09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【視聴しよう国会】 政府与党として、あるべき姿 【まずは1日1質疑】 

ちょっと遅きに逸した感じですが、日本国民として触れておかねばと思いまして。

東日本大震災1周年追悼式
平成24年3月11日(日)(国立劇場)

天皇陛下
-------------------------------
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h24e.html#D0311

天皇皇后両陛下の御写真が充実しております。
http://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/43218547.html

110428-3.jpg
宮城県HPより、被災地に黙礼される天皇皇后両陛下

東日本大震災から1周年,ここに一同と共に,震災により失われた多くの人々に深く哀悼の意を表します。

1年前の今日,思いも掛けない巨大地震と津波に襲われ,ほぼ2万に及ぶ死者,行方不明者が生じました。その中には消防団員を始め,危険を顧みず,人々の救助や防災活動に従事して命を落とした多くの人々が含まれていることを忘れることができません。

さらにこの震災のため原子力発電所の事故が発生したことにより,危険な区域に住む人々は住み慣れた,そして生活の場としていた地域から離れざるを得なくなりました。再びそこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければならないという困難な問題が起こっています。

この度の大震災に当たっては,国や地方公共団体の関係者や,多くのボランティアが被災地へ足を踏み入れ,被災者のために様々な支援活動を行ってきました。このような活動は厳しい避難生活の中で,避難者の心を和ませ,未来へ向かう気持ちを引き立ててきたことと思います。この機会に,被災者や被災地のために働いてきた人々,また,原発事故に対応するべく働いてきた人々の尽力を,深くねぎらいたく思います。

また,諸外国の救助隊を始め,多くの人々が被災者のため様々に心を尽くしてくれました。外国元首からのお見舞いの中にも,日本の被災者が厳しい状況の中で互いに絆きずなを大切にして復興に向かって歩んでいく姿に印象付けられたと記されているものがあります。世界各地の人々から大震災に当たって示された厚情に深く感謝しています。

被災地の今後の復興の道のりには多くの困難があることと予想されます。国民皆が被災者に心を寄せ,被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています。そしてこの大震災の記憶を忘れることなく,子孫に伝え,防災に対する心掛けを育み,安全な国土を目指して進んでいくことが大切と思います。

今後,人々が安心して生活できる国土が築かれていくことを一同と共に願い,御霊みたまへの追悼の言葉といたします。
-----------------------------
病の御身体をおして、式典にのぞまれ、全世界にお言葉を発せられた天皇陛下です。

とても心配ではありますが、一刻も早くご回復され、とにもかくにもご長寿であられますように、お祈り申し上げます。

そして本当は、きっと、内閣総理大臣の言葉として無駄総理大臣よりすっと耳に入ってくるのは、こちらの言葉だったはずです。

------------------------------
東日本大震災から1年を迎えて
http://www.jimin.jp/activity/discourse/116017.html
AnIf3fjCQAAAfgy.jpg
逢沢補佐官のツイート写真より

本日、東日本大震災発災から1年を迎えました。改めて、愛するご家族、ご親族、ご友人を亡くされた皆様に心から哀悼の意を表しますとともに、あの大津波によって、あるいは福島第一原子力発電所の事故により、生まれ、育ち、守り続けてきた郷土を離れ、厳しい避難生活を送られている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

 我々自由民主党は、被災地の復旧・復興について、発災以来一貫して政府・与党に全面的に協力してまいりました。しかしながら1年が経過した今日、被災地から聴こえてくるのは、遅々として進まぬガレキ処理に対する、被災された皆様への行き届かぬ生活支援に対する、明日の生活に向けた具体的な方針が何ら示されぬ事に対する、不安と不満に満ちた切実な叫びであります。

 復興状況を鑑みれば、処理済みのガレキは5%、復旧予算の執行も道路等が3.8%、病院等が5.2%という状況であり、これでは、復興に向けて希望を抱くことは困難です。政府はこうした現況を精査し、より一層、現場の声、現場のニーズに真摯に耳を傾けると同時に、復興の行程表を早急に再編成し、厳格な管理の下で進めていくべきと考えます。

 我々自由民主党は、被災地の絆の中に希望を見出し、郷土の大地に未来を描き、復興が果たされるその日まで、被災地の皆様と共に歩み続けてまいります。

 引き続き、この震災を風化させぬよう全力を挙げて取組むとともに、被災された方々の気持ちに寄り添い、被災地の声、要望、課題、困難に真摯に耳を傾け、一日も早く希望に満ちた生活を取り戻せるよう、具体的な施策を打ち出し続けてまいりたいと考えております。

