09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

激論クロスファイア>主役はノダではない。 

田原総一郎の『激論クロスファイア』谷垣総裁に問う!“終盤国会、自民党の選択”の録画をようやく見た。

私、主人にお願いして、BS見えるようにしたんです。何故って・・・ガッキーが、BSにしか出てこないからです。

全部見た感想・・・田原は本当に煩いし、人の話を聞かない。

でも、もうこういう人だとあきらめて見るしかない。。。よくこんな人が大きな顔してるなぁと思うけども、まぁしかし・・・やっぱり出演すれば谷垣総裁の良さと言うのがどうしてもわかってしまう、、、ことになっちゃう。

地上波はその影響力が恐ろしくて番組にゲストして呼ぶことがめったにないようにしか、もう見えないんですが、谷垣総裁がでる番組は、国民はやっぱり見たほうがいいですね。

今回の、激論クロスファイア、良かったと思います。田原がいいいといってるんじゃないですので、お間違えなくwww

見逃した方は、残念ですが・・・どっかにファイルが転がっているのでどうぞお探しください。私は自民党支持者なので、自助努力を求めます(笑

村上:田原さん、今日は最大野党のトップに立つこの方にお越し頂きました。
田原:今一番出てほしい人。この人の本音がなんなのか、これが今の政治を決めますから。
村上:ご紹介します。自民党総裁谷垣禎一さんです。よろしくお願いいたします。
谷垣:よろしくお願いします。
gekiron-tani-1.png
田原:一般的には、野田さんて知ってますか?
村上:(笑)
田原:首相ね。
村上:首相でいらっしゃいますよね。
田原:野田さんが、主役で、谷垣さんが、脇役だと思ってる。逆です。この人が主役なんです。この人が何決めるかで、日本の課題が決まります
gekiron-tani-2.png
(私が決めるというの公然とした秘密、内緒なのー!www照れ笑いするガッキーですw)

マスコミはやっぱり・・・わかってるんだと、この冒頭のコメントを聞いて思った。

マスゴミが、これだけ体たらくの民主党を擁護しまくり、漢字の間違いを叩いて無能だから政権交代!とあおった時とは全く異なり、解散総選挙をしろと、与党をまったく責めず、責任は野党に、野党は責任をもって対案を、などと言う。。。

谷垣総理誕生を阻むのは、過去、焦土と化した日本を復活させてきた、自民党の知恵と叡智の結集の復活を嫌がっているとしか、思えない。

谷垣信者お疲れ!そう言われるかもしれないけど、国民に正直に、語るんだという一歩も変わらぬ姿勢には、あの山際さんが、「意外ながんこさがさわやか」とかって呟いたくらいなんだから、私は本当に、よく頑張ってくださっていると、思う。

私は、今ある状況というのものは、意味のないことだとは思わなくて、、、政治が前に進まないという状況は、今はそれでいいんだと思っている。

今の民主党政権で、政治がどんどん前に進むということは・・・反日左翼勢力を支持母体とする意見を反映した政策が実行されてしまうということです。

決められない政治を打開するために、橋下大統領閣下は参議院を廃止しろとか、言って国民受けするようなことを言いまくっているが、、、一院制になってしまったら、政治家の間違いを誰がとめますか?

残念ながら、権力を握ったマスコミは、日本人の見方ではないと、心からそう思っています。

間違ったことを・・・・権力を握ったマスコミが正しいと報道してしまえば、正しいと思い込んでしまう人たちが、日本の行く末を左右してしまっているんです。

私たち国民は、政治家が正しいことをやってくれると信じて、政治なんかに無関心のまま幸せに暮らしていたい。

でも、いよいよそういうわけにいかなくなったと、冷静に、考えて欲しいと思います。

この進まない政治にいらだつこのとき、暴動などへ走るのではなく、考える。基礎から考える。

谷垣総裁は奇しくも今、ご本人が意図されているのかどうかは知る由もないけれども、結果として、日本人にそれを考えさせる時間を与えている、ように思う。

我慢くらべ?

