07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【もらえるの40年後】平成24年度予算案の秘密【俺たち生きていないよ!】 

粉飾(ふんしょく)とは、業績悪化などの企業や経営陣にとって都合の悪い情報をおおい隠すため、データを改竄(かいざん)したりして、見かけ上問題ないように装う(ドレッシングする)ことを表す経営・会計用語
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E9%A3%BE

なんと、日本国家の今、衆議院を通過した予算は、粉飾予算と言われている。
(他にもこの前触れた特例公債法案のこともあるが、これは今日はやめておく。超大事なポイント。)

谷垣総裁は呆れて相手にするのも、、、やむをえずというくらいの表情だった定例記者会見のテキストより
http://www.jimin.jp/activity/press/president/116012.html
定例-そういう指摘がありますか
(クリックで定例へ。屑質問に「そういう指摘がありますか」と記者に問いかけている図。ガッキーにこんな姿勢は・・・1億年くらい早いってもんですよ)
---------------------------
まず予算ですが、これまでも度々指摘はしてきましたが、財政規律の形を作るために、交付国債という見せかけ、交付国債という手法を通じて財政規律を守って行くと言う形を粉飾しているという予算であります。それから、自分達が今、政権に就いている基礎にあるマニフェストがもう破綻してしまったんだという明確な意識が無いですね。そういうことですから、バラマキ政策の見直しも進んでいないわけですが、これはまた三党協議をして、そういった政策の効果を検証して、見直して行くと言う事が実際には成されていない。それから、予算に対して我々の考え方を盛り込んだ組み替え動議も否決され、以上を踏まえますと、予算については反対をしていくということであります。
----------------------------
この辺は他に優秀なブロガーさんがとりあげているので、おバカな私は割愛します。

今日は、自民党の考え方をお勉強する日記をあげておきます。

即ち、政権交代したらこうなるよっていう大いに目安になると思います。

重症患者を救う一案の方法は、解散総選挙です。

いくら、自民党がいい予算を出しても(協力しても)、民主党は簡単に否定できます。

それはなぜか?・・・国民が300議席も与えてしまったからです。

自民党は協力しないという、マスゴミの大嘘つきに便乗しないよう、注意ください。

子ども手当が強行採決でいとも簡単にスルーしたのも、私たち国民が300議席も与えてしまったからです。

じゃぁ何で復興は進まないの?

いい加減気が付きましょう。

民主党は日本の復興を望んでいないからです。



磯崎:みなさんこんにちは。カフェスタトーク木曜日、担当の参議院議員磯崎仁彦でございます。いつも、お昼のひととき、憲法改正という非常に硬いテーマで、お送りをしてまいりましたけれども、今日はちょっと変わった趣向ということで、自民党の政調会長代理、参議院議員の林芳正議員をおよびいたしまして、政策についてお伺いをしたいと思います。先生、よろしくお願いします。
:よろしくお願いします。
磯崎:ちょうど衆議院では16時から、あの、本会議がはじまりました。
:はいはい。誰もいなくなっちゃって。
磯崎:平成24年度の予算案の審議ということで、先生のほうから2月の24日付でわが党の政策ビジョンと24年度の予算ということで、政策が出されておりますので、これについて、政策と言えば林先生ということでですね、先生のほうからお話を伺いたいと思いますが。
あ、そうですか。はい。
磯崎:まずそのポイントといいますか、その辺からお話をしていただけますか。
:うん、へえー、そうですね。今日はあの、これ、この間決めたやつね、2月24日ですが、毎年、去年もそうですが、それから補正予算ありますよね。あーゆーときにただ、「反対」じゃなくて、反対するにはここです!と我々だったらこういう予算をつくりますとずっとつくってきました。
磯崎:はい。
:ま、正すべきポイントというタイトルだったんですけれどもね。今年ちょっと違うでしょ。
磯崎:そうですね。
予算解説1
(これが本当の予算だぜ!)