 そして、東日本大震災の記憶を胸に、国民の安心と安全を守るため、国土の強靭化に集中的に取組み、より一層、災害に強い国・都市・街づくりを進めてまいります。

平成24年3月11日
自由民主党総裁
谷垣 禎一
--------------------------
この国の凄いのは、日本国民に対し哀悼の意を表しない、政党が与党となって、政権を担っているという事実です。

写真は、平成24年3月11日の、自民党本部の様子です。
半旗2


しかし、この動画を見ると、政府与党である民主党に、ないんですね。半旗がね。

いや、そもそも、国旗がないんですよ。動画に出てくる社民党なんて、論外なんですけど、、、何で、政党たりえるんでしょう。

日本人がいかに、政治に無関心なのかという証左に他なりません。

どうかみなさん、国会を見ましょう。

国会が凄いのは、常にそれは最新のニュースが満載で、国会ってあぁこんなこと話してるんだって、目を見張ることが多いと思います。

もっとも、今は本当に、本当に酷い政権なんですが、酷すぎて、ということを証明するものになっている。

それがくだらない質問だとか、揚げ足取りの質問だとしか報道されないことをマスコミが報じるもんだから、また、日本人の誤解を誘っている。

昨日一番びっくりしたこと。

戸締り先生の奥様と思いますが、たくさんの方がRTされていた。
--------------------
本日の参議院予算委員会で、野田総理が『台湾には謝意の広告を出している』という発言がありましたが、昨年5月3日に台湾2紙に出した広告は、政府とは一切無関係です。念のため。
--------------------

戸締り先生
--------------------
野田総理 虚偽答弁 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=8D2xmlR1htc#t=628s 政府が台湾に広告を出さなかったから、日本人有志が広告を出した経緯がある。その後、あくまでも民間の(財)である交流協会が広告やCMを打っているが、政府としては広告もCMも出してはいない。
--------------------
この動画見てやってください。本当に、しれっと、、、、言ってる。。。


10分過ぎ、虚偽答弁。

いやだわ。。。総理大臣の虚偽答弁も、中国共産党に牛耳られあるいは遠慮しているマスコミは全くスルーなんですね。

当時、有名でしたよね。このニュースは。私自身としては記事にはしていませんでしたが。多分。
http://p.tl/6ntr
--------------------------
ebf80a90-s.jpg
(これが紹介されていた広告)
日本人女性のデザイナー・木坂麻衣子さんが、台湾の人たちに対して義援金のお礼の意思を示すため、台湾の新聞にお礼広告を掲載すると発表した。日本は菅直人総理の名を入れて台湾の総統に向けてお礼の言葉を送ったものの、新聞広告で御礼はしていない。

「義援金を出してくださった台湾の人たちにお礼の気持ちを伝えたい」と思った木坂さんは、たった1週間で事務所と口座を作り、台湾の新聞2紙にお礼広告を掲載するための支援金(広告費用)を集める活動を開始した。この活動は『謝謝台湾計画』としてスタートし、現在も支援金の募集を行っている。今回は、そんな『謝謝台湾計画』の主催者である木坂さんにインタビューを行った。
--------------------
すごい。。。。

野田は、これパクッたんだ。。。。唖然呆然。。。。そして、、、報道されない。。。

もう、誰か、、、、、、○ってくれないかな。民主党まるごと。

こんな政権をいつまでものさばらせておくから、ちっとも地震がやまないよね。

もちろん、自民党はちゃんと谷垣総裁が親書を送っておられますし、議員団を送って、台湾にお礼の気持ちをお伝えしてくださっています。時系列で。

しかし、これは自民党が凄いという話ではなくて、こちらはちゃんとやっている。当たり前。こちらが与党だったら、日本人、、、こんなに国際社会で恥をかかずに済むのに、、、というレベルかもしれません。
-----------------------
台湾の支援に謝意 谷垣総裁が馬総統に親書 古川青年局長が馮駐日代表に手渡す
http://www.jimin.jp/activity/news/109749.html
(2011.4.26)
b_pic_4.jpg
(自民党HPより)
谷垣禎一総裁は26日、馬英九・台湾総統に東日本大震災での台湾の支援に謝意を表した親書を送った。古川禎久党青年局長が同日、わが国と台湾の窓口である台北駐日経済文化代表処(東京・港区)を訪れ、馮寄台・駐日台湾代表に手渡した。

 台湾からは、139億円にも及ぶ義援金、救助隊の派遣、400トンの救援物資をはじめ最大規模の支援が寄せられている。谷垣総裁は親書のなかでこうした善意に「日本国民は、中華民国がわが国の親友であることを改めて認識した。皆様からの御恩をわが党はもちろん日本国民は永遠に忘れない」と表明した。

