05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【被災地】 天命 【復興祈願】 

マスゴミの”ホテルオークラ”か”首相官邸”か知らんが、密会報道が狂喜乱舞している。

凄いですね。

くそったれのNHKですが、それでもみんなが何となく、災害の時には一番にチャンネルをひねっちゃう、NHKでに出演した番組で、谷垣総理総裁自ら、「会ってない」と語ったもんを、どうしてここまでしつこくしつこく、引っ張るのか。

野田首相 谷垣総裁 極秘会談のおバカな真相
http://gendai.net/articles/view/syakai/135439

日刊ゲンダイって、小沢一郎広報誌だったっけ。起死回生の小沢が野田民主党代表と谷垣総裁を叩いている。
------------
野田―谷垣の極秘会談に永田町は大騒ぎだ。当事者たちは否定するが、会談はあったことを前提に、「消費税連立」が事実上、動き出した。
------------
ですって。これ、証拠はないけど、あったことを前提に、話をすすめようとする恐るべし財務省の執念と、自民党叩きと、小沢の復権と、、、いろんな思惑があるんでしょう。

本当に会ってなかったら、ゲスゴミはどうするんだろう?って視点は全くない。

もう「これだけ嘘でも本当だということで流布されたから、もう会ったということなのだ」という、現実社会でありえないことが、政治ではおこるようです。

あ、責任も何も取らないので人を貶めるのが正義と思っているゲスゴミだから、面白おかしく政局書き立てることができれば、万々歳なのかもしれないですね。

そして驚くほど平気な顔をしている谷垣総理総裁ですが、もうね、正直、ルナはどっちでもいいんです。

会っても、会ってなくても、谷垣総裁のとった行動を信じております。

何でそこまで信じるのか、、、かっこいいから(爆

冗談ですが、これまでの国民に対する街頭演説や、J-NSCというオフ会があったりしますが(党員でなくてもOK)、そういうときの総裁の思い、素直な気持ちが、語りで、こう、、、ぐっと伝わってくるからです。

テレビには出ませんし、しゃべらせてもらえないから、ご存じない方はは日本中で1億2千万人くらいいると思いますが。

あたしゃ、ついてくぞー。

自民党さん、お願いだから、自由に使えるバナーをつくってくれー。

勝手にとっちゃって、本当だったら怒られちゃうなぁとおもってるんだけど、本当にごめんなさい。

でもさ、宣伝してあげたいなぁという、素直な気持ちなんです。

森大先生は、ポスターにこういう顔が欲しかったのかもしれませんね^^

天命

http://www.jimin.jp/activity/discourse/115933.html


東日本大震災から一年を迎えるにあたって

2012年03月03日

平成23年3月11日。忘れ得ぬその日から、まもなく一年が経とうとしています。この震災によって亡くなられた方々に対して改めて哀悼の意を表しますとともに、未だ続く被災された皆さんのご苦労を推察いたします。

 本日、被災地を歩き、被災された方々に接する中で聞こえてきたことは、皆さんの苛立ち、焦り、失望ばかりでありました。私は改めて、被災地における復興の遅れを痛感いたしました。

 ガレキの処理は遅々として進んでいません。被災者の方々の生活再建に向けた支援も行き届いていません。これでは、地域の将来を描くことは困難です。先月、復興加速のエンジンと期待されて復興庁が発足しましたが、本格的な稼働にはほど遠い状況です。

 このまま復興が停滞すれば、被災者の失望は絶望に変わり、地域の絆が寸断され、それぞれ住み慣れた故郷を離れざるを得なくなってしまいます。そうなると、被災地は二度と立ち上がれない。もはや時間は残されていないのです。私は一日も早く、復興の道筋を明確に示し、長期避難を余儀なくされている方々にも明るい将来の展望を抱いて頂けるようにしたいのです。

 私は今、政治家であることに天命を感じます。被災地に与党も野党もない。政府の足らざる所は我々が補い、政治の総力を挙げて復興に邁進する。そのけん引役を果たすことが、わが党に課せられた使命であると考えます。

 わが党は、大震災から一年を迎えるにあたり、「東日本復興基本法」の精神に基づき、被災者の生活再建と被災地の復興を何よりも優先する。そしてここに、緊急に取り組むべき『復興加速への10の方策』を提示し、東北の底力を信じ、被災地に残る小さな希望の芽を大きく育てていくことを改めて誓います。

平成24年3月3日
自由民主党総裁
谷垣 禎一

復興加速のための10の方策
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-097.pdf

方策1:復興事業費の総額確保
方策2:人的支援の強化
方策3:復興庁の本格的稼働
方策4:復興交付金の充実
方策5:がれき処理の早期完了
方策6:事業再建への徹底支援
方策7:除染の加速化
方策8:健康被害への万全な支援
方策9:風評被害等に対する万全な対応
方策10:国家プロジェクトの推進