:我が党の政策ビジョンと予算ということで、こういうふうにかえましたのはですね、中身もかえたんですが、もう今年はもう一回政権交代しますと、選挙やってね、で、我々が途中で、政権を取ったらですね、今の平成24年度予算を変えますという、その背景の基本的な政策をこういうことやりますということを、あらかじめ出しておこうと。
民主盗みたいに、インチキいってね、つじつま合わせるためにごちゃごちゃ変えるっていうんでは景気が悪くなっちゃいますから、(○○○)、ということでですね、つくりました。
大きな政策の柱が五つあります。えーまずはデフレ・円高からの脱却、そして投資立国を目指す、まぁGNIっていう、GDPからGNIっていう主張をさせていただいていますが。

磯崎:先生、本も書かれている。
:そうですね、一応、中央公論2月号に論文も書かせていただいていますが、自民党の文章で多分はじめてね、GNIというのが登場するんですね。
磯崎:私もはじめてですけれども
:えー、あとでゆっくりお話ししますが、それが一つ、二本目の柱はやっぱり財政。これ経済を、景気を財政より前にもってきました。景気がよくならないと財政はもちません。これは今までいってきたことです。消費税もきちっと10%。それから目標定めて2015年までに半分、2020年には単年度で黒字になろうと。いうことを、プライマリーバランスをということです。

それからそのためには、値上げをお願いする以上は、徹底的な行財政改革ということで、国会議員の数や歳費、それから公務員ね、○○。 で、公務員についてはね、国家公務員だけの議論になっちゃってるんですね、これ特に民主党政権になってからそうです。で、まぁ一言でいっちゃうと、自治労ね、地方公民の組合240万人のね、大きな(民主党の支持母体:ルナ補足)母体、選挙母体ですから、なんか地方公務員の話になるとしゅーっと。話がなくなる。

我々は自衛隊以外の国家公務員って30万人なんですよ。地方公務員は240万人いますからね、全体をやらなければいけないと。ということで、両方きちっとやりましょうと。できれば2割くらい、定数削減と給与の削減というのを合わせてやろうということで、この間フジテレビでハシモト市長とね、やりましたけれどもね、意気投合しちゃってね、大いに両側でやろうじゃないかと。

で、いっつもね、地方公務員の話をするとね、民主党は自治労で反対するんだけれどもね、総務省という役所はね、それは先生、地方自治ね、地方で決めてもらう。で、今度ね、多分ハシモトさんが言ったりするとね、それは市長さんがおっしゃることはわかるですけどね、国の制度ですってどっちから言ってもね、○○  だから、挟み撃ちにしようぜって。ということで、市長ともね、意気投合しましたが、それが3つ目。

そして4つ目がね、社会保障制度。年金、医療、介護ね、えー少子化対策、っして生活保護も入れます。ここもね、さっきのハシモト市長とまた意気投合してしまったのですが、大阪、日本で一番生活保護のメッカというと言葉和悪いですが、多いです。だから運用をきちっとして、ほんっとに困っている人にね、きちっと生活保護がいくけれども、今○っこビジネスなんでね、生活保護を食い物にしている、○マこビジネス(なんですか:ルナ補足)なんかも出てきているし、え、二世っていう親がもらってて親のノウハウをそのまま使って

磯崎:世襲ですか
:生活保護世襲してるっていう・・・
磯崎:なるほど。
:のもあるそうですから、まぁこの辺はきちっとやる。ということも含めて。また今日これまた話しますが、年金制度についてもね。民主党の出鱈目な案はダメだということも明記させてもらいました。

そして5つ目、最後の柱が国土の強靭化。もうすぐ、3.11から1年になります。まぁ、あの、あれだけ大きなことがあって、今、復興ということでね、かなり大きな額のお金が動いているわけですが、また同じとが起こる確率が高いと言われいています。従って、何か起こってからではなく、怒る前にね、あらかじめいろんなことをやって、減災、災害を減じるという考え方で、やっておいたらね、いろんなことが起きたときにね、災害の額を最小限に食い止めることができるじゃないかと。