 古川青年局長は「台湾の友情に感謝する。今回の震災をきっかけに、日本人が忘れていたものを取り戻し、より良い日本を作っていく」と謝意を伝えた。馮代表によると、台湾のお年寄りが台湾・外交部に直接義援金を持参するなど国民の間に支援の輪が広がっている。

 馮代表は「台湾にとって日本が特別の存在であることが証明された。これからもできることがあれば協力していく」と述べた。
----------------------
台湾の支援に謝意 馬総統からの書簡を受け取る 谷垣総裁、古川青年局長が馮駐日代表と会談
http://www.jimin.jp/activity/news/111735.html
(自民党HPより)
a_pic_52_1.jpg

谷垣禎一総裁、古川禎久青年局長は23日、党本部で、台湾の馮寄台・駐日代表と会談し、馬英九総統からの返礼の書簡を受け取りました。

 書簡では、馬総統から「東日本大震災による甚大な災害に『人飢己飢(人の苦しみはわが身の苦しみ)』との気持ちで受け止めている。一日も早く復興を遂げ、通常の生活に戻ることを願っている」とのメッセージが届けられました。同書簡は、谷垣総裁が4月26日に馬総統に送った親書に対するもの。会談のなかで、谷垣総裁は、世界最大規模の台湾の支援に「温かいご援助や志に御礼を申し上げる。『あの時日本は頑張った』と言っていただけるように努力する」と謝意を伝えました。

 馮代表は、震災後のわが国国民の行動について「混乱がなく、感服した。日本は規律ある国だ。国、国民をあげてできる限りの協力をしていく」と応じました。
-------------------------
中華民国建国100周年祝賀 自民党が訪華団を派遣
http://www.jimin.jp/activity/news/114101.html
a_pic_100.jpg
(自民党HPより)
党青年局は「中華民国100周年祝賀記念式典」への出席と193億円に上る東日本大震災への義援金に感謝の意を伝えるため、10月9日と10日に台湾を訪問しました。

 同局は長年、台湾との交流を担っており、麻生太郎前総裁(第17代局長)を団長に、歴代局長や同局役員、地方議員ら30名が参加しました。一行はまず児童が小遣いを持ち寄って約190万円を被災地に送った「健民国民小学校」(台中市)を訪問しました。麻生団長は講堂に集まった児童を前に「国民に感動を与え、私たちを大いに勇気づけてくれた」とあいさつ。児童の代表に感謝状と記念品を贈呈しました。

 翌日は総統府で行われた祝賀記念式典に出席しました。式典終了後の党訪華団との昼食会で馬英九総統は「台湾の人々はわが身のことのように辛い思いをした」と述べ、今後も支援していく考えを表明。麻生団長も改めて感謝の意を表明するとともに、「日台関係のさらなる進展、発展を心から期待する」と述べました。
-------------------------
【謝謝台湾】中華民国建国100周年祝賀自民党訪華団☆1【麻生太郎団長】
(2011.10.14)
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/100-adfd.html

↑↑姐さんのブログより。素敵にまとまっています。動画もあるよ!
-------------------------


さて、
天皇陛下について触れましたので、少し脱線。

女性宮家という言葉が賑やかですが、国会というところは、本当に日本の最先端が語られているといっても過言ではないでしょう。

是非ご覧になってください。

この質疑の意義はすなわち、女性宮家創出は、天皇陛下のご意志ではないということに尽きると思います。

私は女系宮家創出には反対いたしますが、この国会答弁を見て、いったいどこの日本人が、この民主党政権に皇室に関する案件を安心して託そうと思うだろうか?

何もするな、触るなと思うのが普通の感覚でしょう。

詳しいサイトです。
http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/62394304.html

今、日本人が自分の生活を第一にまずは、何をやらねばならないって、一つ上げるとしたらわたくしは「国会を視聴しよう」ということを申し上げたいと思います。

サラリーマンの私、確かに忙しいのですが、なんとか一つは見る、いや、聞く、そういうことを実践しています。

もちろん、全部は見ええないけど、なんでそんなことしてるかって、こんな記事を書いているのに、見てないんじゃね、姿勢として問題だもんね。

どれかいっこ、30分くらいでいいので、見ていただきたいなと強く思います。

それは、、、今の政府民主党があまりにも、酷いということを知って頂きたいからです。

それを、、、覆い隠している、ねつ造している、マスコミが本当に酷いということを知って頂きたいからです。

マスコミが言っていることと反対を理解せねばならない。すなわち、

被災地復興のため、日本再生のため、解散総選挙が必要である、ということであるということを。

天命ニューバージョン
(クリックで自民党ホームページにとびます。大変充実しており更新が頻繁です。是非、最新情報を入手くださり、影の内閣の動きを追ってください。)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 偏向報道溢れる日本

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/663-ec15939f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。