08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

九州豪雨はようやく激甚災害指定へ 

2012年7月25日の、衆議院災害対策特別委員会にて、九州豪雨災害のことがとりあげられているようです。

これは、衆議院のビデオライブリーから、災害特別委員会と日にちを選択すると出てくるので、選んで聞くことができます。
九州豪雨災害
(クリックして頂くとライブラリ検索画面結果、この画面に飛びますのでどうぞ)

国会って、ある意味、これから行われようとしている政策について話し合われたりするので、自分たちの生活にどう関わってくるのかっていう真剣な視点で見ると、もう少し身近に感じられるかな

自分たちの地域が被害にあったとき、自治体の要望などが代議員である国会議員に陳情され、国会で議論され、法案化され、閣議決定され、政策として実行されていくっていうのを、何となく頭に置いて頂きながら、我がことと思いながら、ライブラリーの中から、チョイスして見ていただくのは如何でしょう。

激甚災害指定がいつになるのかと、坂本議員(熊本)や岩屋議員(大分)は防災担当大臣に質問されていました。

坂本議員は防災無線の話,岩屋議員はダムについてにも触れられていました。

この谷公一議員と言うのは、災害対策に関してのエキスパートでもありまして、例えば自民党の災害対策委員長をされていて、谷垣総裁が、野田ぶーよりも早めに現地視察された際にも、同行されています。

「コンクリートから人へ」の人災 谷垣総裁が九州地方豪雨被害状況を視察
http://www.jimin.jp/activity/news/117708.html

谷議員の、7/25日の日記より
http://d.hatena.ne.jp/tani1109/?of=5
--------------------------
朝9時から6時間の災害対策特別委員会。九州豪雨対策について。10時20分から30分間私も質問。

質問事項は現地調査などを踏まえ、治水予算の削減されている現状の認識、今後の取組み方針。激甚災害指定のあり方、災害のネーミングのあり方などを中心に質問。

中でも政権交代以降、着実に治水予算が減少している現状を厳しく質しました。

それにしても「コンクリートから人へ」という政策により、多くの人命が奪われ、財産を失い、地域を疲弊させていることか。罪の大きい誤った考え方です。
--------------------------
災害列島日本にありながら、守るコンクリートという側面もあるのも事実でありながら、最近のマスコミと言うのは自民党の公共事業やるぞ計画を、ばらまきだ!って言いまくっています。

量と質はもちろん問題になると思うけれども、所得分配として適切であるはずの公共事業(真面目に必要な公共事業)まで、いっしょくたにして悪者扱いする、、、昨今の報道のあり方に本当に疑問を持ちます。

皆さんもそう、思いませんか?

毎年、治水事業に関する予算が10%カットされているのが現状なんだそうで、恐ろしいですね。。。日本列島は台風銀座だし、最近では災害も多発しています。

民主党の目玉、事業仕分けで、どんどん仕分けられていったコンクリート事業=公共事業で、失われていく安全な国土と、人の命。

治水を怠れば、この日本に住むところはどんどんなくなっていきますね。

自民党時代も事業仕分けをやってきたんですよ。

民主党のやってることって、どうしても、日本国民にとって必要なものを削り取っているような気がしてならない。

国土強靭化=200兆円のばら撒き!っていうステマが政治風味番組から垂れ流されていますけれども、減災や事前防災という考え方を、なんでそんなに恐れますか?何を恐れてるんですか?

自然との共存や国土保全の両立はそらなかなか微妙な線引きかもしれませんが、そこに生きる人たちがどうしていきたいのかというのを第一としながらも、やはり、国家国民をハードの面からもソフトの面からも守る、国土保全や、通信インフラの整備って、大事だと、私は思うんですけれどもね。

皆さんは如何ですか?

さて、スピード感から言ってこれが普通なのかどうか、個別の案件で被害が違い過ぎるから、わかりませんが、とにかく、一安心なニュース。

九州北部豪雨、激甚災害に指定…閣議決定
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120731-OYT1T01024.htm?
------------------------
政府は31日の閣議で、九州北部豪雨の被災自治体を激甚災害に指定する政令を決定した。
対象自治体は、大分県日田市や福岡県柳川市などで、農業施設や林道などの復旧事業を行う際に国の補助率のかさ上げを受けられる。また、商店街の水没被害などが出た熊本県阿蘇市については「局地激甚災害」に指定し、零細企業の設備投資向け資金の貸し付け期間を最大2年間、繰り延べを行う。
(2012年7月31日18時12分 読売新聞)
------------------------
ネーミングの件は、上に貼り付けた谷議員や坂本議員が触れていますが、今回の豪雨災害のネーミングについて、やっぱり被災地の感覚とずれているんだそうな。