橋下だ!橋下しかない!今のマスコミは橋下大統領閣下の誕生を煽っている。

でも、関電の件でも、教育条例の件でも、、、維新の怪は誠に世間を騒がせ、世論を狂わし、原発の件については特に、、、支離滅裂です。世論の動きを見て、エネルギー政策を日和見で見解をころころさせていく、橋下市長に、国政に行き、しかも総理大臣に、になどという資格は皆無だと思う。

こういう風潮を、、、はて?なんか変んじゃないの???って気が付いてほしいと思う。

谷垣自民党がやってきたことを、素直に受け止めれば、はっきり言って、普通に支持を得るでしょう。

特に、被災地の復旧復興のために、法案を作り、リードしてきたことは紛れもない事実です。

それを、マスコミは「自民党が足を引っ張っている」と言いまくったんですよ。そしてそれを国民も信じた。

---------------------
田原:ぼくはね、国民がね民主党ノダ内閣にはっきりと愛想づかしをしてると思いますよ。ところがね、問題は、みんな民主党がダメだとわかっている。野田さんが。ところが支持率の調査を見ますとね、本当なら民主党が落ちてきて、自民党があがんなきゃいけない。なんか、自民党つきあってるんですね。あがんないんですよ。なんであがんないんですか?これは谷垣さんの責任。
gekiron-tani-4.png
谷垣:まぁこれは、あの、総裁の私の責任ですが、まぁなかなかですね、野党が与党より支持率が高くなるっていうのは、今までもめったにない現象ですから。
田原:こんな与党はどうしようもないとわかってるんです
谷垣:まぁそりゃそうですがね、なかなか私どもの言ってることがなかなかとりあげて頂けない、国民の耳に届きにくいということはあるんでしょうね。
田原:だから今日言って欲しいんですが。
谷垣:はい。
田原:僕ははっきりいってね、民主党の批判なんてのは、国民誰でもできるから、もううんざりなんですね。だから自民党は国会でも民主党の批判ばっかりしているけれども、批判は結構だと。何やってくれるんだと、自民党が。あの、政権とったら。ここを聞きたいんですよ。
谷垣:まぁそういうお声はたくさんありますね。ただですね、やっぱり私、このところ、10数年の政治の歴史はですね、やっぱり小選挙区制度を採用して、二大政党制にできるだけ近づけて、そして政権交代ができるようにしようと、そのためのマニフェストであったと、いうことだと思うんですね。
田原:政権交代できた。
谷垣:そしたらそのマニフェストもめちゃくちゃなものだったし、実際できない、そして与党も今、衆議院の中で300議席以上もっているはずですけれども、マニフェストができなくなったことでどっちの方向に進んでいっていいか、わからない。
田原:わからない
谷垣:それで自民党だったら何をやってくれるかというお声もありますが、要するにできれば自民党は助けろとかですね、いろんなお声がありますけれども。
田原:そんなのはない。
谷垣:いや、ありますよ。
田原:やっぱりね、自民党なら何してくれるか。
谷垣:何してくれるかとおっしゃいますが、事実、その3/11以来の復興策でもですね、我々相当議員提案なんかもたくさんやりました。やりました。
田原:ほとんど自民党の政策を、民主党がとってんじゃないですか
gekiron-tani-3.png
谷垣:そうです。それである意味自民党が相当知恵をだし、法律もつくった、と。しかしそれ、実際執行となると、ほとんど進んでないんですね。残念ながら我々は、行政府を掌握しているわけではありません。いろいろ言って、提案しても、行政府をもってないと動かせないんですよ。でそういうこともあり、協力をせよと言っても、小選挙区の政権交代可能なシステムの中では、復興の時つくづく思いましたけれども、我々のできる協力は限界があります。まずそのことをね、明確に申し上げなきゃならないし、これはご理解頂きたい点だと思います。
-------------------------
こういうの、聞いているだけで、ここ10数年の政治がどういうことだったのか、なるほどなと、考えることができるような、気がしませんか?

