07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

頓珍漢な審議拒否報道するマスゴミを一刀両断する若き希望! 

本当は昨日あげたいエントリーだったんですが、せっかくなのであげておきます。

本日のエントリーは参議院議員の宇都議員。宇都議員は元自衛官。自衛官時代、国防の任を担う自衛官の声が全く政治に反映されないということから、政界に興味を持たれたよう。2009年の自民党の敗北を見て”このままでは日本が潰れる。保守政権を立て直すには今しかない”と、松下政経塾を早期卒塾して、先の参議院選挙への立候補を決めたそうです。
公式HP(渋めw) http://utotakashi.jp/
ブログ http://ameblo.jp/captain-kotora/

宇都さんと言えば何と言っても、当選を決めた街頭演説が素晴らしくてファンになりました。亡き花うさぎさんがブログでも取り上げられ、私もすっかりと共感した街頭演説。
動画
宇都隆史 最後の叫び1 http://www.youtube.com/watch?v=O7pRjksFTqo&feature=relmfu
宇都隆史 最後の叫び2 http://www.youtube.com/watch?v=fT-JzdvyQI4&feature=relmfu
宇都隆史 最後の叫び3 http://www.youtube.com/watch?v=f2pxQKwBZqY&feature=relmfu
テキスト 
感動です 「宇都隆史 最後の叫び」 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1912776/

こういうのがテレビから流れてきたら、日本は間違いなく立ち直る、希望を持てる日本になると、きっとお感じになると思う。でも、そういうことには、今の日本はならない。

腐りきったメディア。日本をほろぼすメディア。そのメディアの煽りにすっかりと踊らされる愚民たちの選ぶ政治家による・・・衆愚政治。

この衆愚政治からの脱却のために、まだ、自由度のある、ネットと言うものを使って、発信する国会議員が増えてきた。宇都先生もそのおひとり。桜はね、嫌いなんですけど、いいものをやるときはやる。桜は何と言うか…素直になってほしいよね(個人的な感想)

【宇都隆史】マスメディアの歪み、大臣問責の報道から[桜H24/4/24]

--------------------
こんにちは。宇都隆史です。今日は、新聞・テレビメディアがいかに本質を捉えていないかという話をさせていただきます。

皆さんもいろんなところでご存じのとおり、新聞メディア等で偏向報道、あるいは真実を伝えていない報道で、マスメディアを今後いかに、我々が正していくかというのは僅々の課題であると思います。

三権分立とは言いながら、今やマスメディアが第四権力みたいな形になってきている。で、実際にテレビ、新聞しか見ていない一般の国民の皆様は、それが真実であるという風にとらえることが多いんじゃないでしょうか?

私も実際こうやって国会議員になって、永田町の中に入ってくるまで、いろんな、国会に対する報道であったり、そういうような記事を目にするにつけ、何故もう少し、国会議員は真面目に仕事をしてくれないのかなぁと思ったこともありましたが、実際バッジをつけて中に入っていると、いかに事実が歪曲され、本質でない報道がなされているかという事実を目の当たりにします。私は今後、このIT、インターネットの世界を通じてですね、メディアがジャーナリズムの名のもとに、政治をチェックするというのであれば、我々は逆にインターネットの世界をつかって、メディアのおかしさ、本質をついていないという部分を厳しくチェックして、皆さんとともに、メディアの追求役というか、チェック機能を果たしていきたいと思います。
メディアチェック2
(異様な自民党執行部叩きは、廃刊になっていいレベル。ときどきまともなだけに最も罪深いとさえ思う)
本日はテロップを用意したんですけれども、この新聞記事をもとにちょっと話をします。これは本日の産経新聞4月24日の件ですが、自民党が、前田国交大臣と田中防衛大臣に対して問責決議をだしました。それ以降についての一切の審議を拒否するということを、冒頭、話をしていたんですが、新聞の見出しにもあるように、「自民はや腰砕け」というような形で描かれています。
メディアチェック3
(資料提供:宇都隆史事務所)
どういうことが書かれているか中を見ていきたいんですが、ココにまず書いてあるように、「参議院にひきずられる形で自民党執行部は審議拒否戦術に打って出てみた。
メディアチェック5
(資料提供:宇都隆史事務所)
脇雅史国対委員長は、公明党の審議拒否方針を、わが党に対する審議拒否方針をですね、2閣僚が関係する委員会に限定すべきだという考えを邪論と、公の場で批判したと。
メディアチェック6
(資料提供:宇都隆史事務所)
で、最終的には、自民党は、全面審議拒否に対する世論を懸念して、このままでは、今日行われたんですけれども、全議員全国支部長懇談会で執行部が批判されるということで軌道修正したものであると。

