04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【敵地に】ウェークアップぷらすに谷垣総裁出演!書きおこし 前篇【参戦?!】 

はい、支持者乙で結構!読売テレビ、大阪、敵地に入る、、、どうなるんだろうと、かなり気になっていたのですが、ご覧になっておられない方がいるのはもったいないと思いましたので、はい、かきおこしです。

どぞ!

冒頭:ウェークアッププラス。この日は行った?話し合いの中身は?(密談)一番リラックスできるときは?年金、消費税、解散、全て聞きます。谷垣総裁生直撃!
(韓国の宣伝はパス)
VTR谷垣:味噌もくそも一緒にしてみんな悪いぞという議論は私はのりません。もう少し問題を厳密に分析して、何が問題だったのか(定例記者会見)
ナレ:何も決められない政治。原因はいったいどこにあるのか。そのカギを握る自民党谷垣総裁が緊急生出演。
読売13読売14
(これが流れたんだね。貴重な手信号の画面ですね。SPさんもやっておられる!www)

見えない自民は今日で終わり。とことん聞きます。これからのニッポンどうするの。

辛坊:おはようございます。ウェークアップ司会の辛抱虎谷温子です。と今朝のコメンテーターは読売新聞特別編集員、橋本五郎さん、女優で脚本家の中江有里さん、読売テレビ岩田公雄特別解説委員です。どうぞよろしくお願いします。もう一方今日は特別ゲストをお招きしております。自由民主党総裁谷垣禎一さんです。よろしくお願いいたします。今日はこの後じっくりたっぷり伺います。
読売1
虎谷:日本が大きな決断を迫られている今、その行く末を大きく左右する最大野党自民党のリーダー、この谷垣総裁に番組が質問を用意させていただきました。今、谷垣総裁に聞きたいこと、とは。
読売3

ナレ:自民党第24代総裁谷垣禎一、東大(法学部)卒の弁護士と経歴はエリートそのもの、しかし実際には一浪して東大に入学、卒業までに4回の留年、そして卒業後は皿洗いなどのバイトをしながら、10年かけて弁護士になったという
まさに苦労人。世が世なら総理大臣になっていたはず。でも今はなんとなく影が薄いような。そこでどうしても聞きたい、谷垣総裁に10の質問!

VTR森元:何であんなに暗い日陰の、こんなポスター俺の選挙区では引き受けないぞ。
読売4
ナレ:以前この番組でも取り上げた自民党の新ポスター。党内の重鎮からは暗い、地味だと批判も飛び出したようですが。では一つ目の質問です。このポスターの出来栄えは?どう思いますか?

続いては今永田町では一番の噂、(VTR「(ノダ):会っていません」「(谷垣)お会いしたという事実は一切ございません」)先月25日にホテルオークラで行われたとされる、野田総理と谷垣総裁の極秘会談。新聞では消費増税や話し合い解散について意見交換をしたと取りざたされていますが。ずばり、密談の中身はいったいなんだったんですか?
あの日実は水面下で谷垣総裁が当番組に生出演するという話がすすめられていたのです。ところが実際に番組に祖出演いただいたのは安倍元総理。
VTR安倍:谷垣さんは、教養人ですからね。あまり変なことを考えずに、変なことというか受けを狙うわずに、谷垣さんらしさでいったほうがいいと思うんですね。
読売5
ナレ:この日はやはり会談は?そこでもう一度お聞きします。先月25日、ホテルオークラに行きましたか?

