08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

子供の教育に対する視点に取り戻してほしいこと 前篇 

タイトルを変更しました。

ここに、本来政権与党たるべき、自由民主党の、日本の将来を見据えた中長期展望があります。

将来像

そのなかにある第六分科会、教育に関する資料です。
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-066.pdf

是非、お母さんたちはクリックしてほしいです。

基本的には至極まともなものだと思います。

一番最後の留学生30万人計画は、日本の状況が変わりましたし、ちょっと考え直してほしいと思います。

まず、日本の子供をなんとかすることにお金をつかってもらわないと、国民は納得しないでしょう。

世界のどこからか圧力があるのか、私は知る由もありませんが、優先順位を間違えないで頂きたいです。

そうしなければ、海外に打って出る賢い日本の子供など育つわけがない。

だから、秋入学にして海外の優秀なな学生を呼び寄せようなどという発想になってしまう、そういう発想もいいんじゃないと思ってしまう雰囲気になるのだと思います。

日本はきっと、日本らしさを失っていはいけない部分がある。

桜は出会いと別れ。日本はそれでいいと。

大学のTPP化?はやめてもらいたいという、それが本音です。

追記します。秀逸なコメントを頂きました。
-----------------------------
秋入学について、本来の目的は『日本の学生が海外留学しやすくするため』が主軸のはずなんです。

海外の大学は夏休みを利用したサマースクール(7月~8月くらい)というオープンカレッジを行なってるところが多いのですが、日本の学期だとサマースクールにすら参加するのが難しいのが現状です。

また海外の大学・大学院・研究室に留学する学生の為に、日本の大学・大学院の一部(ごく僅かですが主に医歯薬系)には、秋スタートの学部等を併設してるところも既にあるのです。

東大・京大がいきなり極端な移行を打ち出してるのが、日本人的な『二者択一しかない答え』という囚われだと私は思います。

私は現在は私学系の使いっぱゴニョゴニョ(笑)ですが、周囲の教授や講師の方々は『柔軟に対応できる春・秋選択制の導入』の声が多いです。

お役所的手続きや事務作業の煩雑さから逃れたい為の、二極的な変更かな?とも思ったりします。

大学のランクアップを目的とするのではなく、学びたい学生達に機会を増やすという…これが学生の学力能力向上に繋がり、結果日本の大学のランクアップになるという目標に到達して欲しいと思います。
-----------------------------
ランクアップだの、海外の留学生を呼び寄せたいなどという声しか聞こえてこないから、理解できなかったですが、本来の目的を見失うと、私のような頭の固い人間は、凝り固まるわけですね、という典型例ですね。

ここもキーワードは「調和」かなと思いました。

日本で学び海外で学び、そして日本にいつかその学びや技術を日本に還元してもらう。

日本の活力をあげる、っていう風になってもらいたいですね。

民主党のような、お国からお恵みを頂きたいという人間を育てる(人を堕落させる)発想の政権では・・・・・日本人の学びの機会も奪われることになりかねないということになります。

以上、追記でした。



そして、私が着目したいのは、愛国心の醸成や日の丸君が代とか日教組のことではありません。

これらは、大いに政治の責任であり、当たり前に許してきた環境が悪いのだから、さっさとやったらいいでしょう。

でも、橋下大統領閣下の教育改革に警鐘をならし、橋下大統領閣下が激怒したVOICEの動画を見ましたし(いずれ記事にします)、先生たちの話も一方で聞いたりしますと、本当に困っている先生たちってやっぱりいるんだと思います。

被害をこうむるのは子供たちでしょう。大阪で、まずはやってみればそりゃよいことでしょう。

ただ、影響が大きいだけに、安易な連携って、、、自民党は利用されないように注意してもらいたい。

安倍さんは、はっきり申し上げて私は心配です。

安倍元首相が教育問題でエール「教育基本法に愛国心を培うことが書いてある
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120226/waf12022620150013-n1.htm

シンポジウムに参加した方の感想によれば、手放しの褒めようだったと。

これは橋下大統領閣下が自民党を利用しているのでしょうかねぇとしか思えませんが(笑

自民党をたたき台にして出て、民主党を応援し、今度は自民党を驚かす存在になっている維新の会。

12万円の勉強台で次の衆議院選挙に出てくるという維新の会。

素人にまかせてどうなったの?日本人学ぼうよ。。。って話です。

それと連携したい、、、自民党にも一部そういうのがいるんだということは知っていますが、少なくとも、維新の会に嫌悪感を覚えている国民が確かに存在することを、自民党は忘れないでほしい。

--------------
最近精力的にTV出演するが、何かこの人の話は要領を得ない。麻生のほうが明るく爽やかで話がわかりやすい。維新にすり寄るみっともない姿に失望。
--------------
これ、呟きから拾ってきたけど、、、リツイートしたいくらいだけど、、、我慢したけど、、、とりあげてみた。

これが、正直な心境です。

適度な距離感は保ってもらいたいし、、、維新の会を褒めるのではなくて、改正教育基本法に準じている点を評価するという上から目線の言い方はできなかったのでしょうか?安倍さーん。。。。