次善(事前?)復興ということでやっています。これが5つ目の話ですね。

磯崎:わたし、四国出身ですから、南海、東南海、東南海3連動というのもね、危惧されますから。
:えぇ。この間和歌山行ったらね、もう一番最先端のダムということでね、普段は水面下にあるんだけれども、空気圧かなんかでね、作動させるとダムがせりあがってくるっていうね、
予算解説2
(サンダーバードを思い出してるらしい林議員)

磯崎:そうですか。
:ちょっとサンダーバードをね、思い出しますね。
磯崎:ふっふっふ
:まーそういうのもね、いろいろ活用してやっていこうっていうのがね、強靭化。この5つの柱で、作り直すと。これを決めました。
磯崎:もう我々がいつ、政権を担っても、これできちっとやっていくと。
:えぇ。財源もきちっと書いてありますし、数字も全部計算してありますし、えー今から先ほどの予算委員会で、これに基づいて組み替え動議も出させて頂きました。いつ、政権を執ってもいいように、また少し現実的だけれども、夢のあるGNI、投資立国っていうこともね、書かせていただきました。
磯崎:はいわかりました。で、あのー、今、生で見てる・・
:生で
磯崎:国民のみなさんから
:ばんばん
磯崎:そうですね、早速あの、質問が来ていまして。先ほど、先生のほうから、GNIという新しい指標と言いますか、このお話がでましたけれども、自民党政策ビジョン、予算案の中で使っているGNIという指標はどのようなものですか?勉強不足ですみません。
:いやいや。勉強不足というのではなくてですね、誰も知りません。GNIなんて。これはね、国民総所得というやつで、今みんなGDPを使っているんですね。
磯崎:これは国民総生産ですね。
:国内総生産ですね。
磯崎:国内総生産。
:磯崎さんでも知らないんですからね。
磯崎:はっは。失礼しました。
予算解説3
(間違いを恥ずかしがって詫びてる磯崎議員)
:勉強不足っていうことはないんで。GDPっていうのね、93年から使ってるんです。
磯崎:93年から
林:93年って93年まではGNPを使っていた。GNPとGNIは一緒です。まぁあのおおざっぱに言うとね。で、何が違うっていうと、例えばね、トヨタがアメリカへ行くでしょ。でアメリカで車をつくりますと。で、あそこで作った生産額は、アメリカのGDPになるんだけれども、あそこの会社で車って儲かるけどね、親会社のトヨタにね、配当が返ってくるんですね。
磯崎:なるほど。
:それから最初工場をつくるのにお金をかしてあげたりね、利子が返ってくる。こういうのは日本に返ってくるんですが、これ実は、GDPに入っていないんですね。
磯崎:そうですか。
:GNIで入ってくる。所得収支と言いますが。
磯崎:国内という概念が、GDP。
:そういうことです。
磯崎:なるほどなるほど。
:で、GNIっていうのは国民、日本人が稼いだお金を国民総生産。だから日本人が外に出てってもね、稼いだお金が返ってくると足しあげる。今はね、GDPとGNIの差ってどれくらいあると思いますか。
磯崎:この前ちょこっと言いましたけれども3%ですか。はっはっはっは。
:あー、おしいねぇ。3%ね。
磯崎:これで数字が二けただったら、大変な話ですけれどもね。
:3%だったら15兆円ね。そういうお金が入ってきてるんです。で今日の夕刊でね、ついに日本は赤字になっちゃった。1月ですけれどもね。貿易が赤字になってますね。この貿易の赤字がね、この所得収支のね、配当の黒字なんかを上回っちゃってる。ま、1月は正月休みなんかありますよね、単月ですが、やっぱりこれ、趨勢的にに貿易の黒字って小さくなる。どんどんどんどん。

