね。
> 参議院だって谷垣総裁の手の上です。

総裁はプライムニュースに出演の際に、内閣不信任案のカードはまだ有効であるという見解を示しました。趣旨としては小選挙区において、二大政党ができて、少数政党が乱立してきて、かく乱のために大野党の主張を潰すようなことがあってはいかんということだと思います。放送の動画があがりますから、ご覧になっておられなければ見て頂きたいです。
私は、小沢とヨシミが出した時点で、総裁は不信任カードは切らないのではないかと思っていました。小沢の挑発にのるような総裁ではありませんから。
だから、出す出すと言っているのはガス抜きで、本当に出すとしたらそれは総裁らしくないと思っていました。
党首会談と聞いてさすがにそのあとは結果によってはあるかも?と思いましたが、ナツオが入ると聞いて絶対にないなと思いました。
総裁ウォッチャーとしては、こんなところですw

まだ、不信任案のカードを散らすことはできると思います。
でも、それもまた批判されるかもしれないですが、そうやって、また批判されたりして、議会制民主主義とは何なのか?みんなが知るところになればいいと思います。そういうことを自然にやっておられる、谷垣総裁、私は”私の総理”だけに終わって頂いては困ると思っています。

> 私は自民党政権の総理は誰でも有能だと思っているので、誰でもいいと思っています。でも、今回の谷垣総裁のやり方を見て、今のまま「谷垣総理」がいいじゃん、なんか問題あるの?と思うようになりました

良かったです。一人でも多くの方がそのように思っていただけると嬉しいです。
ココが理解されていないのですが、谷垣総裁は本気で総理大臣の椅子を目標とされておられます。
税と社会保障の一体改革は守りきるのですから、これで森元さんはもう黙っててほしいですね。

衆参同一のほうが本当はいいと思いますが、なんというか、日本人の感情として、このダメダメ感というか、焦燥感というか、そういうところで、耐えられないところがあると思います。
解散総選挙、やっぱりやってほしいですし、総裁はそれを本気で狙っておられますので、間違いなく。総裁は自らの手で、行政権を掌握したい、この国を立て直す礎となりたいと考えておられますので、そこをご理解いただけたらとおもいます。

> だって、自民党の老獪な議員がしゃしゃりでることなく、総裁一任させたんですよ。これは全責任を谷垣総裁に押し付けて、総裁辞めさせるといわれていますが、自民党のあの長老連中はそんな甘くないです。そんなわかりやすいことやらない。

一任って凄いですよね。
他のどの党にもできません。

> 谷垣総理なら若手保守議員を上手く使って、日本のための政治をしてくれるでしょう。現に野党になった今ほど、保守系議員が活躍していた時はないです。

そうなんですよ。そこなんですよ。
そこが理解されないんですよね。総裁が前に出るより周りの議員がどーんと前に出てる。
まぁ、前の竹島訪問のあれは、支持者からごめんなさいしておきますが(ノブテルのせいにする)、基本的には足を引っ張ってないはずです。

> 動画、ネット、ツイッター、ブログなども上手く使っていますしから、政治に関心ない層を票田として、うまく取り込めればいいですね。

そうですね。
こんなことを書いている私も、インターネットのおかげで知ったのですから。
ルナ #- URL [2012/08/11 06:45] edit

さっさと解散しろ様

> もったいつけてるけど実際は谷垣総裁は自分の派閥の分裂を防ぎたい森元総理にコントロールされてるだけではないかと思われます。

コントロールされているフリでしょう。確かに煩いかもしれないですが、もう税保一体改革法案は通過しました。もう森元さんも黙っててほしいですね。そのときは、総裁ではなく森元さんの事務所に是非、解散させろ、総裁の足を引っ張るなと申し上げてください。

> あと選挙考えたら消費税増税に乗る時点で議席減らすだけですよ?