ちょっと残念な気がしてしまいます。安倍ファンには申し訳ないが。

安倍ファン様は、安倍さんを説得されてはいかがですか。

追記します。(2012.2.29 2:00
---------------------------
昨日は安倍さんに触れましたが、現実にどうだったか、もう少し状況がわかってきました。谷垣総裁も応援してくださる安倍ファンの名誉のために、次の記事を置いておきます。

報道がいかに、その社の意図に沿って歪まされるのか、そういう例はいくつもいくつもあります。産経新聞は本当にダメだね。他も、、、論外だけど。。。
-----------------------------------
会場で聴いて来たよ…『維新との連携』 のウソ http://amba.to/yBpyzS 携帯可読。安倍氏(真意)「よりよい(教育再生の)方向に協力関係が構築できれば」(発言)「よりよい方向に協力関係が構築できれば」(記者)「よりよい協力関係が構築できれば」
-----------------------------------
実際に会場に行って見て来ました。安倍氏と松井知事と学者の先生3人によるシンポジウムのような形式で、出演者3人が『教育再生』 について発言。
その中で、松井知事が『地方主権』 と発言した直後、安倍氏は中央集権の重要性を強調。
『日教組にストップを』 との方向性が一致しただけの話で、『党としての連携』 と言えるほどの共通項は少ないです。
自民党の道州制は事実上、国土交通の面だけの話です。

安倍氏の発言を、『維新への歩み寄り』 とも解釈できるように記事に書くのは、マスゴミのプロパガンダ
-----------------------------------
昨日の安倍元首相、松井知事の教育再生TMについて言及しておきます。報道では「安倍元首相も維新と連携」ということになっておりましたが、実際にやり取りを聞いていて、コーディネーターの八木氏が発言ごとにそういうまとめ方をするので、そういう報道になるだろうな~とは感じていました。(堺市議会議員 野村ともあき氏)
-----------------------------------
承前:安倍元首相は国での話を中心にされてましたし、大阪の自民党に最大限の配慮はしていると感じました。現行制度でも首長の意思を教育に反映することはできると実例を挙げて意見を述べておられましたし、自民党の地方議員から詳細な報告を受けているということにも言及されていました(同上)
-----------------------------------
承前:報道では「教育基本条例は教育基本法と方向性は同じ」と書かれておりますが、教育基本法は理念法であり具体的な教育行政のルールを書いたものではありません。教職員の罰則規定を並べただけの教育基本条例と教育基本法が方向性が同じというのは誤解を与えます。(同上)
-----------------------------------
以上

それとも橋下氏は本当にいい人なの?

いや、、、多くのまともな日本人の妖怪センサーが反応しているはずです。



これも偏ってるのかも?って公平にあえて書いておこう。

本当に愛国心のない、薄っぺらい、男が唱える教育改革、、、記事にするからにはそのうち学ばせてもらいますが、安倍さんが似ているというのだから、似ているのでしょう。

私はなぁ、自民党は利用されているようにしか見えません。

日教組解体など、先にも書いた通り、淡々とやればよいのです。

橋下大統領閣下は大阪でそれをまず、やるというんだから、やればいい。

政治が怠ってきたことは、淡々とやっていけばいい。

でも、大阪市長が国家国民の教育に、この人が乗り出してくるような状態は、私はどうしても納得いかない。



さて、子供の教育に対する視点に欠けていると書きましたけど、これらはあくまでも中長期視点であるので、書かれていないことだと思いますが、この資料にて、幼児教育に力を入れるという点を大いに評価します

0歳の子供は家庭で育てるという点も、大賛成です

公務員は育児休暇あわせて3年となっていますが、これも大変結構なことで、本当ならこれを民間にも義務付ける、そういう社会になってもらいたい。

私は仕事をしているので、やめようか、続けようか、そういう普通の壁にぶち当たりました。

その壁にぶつかって出した答え、そういうところに、ヒントがあります。

やっぱり、教育も、キーワードは”調和”なんじゃないかと、思います。

そして、愛国心の醸成だけでは、今の子供たちは再生しないし、絶対的にゆとり教育の見直しが必須でしょう。

そのゆとり教育も、授業時間を増やすだけではだめで、根っこからの再生がなくてはダメです。

考える力を育てる、その具体的な方法を、やらないといけません。

政治がそれをやめてしまった点を、取り戻してほしいのです。

愛国心、愛国心、日教組、日教組しか言わない、、、そこに私は大いに危惧を覚えます。

愛国心は母親がお膝で日本ことを当たり前に教えるということで、その根っこを育てることは簡単です。

日本の美しいところ、素晴らしいところ、イデオロギーによらない美しさを語れば子供の心はスポンジですから、すーっと吸い込むことでしょう。

薄っぺらい教育改革では、だめだとおもう。

そして、本当の教育改革は、自民党にしかできないぞ!