で、その代り、あーゆーお金がね、配当とかね返ってきてる。で、そろそろGDPじゃなくてGNIでみて、日本人が世界中で稼いでいるトータルを増やそうよという、こいういう視点で、経済政策なり、どう人材を作るかっていう意味ではまぁ、教育ですし、で、製造業が全世界で展開するなかで、日本でサービス業っているんじゃないですか、仕事の数も増やして、これが今のGNIですね。

磯崎:これ、じゃぁ世の中事態がグローバル化してきてます7と。
:そうですね。
磯崎:これにも適合するというか、
:まぁね、江戸時代から明治時代になったくらいのときは、やぁ長州からね、江戸に行くって外国に行くようなものですね。
磯崎:そうですね。
:今は、だから中国もインドも、最近ビップというそうですけども、
磯崎:ビップ
:中国とインドの次はビップだと。VIPルーム。ありますね。えー、ベトナム、インドネシア、フィリピンの頭文字を取るとね。でね、中国・インド、VIPを全部足しますとね、まぁ40億人くらいになるんですよ。で、この人たちが今から、テレビ買う、車買う、冷蔵庫買う、クーラー買うって、我々がね、70年代からずっと来たような道を今から、辿っていきますから、そこへ出かけて行ってね、日本のブランドみんな、好きですよ。

やっぱりいつかクラウンとかね、思い出したようなCMですけれども、そういう風になりますから、そこへ出て行って、大いに右肩上がりのアジアでね、稼いでくると。こういうところにね、新入社員を出してやらないと、みんな右肩下がるじゃねぇ。やる気でないと思いますよ。

磯崎:やっぱり夢がありますね。そういう
:そうですね。大きく羽ばたく。こういうことですね。
磯崎:はい、わかりました。で、まぁ今おもな政策として先日、先生のほうからお話頂きましたけれども、特にと言いますか、
:そうですね。これね、社会保障。今日はね、民主党のね、中で試算やって出す出さないってぐじゅぐじゅもやもや、出しちゃえばいいって、結局最後出しました。それがこれです。民主党の7万円をね、みんなに配るって。
磯崎:最低保障年金。
:えぇ。所得に15%比例して、全員一律に15%だというのを具体的にやるとどうなるかてのがこれなんですね。
予算解説4

で、①、②、③、④ていう案があって、民主党の案です。で、今がこうなってるっていうのが、あ、点線ですね。
予算解説5
これ、今、皆さんが受給されている年金。そうしますとね、これ見ていきますと、ほとんどこれ、下回っちゃう。(①、②、③)で、これも、下回っちゃう。(④)これがどれくらいっていうかというと、(点線と④の交差点をX軸に下した点のこと)だいたい420万円くらい。

で、一番あがるっていう(④番)はいったい、どれくらいお金がかかるのかっていうのがこれでしてね。これはカッコの中が消費税換算。
予算解説6

2055年度で8.5%。今より余計にかかると。2075年度になるとこれがピークだと思います。11.2%。で、民主党とこれ、議論する。や、今のまんまでも、消費税あがるんだっていうんだからね。で今のままのもこれ、出てるんです。
予算解説7
(制度改正なしで、2055年度で6.0%、2075年度で6.5%)