全く物事の本質を捉えていない、記事であります。産経新聞ですら。。。もともと、これは戦術でもなんでもありません。皆さん、今回問責を出された大臣、何の理由で出されたのかご存じでしょうか。まず、前田国交大臣は明確な公職選挙法違反によって、問責を出されました。これを許すということは、我々の存在のよって立つべき、法律、その法的な担保を失うということになります。そのことについて、我々は”院”として、”自民党として”ではありません。参議院として、この大臣は認めらないという決議を出したのが問責決議です。

もう一人、田中防衛大臣は、見識不足から、この方のもとでは我が国の国防が安定して行えない、今にも危険な状態であると、速やかに変えて頂きたいということで出したものであります。決して、与野党の駆け引き等、国対戦術を考えて出したものではありません。
メディアチェック8
(資料提供:宇都隆史事務所)
これに対して、(パネルをひっくり返して)朝日新聞のほうですね。総理は何と言う判断を下しているかと言うと、まず、内閣改造を否定しています。二人の大臣を変える必要はないとしています。その中で「なぜ消費増税案の議論に入る前のタイミングに出してくるのか?」と不快感を示した。このセリフこそ、まさに我々の問責を戦術、あるいは政局にのっとってやったと理解しているんじゃないでしょうか。
メディアチェック9
(我が国の命運、マキオに託せますか?>託せません。民主党には託せません!!)
わたしは、皆さんにもこれ、是非ご理解して頂きたいし、声を大にして言って頂きたい。国家が亡びて消費税がありますか?明日、我が国はもう一度大地震が起こるかもしれない。首都圏直下型地震が起こるかもしれない。あるいは尖閣で何かが起こるかもしれない。そういうような状態の時に、皆さんであれば田中防衛大臣に、我が国の命運を託せますか?あるいは皆さんの命を預けることができますか?

全くもってそういう状況ではないから一日でも早く変えてほしいという問責決議案なんです。しかし、問責決議案には法的な拘束力はありません。ですからこれを認めさせるためには我々は審議を拒否して、一日でも早く変えなければ、その他の、政府が通したいという法案については、一時ストップであると、まず国会を正常化させよと、国家を正常化させよということを打ち出したのが問責決議です。

朝日新聞のこちらのほうにも、書かれていますけれども、野田政権を追い込む切り札だった問責カードと書かれていますけれども、決してそういうカードの切り方をしたわけではありません。国家のため、国民のためを思って大切にきった最後の護身刀を抜いたわけです。でも、今回のこのようなことをすれば、本当に問責決議というのは、効果を失いかけるんじゃないかと懸念しています。

我が党の一部の議員でも、非常に全面審議拒否というのは大人げない対応だと公式に発言する方もいますけれども、じゃぁ他に止める手立てがありますか?衆議院で不信任決議を出せますか?出せないんです。

今のこの極めて危ない状況をクリアするには今回のこの問責と言うカードを切るしかなかった。これはもう北朝鮮の事案が一段落した今しかなかったんです。明日にでも2発目のミサイルがとんでくるかもしれない。明日にでも何かが起こるかもしれないという危険な状態であるということを是非、これをご覧になっている皆様、強く認識して頂いて、拡散して頂きたいと思います。