詳細は資料をクリックしてくださいね。

涙が出そうになります。。。内閣総理大臣なら、、、いとも簡単にできること、いっぱいあるんだろうと思う。
AnG4U18CEAAJkjV.jpg
-----------
谷垣自民党総裁、精力的に視察、会談を続けています。女川町 ガレキ処理場にて。これから南三陸町に向かいます
-----------
AnG9Y1tCQAAb6j6.jpg
-----------
16歳の少女が女川町ガレキ処理場のフェンスにペイントしている。綺麗です。鎮魂の想いを込めて3月11日までに書き上げたいと。一人一人の願い、想いが力になる
----------
逢沢一郎総裁補佐より、お写真をお借りいたしました。

本日は、オフ会の様子ですが、、、聞き直してみると、総裁は、風邪ひいてないか?。鼻声みたい。

大丈夫かしら!今日も強硬スケジュールなのに。。。体調管理を万全にして頂きたいです。

J-NSC 自民党ネットサポーターズクラブ 公式オフ会 in 仙台

ちょっとBGMが面白いのですが、自衛隊への感謝のメッセージが38分くらいまで。涙出そうになります。
----------------------
オフ会1
(ガッキーがバッチをつけるのって珍しい。絆バッチは5万個売れたそう。私の手元にもある。五万分の一なんだ。。。ちなみに、進次郎ちゃんが宣伝した絆バンドは残り1000個だって。「継続は絆なり」)

皆様、こんにちは。自民党の谷垣禎一です。あのー、このネットサポーターズクラブのオフ会を今日、仙台でやるという意味はもちろん言うまでもありません。もうじき3月11日、あの経験を絶対に風化させてはいけない。

復旧復興も遅れているけれども全力で押し進めよう。そうして少しでも東北の皆さんに、みんなで応援しているぞというメッセージも届けたい。今日、そういう思いで、この仙台でオフ会を開かせて頂いたわけです。大勢の方においで頂きましたが、やはり今日は、宮城の方が一番多く来ていただいているんだろうと思います。

私も3月11日前にですね、昨年もあの、発災直後、相当時間をかけて被災地を拝見し、その後も何度か拝見させていただいていておりますが、一年を前に、もう一回被災地をぐるっとまわってこようと。今日は朝早く東京を発ちまして、浪江町、それから双葉町の被災者の方々とお会いをし、それか相馬に行きまして、そこからまぁ、仙台にだ辿りついたと、こういう次第でございます。

あのー、震災がおこりましてですね、そういうお話あるいはしたことあるかもしれませんが、実はあの震災が起こるまでは、私は当時総理大臣は菅さんですね。菅さんに王手をかけて、菅さんをやっつけることが、もうなんとうか、スケジュールができてきたなあと。そいういうぐらいの思いにいたんです。

だけど3/11日、あの被害を見てですね、指折り数えて菅さん倒そうかなという話ではないなと。私思いました。

それ以来、とにかく東北の復旧復興というものに関しては、与党も野党もないと。こういうことで自民党もなんとか野党としてできることはやっていこうと。この一年送ってまいりました。

その間、当然野党ですから、与党と対決しなけりゃいけないことがありまして、それはそれでやらなきゃならないんですが、震災復興に関してはどうも政府が足りないなと思いますと議員立法をやったりですね、いろんなことをやってきたつもりなんです。

ところがなかなかそういう自民党の姿勢が伝わっておりませんで、どこへ行きましても自民党もっと協力しろよと、こういうお叱りをうけました。

で、この間の党首討論をやらせていただいたんですが、ちょっと今まで我々のやってたことが誤解されているなぁと思ったものですから、党首討論、やり方をちょっと変えましてですね、一番最初に、もう3月11日なんだから、野田さんやらなきゃいけないことは当然一緒にやらなきゃならないよねと、がれきの処理が進まないのを、もう少し国が前にでてやるようにしようよと、というようなことを申し上げました。

もちろん野田さんも、総理も答えてくださった。震災復興に関しては、これからもそういうふうに臨んでいかなかければならないと、私は思っているわけです。

ただですね、そうは言いながら、本当に野党にいることが、もー、うー、これ、もうなんと言うんですか、本当に、イライラするわけです。

もっと有体に言えば、俺たちが政権にいれば、もう少し。ま、これだけの大災害ですからね、100点満点がとれるなんて、えらそうなことを言うつもりは毛頭ありません。

しかしもう少し、心の通ったことが俺たちだったらできるはずだと。そういう思いがふつふつと湧いてまいりまして、やっぱりもう一回自分たちが政権を取り戻して、皆さんに安心してもらえるようなことを少しでも推し進めるというのが、私たち自民党の使命なんだと。そういう気持ちで頑張らなければいけないなと、という思いを新たにしているところでございます。