マスコミの反増税キャンペーンに負けて附則18条が報道されていないですから、そこを真剣に訴えることですね。
そして、私たちも安易な増税を見逃すわけにはいきませんから、前提条件がととのってなければ、判断はできないことなのだと、拡散していかなければいけません。

これは、自民党議員の本気度も必要なんです。必要なら必要性を訴えればよくて、国民が本当に中福祉中負担を望むのであれば、そういう主張を支持するまでです。
今回、政策的にはもちろん、自民党の公約を実現している過程に過ぎないですが、政局的にはこれは大政党民主党を分裂させる戦略としての側面があります。

そんな政争のネタにしやがって!なーんて、綺麗ごと批判なんかしてる暇はありません。
社会保障の内容をどうするのか、早く議論して、これはダメ要らない、これはいいといって、早く整理整頓したい。
そして、本当に、増税って決まりですか?
そうではないですよね。そのときの政権が判断するんです。

> マキャベリズムむき出しで言うなら結局与党にならないと何もできないのです、それが谷垣総裁にはわかってないとしか思えません。

だから真剣に解散総選挙を狙っているのです。私にはそういう行動をしていると見えます。
内閣不信任案だしたら、解散は決まりですか?違いますよね。

そして解散権は総理大臣ですよ。

不信任案が可決して解散が決まるなら、そんな楽なことないですが、逆に与党になった時にそんな内容だったら、まともな政党はたまったものじゃない。

政治のレベルは国民のレベルでもあります。
選んでしまった私たち国民が反省しなければ、政治はよくなりません。
ルナ #- URL [2012/08/11 07:02] edit

Re: 自民が先に増税するわけない

Shinさま、コメントありがとうございます。

> 自分はこう考えます。自民党は今回の「一体改革法案」を採決したいのだと思います。消費税も適切な時期に必要であれば上げると景気条項がついているので、それさえ守れれば今の時期に成立だけさせておきたいというのはありです。

はい、そのように思います。
谷垣総裁を財務省の犬よばわりしますが、私は、この附則18条等、前提条件が整っていなければ、総裁は増税を判断しない、という結論を出せる方だと思っています。

増税を言うだけの谷垣では議席を減らすといいますが、谷垣嫌いは結構ですが、自民党を支持しようと思うのであれば、「いや、景気回復なければ増税はまだ先になるんですよ」と教えてあげるべきですね。

>みんな「いや、谷垣は増税したいだけだ!」と言っていますが、忘れているのは自民党は今後のメイン政策として「国土強靭化」をうたっている事です。つまりそれはブレーンに京大藤井先生をつけるということですよね?藤井先生といえば参院の予算委員会?で「重大な疑義」を連発して「増税するのはアホ・バカ」とばかりに「過去の具体例」を示して「デフレにおける増税の愚かさと公共事業の大切さ」をいい絶賛されているのはご存知のとおりだと思います。

ご覧になってない方は、見ていただきたいですね。

>見たことない人は「疑義 藤井教授」でyoutubeで出てきますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=MnUBGj-itBU 

>つまり、谷垣氏が総裁の時に強靭化をうたっているのですから谷垣氏が公共事業・金融政策・増税の優先順位を間違えるはずがないです。勿論三橋氏や中野氏とも交流のある藤井先生なのですから財源は増税でなく建設国債になるのも当たり前。何故みんな「増税」と「強靭化」が両立しないということに気づかないのか不思議です。

両立するかはまた、本当に今の経済状況を本当によく判断してやらないと、その結果にはならないですよね。
とにかくブレーンをいっぱいあつめて、知恵絞って、慎重に判断していただきたいと思います。
って、すっかり与党気分で話をしていますが、自民党以外の増税が出鱈目であることは、この民主党政権の3年間で明らかです。

> また、別の角度から見るとこの法案を成立させるということは「民主党が更に分裂する」可能性を秘めているという事になります。
> 過半数割れが現実を帯びると「不信任案」はまさに「凶器」になります。だからオザワ達は今解散したくないから「不信任案」を出したのでしょう?政党助成金なしで選挙になるからです。「法案」成立後だったらまさに「解散」になりますからね。まあ民主は「総辞職」を選ぶでしょうが・・・

それでも、解散を狙うんです。総裁が何を握っているか、知る由もありませんが、解散を選ぶよう追い込みをかけて頂きたい。それを応援するしかありません。

> なので、自民の方がずっとしたたか。深く考えているけどマスコミに突っ込まれにくいように口をつぐんでいる。

騙されたふりをしていますね。本当に昼行燈ですね^^

> このままだと「民主と同じ」と言われるのは自民執行部だって分かってますよ。なので法案成立後に少しづつ本音やアピールが出てくると思ってます。

わー、あまり似たような考えの方をお見かけしませんので、嬉しいです。
どう見ても、解散を狙って総理大臣を狙っているとしか思えないのですが・・・なんでみんなわからないのかな。ちょっと不思議です。
ルナ #- URL [2012/08/11 07:20] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2012/08/12 20:07] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/778-81d13ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。