民主党がなぜこの二人を切れないか?明明白白です。26日に今日は収録24日ですけれども、あさっての朝10時、小沢代議士の判決が出ます。この判決を民主党としては待っているわけです。参議院輿石東幹事長が民主党の幹事長です。野田さんとしてはこの幹事長の意向を完全に無視するわけにはいかない。しかも、今回問責を受けた二人の議員は参議院議員です。参議院枠で、輿石幹事長が使命をしたわけです。

これに対して、まぁ輿石さんというのは小沢派ですから、それを否定することは出来ないというような、結局政局をやっているのはどちらなんだと。そして、それを何故正しく書かないんだと、国民に教えないんだということを今日は強く申し上げて終わりたいと思います。

また今後、新聞等メディアのいたらなさというところを指摘しながら、皆さんにお伝えしていきたいと思います。今日は以上です。ありがとうございました。
------------------------------
以上です。

日本人は、本当に未熟で、民主主義のなんたるかを知らない。それは日本人は、自ら勝ち取ったものではなく、戦争によって当たらられたものだからとようような言葉を、やまと新聞の記事に見ることができます。会員にならないと見れませんが、月500円。年間6000円。WEB記事がいいです。

『この国の将来』 片山さつき 参議院議員 http://www.yamatopress.com/c/19/170/5019/

私はこの記事に大変感動しました。涙が出てきた。嘘じゃありません。今、民主主義が全くないがしろにされている。問責決議案と言う重い重い参議院の意志も、全く無視なんですよ。あり得ますか?あり得ないですよ。でも、それが現実に起こっているのが、今の日本なのです。

小沢一郎が限りなくグレーの部分をはっきり残したまま、まるで天下をとったように、自分は無罪だという。。。その恥知らずな無神経というか、、、小沢ガールズの様子は冷静によーーーーく見ればまるで北朝鮮みたいだ。冷静に、見て。北朝鮮をワロエナイれべる。

自分の選挙区が苦しんでいてもこの一年間、おまえ何してたの?なのにですよ、、、代表選とか、、、国民をなめるなよ。このクソッタレが!というレベルなのに、、、国民も、報道がおかしいとか微塵も思わないで、問責やってる場合じゃなくて政治を前にすすめろとか。味噌もくそも一緒にする姿勢、政界再編をーとか、ほんとに意味わかってんのか?と、胸ぐらをつかんで諭したい気分なんです。

進次郎クンが、愛政塾の記念講演で、政治に信頼が戻ったら政治家を支える体制を考えて欲しいという趣旨の発言をされましたが、大いにそれは賛同するのです。

今、国民は反対方向を向いています。削減削減を叫んでいるからです。確かに、本当に要らない議員がいるのは事実なんですけど、今メディアがぐるになってやってるのは、本当に大事な自民党議員を、叩き潰すことでしょう。

いったいどれだけの帰化人が日本人になりすまし続けているのか知らないが(官報見たらわかるけど、恐ろしいよ)、、、日本人がね、政治に無関係なあなたがね、選挙に行かないと。。。日本人負けちゃうよ。あなたの声、政治に届かないよ!日本人の声、政治に反映されないよ!って気が付かないと。

選んだのは自分達だという反省と、そういうのをもう、選挙で淘汰していかないと。ね。

解散総選挙をしない、という今の民主党の姿勢が、いかに恐ろしいことか、独裁政治も可能にしているという事実に、気が付こうね。こいつらは、日本の政治を徹底的に破壊しつくしているんです。恐怖感を持とうね、是非。


動画では随分と怒ってらっしゃるのできついお顔をされていますが、本物の宇都議員、これがまた、本当に素敵なんですよ。
宇都先生
(ほんの少しだけ顔出しwww)
運よく党大会へのチケットと政経セミナー(国土強靭化)に当選したので(党大会はmy日本枠)、上京しまして、党大会にも参加し、レセプションに滑り込んだという、面白い経験をしたルナ。宇都先生とのツーショット写真ゲットぉ!とっても凛として芯のしっかりとした方という、実物を拝見しての印象でした。

ちなみに、ノブタも松下政経塾のため・・・宇都先生としては、(恥だから)松下政経塾出身と言うその肩書きをそっとしまいたいというようなことをおっしゃっていたように、記憶しています。