で、これの差額は(制度設計④の2055年度:8.5%と、制度改正なし2055年度の6.0%をさしている)は、この民主党の変なのをやると、5%あがっちゃうだろうと。(制度設計④の2075年度:11.2%、制度設計なし2075年度の6.5%をさして)自分達でも試算してる。
磯崎:うんうんうんうん
:だからこういうね、ほとんど保険料払わない人でもね、7万円配ると。いうことをするためにこういう無理なことをするために無理なお金がかかるということと。
予算解説8
(表の見方、ねんのため)
それから全部15%ね。磯崎さんも○○、私も○○、今自営業でしょ(お互いさして)。
磯崎:国民年金入っています。
:だから会社が半分負担してくれないんですよ。全部自分で払っています。そうするとそういう人がね、一律15%の保険料を払うっていうことは、ものすごい、、倍になっちゃう。会社分ないから。自営業の人にとってはね、
磯崎:大変な負担ですね。
国民年金今、15,500円だったかな。これさっきの年収たったの400万の方、自営業で言うと、
磯崎15%
ねぇ。60万円(4,000,000×0.15ね:ルナ註)!ひと月5万円(600,000÷1年12か月ね:ルナ註:)!
磯崎今から比べれば
3倍!4倍!そりゃ当然ですよ。会社の分がなくなりますから。だからなんとなく大企業サラリーマンだけね、連合ですから(民主党の支持母体のこと:ルナ註)、目が言ってるなっていう風に見える。
磯崎:なるほど。
で、だからやっぱりそこがまずいでしょうと。何よりも保険料を払わない人が、1円も払わない人が年金をもらうっていうのはね、わが党の基本精神の自助、そして共助、公助にあわないんじゃないのかなと。ということで、ここはこの中ではっきりと、撤回をしろと。ということを書かして頂きました。
磯崎最低保証年金7万円といったら、みんな7万円もらえるという
来年から。選挙で来年から、民主盗政権とったらみんなもらえると思ってた。もう2年もたった。
磯崎それでも最終的にここまで移行するのにどれくらい時間かかるんですかね。
いや、彼らが答弁しているには40年後。俺たち生きてないよ!
磯崎:いってみりゃ、いいことだけ聞こえて、なかなか実質が国民の皆様に伝わっていないというのがありますね。
:ですねえ。それだっておかしいじゃないか。40年後って言ってなかったじゃないかって言ったらね、「誤解を招くような討論でした」って。誤解を招くんじゃなくて、わざと騙しただろ!っていうふうに思うんですけれどもね。
磯崎:はい、わかりました。それから先ほどの、生活保護の話がありまして、ハシモト市長の話がありましたけれども。どんなお話だったんですか。
:そうですね。ハシモトさんは大阪におられるので、生活保護と地方公務員の給与についてかなりね、強い意識をもっておられて、で、国の制度でねたとえば所得調査をするとか、なかなか踏み込めないところがある。いろいろおっしゃってました。国で、制度としてね、やれることは何でもやりますと。

で、我々は平成24年度、今年の予算をみたらね、なんと、この生活保護の国庫負担分がね、2兆8,000億。で、これ我々の、年の次の年の民主党政権誕生した時の年の22年度でもね、2兆2000だったの。もうこの2年間であっという間に6千億増えているから、ま、せめて3年前くらいの基準に戻そうと。
磯崎:なるほど。
:とうことで、政調の中にPTをつくりましょうと。世耕先生を座長としてね、いまから集中的にどこが、払いすぎているのか、どこの運用がおかしいのか、ということと、やっぱり子ども手当の時に議論しましたけれども、お金をあげちゃうとね、あと何に使われるかと。パチンコに行ってるのか飲み代にいってるのか、他の必要なものにいってるのかわかりません

