04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

とにかくじっくりと記者会見や国会を眺めてみよう! 

ちょっと、やはり納得いかず、記事を修正します。

なかなか仕事していると、タイムリーにできないですが。本当はもっと発信したいんですけど。すんごいジレンマです。

私が1本にする理由は、一期一会というものを考えるからです。もう二度と踏まないかもしれない人の記憶に、少しでも残るものがあれば、と言う理由ですのであしからず。

1.緊迫の定例記者会見

木曜日は谷垣総裁の定例記者会見の日です。今週の自民党のあげるテキストは言葉をいつもより、すこしまとめている感じがするので、全然遠くないのですけど、総裁の味がちょっと消えているんです。従って、聞き取れない個所はそのままに、聞き取れる部分は聞き取れるように書きおこします。でも、全部はやめます。長くなるから。

ところで、会長(http://bluesketch.seesaa.net/)のブログにも書かれているのでご存じの方も多いと思いますが、冒頭、思わず笑ってしまったのでした。

いつもは少し時間をとって自民党内の動きを語るんですが、今回”話すことナス”と言い切ったんです。

叩いても叩いても誠実なガッキーに、調子こいてねつ造報道しまくるもんだから、ガッキー怒ってるというか、「何言っても無駄」状態を悟っていることを、ゴミにわからせようとしてんですかね?

そもそも、冒頭発言に対して、質問する記者ってあんまりいないんです。脳タリンな質問が多くて多くてw

テキスト http://www.jimin.jp/activity/press/president/116191.html



冒頭
今日は私から最初に申し上げる事はございません。皆さんのお問いかけにお答えしたいと存じます。
2012.03.23定例
この笑顔がこわーいwwwwwww
(おめーらになんも話すことないぜよ。言いたいことあるやつはかかってこいやー)

質疑
ゴミ:総裁、朝日のやまぎしです。郵政に関してですけれども、先程も郵政の見直し法案に関しまして自公の協議についての話し合いがあったかと思いますが、現時点での自民党の方針、進展状況について教えてください。
谷垣:あの、先週先週、「郵政改革法案への対応の考え方」というのをまとめたわけですが、これは「郵政民営化の堅持は当然である」という考えを基本にしております。これに則って、実務者、あるいは政調会長間で協議を続けておりまして、公明党とのあの、調整をしております。現場で今、あの、議論が進んでおりますので、おまとめいただけるものというふうに考えております。

ゴミ:あの関連しましてですね、先週の記者会見では、総務会の前に個人の考えを言うのはよくないということで、ご自分の考えをあまりはっきりとおっしゃらなかったのですけれども、1週間たっもあまり協議が打開していないという状況のなかで、総裁ご自身のリーダーシップも期待され、また問われもしているんじゃないかと思うんですが、総裁個人としてはどのようにこの問題にコミットしていこうとお考えでしょうか
谷垣:まぁ、この前まとめたものを基本にですね、やっぱり自公いままでいろんなことを協議しながら、難しいことを乗り切ってきましたので、そうしていきたいと思っています。

ゴミ: 基本的には現場に任せるということでしょうか。
谷垣: いやいや、現場に任せるというか、まず、現場の協議が第一だということは間違いありません。現場の協議が第一であることは間違いありませんが、も色々難しい問題を乗り切って来ましたので、我々もそうしていかなくてはならない、こう思っております。 

郵政関連はちょっとセンシティブな感じがするのでちょっと省略。

ゴミ:○○です。えー、民主党のほうで消費税関連法案を巡って、連日協議が行われているようなんですけれども、(女性記者もごもごで聞き取れない)民主党の党内がまとまらない、小沢元代表も発言をかなり強めている状況をどのようにご覧になっておりますでしょうか。
谷垣:まぁあのいあ、おっしゃったようにですね、党内で小沢元代表のグループも反対の意向を表明しておられますね。それから連立を組んでおられる国民新党の亀井代表ですね。これも連立離脱を示唆しながら、修正しても反対するという意向を示しておられるようですね。ですから私が度々申し上げているように、総理が不退転の覚悟でお臨みになるならば、やっぱり党内のそういった問題、決別も辞さず、という事が必要なのではないでしょうか。まぁ私は、結局ここまで来ますと、野田総理の、なんというんでしょうか、決断ですね。使命感というものに基づいた決断にかかってくるのだと思います。