VTR加藤:本会議場に行って不信任案に対する賛成投票をしてまいりたいと思っております。
読売7

ナレ:2000年11月、当時の森内閣打倒を画策した加藤の乱。このとき谷垣総裁が不信任票を出そうとした加藤紘一氏を涙ながらにとめたのは有名な話です。当時の谷垣さんのような気概ある政治家が見当たらない今の自民党。巷では谷垣おろしの声もちらほら。党内での立場は正直、つらい?
ナレ:趣味がこうじて大けがしてしまうくらいの自転車好き。そして政界随一と言われるほどのワイン通。さらには学生時代、留年するほど嵌ったという山登り。多彩な趣味をお持ちの谷垣総裁ですが、今は何をしているときが一番リラックスできますか?
ナレ:聞きたいことはまだまだあります。動向が気になる民主党小沢元代表に、橋下大阪市長率いる大阪維新の会への対応。そして政権奪回への道筋は?今日は骨の髄までとことん聞きます。谷垣禎一自民党総裁への10の質問!それではスタート!
辛坊:よろしくお願いします。
谷垣:こちらこそよろしくお願いします。
辛坊:こうしてVTRを見ると加藤の乱のときは熱い谷垣と言うのを見せてもらいましたが、思い出しましたか?
読売8
谷垣:加藤さんもあのころ若いなと思ってみてました。
辛坊:まぁスタッフがどうしても聞きたいという10項目並べてあるんですが、順番にいきましょうかね。ポスターの出来栄えは?と。問題のポスターはこれだったんですけれども。確かにポスターをぱっと見ると、谷垣さんですね。逆行なもんですから顔が暗い、こんなもん貼れるかーと森さんがおっしゃったら結構な人気になったそうですね。
谷垣:あの、やっぱり悪名は無名にまさるっていうか、あの話題になったら増刷しなくちゃいけないっていうことで良かったなと思っています。
辛坊:良かったなですか。そうですか。そしてもう一貫して否定していらっしゃいます。野田さんとの密談。中身は一体なんだったんだという。
谷垣:これは、これはしてないんだから、中身をと言われても。答えようがないですね。
辛坊:でもオークラに行ったのは間違いないですよ。
谷垣:間違いありませんっていや、私行ってないですよ。その日。
辛坊:・・まぁ、これはね、そのやっぱり逆に私が谷垣さんの立場でも、そう聞かれても行ってないしか言いようがないですが、ま、行ってない行ったにかかわらず、本体を。実は消費税どうするとかTPPどうするとか、自民党としての立場としてはもうあと、VTRを挟んでのちほど皆さん、討論に参加していただいて、今日はあくまでもこの段階で、この10項目で人と成りを伺いたいのですが。
読売9
辛坊:人と成りと言うことでいきますと。野田さんと言う今の総理大臣、谷垣さんから見て、野田さんと言うのはどうですかね。決断できる人なのかどうか。というのは、野田さんがやっぱり消費税どうするのか、最終的に決断した後で自民党どうするかという話になろうかと思うんですが、谷垣さんから見て野田さんと言う人は決断できる人だと思いますか。
谷垣:まぁ野田さん自体はですね、何度も言っておられますけれども、消費税に政治生命をかける、不退転の決意で臨むといっておられて、それは、信じていいいんじゃないか、と思っております。ただですね、あの党はどうしたら党としての意思決定をできるのか、外から見ているとよくわかりません。だからなかなか総理のこのなんていうんでしょうかね、気概と、気概通り進むのかというというのは私はそこは難しいと思っています。
辛坊:人物として野田さんと言う人は信頼できると思っていますか。
読売10
谷垣:・・まぁ日本国総理大臣ですからねぇ。信頼しなかったら我々、どういう政治をしたらいいか難しいですよね。私は基本的には信頼しております。
辛坊:じゃ比較として小沢一郎さん書いてありますが、小沢さんと言う人はどうなんですか。信頼できると思いますか。
谷垣:まぁ・・・作っては壊し作っては壊しということをやってこられましたからね、どこまであの、我々行動を少しレンジを長くとった時に信頼をしていいのかというのは少し距離を置きながら、私は見ております。
辛坊:谷垣さんの個人的な意見を伺いたいのですが、例えば目の前に野田さんと言う人がいて小沢さんと言う人がいて、どちらかと、手を結ぶという時に、人間としてどっちが信頼できるかという観点にたったらいかがですか。
谷垣:まぁ政治家はしょちゅうそのときそのときで変わりますから、あの私も君子豹変しながら生きておりますのでね。そういうことです。
辛坊:慎重ですね。
谷垣:えぇ。
読売11
辛坊:わかりました。もう一方、橋下徹という大阪市長がいます。この人物をどう思います。