そのことを含めても、やはり私は、まずは普通に、谷垣総裁が谷垣総理になることを願います。

混沌とした時代だからこそです。

大事なものを、カットしてしまったこと。それを取り戻していけば、20年後、かわってくるのではないか?と。

ヒントはこの本です。
子どもの絵をダメにしていませんか子どもの絵をダメにしていませんか
(2004/04)
鳥居 昭美

商品詳細を見る


今日はここまでです。

子育てしてきての実感を書いていくことになると思いますが。

えらそうに言って申し訳ないですが、子供たちを見ていて思うこと、その辺を綴っていきたいなと思います。

あくまで、主婦の意見です。

男女共同参画の件も絡んできますが、何事も調和。

さじ加減を間違えないでほしいというところも、綴ることになるかなぁ・・・。

ママさんに、是非興味をもって頂きたいと思います。

日本って何がおこってるの?って、興味を持ってください。

日本新生へ


クリックで、進次郎の記者会見動画へ。またネタにしまーす!
自民党青年局


巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。マスゴミの捏造報道に踊らされない、正しい選択へと導く、唯一の道です。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 子供の教育

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

一部補足させてください

前文ご挨拶省略で、いきなり本題で失礼します。

記事文中
>だから、秋入学にして海外の優秀なな学生を呼び寄せようなどという発想になってしまう、そういう発想もいいんじゃないと思ってしまう雰囲気になるのだと思います。


秋入学について、本来の目的は『日本の学生が海外留学しやすくするため』が主軸のはずなんです。

海外の大学は夏休みを利用したサマースクール(7月~8月くらい)というオープンカレッジを行なってるところが多いのですが、日本の学期だとサマースクールにすら参加するのが難しいのが現状です。

また海外の大学・大学院・研究室に留学する学生の為に、日本の大学・大学院の一部(ごく僅かですが主に医歯薬系)には、秋スタートの学部等を併設してるところも既にあるのです。

東大・京大がいきなり極端な移行を打ち出してるのが、日本人的な『二者択一しかない答え』という囚われだと私は思います。

私は現在は私学系の使いっぱゴニョゴニョ(笑)ですが、周囲の教授や講師の方々は『柔軟に対応できる春・秋選択制の導入』の声が多いです。

お役所的手続きや事務作業の煩雑さから逃れたい為の、二極的な変更かな?とも思ったりします。

大学のランクアップを目的とするのではなく、学びたい学生達に機会を増やすという…これが学生の学力能力向上に繋がり、結果日本の大学のランクアップになるという目標に到達して欲しいと思います。

長文で失礼いたしました。
かんな #- URL [2012/02/28 03:32] edit

Re: 一部補足させてください

かんなさん、おいでませ^^

> 前文ご挨拶省略で、いきなり本題で失礼します。

いえいえ。

> 記事文中
> >だから、秋入学にして海外の優秀なな学生を呼び寄せようなどという発想になってしまう、そういう発想もいいんじゃないと思ってしまう雰囲気になるのだと思います。
> 秋入学について、本来の目的は『日本の学生が海外留学しやすくするため』が主軸のはずなんです。
>
> 海外の大学は夏休みを利用したサマースクール(7月~8月くらい)というオープンカレッジを行なってるところが多いのですが、日本の学期だとサマースクールにすら参加するのが難しいのが現状です。

なるほど。

> また海外の大学・大学院・研究室に留学する学生の為に、日本の大学・大学院の一部(ごく僅かですが主に医歯薬系)には、秋スタートの学部等を併設してるところも既にあるのです。

なるほど。

> 東大・京大がいきなり極端な移行を打ち出してるのが、日本人的な『二者択一しかない答え』という囚われだと私は思います。

なるほど。

> 私は現在は私学系の使いっぱゴニョゴニョ(笑)ですが、周囲の教授や講師の方々は『柔軟に対応できる春・秋選択制の導入』の声が多いです。

なるほど。
外にいる人間にはさっぱりわらかないが、そういうことだったんですね。
理解しました。

これも、キーワードは調和ですね。二者択一、理解しました。

> お役所的手続きや事務作業の煩雑さから逃れたい為の、二極的な変更かな?とも思ったりします。

うーん。。。どうなんでしょうね。
お金のある私学にしかできないのかなぁ。


> 大学のランクアップを目的とするのではなく、学びたい学生達に機会を増やすという…これが学生の学力能力向上に繋がり、結果日本の大学のランクアップになるという目標に到達して欲しいと思います。

ランクアップ30位以内を目指すとか、ツイッターで昨日見まして。んん??と思いましたですよ。

かんなさんみたいな方がおられると、日本はもっとよくなるのにね。

理解しました。秋入学にどうも納得しなかったですが。

昨年末くらいだったか、歯科医の先生のとある話を聞きに伺ったのですが、中国や韓国のものすごい勉強量の話をされていて、なんだかさみしくなりました。
日本人の子は本当に技術がない、学べないと。だからその先生は自分がその場を提供するのだという強い信念をもっておられました。

日本やばい、と現場の先生がいうのだから、本当に日本はやばいのでしょう。

谷垣総理にならんかな。。。早く。。。

ルナ #- URL [2012/02/28 03:56] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/651-fd7a89d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。