07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

谷垣総裁出張記2 ベトナムとの連携について語る。(海外記事追記) 

ガッキーこと谷垣総裁、ただいま東南アジア諸国に出張中。総裁就任以来初の海外出張。

自民党総裁となるとVIPなんですね。んでVIPらしく、颯爽と。もう総理でいいだろ、と思うんですけどね。

谷垣総裁 東南アジアへ出発
vip gakki

vip gakki8


vip gakki7

新しい映像が入ってきているので、こっちものせておきます。

これは、ベトナムのフン国会議長との会談のスクリーンショットです。
“日越 海上の安全保障で協力”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120109/t10015142771000.html
vip gakki4

vip gakki5

国会議長のとの会談の記事
NHKからは一部頂きます “日越 海上の安全保障で協力”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120109/t10015142771000.html
------------------
自民党の谷垣総裁は、総裁就任後初めての外国訪問として、8日からベトナムを訪れており、9日、フン国会議長と会談しました。この中でフン議長は、南シナ海で中国が海洋進出の動きを強め、島々の領有権を巡ってベトナムなど周辺国と対立していることについて、「国際法にのっとって多国間で平和的に解決したい」と述べました。これに対し、谷垣総裁は「自民党としても大きな関心を持っている。多国間で解決する枠組みができつつあることに期待しているが、日本とベトナムの間でも連携を強めたい」と述べ、両国の間で、海上の安全保障の協力を強化していく必要があるという認識で一致しました。
------------------

時事 中国海洋進出に連携対処=ベトナム国会議長と会談-谷垣自民総裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012010900133&rel=j&g=pol
--------------------
【ハノイ時事】自民党の谷垣禎一総裁は9日午前(日本時間同)、ベトナムのグエン・シン・フン国会議長とハノイで会談し、自民党が政権を奪還した場合、中国の海洋進出に連携して対処していくことで一致した。
 谷垣氏は、中国がベトナムなどと対立する南シナ海の領有権問題に関し「平和裏に解決されることを期待する」と表明。フン議長は「自国の領土を平和的かつ国際法に基づいて守るのが日本とベトナムの大きな共通点だ。(南シナ海問題は)多国間で時間をかけて解決すべきだ」と強調した。 
 両氏はまた、ベトナムも参加している環太平洋連携協定(TPP)交渉についても意見交換。フン議長が「安全保障の問題も含め、さらに十分に議論しなければいけない」と慎重に交渉を進める考えを示したのに対し、谷垣氏は「TPPはまだ中身が不明確だ。日本とベトナムで情報交換していきたい」と語った。(2012/01/09-13:32)
------------------


つづいて、ベトナム首相との会談記事

まずはスクショから。
vip gakki9

vip gakki11

逢沢キャップの同行は、ツイッターでチェック済みでしたが、棚橋さんも同行なさってるんですね

んでもって、、、、NHKとか、総裁を現地までおっかけてるんだね。。。他もかな?だとしたら、普段散々叩いてるから、、、叩くネタ探ししてるのかなぁ。

NHK 谷垣総裁 TPPでベトナムと連携(重要なので一部抜粋)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120109/k10015147261000.html
-----------------
この中でズン首相は、ベトナムが交渉に参加しているTPPについて「広いマーケットが得られる反面、自国の経済発展を考えると苦しい問題もある。地域の平和や発展、自分たちの国益につながらないものはできない。日本とはよく連携したい」と述べました。これに対して谷垣総裁は「日本でも情報が不足しており、引き続き意見交換や議論をしていきたい。TPPは、参加する国の利益や地域の繁栄に結びつくものでなければならない」と述べ、情報共有を含め、ベトナムと緊密に連携していくことを確認しました。会談のあと谷垣総裁は、記者団に対し、「ベトナムは日本にとって経済的に重要なパートナーであり、外交・安全保障面でも大事な国だ。今後も連携を深めていきたい」と述べました。
-----------------