与党が内閣を構成する・・・議員内閣制ってこういうこと。基本のキから、理解してもらわないと、わからないことですが、わかっていない国民がいるというのを、わかっている、谷垣総裁の冷静なところ、本当に、今、谷外総裁で良かった・・・と思えるところでもあります。

そして、こういうの、地上波では語られないことです。

あ、そうだったのかと、谷垣総裁は、総括されてモノをしゃべっておられるんです。とても、わかりやすいです。

マスコミは、自分たちが民主党政権を担ぎ上げた反省は全くしない。

震災復興の足を引っ張ったのは自民党だと言ったことは誤りであったということは一言も反省しない。

これが、マスコミ。

ちなみに、震災復興だけでなく、沖縄振興も、尽力したのは、自民党さん。
【2ch】谷垣自民党総裁、県庁で仲井眞知事と会談。知事から「沖縄振興2法」成立のお礼
http://learn0000.blog10.fc2.com/blog-entry-1333.html

gekiron-tani-5.png

解散が一番わかりやすい。

解散総選挙が日本復活の第一歩です。

自民党は自民党だけで決めようとは思っていない。

今年の党大会で私は、現場で聞きました。

自民党大会 谷垣禎一総裁挨拶(全文)
http://tamtam.livedoor.biz/archives/51850491.html
-----------------
わたしたち自民党は、戦後の焼け野原から立ち上がって平和のうちに高度成長をなしとげるという歴史的任務を果たしました。こんどは、人々がそれぞれ個性豊かに、心豊かに生きていくことができるためにも、皆で支え合う「絆社会」の建設に向けてがんばります。わが党は国民とともに考え、時には悩み苦しみながら答えを見出していく、成熟社会へのエンジンとなることを誓います。
-----------------

江藤拓議員が、金曜日に谷垣総裁と一杯やったようですが、一部を抜粋させていただきます。
谷垣総裁
http://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/637344909
--------------
三時間余りの間、総裁の人の話を真剣に聞く姿勢には感激すら覚えます。

「我々はしっかりと政策で闘うのだ」「対案を示して行こう」という考え方には全面的に同感です。
--------------
決まらない政治、苛立ち募る日本。

何がよりよい道なのか、考える絶好の機会なのではないでしょうか。

八百万の神は、日本人に考えろ、考えろ、何がよりよい道なのか、考えろと、そういう時間を今、与えているような気がしてなりません。

綱領バナー
(クリックで自民党ホームページにとびます。大変充実しており更新が頻繁です。是非、最新情報を入手くださり、影の内閣の動きを追ってください。)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg


ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

 ルナさんお久しぶりです。またご無沙汰しており申し訳ありませんでした^^;
 ルナさんもお忙しいのに、このブログ更新などコンスタントに続けてらして頭が下がります。

 江藤議員の谷垣総裁への評価は、2010年宮崎口蹄疫での対応の姿からこっち積み重なってきたものかもしれません。

江藤拓議員ブログより
2010/4/28「谷垣総裁」
http://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/432600152
----
 谷垣総裁が予定をキャンセルして、現場の苦悩の声を聞いてくれました。
 自民党の口蹄疫対策本部長に総裁がなられ、党を挙げてこの問題に取り組む決意を示されました。
 宮越農林部会長と私が、本部長代行で補佐します。
 更に状況は厳しく、一時間の会談を通じて、総裁は真摯に現場の声に耳を傾け、メモを取られていました。
 遠隔地にまで発生した事は、南九州畜産の、日本畜産の危機である事を政府は理解すべきです。
-----
 2010年宮崎口蹄疫発生時、谷垣総裁は4/27に東国原宮崎県知事の党本部訪問で支援要請を受け、上記にあるように別の予定より優先し翌朝一便で松下新平議員と現地へ飛び視察と聞き込みをして、
ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/432225683
ttps://twitter.com/shinpeim/status/12930823822
午後一には東京へとんぼ返りして定例会見にて口蹄疫被害について言及
http://www.youtube.com/watch?v=rBWRbZeMMfU#t=2m40s
(マスコミは例によってその部分に触れず)
2日間で政府への申し入れ第二弾(42項目)をまとめ官邸に出した
古川禎久議員HPより
http://www.furukawa-yoshihisa.com/letter/4-30-2010.htm
http://www.jimin.jp/policy/pdf/seisaku-009b.pdf
その後GWも含め宮崎県と一緒に色々動いて(民主党政府の対応酷かったから…)
ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/433232039
ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/433809310
2010/5/6 自民党 口蹄疫に関する追加対策申し入れ(2)4項目追加
http://www.furukawa-yoshihisa.com/letter/5-6-2010-2.htm