先ほど宮城県連の小野寺さんが、村井知事のメッセージを伝えたいということで、村井さんが、知事が、普段あまりあの、頭に湯気をたてて怒るような方ではないんですけれども、今度の復興交付金の査定なんかはひどいじゃないかと、怒っておられる。。

やっぱりこれじゃなんともならないんだと、私はおもいますね。いろんな仕組みはある程度出てきましたけれども、やっぱり政治というのは、あのなんというんですかね、内閣総理大臣はじめ大臣が良きにはからえっていうんじゃ、なかなか進まないんです。

細かなことまで、実は原発も菅さんなにをやってたのかなぁってこの頃報告書を見るとでてきますと思いますよ。その内閣総理大臣がやることと、内閣総理大臣がやってはいけないことっていうことがやっぱりあって、水を入れるのか入れないのかなんてところまでいちいち内閣総理大臣が、指示をしているようじゃ、そりゃ進むものも進まないと思います。

だけれども、やっぱり大きな方針を示したうえで、ぴしぴしっと現場にこれはどうなっているんだと、あれはどうなっているんだと、その心の行き届くように、適時適切に総理大臣ないし政治家が、指示をしていくということがなければ、私はやっぱり物事は進まないんだろうと思います。

あの、えらそうなことを言うようなつもりはありませんが、民主党政権はどうもそういうところがまだまだ不十分ですね。だから私は、谷垣は口を開けば解散解散というと、叱られるんですけれども、何も権力闘争して勝とう勝とうってやってるんじゃなくって、ま、そういう気持ちも必要なんですよ。

必要なんですが、わたくしが考えていることはやっぱり自民党は頑張って政権を取り戻して、国民のためにしっかりやる、そういう使命感をもってやらなきゃいけないと、こういうことを申し上げているつもりでございます。

もう一つこの頃いろいろ言われますのはね、自民党だったらどうするんだっていうことが、見えてこないぞということがいろんな方に言われます。

まぁ具体的なことはもうじき選挙があれば公約で細かなことは申し上げて、総裁があまりまた細かなことまで言ってはいけないんだと思いますが、私はやっぱりいくつか民主党の政治を見てて、自民党はこうすると言わなきゃならないことは、いくつかございます。

そのまず第一はやっぱり正直に、今の政治の実態、世界の実態は何なんだということをもう少し正直にやっぱり申し上げて、決断するべき時は決断するということが大事かなと、思いますね。

それから野党になりまして、これ力を入れなきゃならないと思うのは、今年の4/28、どういう日かご存知ですか?

4/28というのはちょうど60年前にサンフランシスコ条約というのが結ばれまして、それはなにかと申しますと、日本がマッカーサーの占領下から独立するというそういう条約ができたのが今から60年前の4/28なんですね。

日本が主権を回復した年です。それから60年、ちょうど干支がひとまわりした。その3年後に自民党という党はできたんですね。

で、主権が回復して本来最初にやるべきことは自分たちの手で憲法をつくるということなんだと思いますが、だからそれから3年後に自民党は党をつくって、憲法を、自主憲法をつくると党是にも掲げたんですが、なかなかそれが進まずに60年がたったということです。

だから私は自民党としてやらなければならないことは、この4/28に自民党しての、自民党だったらこういうふうに憲法を改正するんだっていう案をやっぱり国民に示せるようにする。

今、保利耕輔先生のもとで大車輪でその作業をやっていただいております。そしてやはり日本らしい日本をつくっていくということを考えなきゃいけないと思います。

きっとそれと今回この震災が起こりましてですね、私やっぱりつくづく思いますのはね、皆さんも絆っていうことの大切さを皆さんもう一回思い出されたんじゃないかと思います。

われわれはやはり自分の家庭や、それから自分が生まれ育った故郷や、その故郷がしょってきた歴史、それから自分たちが生まれ育った日本の国、こういう家庭や地域や国に、帰属感を持つ、絆の感じを持っている、そういう国民を育てていかなければならないんじゃないかなと。

そういう教育をしっかりやっていかなければならないんじゃないかと、そういう日本人らしい日本人をやっぱりつくっていく、そういう人たちを教育して、やっぱり何も日本だけの特殊な価値にこだわる必要はありません。

世界の普遍的な価値を目指して、世界のためにも日本だけがよければいいというんじゃない。世界のために頑張る日本をつくっていくんだと。

そして保守政党ってどういう政党かなって考えてみますと、私は自民党は保守政党だと言ってきました。保守政党は何だっていう定義は、いろいろだったと思います。

ある時期には保守政党というのは反共だっていう時代もあったんですね。だけど保守政党って、今、反共っていっても共産党事態があんまり力がありませんから、反共だっていうんじゃ保守政党という定義にはならないと思います。