時事 中国対処、TPPで連携=自民総裁と越首相が一致
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012010900168&rel=y&g=pol
-------------------
【ハノイ時事】ベトナムを訪問中の谷垣禎一自民党総裁は9日午後(日本時間同日夜)、グエン・タン・ズン首相とハノイの首相府で会談し、南シナ海への中国の進出について「多大な関心を抱いており、人ごととは考えていない」と述べ、自民党の政権奪回をにらんで外交・安全保障面での協力の必要性を強調した。ズン首相は「全く同感だ」と語った。
 また、ベトナムが交渉に参加している環太平洋連携協定(TPP)に関し、谷垣氏が「アジア太平洋地域の利益につなげなければならないが、日本では情報が少ない」として、情報面での協力を要請。ズン首相は応じる姿勢を示した。 
 谷垣氏はこれに先立ち、グエン・シン・フン国会議長と会談。南シナ海の問題について谷垣氏が「平和裏に解決されることを期待する」と表明し、フン議長は「自国の領土を平和的かつ国際法に基づいて守るのが日越の大きな共通点だ。多国間で時間をかけて解決すべきだ」と述べた。谷垣氏はトー・フイ・ルア共産党中央組織委員長とも会談した。(2012/01/09-22:04)
-------------------
ベトナムはちなみに、加盟交渉国として認められた国で、社会主義国。

ウィキによれば「ベトナム共産党(ベトナム戦争中は「ベトナム労働党」)による事実上の一党独裁政治が行なわれている。名目的に存在した民主党、社会党は1980年代末に解散され、複数政党制から単独政党制に移行した。現在でも、しばしば政治の民主化を望む人々が逮捕されることがある。現在、ベトナム共産党とその衛星政党以外の政党の結成は一切禁止されている。」って。

世界経済のネタ帳より
http://ecodb.net/exec/trans_image.php?type=WEO&d=NGDPD&s=1980&e=2011&c1=VN&c2=JP
[世] 名目GDP(USドル)の推移(1980~2011年)の比較(ベトナム、日本)

まぁ、これだけの力の差があります。ご参考までに。

南シナ海のことは、私はさすがに、安全保障や国防といったことはえらそうに書けないのでやめておきますが、中国が悪さをしているのは、ご存知ですよね?

ただ一つ、海洋進出という甘っちょろいものではないと思います。

日本は脱原発といって全部止めようとしている状況寸前ですが、石油は唯でわいてきません。

ここをどれだけ、真剣に国民が考えているかとういことを問いたいですね。

オイルシーレーンという言葉を、ママさんたちは少し調べてみてくださいね。

んで、TPP

記事のタイトルのTPPで連携というのが、まずもって、ミスリード?と思ったら、NHKもそのような書き方なんですね。

共通して書かれているのは「情報面での協力要請」ということで「TPPで連携」はTPP反対論者の神経に触る書き方でいやらしいですな。

反対派はそれみろ、ということになっちゃうかなぁ。まだまだ、とてもそんな段階ではないかなというのが率直に私がうけた感想。

日本政府は交渉参加表明をしているが、自民党として判断するには情報がまずもって不足している、という点をやはり強調されているように思いますね。

どうも、総裁は経済連携の包括的な形をTPPという言い方にしているようだ。

「TPPは国益にそうものでなければならない」と言っておられるようですが、少なくともこれは今はそう思っていないと判断されているのかなぁと、谷垣語をずっと聞いてきた自分は、そう感じます。

ま、アメリカに直球勝負というのも、まずは日米同盟の回復がありますからな。

まぁ、この辺は、ガッキーを毛嫌いされる方には、多分、理解していただけないですね。ヽ( ´ー`)ノ

「国益に沿えば賛成、国益に沿わなければ反対」というのが、今、とっておられるスタンス。

自由貿易を推進している自民党なので、TPPが本当にダメなのか、ダメとわかった場合、違う枠組みに展開するために、どうしていくか、ということなんだろうと思いますが。

やっぱり、今は何でもよくわからないうちから白黒つけさせすぎなんでしょうね。それが誤解を生み、おろかな判断への誘導へ繋がる、なんてことなのかなぁ。

「自民党はどっちなんだ」「今考えている」「ふーん、そうか。」で待ってればいいとやっぱり思うんですけど、実際は

「自民党はどっちなんだ」「今考えている」「何で反対といえないんだ。本当は賛成なんだろ、ボケ」もしくは「なんで反対するんだ、ボケ」ということで罵倒されているのが現状ですね。