ゴミ:TBSのいわたと申します。先ほどの関連ですが、消費税の法案の中に民主党は歳入庁設置をなんらかの形で盛り込もうとしているようなんですけれども、歳入庁と言うものに対して、総裁のお考えをお聞かせください。
谷垣:私個人は歳入庁に対してあまり積極的ではありません。まぁこれはもっと大きな枠組みの中でということはありますけれども、どう考えていくかという事がありますが、今見ますとね、やっぱり、社会保険と税収の問題は物事の取り組みにまだまだ差があるように私は感じます。そのなんというんでしょうか、難しい案件は、国税庁のほうで引き受けるというようなことも、試みもあるわけですけれども、まだあんまりこなれていないかなという感じがいたしますね。まあこれ、歳入庁の在り方はともかくとしましてですね、私は本当に税法をおやりになろうというんだったら、あんまりこの前のように、80人削減というようなことまで、本質とは若干違うものを盛り込もうとされると、物事はなかなか前に進まないんじゃないかなと思います。

ゴミ:やまぎしです。先程、民主党内の動きに関しまして、野田首相の使命感、「使命感に基づく決断」というお話がありました。私の誤解があったら申し訳ないのですけれども、元来総裁はこの決断と言うのは「解散」をおっしゃったかと思うんですけれども、今日の○ですと、小沢さんを切るというそういうご主旨でしょうか。
谷垣:まぁ私は解散をして、新しい体制をどう作って行くかということまで詰め切らなければ、常々申し上げているように、なかなか足元が定まらない、液状化してくるというようなのは、手順・段取りが十分に踏まれていないからだと、認識しております。 ですから本当にやろうとするのであれば、もう一回段取りを詰めて行くという事に遡らなければ、難しいのではないのかというのが私の認識ですね。

ちょっと省略

ゴミ:消費増税関連法案に関してですが、今日麻生元総理が総会(為公会と思われ)でもおっしゃっておられたようなのですが、本来、今消費増税をするのは、景気回復を見てまだその状況にはなっていないというふうにおっしゃっておられましたが、谷垣総裁は、改めまして、景気に照らして、消費増税と現状の景気との関係について、総裁はどのようにお考えでしょうか。(女性記者、聞き取れない)
谷垣:まぁですからデフレ脱却も併せて考えて行かなくてはなりませんね。それから大きな枠組みの中では消費増税は避けられないとは思いますが、具体的にいつ入れるかという事については、具体的に検討が必要だと思います。ただもう一つは、デフレ脱却の色々な政策のあり方をどう考えるかというのもありますが、やっぱりあの、日本全体の成長や需要を促進していくためには、投資をどう考えて行くかということがありますね。今の日本の財政だと投資をするための財源をどこに求めるかも難しい状況にきておりますから、そういった事を勘案しながら具体的な時期を判断すべきだろうと思っています。

ゴミ:○○です。震災復興について、自民党は震災特例法案等々多くの議員立法を出しましたが、国民の間では「自民党は何やったの」というイメージがあるが、これは何が原因だと思いますか?
谷垣:この原因はですね、我々は法案を提出し、成立させる所まではできるんです。ただ、法案、法律というものは出来たらそれを執行しなくてはなりませんね。ですから執行能力に非常に問題がある。基本的には行政府の問題になってくる、そこが私はあると思います。もちろんそこは我々もこういったもので、これまでの経験がありますので、執行に関してアドバイスできるものはしてきましたけれども、必ずしも十分に動いていないということはあるかと思いますね。ですから、我々が議員立法で提案したようなものが、あの現実に動いていけば、なるほどと思っていただけるのでしょうが、法案が通っただけではなかなか評価いただくのは難しい状況だと思います。

