06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

発達障害を予防する伝統的子育てとは、について。 

自民党の下村代議士が、タイトルにあげた記事を投稿されていて、コメント欄が伸びている。

親学という言葉をお聞きになったことがあるだろうか?

これ、私は一度、親学講座なるものに参加してみようかと思ったことがある。知り合いがこれをやっているからですが、今、色々と大阪維新の怪の関係で、少し叩かれているようである。

うぃき先生を見ると・・・親学推進連盟
-----------------
児童の発達障害が親の愛情の注ぎ方に起因するとした「親学」の考え方を支持する有志の超党派議員により2012年4月10日に設立された。

設立総会には議員本人49名、代理32名が参加。親学推進協会の木村治美会長と高橋史朗理事長が提言をおこなったほか、元埼玉県教育委員の松居和や、TOSS代表の向山洋一ら100名が参加した。

活動方針としては「親学」を推進する家庭教育支援法の年内制定、政府への推進本部設置や地方自治体での条例制定、国民運動の推進を目指す。
------------------
このウィキペディアの編集をどなたがなさったのか、わかりませんが、大阪維新の怪がとりさげた「家庭教育支援条例」(案)の騒動があってのちの、今回の議員の投稿だから、気になっている方も多いようだ。

児童の発達障害が親の愛情の注ぎ方に起因するとした「親学」の考え方と記載されているのが、まずもって驚かされる。

そんなこと言ってたっけ?と思ったが、「脳科学から見た日本の伝統的子育て―発達障害は予防、改善できる」という本は出ているようだ。

問題となった、大阪維新の怪の「家庭教育支援条例」(案)
http://osakanet.web.fc2.com/kateikyoiku.html

この中で、特に問題にされたのは次の部分だと思っています。(違っていたらご指摘ください。)
---------------------------
(発達障害、虐待等の予防・防止の基本)
第15条
乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる
---------------------------
愛着形成の不足が発達障害の大きな要因・・・って、短絡的すぎますし、頑張ってむきあっておられるお母さんお父さんにはいたたまれない言葉ではないかと思います。

うぃき先生によれば、発達障害は次のようなことが書かれている。(これはいつ編集されたのかと言うのも正直気になりますが、今回の騒動があって総括されたのかな?)
----------------------------
発達障害は先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。
----------------------------
ということであります。

うーん。私は維新の怪を不審に思っている、今はそのスタンスです。

今回の件で非常に、、、残念だと思ったのは、維新の怪の家庭教育条例(案)が批判を食らったのは、これは自業自得としか言いようがないと思うのはいいとして、一つに、伝統的子育てってものを単なる老人の妄想よろしく、無益なものだというような意見も見られたので、誠に残念だ。。。という点。

もう一つに、何で「予防」なんて使っちゃったのかなという。。。点。

私がそしてもっと懸念しているのは、この親学推進連盟は超党派の議連であり、応援している自民党の先生が中心になっているとう点です。おぉぉというメンバーもいれば???????という方も所属しているというのが、正直な感想。一番の?は顧問が…最低でも、そして多分最高でも県外、の銀河系宇宙外に飛ばすのがふさわしいぽっぽ鳩山。。。

メンツについては、金持ちの先生がどうだのとか、右向きの先生ってどうしてこうフンダララと、ママさんたちなのか、左巻きさんたちなのかが批判をしている。

政策的にやろうということになって、今回はちょっと前のめってしまったのではないかと、そんな気がしている。

安倍元総理大臣は教育改革には非常に熱心に取り組まれた方ですが、維新の怪との連携を模索しているのは、とりわけ愛国心を育てるという点でシンパシーを感じておられるからなのか?と、思って、見ておりますが。