谷垣:まぁ橋下さんいろいろ問題提起しておられることはね、あの、あぁなるほどなと思う時ことがあるんですね。特に政令指定都市20になりましたから、つまり都市化がどんどん進行している中で、いろいろ抱えている問題、問題提起はあぁそうだ、そういうことに対応しておかなきゃいけなかったということはあります。、そういうことは自民党としても協力していかなくてはいけないと思います。
辛坊:えぇ。そういうところは、ということはつまり、否定的なとこも当然あるというニュアンス。
谷垣:まだよくわからないんです。要するに我々は民主党の政権交代の時にですね、私は期待しかなったんですけれども多くの国民、期待されたと思うんです。そうしたらやっぱりマニフェストっていうのはどっちの方向むかうのか結局わかんない。あのー橋下さんがどっちの方向に向かうのかまぁ今船中八策とかいろいろまとめて議論しておられるようですけれども、どういうものができてくるか、ですね。
辛坊:今出ている船中八策のはいかがですか。
谷垣:まぁー大きく言えばですね、・・・地方をどうしていくかということにはある程度なるほどと、感じますけれども日本国全体をどっちに持っていくのかというのは私まだよくわかりません。
辛坊:なるほど。さぁさきほどリラックスできるときは何か。さぁこの質問。
谷垣:まぁさっき出していただいたように、私アウトドア派ですのでね、やっぱり外で体を動かすというのが一番なんですが、なかなか時間がないものですから、最近は昔若いころ聞いた50年代のジャズなんか聞いております。
辛坊:50年代のジャズですか。あの、ワイン飲みながら。
谷垣:いや、ワインと。この頃はハイボール飲みながら(笑
辛坊:そうですか。えー、これに政治生命をかける。今一番かけようと思っていることは何ですか。
谷垣:かけるっていうとよくわかんないですけれども、やっぱり震災なんか見てましてね、なかなか政治が機能していないなと。それで我々野党におりますけれども、やっぱりこれは野党もこんな大きな災害ですからね、100点満点は誰がやったって難しいにせよ、我々のほうがずっと安心できることができるんじゃないかと思っています。ですから打倒政権ですね。
辛坊:そして自民党での立場なんですが、さきほどのVTRでいわゆる長老と言われる人たちはまぁ好き勝手なことを言うわ、若手は若手でこれまた突き上げるは、自民党総裁と言うまさしく野党のトップなんだけれども、ちょっとこーひいてみてると、中間管理職のような悩みをお抱えになっておられるのではなかろうかと。思わないでもないんですが。いかがですか。
谷垣:まぁいつでもそうじゃないですか。それでまぁ、我々の党はですね、あの与党ボケなんて批判されたりしますけれども、それは自民党のいいところで、やっぱり与党になってやりたいと、野党じゃつまらんというのばっかりが集まっている党ですから、もう2年半も野党やっておりますと、そりゃフラストレーションもたまると思いますね。
辛坊:野党と言うのはやっぱりつらいですか。
谷垣:つらいというよりか、はじめから自分たちは野党だと思っているとそういう対応になるんでしょう。我々は自分たちの手でやりたいという人間が集まっている党ですから。
読売12
辛坊:そのあたりは政策面はあとでじっくり聞きますが、これもいろいろ失礼な質問だと思うんですが、例えばこれ自民党名を変更するっていうのは、誰も変更するって言ってないのに、この質問もどうなんだっていう話もありますが、今の自由民主党という党名、あの一部民主党と政権交代したときには自民党のなかでも「いやこの党名は古臭いからもうやめよう」というような話みたいなのが実際でたこともありました。
谷垣:ありました。あの細川政権ができたときもありました。あのときはですね、じゃぁどう変えるんだっていう議論があって、自由と民主っていうのはどうだっていう案がありました。
辛坊:もともとの保守合同する前の、二つの党に別れるっていう。
谷垣:それをつなげて「自由と民主」と。それがいいんじゃないかって。
辛坊:そういうわけにももういまはいかないと思いますが。今どうですか。
谷垣:いや、今変えるつもりはありません。
辛坊:変更するなら、という質問なんですが。
谷垣:いやなかなかね、自由と民主っていいとこ集めていますんで、どっち削ってもよくなくなっちゃうんじゃないかということですね。
辛坊:なるほど。さぁ10番目の質問です。総理大臣になれますか。
谷垣:まぁなれるかなれないか、これは懸命に政権奪還が我々の、さっき政治生命をかけると申しましたが、徹底的にやるしかないですね。
辛抱:わかりました。そのためには、自民党として何をするのかということをしっかり国民に見せる必要があると思いますんで、このあとは政策面についてしっかりと伺ってまいります。
谷垣:はい、よろしくお願いします。