だからなるべく、現物給付で、例えば住宅も、住宅のためのお金ってあげないで、ここに住んでくださいと、いううふうにするとか、食料もこれで買って、じゃなくてフードスタンプとかクーポンとみたいにするとか、それからやっぱりね、就労ですね。仕事をしてもらう。訓練をしてくださいってね。
磯崎:そうですね。それが基本ですね。
:それで仕事をしてる、訓練をしてる、一生懸命やってるけど見つからないっていう人に、やっぱり生活保護っていうのがあるべきで、自助がまず、なければいけないと。こういう観点でね、見直していこうと、今作業をはじめてもらったところです。
磯崎:先ほど、国庫の負担が2兆8000億っていう話がありましたが、これ地方の負担もくっと。
:いやーそりゃもう、
磯崎:3兆超えてしまうわけですね
:だからね22年度の2兆2000までに戻しただけで、全体で国費は8000億ね、節約できる。大きいところだとおもいますね。
磯崎:まぁあの、医療扶助も大きいというところもかなり。
:そうですね。
磯崎:いまこれ、無料なんですよね。
:もうどんどん昔の自己負担がない頃のね、医療保険とおんなじことになってますから、昔よく、5人くらい病院の待合室にいてね、なんかお茶飲んでて、今日はなんとかさん、来てないねってひょっとして病気じゃない?って病院で言ってたって。
磯崎:まさに笑い話の世界ですね。
:まー、そういうことがあって、自己負担入れましたから、生活保護もおんなじことになってますね。だからやっぱりそこもちゃんと、一定の現金をやっぱりそこで払ってもらう。ということも含めてね。
大阪の西成。生活保護多い地区と言われています。こういうところに視察に行ってもらってもいいんじゃないかと、世耕さん。と思っておりますのでね。えー、きちっとメリハリをつけてね、○○やってもらう。
磯崎:世耕先生には頑張って頂くと。
:そうですね。
磯崎:わかりました。それでー、先ほど、投資立国、GNIのお話でましたけれども、もう少しちょっとね。
:そうですね。はい。○○の話をしましたけれどもね、やっぱりこれうちの地元なんかでもね、
磯崎:山口ですね。
:そうですね。山口県のある地方でこの話をしましたらですね、終わった後知り合いの社長さんがね、「いや、先生、実はね、うちの会社もね、中国からうってくんないかって言われている」と言われました。やっぱりそうかと。で、私が申し上げたのは、是非、売らずに、現地に進出して、本社はこっちに残して、そして合弁企業をつくって、やってくださいと。お宅が買いたいと向こうがいっているのは、必ず、欲しい部品があるはずだからと。
売っちゃったら、向こうに機材とか、デザインごと盗られちゃうから、だからそこは、いい部品をもっておられるならそのままデザイン、デザインをプロトタイプにして、そして量産体制に入るまで、マザー工場で
磯崎:マザー工場
:ここまでは、是非、国内で残ってほしい。そして量産体制ができるようになったら、中国の合弁工場でだーーーっと作る。お客さん近いところね。是非、こういうことやっていただきたいと申し上げたんですが、まさにそれが我々のGNI戦略で、一番大事な頭の部分
予算解説9
(頭をかかえているわけじゃないよwww)
磯崎:ヘッドですね。
:ヘッドを残しておいてですね、手足を世界にどんどん市場に近いところにね、人口がどんどんどんどん増えていくところにね、つけておくと。
磯崎:なるほど。よくまぁそういう話をしたときはですね、例えば日本の産業は空洞化して、外に出て行って、国内に雇用がなくなるんじゃないかと。いう話をされる方もいらっしゃいますけど、その辺は。
林:これは国内にいると、どんどんどんどん縮んでいきますね。人口減ります。だからいろいろ調べてみますと、やっぱり外に出て行ったり輸出をしたり、出ていくと言っても残してね、大事なところ、頭は残してやると、生産性があがるんですね、いろいろ工夫をするから。
磯崎:なるほど
:したがってですね、例えばこれ、コマツさんの例ですとね、建設機器の。全世界にね、もうグローバル化は終わりましたと。そうすると、売り上げが10倍になりました。だから日本人の比率が減っても雇用も減りませんと。ほう、なるほどなと思いましたけれどもね。
まあたとえ話はそうなんですけれども、更に、小松市なんですよね、石川県の。発祥の地の工場にね、○○、研修施設をつくってですね、全世界のコマツの社員がここに研修に来る。三か月とか六か月とか。1000人、2000人の単位でね。そうするとこれが今度は新しい賑わいをつくっていく、まぁこういうこともありますんで。どうやって広げて、広げた結果、儲かるか、単に配当だけかえてくるんではなくて、もっと広い意味で、日本全体が大きくなる。ひとつです。
-----------------------------
ここまでで、あと残り12分くらい。ここまでじゃ。息切れwww

あ、今日のタイトルに関係のある国会はこれですかね。

国会中継 (2012.02.10) 鴨下一郎 (自由民主党) ~最低保障年金は40年後~
http://www.youtube.com/watch?v=Jv8edy0qMfo

40年後と明言された、質疑です。

そして私は、議員歳費削減反対!