宇都議員が素晴らしいのは、元自衛官というか、ご本人の性格なのかわかりませんが、自分の所属する組織のトップリーダーをしっかりと支えていこう!というその、フォローシップが際立っているという点です。FBは登録だけしてる幽霊ですが、たまたま良い言葉を見つけました。宇都議員のFBより。
----------------------
今朝の両院議員総会にて。色々な意見が噴出した中、最後に総裁が「自民党が国民政党たる所以は、国内に対立軸を作らず、真の国民統合を成し遂げる使命を自覚しているからだ」と発言された。強く賛同。色々言われるが、TOPに立つものの孤独は辛いものがあるのだろう。谷垣総裁、頑張りましょう
----------------------
リーダーにはいろんなタイプがある。この方は、今どうしても受けてしまっている劇場型というか扇動型というのとは一線を画している点で、物足りないと感じるテレビ脳や酷使様が多いと思うんですけど、、、うーん。

そういう方にはこれをさしあげる。(´・ω・)つ『リーダーシップは資質ではなく仕事である』

私は谷垣総裁が総理大臣になるということは、すなわち、衆愚政治からの脱却の第一歩のように感じるのですよね。テレビ受けしない人が、今日本のトップに立つべきだと思っています。

こういう落ち着いた議員と真面目に語らう輪に入りたいのだが。しかし、、、FBはどうしても無理なんだ。公人は別に良いでしょうけど、やはり躊躇するから、私は遠くからこっそりと [壁]‥)  余談でしたw

----------------------
宇都議員、そういえば、おめでとうございます!

天命ニューバージョン
(クリックで自民党ホームページにとびます。大変充実しており更新が頻繁です。是非、最新情報を入手くださり、影の内閣の動きを追ってください。)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 偏向報道溢れる日本

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 3   tb 0   page top

コメント

宇都議員、五月人形のようです。
美しい日本男児のお顔ですね。
n #- URL [2012/04/27 22:44] edit

nさま

n様、いつもありがとうございます^^

> 宇都議員、五月人形のようです。
> 美しい日本男児のお顔ですね。

五月人形!!!なるほど!!!

確かに、鎧兜が似合いそうwww

ご本人はなんというか、小柄な方でしたが、こうすごくまとまってた感じがしました。

この方は大丈夫だ、と思ったですよ。

党大会の帰りに靖国神社にJNSCの方々と行きましたが、帰りもご一緒して、宇都さんの話になって、美しい日本女性と結婚してもらいたいなぁ・・・なんか世話を焼きたくなるとか、そんなことで盛り上がったりもしましたwww

宇都さん、そんなこと言われてるなんて、思ってもないでしょうけど。すいませんwww



ルナ #- URL [2012/04/28 07:25] edit

管理人です

検索キーワードで、宇都 結○ というキーワードで検索して踏んで頂いたという形跡がちらほらみられるんですが、というのが出てくるんですが(あえて○にした)、勘違いしないでね。

勝手な妄想なので、、、よろしく頼むよ。。。呆れるんですが。

ほんとに、、、冗談も通じやしない。。。なんて世の中なんだろう。

敢えて残しておくが、、、

日本人男性こそ、日本国籍の女性と結婚し、あるべき家庭の姿を示し、社会の規範となるような、そんな尊敬できる国会議員先生に、宇都先生に育っていただきたい、そういう思いです。

そういうことを、JNSCさんと語っただけ、ただそれだけのことです。詳しいことは書けませんが、かの国の日本への侵入具合って、、、呑気に韓国旅行に行くような方々の想像を絶するものがある。

その危機感です。

ご理解ください。

管理人は宇都先生を外から眺めているだけ、もちろん、国民の一人として、応援したい先生として、広く知って頂きたいと、ただそれだけの思いです。

ゆめゆめおかしなことがささやかれたりしないよう、強く申し上げておきます

英語教育を心配する前に ブログ管理人 ルナ
ルナ #- URL [2012/05/01 20:27] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/692-cadfe909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。