虎谷:民主党政権が消費税増税を推し進めるなか、最大野党の自民党はどうでるのか。対決か、それとも大連立か。谷垣総裁の決断は。
-----------------------------------------
前篇はここまでにします。

私はガッキーのこのグレーにブルー系を合わせる組み合わせ、好きだなぁ。

ガッキー!かっこいいぜ! 

読売テレビは、ガッキー下げをしたかったと思うんですね。

後篇で橋本五郎と中江と岩田と辛坊とで総攻撃してるんですけども、全然動じずに、自民党を守る立場でしっかりと発言されていて、メディアにしっかり対峙しておられる。

ものすごい慎重で、カリスマ性というのとは違うんだろうけれども、橋下なんかにカリスマ性を感じる、、、のは頭悪いんじゃない?って思うくらいに、実は意外に、普通だ、いや、腰が据わっているというのを感じてもらえるんじゃないでしょうかね。

どっかの新聞で「谷垣総裁は野田首相を信頼」っていう記事が出てて、おそらく保守派はびっくりというか、谷垣よ、いい加減にしろって思ったかもしれないけど、その記事のもとはこれだから。

日本国総理大臣だし、信頼しないでどうすんだ。基本的には、信頼していると・・・そりゃね、言わざるとえんし、誰でもそういうでしょう。やらしい記事にするところが、マスコミってわかるよね。

私は本当にこの混乱した時代、みんなが正気を取り戻すのにも随分と時間がかかると思うけれども、この混乱期をじっくりと谷垣総理でやっていって頂きたいと思います。

ポスト谷垣はゲルさんと、あとは林さんはびっくりですが、残念ですが、残念でした。ゲルは早期解散は反対って、、、自民党議員としてアウトじゃないの?っていうくらい、もともと総裁としてはどうかと思っていましたが、もうすっかり幻滅しました。

町村さんが総裁と同い年で67歳でしたっけね。腹のうちはもちろん野心はあれど、BSでの発言はお見事でした。安倍さんは、まだお若い。国民が本当に憲法改正が必要と気が付くまでまだ時間がかかると思いますし。

しかしね、いずれにせよガッキーに私はぜひとも出てもらいたいです。

何より谷垣総裁にたいして、私が注目しているのはお正月あけのASEANへの出張でした。絶対にあのパイプは総理になったら活きてくるはずと、ワクワクしているんです。

谷垣総裁出張記2 ベトナムとの連携について語る。(海外記事追記)
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-616.html
谷垣総裁出張記4 補佐官の呟き編。
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-619.html

TPPよりASEAN+6を執行部としては考えていると私は思っているんだけど、ゲルが万が一総裁になっちゃったら、その道は絶たれちゃうんじゃない?とかって思っちゃうんだよね。

世界においても、自立と調和という、谷垣総裁の目指す姿が、私は見てみたいのです。

自民党として何がしたいのかわからんというのは、報道されないからでしょう。発信はしていると思いますので、あとはそこをどうやったら聞き取れるか。

もちろん、自民党としても努力はもっと必要だと思うけれども、意図的な意地悪をする、電通が相手、メディアには勝てないものね。

日本人はなんというか、メディアに頼らないで自ら発信する努力を多分、求められていると思う。それはカフェスタもいいし、私としては街宣をやってもらいたいし。

こうやって書きおこししてると、嬉しいなぁ。1じかんとったんだよね。野党の党首にね。

辛坊乙!残念でしたね。応援しているほうからすれば、あんたたちの攻撃ぶりが面白かったわ。

しかし、、、とにもかくにも、あとは国民の皆様なんだよね。。。。。。

見逃した方には続きをお楽しみに!