なんちゅう質問や。腹立つ!どの口が言うか。おまぃらが「復興の足をひっぱる自民党」って言いまくったからだろ。法案の執行は政府の仕事や。そこをおまぃらゴミどもはごまかすんじゃねーぞ。

こっから下は省略。私の記事長くなっちゃうから。是非、見てください。動画のほうをお勧めです。というか、最後に取り上げた部分、本当に、ここまでやるんだったら、与党変われよって話ですよね。

国民は勝手すぎます。解散いらないっていう国民、、、、いい加減にしてほしい。

テキスト:http://www.jimin.jp/activity/press/president/116191.html
動画:http://youtu.be/k3ZnYNjlhmo

定例記者会見は、いろいろと発見があります。

とにかく、ゴミの目的は”総裁にリーダーシップがない”と決めつけたいのですね。この動画を見ているとよくわかります。

総裁の考えているリーダーシップについてはこちら。形と言うのはいろいろあるんでしょう。

「責任は、全て自分が取る」これが本来のリーダーの姿
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-597.html
---------------------
高等学校の生徒会の会長はどんなリーダーシップが必要なのか、わたくしはよくわかりませんけど、しかし、政党のリーダーシップは、簡単だと思います。つまり、自分の部下や、何かに、もっとのびのび働けと、一歩前に出てやれと、頑張れと、責任は俺が取ると、簡単に言えばそういうことだと思います。それに尽きると思います
---------------------
リーダーシップは資質ではなく仕事である
http://diamond.jp/articles/-/1906
----------------------
リーダーシップとは、資質でもカリスマ性でもない。意味あるリーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、それを目に見えるかたちで確立することである。リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である。

リーダーは、妥協を受け入れる前に、何が正しく望ましいかを考え抜く。リーダーの仕事は明快な音を出すトランペットになることだとドラッカーは言う。

リーダーと似非リーダーとの違いは目標にある。リーダーといえども、妥協が必要になることがある。しかし、政治、経済、財政、人事など、現実の制約によって妥協せざるをえなくなったとき、その妥協が使命と目標に沿っているか離れているかによって、リーダーであるか否かが決まる。

ドラッカーは多くの一流のリーダーたちを目にしてきた。外交的な人も内省的な人もいた。多弁な人も寡黙な人もいた。

「リーダーたることの第一の要件は、リーダーシップを仕事と見ることである」
(『プロフェッショナルの条件』)
----------------------

総裁のリーダーシップって朝日のやまぎしという人は質問をしているけど、発言のブレをマスゴミは叩くでしょう?徹底的に議論して、まとめていく、そして方向性を決めていくっていうのが、今混沌とした時代とても大事だと思うけど。

どうも、カリスマ性が必要と言う、、、そこに洗脳されすぎているような気がします。成熟した議論を求めようという、谷垣総裁の姿勢ですね。

橋下氏にカリスマ性があるっていう、最近そういうええええええ?っていう評論家を見つけましたが、がっくりですけどね。

そして、谷垣総裁って、今いる政治家の中でももっとも論語等に精通している、と言われいている。

好きでフォローしていますが、定期的につぶやいてくだる老子様。
----------------------
多言なればしばしば窮す。(口は災いのもと。自分を大きく見せようとするあまり、ペラペラと余計な事を喋ると、意外なところからボロがでて、危機に陥るものだ。真の智者とは寡黙なのだ。)
----------------------
綸言汗の如し。『論語』(流した汗をもとに戻すことができないように、皇帝が一旦発した言葉は後になって取り返すことが出来ない。トップに立つ人物であるからには、自分の発言に慎重であるべきだ。)
----------------------
→これ、本当にそうなんですよ。公党の総裁がいったん発した言葉の重要性というのを、谷垣総裁と言うのは本当に強く認識されているのです。ですから、党としての意見、総裁の個人的な意見と言うのを分けてるんですね。

だから、ゴミが、「総裁自身の意見を」って言うんだけど、それが、党内でまとまった意見と違ったら、マスコミなんて言いますか?