私は自民党の歴史を振り返ってみると、自民党が大事にしてきたのは自民党は日本の国も大事にするけれども、自分の生まれ育った故郷、地域を大事にする政党だと。

保守政党というのは地域政党だとも思うんです。やっぱり地方を、自分が生まれ育った地域を大事にする、これはやっぱり自民党が忘れてはならない、点だと思いますね。

そういうことをやっぱり一生懸命に、まだいろいろ申し上げたいことはあるんですよ。成長もさせなければいけないし、世界の中での経済競争にも負けてもいけないし、いろんなやらなきゃいけないことはありますが、そういう基本的なこともしっかり踏まえていくという政治をもう一度やらなきゃいけないんじゃないかなと、ということをこの頃強く、感じております

自民党だったら何をやるかってそれだけじゃお答えにならないと思いますけれども、やっぱりそういう基礎的なところをバカの一つ覚えと言われても、言いぬいていくということが大事なのかなと、そんな風に思っているところでございます。

いずれにせよ皆さんに助けていただいて、自民党が天下をとりもどすのが、国家のためなんだという使命感を我々もしっかりもって真へ進みたいと。

先ほど新藤さんがちょっと雰囲気固すぎると、固い方向に話を振ってしまいましたけれども、ですから固い話はこれくらいにして、今日は皆様と議論をさせていただきたいなと思います。

オフ会2

どうぞよろしくお願いします。
-------------------------------------------

このあと、質疑応答ですが、自民党に、助けてくださいというのから始まり、消費税について聞く方が多かった。

党の綱領、国会でとりあげられた津波法案の驚くべき正体、国会をもっと見てもらうようにしてとか、自民党の主張がわからないとか。

北方4島をどうするのかとか、これはいい質問でした。言いにくいことでしょうからね。

でも、小野寺先生も一緒に、この政権交代のタイミングでメッセージをどう発するかというような点に触れました。
今のままでは硬直化、何も進まないということなんだろうと思います。

そして、4島を取り返す、やっていける自信があると自民党政権になったならばという意思を示された。

この前、カフェスタで逢沢一郎総裁補佐も語っていたのですが、自民党には今、各国の大使が頻繁に訪れているそう。

で、小野寺先生いわく、ロシアは民主党政権って本当に何にも進まないというふうに見抜いていると、そんなことを語っておられます。

世界は知っている。

民主党政権が基地外ということ、日本をダメにしているということを。

知らないのは、日本人だけ、、、なんでしょう。

日本人は今、維新の会という新しい民主党、ちょっとだけ右寄りに見える民主党に投票するよう洗脳されています。

維新の会は日教組を叩いても、干されない、叩かれない、、、これが何を意味するのか、ということを冷静に考えていただきたいですね。

市長で、これやるぞと言っているだけなのに、評価される。



日本は議院内閣制でありますから、与党になればそこから行政府である内閣の構成員とその長である内閣総理大臣が選ばれます。

与党にどこを選ぶのか、どんな人材がいるところを選ぶのか、どんな主張をしているところを選ぶのか、極めて大事なんです。

耳触りの良い言葉をささやかれて投票した結果、どうなったのでしょう?

日本人の税金は海外に垂れ流し、日本人はあまりにもたくさんの方がなくなり、そして復興が全く進んでいない。

震災復興に関して野党が脚をひっぱるわけがありません。

何より、300議席の大政党なんですから、何でもかんでも強行採決は可能なんです。やる気があれば、ね。

それをやらないのは何故か?ってハッとしませんか?

不思議に思わないの?


ガッキーのことをぬるいとよく言われるけど、ガッキーは最近思うのは、こういう政治の基礎を訴えているような気がします。

自民党が復興の提言をし、復興基本法案はほとんど自民党が書き、足らないから議員立法まで出して対応しても、報道はそれを一切報道しなかった。

なんと真逆に足を引っ張ると言い出して、自民党の支持率は大きく下がっていった。

その後遺症は今もなお、深い傷となっています。

残念ながら、執行するのは行政府である内閣であり、内閣総理大臣なんですよ。

いいものを作っても、執行されない、ジレンマ、いかばかりか、一生懸命被災地の声をひろっている議員さんの慟哭ともいえる心の叫び、悔しさ、むなしさ、、、想像するだけで、つらいものです。

たかだか12万円の勉強代で、どんな素人維新軍団ができあがるか知りませんが、日本人はまた、素人に頼ろうとしている。

恐ろしい。。。

与党を選択するということは、私たちの命を預ける政権を選ぶということなんです。

しっかり、目を見開きましょう。

知らないまま、死にたくないですよね。


しかし、、、自民党さん、ごめんなさい。写真欲しいよー。
天命3

瞬殺。。。(爆

美しい内閣総理大臣になってほしい。

いや、こんなこといってふざけてますけど、真剣なんです。まじめに、政治を見つめてみませんか?


巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 日常のひとコマ - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/654-c7db6b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。