こんなバカ民主盗みたいな議員に300議席もあげちゃって、何にも進まず日本は破壊されてめちゃめちゃなのに、よくも・・・国民は、簡単に、みそとくそを一緒にして、歳費削減なんて、言えますわね。

一番苦労するのは真面目な議員ですよ。きっと。。。

実を斬る覚悟を迫るなら、解散総選挙やれっていうべきです。国民は

まぁしかし、維新の会は上から目線でほどほどにお願いしますよ。林さん。

世論が作った人気なんてペラペラですからね。メディアがおかしいことは、もうみんな知ってるんですから。まともな人は自民党を評価し、谷垣総裁の采配を、評価しておりますよ。

ハシモト???なんてさ、、、もう・・・本当にへきへきしてるんだから。。。


で、カットしてからが一番大事な部分がはじまります。かきおこし部分は序章かな、くらいな勢いで。

林さんは民主党議員と勉強会やってるけど、話が通じてるの?っていうきっつい質問。
→口のかたいぺらぺらしゃべらない真面目な民主党議員とやってる
(そんな議員がいるんですか?)

マザー工場がでてっちゃってるけど、自民党はどう考えてるの?っていうことへの回答。
→民主党のアンチビジネス政策はぜんぶやめる
(やめてくれー。そうだそうだ。やめちまえ!)

一番はデフレ対策だよってこと。

谷垣総裁HPにもトップであげられているよ!
http://tanigaki-s.net/policy/index.php
-----------------------
1.デフレ・円高からの脱却と「投資立国」を目指した強い国家へ
 デフレからの早期脱却を目指し、実質3%、名目4%(GNIベース)の成長を巡航速度とする。繁栄への道を切り拓くため、海外の経済成長を国内雇用の維持・発展に取り込む国内外の環境変動に強い新たな国家経済モデル、すなわち「貿易立国」であり「投資立国」でもある双発型のエンジンを持つ強い国家を創る。
雇用の創出と持続的成長を実現するため、財政健全化の着実な進展を世界に発信するとともに、デフレ・円高からの脱却に向けて欧米先進国並みの物価目標(2%程度)を政府・日銀のアコード(協定)で定めるとともに、日銀の国債管理政策への協調などにより大胆な金融緩和策を断行する。同時に、東日本大震災被災地復興事業や国土全体の強靱化事業などを起爆剤として民需主導による有効需要の創出を図るとともに、大胆かつきめ細かい成長戦略を強力にかつスピード感を持って推進することにより、日本経済を持続的な成長軌道に乗せる。

具体的には、・・・

-----------------------
読みに行ってくださいw

あと、林さんに対して「将来総裁選に出ないの?」って質問
→そういうことがあれば出ると。

林さん、出るのは結構ですけど、衆議院に鞍替えしてからじゃないとダメじゃないのかしら。。。

とりあえず、出馬は結構ですが、谷垣総裁が再選するんですから。

林さんの実際の就任は、あるとしたら、谷垣政権のあとですからね^^そこんとこだけ、よろしく♪
(ゲルよりは良いと思う)


自民党はTPPもまぁ、キターーーー!って感じだしwww。

ASEANに向いていますね。谷垣総裁の初の海外出張はまさにVIPだったわけですね。(V:ベトナム,I:インドネシア)

総理になったら活きてくるはずなんだ。日本のためにも世界のためにも。

そして、そのためには、外交安全保障をとにかくしっかりとしたものにしなくちゃ。憲法も、って話になっていくね。

ワクワク。

何?海外出張を知らないですと?それはいけない。

谷垣総裁出張記4 補佐官の呟き編。
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-619.html

谷垣総裁出張記2 ベトナムとの連携について語る。(海外記事追記)
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/category40-3.html