日本のために、世界を見渡して回答を決めている段階なのだから、「考え中」で待つのもあってよいんじゃないの?とやっぱり思いますな

同行している逢沢キャップによれば、
--------------
谷垣自民党総裁、ベトナムのグエン・シン・フン議長と会談。ハノイの議長公邸。「日越戦略的バートナーシップ協定」に基ずいて二国間関係を発展させよう。TPPについては意外に慎重な言いぶり。安全保障への影響についても言及があり。 pic.twitter.com/QhauFGAV
--------------
ベトナムも慎重にやっているということでしょうかね。こういう、肌で感じる感触は、結構大事ですよね。

ちなみに「日越戦略的バートナーシップ協定」ってこれかな。

アジアにおける平和と繁栄のための戦略的パートナーシップを包括的に推進するための日越共同声明(概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_kan/vietnam_1010_ksg.html

空き菅がやってるんで、ムカついて仕方ないですが、つまりこれは「外交」とか「安全保障」といったものは、政権が変わっても、日本国の立場として継続したものでなくてはならないということを如実に示しています。

TPPについても全く同様でしょう。

ノブタは交渉参加表明してしまっているので、このようなまるで首脳会談級の会談で、日本政府の失態を野党だからと言って、ウダウダと言えますか?っていったら絶対に言えませんよね。

総裁は自身の発言はすべての公の発言と考えるような方ですから。ましてや首相にお会いするのですからまさに日本の国益の観点からのハナシになるのでしょう。

むしろ、グダグダ政府の代わりみたいなもんに見えてしまいますよね。

はっきりいって・・・・・次の政権は本当に、民主党の尻拭い、あらゆる時限爆弾を仕掛けられて(TPPも消費税も)、処理がいかにも大変そうだ。。。と思ってしまいました。

TPPと言っても、最初のNHKでのスクショを見ていただければと思いますが、TPPにとどまらない幅広い連携となっております。

自民党のTPPは外交部会、高村正彦先生が座長としてやっておられる高村チームで話がすすめられているようです。おそらく、勝手な想像ですが、また今回の訪問で、状況の進展があるのでしょう。

本来、このような極めて高度なハナシは、このようにSTEP By STEPですすめられるものなんでしょう。

最初から反対姿勢で、あるいは最初からうちはこうと思ってるんだけどというような腹のうちを見せてしまうような交渉も、全くもって、賢い交渉とは言えない。

民主党の外交があまりにも愚かなために、本来のあり方はこういうものだという、今回の谷垣総裁の出張は、忘れられつつある、普通の外交の姿、本来の外交交渉の姿と見たらいいのかもしれません。

ちなみに、TPPの行方はどうなるか、律速になるのはやはり自民ちゃんの動きは、高村先生のブログには、今は党の公式ではないものの、座長としての考えが出ていますので、大変興味深いと思います。

平成23年12月8日 高村正彦君を囲む会 本人挨拶 これなんか、とても面白い。
http://www.koumura.net/message/index-hatugenshu.html

自民党の公式、現在の段階はこれで、高村先生の話と似てますので、やはり、高村チーム、ここがキーでしょうね^^
高村チームに、TPPへの不安や疑問など、しっかりと意見を届けてみる、というのも、手かもしれませんよ。

TPPんついての考え方
http://www.jimin.jp/activity/colum/115185.html

これは結構重要な資料です。自民HPで公開している、先日も紹介させてもらったもの。

TPPは例外なき関税撤廃ですが、自民党は「例外なき」はあり得ん!と言っているので、ここが決定的に超えられない壁です。

要するに、例外項目は設けないとかいった、ブタとは質が異なるものだということを、いい加減、理解してくださいね。

そして、共産党が恐ろしいスクープをしていますので、TPPの盲目的追随はとんでもないかもしれないと、だから、よく注意してみていかないといけません。

TPP交渉に「守秘合意」発効後4年間、内容公開せず
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122201_02_1.html

怖い怖い。(これ、自民党に届けようね。もういっぱい届いていると思うけど。)