今回のネーミングは平成24年7月九州北部豪雨で、うぃき先生によると「6月8日から7月23日までの間の豪雨(平成24年7月九州北部豪雨を含む梅雨前線豪雨および台風4号)による災害(熊本県阿蘇市は併せて局激指定)」ということだそうです。

でも、谷議員や坂本議員によれば、九州の方にすれば「北部?何それ?」なんだそうですよ。

民主党って・・・やっぱり地域に根差した議員がいないから、こうなるんだろうね。

名前なんてどうでもいいって言いますか?そんなことはないですよね。人がお亡くなりになる、甚大な被害を起こしたものを、どう記憶し、どう扱っていき、どう教訓を活かすかといったことを考えると、現状に沿ったネーミングってとても大事だと思います。

そういうひとつとっても、政権担当能力の有無って本当に大事だと思う。

まず、この国を動かすまともな政党を与党にする、そして、その人たちにしっかり意見を届け、ときには、勝手をやらせませんよ、ちょっと待った!って揺らぎを補正していく。

そういう国民と代議員の良き関係を築いていけると良いですよね。

自民党さん関係の発言、まずは衛藤議員
九州豪雨災害‐衛藤議員
続いて磯崎議員
磯崎先生、豪雨災害
事業仕分けで凍結されていたダムは建設が進められるようですよ!

こういう先生が、、、脱原発じゃないからダメ、自民党は原発推進だから全くダメ、論外というふうに、ナチュラル系主婦の間でひろまっていることに、私は大変な危惧を覚えます。

どうも、感覚的に理解されないかもしれないですが、嫌悪感って凄いと思う。

ま、今や原発大推進なんていう政党はないと思うということは、ナチュラル系ママには申し上げたい。

技術革新はやると思いますが、それは今あるものを放置だってできないし、安全保障とも関わってきます。

国民みんなが、自給自足な生活なんてできないし、望まないです。

資源は有限ですから、外国から高い資源を買ってばっかりもいられない。日本は日本で持てる資源を守り、それを活用する方法を編み出し、利用し、平和利用していくということをしていかなければなりません。

エネルギー政策を短期間に決めてしまうというのは本当に難しいと思うので、少し長いスパンで考えるっていうのは、私は、いいことだと、現実的だと考えています。

急激な脱原発!っていう人に対して、福島より近い韓国の原発を何故反対しないの?って思っている人たち、気が付いている人たちっていますよ(例えば山口ですね)

是非、冷静にお考え頂ければと思います。


☆おまけ
マスコミの非情な公共事業叩きに対して、選挙にめっぽう強い、我らが大将の谷垣総裁が怒っておられます。

前原氏の国土強靭化批判 自民党は黒いと決めつける卑劣な手法
谷垣総裁「災害に強い日本を」

http://www.jimin.jp/activity/news/117826.html
-------------------------------
民主党の前原政調会長が、自民党が掲げる国土強靭化計画について、「公共事業からのばらまき。昔の政治に戻すのか。先祖がえりを認めてはいけない」と発言したことについて、谷垣総裁は、「首都直下地震が起きた場合、日本の金融機能は完全にマヒしてしまうかもしれない。日銀は、首都圏がガタガタになったときに、日本の金融機能がストップしないような仕組みを作る必要がある。こうしたことを含めて、国民の安全を守るために考えなければいけないことはたくさんある」と述べ、国土強靭化計画が災害に強い日本を作り、国民の安心、安全を創造する政策であることを改めて強調しました。
前原氏の発言は政権与党の政策責任者としての見識を疑うものであり、「(前原氏自身が)自民党を黒く塗っておいて、自民党は黒いと決めつける」言われなき誹謗中傷と極めて強い口調で批判しました。
--------------------------------
元動画はここです
【ロンドン五輪・消費増税法案の参院採決】谷垣禎一総裁(2012.07.26)


テキスト http://www.jimin.jp/activity/press/president/117828.html

テキストだとわかりませんが、動画見るとかなり怒ってらっしゃいます。

谷垣総裁は京都5区なんですが(気持ちは引っ越して票を投じたい)、京都自民党のHPがめっちゃかっこいいよ。

次期総理大臣ですからね。自民党総裁って誰?って信じられないことをいう方は、しっかりと顔を覚えてくださいよ!
谷垣総裁ポスターかな?-2
京都自民党http://web.kyoto-inet.or.jp/org/jimin/

ポスター写真かな。欲しいよー

The Classic

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

必見!

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 自民党

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/770-ccc8669b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。