05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【2/7とは】日本の義務教育の教科書に掲載しなければならない地図【何の日?】 

本日は、梨恵華師匠のおうちから、地図を転載します。フェイスブックで回覧されていたそう。なので、広めても大丈夫でしょうwということで許可いただきました。

日本の義務教育の教科書に掲載しなければならない地図
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/02/post-0c6f.html

教科書に載せねばならない地図

佐藤正久議員の講演会で


日本の領土の北限はどこ?

と聞かれて 択捉島ですと答えられる日本人は皆無だと言っていました。

北方領土は敗戦のどさくさでロシアに不当に占拠された日本の領土です。だから日本の領土として教えなくてはなりません。

日本の領土とはどこをさすのか、この地図は悲しいことに今の教育を受けている日本人が知らない日本の領土を表しています。

この地図を義務教育の教科書に掲載し、教室に日本の領土、領海をきちんと表示した地図を貼るべきだとおもいます。心ある皆さんは教育委員会にぜひ、提案してください。

日本は領海をいれると世界6位の広大な海洋国家です。その海底には多くの化石燃料が眠り、海洋資源も豊富です。

また日本が世界と貿易をするにはその航路を守り、航路を新たに構築しなければならないはずだ。今もオイルシーレーンは中曽根内閣のころにできあがったマラッカを通る航路で9割をしめる。これではそこが使えなくなってしまえば、日本は干上がってしまう。

続きはこちら http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/02/post-0c6f.html

誰も見たことのない日本の領土 DVD (別冊宝島) (別冊宝島 1724 ノンフィクション)誰も見たことのない日本の領土 DVD (別冊宝島) (別冊宝島 1724 ノンフィクション)
(2011/02/12)
不明

商品詳細を見る


とてもよい雑誌だったと思います。

本日は、北方領土の日

うぃき先生より
--------------
北方領土の日(ほっぽうりょうどのひ)は、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るために制定された記念日。2月7日。

由来
「北方領土の日」をいつにするかについては、ソ連が択捉島への[侵略]を開始した8月28日などいくつかの候補があったが、最終的に、1855年(安政元年)に江戸幕府とロシア(当時は帝政ロシア)との間で最初に国境の取り決めが行われた日露和親条約が結ばれた2月7日に決まった。
--------------

2月7日「北方領土の日」の設定
http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/reclaim/index6.html


ちょっと前に、近隣の小中学生合同の絵画作品展をみてまいりました。

ポスターの主題は伏せますが、日本地図を書いていた子がいた。

地図はしかし、ちゃんと、択捉島も入っていた。尖閣も点になってたように見受けまして、しっかりした子だわと感心しました。

でも、沖の鳥島までは書ききれてなかったですね。

日本は本当に海洋国家ですね。こうしてみると。

どんな小さな岩も、日本に国益をもたらす、大事な岩。

中共や韓国に支配された日本のマスゴミでは、もはや正しい領土は報道されることはないでしょう。

先日もバンキシャで、岩を馬鹿にするような発言があったように、ツイッターの流れを見ていて感じました。

マスゴミを掌握されるって恐ろしいことです。

気がついてましたか?

ときどき、正しいものを混ぜて、巧みに操作をしています。

政治的な報道は極めてコントロールされています。


日本と似すぎているカルタゴの運命
http://ameblo.jp/calorstars/entry-11145464414.html

コレを読んでぶるぶるしないママは、危険ですよ。

私たちは今、何に誘導されようとしているのか?

この世を操る悪者は、民主党を捨てたようですね。

今度は真に、巧妙に、やってきたように思います。

つまり、日教組を叩き、石原との連携を目指そうとしているのかどうか、知りませんが、橋下という人が、次のリーダー一位だって。

ふざけるなですけど。

私たちはこんな政治ごっこにつきあっている暇はありません。

国家的危機状態にあるんです。

自民党は、なんとかそれを国権の最高機関である国会で訴えようとしていますが、MAD編集により、事実が曲解されてしまっています。

恐ろしいことに、国会が侵略されているわけですが、国会なんかよりも事前協議というものをやれと、あおってます。

とんでもないことです。

議会制民主主義はリーダが国を引っ張る仕組みではなくて、議会が国を引っ張るために、議会が首相を選ぶ仕組み、そんな風な書き込みがmyにあったので引用させてもらいます。

議会に出るものは、国民の選択による。国民主権なんです。

その国民主権はどうでもよい、という洗脳が、メディアを通じて行われているのが現実なんです。

ひとりひとりが、考える事が大事です。

領土を守ろうにも、わたくしたち国民の、意識が非常に重要なんです。

政治家だけでは何もできないことを、学ばねばなりません。

この混沌とした時代、何が真実なのかわからない、混迷の時代にあって、幸いにも、野党第一党の自民党はかろうじて、その砦として、痛手を負いながらも、懸命に頑張っています。

自民党が党利党略に動く、、、、当たり前なんですよwww

自民党のことしか考えない=日本国民のことを考えているからです。

谷垣総裁は、実務面に極めて優れた冷静な方です。思えば、歴代自民党総裁というのは、特に小泉以降は奇跡のラインだったといわれています。

平時の谷垣も作られた刷り込みでは?と思ってしまいます。今となっては。

テレビでは全く聞かれないですけど、こんな風におっしゃっている方もいるんですよ。
------------------------
戦国時代には谷垣さんは「逃げ谷垣」と呼ばれて賞賛されていたに違いない。逃げというと、現代では卑怯者のように聞こえるが、戦国時代においては、敗戦時に士気が低下した兵を率い、味方が逃げ切るまで、粘り強く過酷な戦闘を指揮できる優秀な将に贈られる言葉。現代人は将の評価の仕方を知らない。
------------------------

ただ、領土を本気で守ろうと思ったら、自民党はちょっと弱腰です。だから怒ってる方もたくさんいるww

思うに、自民党は国民政党ですから、良くも悪くも国民の状態を、よく反映しているのではないかと思います。

つまり、まだ、領土を本気で守ろうという、有権者に意識がないということの裏返しではないのかな?と。

憲法改正しなくちゃいけない、本当は日本が自立するために軍隊が必要ですけど、そんな風に、ママさん考えられますか?

ご紹介したような地図が、教科書にのるように、そういうところから、見直さなければならないですね。例えば、です。

日本をぶっ壊せだの、国の形をかえるだの、国から独立など、、、、とんでもないことです。

日本は今、立て直すときですよ。やさしく、丁寧に、あるべき姿に治していくんだと、私は思うのです。

一刻も早く解散して、谷垣政権にうつり、この国家的危機を救う政策をバンバンとやってもらわないと。

そうしながら、私たち国民も、日本はどうあるべきか色んなことを見直して、より正しい合意形成を得られる方向になるといいですね。

未来の子供たちの為に、日本の為に、さぁお母さん。

この地図、プリントして壁に張るなりトイレに貼るなり、、、正しい情報はしっかりインプットしてあげてくださいね^^

巨額の税金が投じられている、国会です。真実のドラマが展開されていますので、ぜひ、積極的に見るようにしませんか。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

国会議員と国民、双方向の対話へ向けた画期的な取り組み、Cafesta!
vlnews048905.jpg

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  


スポンサーサイト

category: 子育ておやくだち

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/639-2acb9254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。