07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『憲法改正を国民に問う』② 主権回復記念日国民集会のご紹介 

世間様には報道されなかったと思いますが、先日4月28日に、自民党本部にて主権回復記念日国民集会と言うものが開催されました。(サンフランシスコ講和条約が発効し、占領状態から主権国家に復帰した4月28日を国民の記念日に制定しようと、民間有志が15年に亘り続けてきた国民運動)

公式はチャンネル桜さんから。
http://www.ch-sakura.jp/

参加者有志様の動画が上がっております。誠に感謝です。ひとつひとつおこしたいですが、大変なので、当ブログの趣旨にからいって、総裁のあいさつですね。

主権回復とはなんぞ?というママさん向けに、ふむふむと、導入にどうぞということで、ご紹介しておきます。(たちにほの園田さんのも仕事予定)

憲法について、考えてみませんか?

谷垣禎一総裁「憲法改正へ」12.4.28主権回復記念日国民集会


ただ今ご紹介に預かりました、自民党の谷垣禎一でございます。今日は主権回復国民集会、大勢の方においでいただきまして、誠にご苦労さまでございます。そして今年は、自民党本部をお使い頂いたということに、心から御礼を申したいと存じます。

昭和27年の4月28日、私は小学校2年生になったばかりでしたが、あの朝の新聞、良く覚えております。我が家でとっていたのが何新聞だったかは忘れましたけれども、その新聞の一面は、まぁあのときカラーでなかったと思いますが、青空のもとで翩翻(へんぽん:旗などが風にゆれ動くさま)と翻っている、日の丸、日章旗が、新聞の一面にありました。

このときなんだろうと思って、父に聞いたら、父が普段に比べると厳かな声で、「今日から日本は独立を回復したんだ」と。これはちょっと普通のことじゃないなと、父の普段と違う厳かな様子を見て、子供心に今日は大変な日なんだなぁと思ったことを思い出しております。

昨日私、戦後の歴史の本をちょっとまた、60周年と言うのでひも解いてみたわけでございますが、日本周辺、大変、当時昭和27年というのは厳しい時期でございました。冷戦とは言うけれども、我が国をとりまく周辺は決して冷戦にとどまらない熱戦が展開されている中で、どうしてもう一回独立を、主権を回復していくかというのはなかなか厳しいプロセスがあったということ、私などは改めて、思うわけでございます。

そして、独立を回復した、喜ぶべきことでございました。しかし、残された課題が、いくつかったことは今もお話にあった通りでございます。今年は、沖縄の本土復帰40周年でございますが、この沖縄の問題も20年間、解決しなかった。まぁ今年は40周年ということでございますけれども、残された最大の問題が憲法だというのも、今までお話があった通りでございます。

この4月28日、今年で60周年を迎えるけれども、それを何とか、祝日法を改めて、きちっとした形で位置付けたい。野田先生(野田毅議員)から去年そのような、去年でしたかね(尋ねる)、そういうお話を承りまして、そら必要なことだと私、思いました。それと同時に、4月28日をそういう祝日のもとに位置付けるのももちろん、大事だけれど、やっぱりやるべきことは、やっぱり我々の手で憲法を作り直すということではなかろうかと、そのように考えたわけでございます。

我が党は昭和30年、いわゆる55年に自由党と民主党が合併してできた党でございますが、主権を回復した3年後でございます。そのときに、立党のその精神として、自主憲法制定ということを入れたのは、それは私は当然ことであったろうと私、思います。いろんな議論がありまして、なかなか今日まで、その問題は解決することができませんでした。

で、私、去年、野田先生に今日この、4月28日、何とか法律を改正して、祝日を改正してきちっと位置付けたいというお話を聞いたときに、なるほど、と思いまして、保利耕輔先生に、自民党の憲法改正案をそのときまでにまとめて、国民に問うべきではないのかと、短い期間でそれを準備して頂くのは大変だけれども、やっぱり60周年、独立しての還暦にやるべきことは、それが第一ではないかと、お願いをしたわけでございます。

のちほど、保利先生から我が党の憲法改正案について、お話があると存じますが、大変力を入れて、事に当たって頂きました。でもちろん、こういうことがま、昨日実は、記者発表させて頂いたわけでございますが、振り返ってみますと多くの先人の、この憲法改正と言うものへ向けてのいろいろなご努力があって、ようやく昨日、一応形を整えることができたと。先人のご努力にも、保利先生をはじめ、今議論をしてくださった方々への感謝はもちろんでございますが、先人にも感謝を申し上げたい、このように思っているところでございます。

しかし、国会の憲法審査会の議論、伺っておりますと、なかなか、じゃぁ我々案を設けたからと言って一筋縄にさっといくかというと、なかなかまだハードルがたくさんあるように思います。私ども、全力をあげまして、私どもの憲法の考え方が、現実のものになっていくように、これからも頑張ってまいりたいと思います。

今日は、主権を回復して還暦と言うことで、今私が申し上げたことにも弾みをつけるうえで、最も力を皆さんから頂ける日だと、このように思っております。今日こうして、休日にも関わらず、大勢の方に参加をして頂いたことに心から敬意を表しまして、私の挨拶としたいと存じます。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。
---------------------------

はい、というわけで、こちらをご紹介。

【ダイジェスト版】4.28 主権回復記念日国民集会[桜H24/4/30]


休日でのんびりお過ごしの方もおられると思います。

憲法を考える、今年はそんなGW,いかがですか?

アホ政府がいろんなことやってます。外交だけはどうにもならんのよ。野党はね。

解散総選挙こそ、今、最大の国防!解散をみんなで口にしよう!おー!!!

天命ニューバージョン
(クリックで自民党ホームページにとびます。大変充実しており更新が頻繁です。是非、最新情報を入手くださり、影の内閣の動きを追ってください。)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 憲法改正

thread: 育児日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/699-d141d7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。