え?谷垣おろししてやるとか、産経とかよく書いてるけど、、、冗談でしょ?。

麻生おろしでどんだけ支持者がひいてったか、まだおわかりになっておられない先生がおられるのが、自民党の頭のもっとも悪いところ。

本当なら、フォローシップがヘタクソ過ぎだし、そんなことやったら、二度と浮上できないわとさえ思っちゃう。

被災地の声を聴いてるでしょう?自民党の先生は。

国家国民のため、スムーズな政権奪還をお願いします。

谷垣自民党、全力支援ですから!!!

天命3
67歳でこの端正なたたずまいっていったい、何なんだろう。心のやましいところを見透かされそうなくらいの、目力ですな。

絶対に総理になって頂かなくては。

谷垣日記が更新されています。3月は被災地への思いばかりなのかな。
http://www.tanigaki-s.net/diary/index.php

天命
(クリックで、復興加速への10の方策について)

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 自民党

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

Lunaさん

お久しぶり(?)です。
一昨日の記事に

>どこにいるんですか?連れてきてください。
>論破したいという気分ですが。

というコメントを残しましたが……

コイツです。
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/

主な突っ込みどころ
・民主党と社民党様なら「表現規制法案」を潰してくれる
・小沢は白か黒かわからないからそっとしてやれよ(意訳)
・鳩山の公式HPがリンクしてある
・外国人参政権? なにそれ、食えるの?
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1000.html
・パチンコ規制? バカじゃねぇの?
・典型的なジミンガー
(ブログ記事のカテゴリーに「自民党の正体」はあっても「民主党の正体」がないあたり、隠れ民主シンパの可能性大)

その他にも突っ込みどころ満載ですが、
あまりにも多すぎるので割愛します。

http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2008.html
指摘されてこのファビョりっぷりwwwwwww
つまり「表現規制問題」以外はどうでもいいってことですね
「人権擁護法反対」も「外国人参政権反対」も口だけってことですね
「口だけ達者」な民主党議員と瓜二つwwwwwwwwww
オタクでありながら「ジミンガー」の森永卓郎も真っ青ですなぁwwww
婚后光子 #- URL [2012/03/10 17:14] edit

婚后光子さま

婚后光子さま、コメントありがとうございます。

こちらではルナです^^よろしく!


> >どこにいるんですか?連れてきてください。
> >論破したいという気分ですが。
>
> というコメントを残しましたが……
>
> コイツです。
> ttp://otakurevolution.blog17.fc2.com/

あー、このお方ですか^^
>
> 主な突っ込みどころ
> ・民主党と社民党様なら「表現規制法案」を潰してくれる
> ・小沢は白か黒かわからないからそっとしてやれよ(意訳)
> ・鳩山の公式HPがリンクしてある
> ・外国人参政権? なにそれ、食えるの?
>  ttp://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1000.html
> ・パチンコ規制? バカじゃねぇの?
> ・典型的なジミンガー
> (ブログ記事のカテゴリーに「自民党の正体」はあっても「民主党の正体」がないあたり、隠れ民主シンパの可能性大)
>
> その他にも突っ込みどころ満載ですが、
> あまりにも多すぎるので割愛します。

昔よく見てました。このサイト^^

> http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2008.html
> 指摘されてこのファビョりっぷりwwwwwww
> つまり「表現規制問題」以外はどうでもいいってことですね
> 「人権擁護法反対」も「外国人参政権反対」も口だけってことですね
> 「口だけ達者」な民主党議員と瓜二つwwwwwwwwww
> オタクでありながら「ジミンガー」の森永卓郎も真っ青ですなぁwwww

社民党に頼る時点で間違ってますね。本当に。

でも、、、、どうしようもないよなぁ。

どうしたらいいだろうって思うけど、結局それを見る人が、???って気が付くしかないですよね。

ルナ #- URL [2012/03/14 23:36] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/660-f23f3a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。