自民党も民主党も変わらんわ、という人は、、、いいサイトに出会えるといいんですけどね。

最近しつこく掲載している森田実さんは、極端な自由主義経済の横行も日本の目指す方向ではないと言っておられます。

私もそのとおりだと思います。やはり守るべきものは守って頂きたい。

国民も、真剣に考えないと。

われら国民も報道に惑わされず、ヒステリックな意見ではなくて、自分で一旦しっかりと考えて、そして意見をしてみる。

政治家の先生とコンタクトを取るのも大変に面白いものです。

今自民党の先生は、ネットを通じて国民の声に触れようと努力なさっておられますから、ネットってすごい!O(≧▽≦)O

私たち国民の関心が高くなればなるほど、政治家は程よい緊張に、懸命になってくださると思います。

でも、BKD議員は、もうおさらばです。とにかく解散を早くやってもらいたい。

ちなみに、こっちのもうすぐクビになる大臣の様子と比べてくださいよ。
こいつ、犯罪者?連行されてるの?って思えるのは、、私だけか?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120109/k10015144151000.html

政治家の資質が、見た目でわかる、よい例ですね^^

----------------------
追記します。海外記事です。
Top legislator receives Japan LDP President
http://www.tuoitrenews.vn/cmlink/tuoitrenews/politics/top-legislator-receives-japan-ldp-president-1.57926
-------------------
海外ガッキー
National Assembly Chairman Nguyen Sinh Hung (R) received the President of Japan’s Liberal Democratic Party Tanigaki Sadakazu in Hanoi on January 9
Photo: VNA

National Assembly Chairman Nguyen Sinh Hung received the President of Japan’s Liberal Democratic Party (LDP), Tanigaki Sadakazu in Hanoi on January 9.

Chairman Hung welcomed Sadakazu’s visit to Vietnam, saying the visit will contribute to promoting the Vietnam-Japan strategic partnership.

He thanked the LDP President for his efforts in strengthening relations between the two countries and the two parliaments and affirmed that Vietnam considers Japan one of its leading priorities in the country’s external policy.

Hung said he is delighted at recent developments in the relations between the two countries and the two legislatures.

He said he wants the two sides to increase cooperative programmes and projects to match the strategic partnership.

(長文続きます 略)
------------------------
海外記事ですが、TPPという言葉はでてきませんね。話はしたのでしょうが、およそTPPの枠組みとは異なる経済連携の話の、一環としてTPPについても語っていると、見たほうが自然ですかね。

2カ国間の連携、これがやはりメインのような、海外記事の内容です。

TPP推進を予感させる国内報道はやはり、よくよくよくよく注視監視する必要があるかな。

ベトナム政府のHPでは、ガッキーが本日はトップになっています。
http://news.gov.vn/
PM applauds Japanese parties’ support for strategic ties

震災対応への御礼などもあったようだ。まぁ、中日新聞など、ガッキーの報道など一ミリもないですからね

情報格差はますますひろがるばかりです。さぁ、、、、、どうしましょう。この状況を。

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

こんにちは。
昨日のニュースを見てたら谷垣総裁がTPPに参加するみたいな報道にびっくりしました。
でも事実は違ってるんですね。
ルナさんのブログ読んでると詳しいので勉強になります。
昨日のツイートで「TPPの件自民はどうなってるの?」っていうのを見かけたし、同じように自民党がおかしいと思われた方もいるかもしれないですね。
TPPはあまりにも巨大すぎるし、得体も知れないし、だから時間かけて結論出してもいいのかもしれませんね。
でも国民ってせっかちで待つことを知らない感じが伝わってきます。

政治家の先生達の動きを追いかけていくのも面白いですね。
自民党の先生方の動きは早いなと思います。
昨年の11月に長崎の五島沖の肥前鳥島で中国漁船が逮捕されました。
その時、民主党政権だからその後の対策なんかやらないだろうなと思ってたんです。
そのうち中国漁船が大量に押し寄せ問題になるだろうになとね。
長崎といえば九州なのですごく心配だったんです。
そう思ってたら新藤先生たちが動いてくれてですね。
ヒゲの隊長たちと一緒に五島を訪問され、翌月には超党派で肥前鳥島の上空視察を実行され、今度の国会でこの肥前鳥島に関して法案を提出してくれるようです。
昨日の新聞に載ってたけどものすごく小さな記事でした。
でもこういうのを見るとちゃんと離島の事も考えてくれてて、ちゃんと日本をめぐる動きに対応してくれてると感じます。
でも今は野党なので権限がないので出来る範囲が決められてるので、早く与党に戻って思う存分行動してほしいです。
こういう日頃からの動きを知らない人達が騒ぎすぎなのかもしれないですね。
自民党はある意味大人の政党なので、国民がお子ちゃまなのでそのギャップがあるのかもね。
kuri #wQAHgryA URL [2012/01/10 10:10] edit

Kuriさま

Kuriさま、コメントありがとうございます!