おまけ
-------------追記-----------------
番組終了後 「辛坊が分析谷垣禎一と橋下徹
http://www.ytv.co.jp/wakeup/movie/index.html
辛坊:今日どうですか。谷垣さんにおいでいただいて、ずっと客観的に見ることができた五十嵐さんは見ててどんなイメージでした?
読売15
五十嵐: いや、僕正直、ほんとに一般の人のように、イメージがちょっと失礼かもしれないですけど、薄いっていうイメージがあったんですけれども、こうやってみますとオーラっていうんですか、そこがものすごいありましたね。
辛坊:オーラがあった
五十嵐:ありました。オーラを感じたんですけど、え、どうですか? 
辛坊:・・・・うん、うん、うん、、、(何もいえない) 
五十嵐:結構ビシビシって言うのが、何かそうか、そういう一面もあるんだと。
辛坊:本人、どちらかというと性格の穏やかなどちらかというと丁寧なそんなに物事白黒ばかりで全部つけられるかというとそうじゃないんだよねと、物事をちゃんと丁寧にしゃべろうと思ったら、どうしたってあいまいになるもんなんだと。
虎谷:慎重になったりしますしね。
辛坊なんでもかんでも白黒つけられるものでないから、その意味で言うと谷垣さんというのは本当にしっかり物事を考えている人だなぁとわかるんだけれども、だからこそ弱いって言われちゃってたところが、やっぱりあんまり弱い弱いって言われたもんだから、最近、なんか「ニュー谷垣」みたいな。ね。
五十嵐:でもやっぱり自分の意見、がーっていう人のほうが目立ちますからね。
辛坊そうなんだよね。まぁ例えば橋下徹と谷垣禎一と二人並んで、討論したら多分討論にならないんじゃないかと。どっちがいいとかどっちがうまいとか下手とかいうんじゃなくて、次元が違うというか、住んでる世界が違うっていうか
虎谷:タイプがそもそも違うっていう感じでしょうか。いや、でも私、その前にメイク室でお会いしたんですけれども、私さきにメイクしてたときに、谷垣総裁が入ってこられて、入るときに「おはようございます。よろしくお願いします」と入ってこられて、すごく、丁寧な、きちんとされた方だなぁというのか、私。
五十嵐:僕も入口で、スタジオの入り口で「よろしくお願いします」と挨拶したら「よろしくお願いします」と行ってくださって、それちょっと感動しましたね。え、こんな僕にも!って

辛坊: なんか、めちゃくちゃ好感度上がってるね。めちゃ<ちゃ好感度上がってるぞ、おい。めちゃくちゃ好感度あがってるな、これ。
読売16
虎谷:丁寧だったり、あいまいだったり、するところがあるかもしれませんけれども、その分やっぱり、それによっての良さっていうのもあるんだろうなと。
五十嵐:人間的な面ですかね。
辛坊: あの、穏やかな人が穏やかで的確な判断力がある人が政治をやって、安定して国が運営できるような、状況ならこらぁ一番いいと思うね。
虎谷:理想的ですね
辛坊:理想的。それが誰かっていうのはともかくとして、そういう時代かっていうことも含めて。
(おわり)
------------------------
はっはっは!!!(・∀・) 残念だったな、辛坊!

改めて、続きをお楽しみに!

明日月曜日、1700pmよりミニツイッター集会のようです。

谷垣総裁が気になる方、自民党って何してんの?って興味をもった方はチェックイン!
(仕事・・・なんとかならんかなと真剣に検討中のルナです)

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
どうやら、これは、ミニツイッター集会のようです。↓↓
カフェスタバナー
(クリックで、カフェスタ紹介ページにとびます)

天命ニューバージョン
(”東日本大震災から1年を迎えて”の総裁談話にとびます)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/


ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/671-d360a697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。