民主党の大失態、犯罪者ぶりを隠すために、自民党は発言がブレブレ~って大騒ぎですよ。

そういうところに、誠に気を遣い、党内を掌握している、まとめておられるのではないかと、ウォッチャーとしては感じます。

ちょっと結構、踏んでくださっている方が多いので、しつこく再掲しておきます。

「おかえりなさい はやぶさ」を鑑賞した谷垣総裁
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-665.html

自民主総裁・谷垣氏、3D版「はやぶさ」に感銘「頑張らねば」
http://eiga.com/news/20120321/17/

11月26日(日本時間)飛行7日目、土井宇宙飛行士は谷垣科学技術庁長官と交信を行いました。(1997.12.2
http://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/sts87/sts87doims_ev_vip.html



2.シャッキンガー!からの卒業を!投資を恐れず、国土強靭化に興味を持とう
超重要な審議がいっぱいあって、、、どれもチェックすることはできないのですが、多分まずは絶対に報道されないので見ないといけないのはこの方のですね。

京都大学 都市社会工学専攻 交通行動システム分野 藤井研究室のホームページで、公聴会資料が公開されております。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/

(公聴会資料つきの動画です。素晴らしい)
公聴会資料 http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201201-201203/presentation/20120322councillors.pdf
パワポでまとめられた字も大き目、わかりやすい資料ですので、大き目の画面で見たい方は、動画を流しながら、この資料に目を通すとよろしいでしょう。

京都大学藤井先生、国土強靭化を強く訴える先生です。

衝撃の早口でデビューされた先生ですがwww自民党の訴える国土強靭化はこの先生のお考えが多分に入っているのではないかと思われます。

中長期政策
これは平成23年7月に発表されたもので、クリックでとびますが↑ホームページで紹介されています。
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/112141.html
このうちの第4分会がが、多分該当すると思う。

第4分会 
国土保全・交通 概要版(pdf2枚)http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-078.pdf

国土保全・交通(pdf6枚)http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-064.pdf

以上、ご参考までにどうぞ。


国民への周知は、国民が勝手にやってやろうと思ってやってますけど、何分アクセスが少ないので。 

まじめにやってるんだなあと自民党さんと見直してやろうと思った方は、まずはご家族から「ねーねー、マスコミって変だね。ホームページとか見ると自民党って発表してるけど、全然何も触れてないみたいだ。なんでだろうね?」とか、耳をふさいでいる人の特徴をつかんでですね、何か掴んで、話をしてみてください。

無理に言っても聞きませんから、上手にね^^

日本を守ろうって、あなたもぜひ、意識を変えてほしい。

天命ニューバージョン
(”東日本大震災から1年を迎えて”の総裁談話にとびます)

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
自民党さんったら、、、私に使えって言ってる声が聞こえてきたわ。自民党トップページに来た!
どうやら、これは、ミニツイッター集会のようです。↓↓
カフェスタバナー
(クリックで、カフェスタ紹介ページにとびます)

カフェスタなんか、誰もみねぇ、3分にまとめろっていうていう書き込みを、カフェスタの動画に見つけたんですけど、それって、カフェスタの良さが伝わらないと思うな。

条件反射な反応を改めて、じっくり冷静にものごとを考えようっていう国民が増えてほしいというのに、内容を端折るまとめをつくるのに時間を割くのってどうかなって思う。

それよりも、内容のハイライトの一部かきおこしと(○分ごろ)っていうと、目標に向かってみるかもしれないしね。

自民党の自己満足になっていけないけれども、試行錯誤はぜんぜんいいと思う。いろいろやってくださってて、努力されていますよ。

頑張ってほしいですね。

悔しいが、良識ある人間を地道に増やすしか、ないじゃん。

神様は日本人にその胆力を求めているように思う。


巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/


ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: ママのひとりごと。 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/669-c58b6e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。