江藤拓ブログ2010/5/21 「総裁命令」
ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/444023406
-----
 口蹄疫対策本部長である谷垣総裁から「江藤君、ワクチン接種に対する現場の受け止めを対策本部を代表して意見聴取してきてくるように」と、ご指示を頂きました。

 さすがに総裁は、感度か鋭いと思います。

 月曜日には報告書を提出します。
------

 といった、当時参院選前で衆参共に色々不利だった状況でも、自民党を国益地方益一番の方向に動かしてた谷垣総裁のリーダーシップを、
江藤議員も地元の「谷垣総裁は頼りない」と言ってる人(口蹄疫の影響あまり受けなかったか喉元過ぎたか?)に改めて伝えて欲しいですね。
AYUMI #- URL [2012/05/23 10:19] edit

AYUMIさま、お久しぶりです。お元気でしたか^^

>  ルナさんお久しぶりです。またご無沙汰しており申し訳ありませんでした^^;
>  ルナさんもお忙しいのに、このブログ更新などコンスタントに続けてらして頭が下がります。

いえいえ。ずっと気にしておりました。またツイッター、お時間あるときに戻ってきてくださいね^^

>  江藤議員の谷垣総裁への評価は、2010年宮崎口蹄疫での対応の姿からこっち積み重なってきたものかもしれません。

ときどき、書いてらっしゃるのですね、江藤議員。

> 江藤拓議員ブログより
> 2010/4/28「谷垣総裁」
> http://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/432600152
> ----
>  谷垣総裁が予定をキャンセルして、現場の苦悩の声を聞いてくれました。
>  自民党の口蹄疫対策本部長に総裁がなられ、党を挙げてこの問題に取り組む決意を示されました。
>  宮越農林部会長と私が、本部長代行で補佐します。
>  更に状況は厳しく、一時間の会談を通じて、総裁は真摯に現場の声に耳を傾け、メモを取られていました。
>  遠隔地にまで発生した事は、南九州畜産の、日本畜産の危機である事を政府は理解すべきです。
> -----
>  2010年宮崎口蹄疫発生時、谷垣総裁は4/27に東国原宮崎県知事の党本部訪問で支援要請を受け、上記にあるように別の予定より優先し翌朝一便で松下新平議員と現地へ飛び視察と聞き込みをして、
> ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/432225683
> ttps://twitter.com/shinpeim/status/12930823822
> 午後一には東京へとんぼ返りして定例会見にて口蹄疫被害について言及
> http://www.youtube.com/watch?v=rBWRbZeMMfU#t=2m40s
> (マスコミは例によってその部分に触れず)
> 2日間で政府への申し入れ第二弾(42項目)をまとめ官邸に出した
> 古川禎久議員HPより
> http://www.furukawa-yoshihisa.com/letter/4-30-2010.htm
> http://www.jimin.jp/policy/pdf/seisaku-009b.pdf
> その後GWも含め宮崎県と一緒に色々動いて(民主党政府の対応酷かったから…)
> ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/433232039
> ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/433809310
> 2010/5/6 自民党 口蹄疫に関する追加対策申し入れ(2)4項目追加
> http://www.furukawa-yoshihisa.com/letter/5-6-2010-2.htm
>
> 江藤拓ブログ2010/5/21 「総裁命令」
> ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/444023406
> -----
>  口蹄疫対策本部長である谷垣総裁から「江藤君、ワクチン接種に対する現場の受け止めを対策本部を代表して意見聴取してきてくるように」と、ご指示を頂きました。
>
>  さすがに総裁は、感度か鋭いと思います。
>
>  月曜日には報告書を提出します。
> ------
>
>  といった、当時参院選前で衆参共に色々不利だった状況でも、自民党を国益地方益一番の方向に動かしてた谷垣総裁のリーダーシップを、
> 江藤議員も地元の「谷垣総裁は頼りない」と言ってる人(口蹄疫の影響あまり受けなかったか喉元過ぎたか?)に改めて伝えて欲しいですね。


素晴らしい、まとめをありがとうございます。表にあげようかと思います。

こんな事実を、国民、知らないんですよ。本当に悔しいです。。。

いったいどれだけの命が、人間も動物も。。。。無駄になくなっていったんだろうと思うと、むなしくてむなしくてたまりません。
ルナ #- URL [2012/05/25 00:45] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/715-bae261ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。