その愛国心・・・橋下市長の場合は私は・・・心の底からそのようにやっている風にはどうしても思えないので、余計に・・・大丈夫かな、、、と気にしている。

次に紹介するのは、下村議員のブログである。

発達障害を予防する伝統的子育てとは
http://p.tl/lewV
----------------------
伝統的子育てとは、育児について「言葉掛け」や「あやし」をすることだと言う。昔は、乳幼児に対しなにをするにしても言葉掛けをしたり、目が合うだけで「あやし」たりしていたが、例えば70歳以上の人99%は赤ちゃんを見ると反射的にあやすが、若い人は殆どあやさないという
----------------------
発達障害は治せるものと治せないものがあるそうだが、2歳児までなら治療効果が高いという。そもそも発達障害にならないためには、赤ちゃんの時からテレビを見せ続けないことや、これまでの伝統的育児をすることだが、今の若い親はそういう方法を知らないし教えられていない。
----------------------
昔は大家族であり、親だけでなく祖父母や兄弟や近所の人たちが乳幼児を見守っていたが、現在は孤立化した子育てで何も知らない母親が一人で苦しんでいる状況でもある。
発達障害も現代の核家族やテレビ・携帯電話の発達の弊害による現象とも言える。少しでも防ぐための情報を提供するシステムを構築したい。
----------------------
例えば早期教育やった方なら知らない人はいない、通る道だと思いますが、ドーマンのドッツカードやビッツなどがその典型例として有名ですが、発達障害というのをどこまでのくくりにされておられるのかわかりませんが、本来、早期教育でやってるカード系を用いた取り組みは、障害をお持ちのお子さんなどへの脳の訓練十分がそもそもだということです。

これらの効果的な取り組みによって、脳がもりもりと成長すると言われていますし、確かに早いにこしたことはないですが、こういうのは希望を失わずにおられたらいいことだと思うんですね。

ながら授乳やテレビを見ない子育てというのも、確かにこれは、家庭保育園などでは指導があります。

それはしかし、発達障害の予防になるから、というのではありません。従って、発達障害の予防になるから、見ないしない・・・と、修飾語のように用いるのがやはり、違和感があるとしか言えません。

早期教育や幼児教育を推進している、育脳で有名なカヨ子おばあちゃんや、三石氏の著書で見ても、「テレビは見せてもよい。」ということは書かれているんですね。もちろんちゃんとした理由があって、です。

興味のある方はお読み下さい。私の記事だけでもちろん判断される愚かなママはいないと思いますが、念の為かいておきます。

そして一方で、脳の特徴という観点から、テレビは12歳まで見せないように(ニュースの映像と言うのは残虐的なものが多いという指摘もされている)、時間を区切って見せるようにという幼児教育ではそれなりに有名だと思う、先生もおられます。百ますに大反対している方といえばわかると思います。

別の観点から、今のテレビは左翼洗脳が酷いためという理由で、よほど選んでテレビは見せなさいと、まぁ私はそういうことも加えておきたいですが。。。これは余談。

下村議員のブログはかいつまんで書いておられるのでしょうから、これだけでどう、とは言えないですが、政策的に学力向上や幼児教育への取り組みに入るのであれば、本当にもう少し視野を広げて頂きたいかなと思います。

私は、日本の歴史はおかしい、教科書もおかしいと、理解している立場ですが、政策的にとなると、根っこはしっかりと押さえつつ(一番大事な皇室のことなどはきちっとおさえておく)、中道やや右くらいの立ち位置で進めていただきたいかなと、今のところの動きをみて、感じます。

書かれているように、言葉がけやあやしというのはとても大事なものです。

しかしこれは、心の発達、EQという点から、むしろ重要なんじゃないかなという、認識です。

政治がこういうことに熱心になるのは、ある意味いいことだとは思いますが、政治と言うのはある支援団体が後ろにあるかもしれない、それが国民の思いとかけ離れているのは問題ですので、、、是非ママさんも関心をもって見ていったらいいと思います。

とりあえずは、親学推進議連じゃなくて、親学勉強議連くらいにしてもらったほうがいいよなぁ、、、というのが率直な感想。

早期教育や幼児教育を、本当に子供の視点から考える、、、そういうことになってもらいたいなぁと願います。

そのためには多分、、、一般国民が無視してたらいけないんだよね。違うかな?

この内容は情報次第で修正していくことになると思います。あしからずご了承ください。

綱領バナー
(クリックで自民党ホームページにとびます。大変充実しており更新が頻繁です。是非、最新情報を入手くださり、影の内閣の動きを追ってください。)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg


ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 主婦の独り言

thread: 早期教育・幼児教育 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2012/06/11 21:56] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2012/06/12 00:01] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/721-f6f4d86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。