> こんにちは。
> 昨日のニュースを見てたら谷垣総裁がTPPに参加するみたいな報道にびっくりしました。
> でも事実は違ってるんですね。

ガッキーは政府の人間じゃないですよ。どうやって、参加交渉できますでしょうか(笑
情報交換について強く連携しようという、まずはそこじゃないですかね。
自民党と訪問各国との連携と読みました。
しかし、でも、その先の心は決して読めませんね。
読めるわけがありませんが(笑

しかし、つくづく思った。ガッキー、恐ろしい子です。

> ルナさんのブログ読んでると詳しいので勉強になります。
> 昨日のツイートで「TPPの件自民はどうなってるの?」っていうのを見かけたし、同じように自民党がおかしいと思われた方もいるかもしれないですね。

TPPについて、「世間に誤解がある」とガッキーは確か定例で発言したことがあります。
総裁は、絶対にすぐに回答はしません。ものすごい、石橋をたたきまくる方のようです。
そして、そりゃ、何十年と与党でやってきた方ですから、肝も据わっているでしょう。

TPPというか、包括的な経済連携という感じですが、それをTPPと言っているのか、NHKがかぶせて編集してしまっているので、ちょっとわからないかなと言った感じですが。

ただ、経済連携には積極的に考えているに地が無い、そう感じます。
間違いなくやると思います。


ただ、一番最初に出てきた頃におっしゃったのはですね、”米の関税ゼロなんて馬鹿な話がありますか!”なんですよね。医療ももちろん、守らねば系の発言だったと思う。

例外ありきなんですよ、やはり、自民党は。

TPPに本気で例外を設けようとしているのかも。
ということは、これはアメさんが嫌がりますよね。
そして、条件交渉など、それは無理だからね、いまさらという話だと思うのだけど。。。
ってことはTPPなの?とかって思って、頭をぐるぐるしてます。

でも、これだけ反対運動盛り上がっているし、ネット民のことはよく見ているでしょうから、国民だまし討ちなんて考えられません。

反対の意見というか、不安を、一生懸命伝える、野党の今がチャンスですよ。きっと。
それでこそ、健全なものになっていくと思います。

> TPPはあまりにも巨大すぎるし、得体も知れないし、だから時間かけて結論出してもいいのかもしれませんね。

そうなんですよ。ものすごい保守の人でもTPPに賛成という方もおられます。
これは経済の連携だけなんだから、国体とは関係ないと。
その方は皇室を守るために一生懸命になってらっしゃいますけどね。

本当にわからない。そのわからない不安を、伝えたらいいように思います。

> でも国民ってせっかちで待つことを知らない感じが伝わってきます。

ものすごい、せっかちですね。
政治家だってわからないんだから、これは、、、なんとうか、それがそれなりのスピードであり、慌てる必要はない、でいいと思うんですけどね。


> 政治家の先生達の動きを追いかけていくのも面白いですね。
> 自民党の先生方の動きは早いなと思います。
> 昨年の11月に長崎の五島沖の肥前鳥島で中国漁船が逮捕されました。
> その時、民主党政権だからその後の対策なんかやらないだろうなと思ってたんです。
> そのうち中国漁船が大量に押し寄せ問題になるだろうになとね。
> 長崎といえば九州なのですごく心配だったんです。
> そう思ってたら新藤先生たちが動いてくれてですね。
> ヒゲの隊長たちと一緒に五島を訪問され、翌月には超党派で肥前鳥島の上空視察を実行され、今度の国会でこの肥前鳥島に関して法案を提出してくれるようです。

素晴らしいですね。
やはり自民党でいいですね。当たり前なんですが。

> 昨日の新聞に載ってたけどものすごく小さな記事でした。

まだあっただけ、マシと思わないといけないくらいですかね(苦笑

> でもこういうのを見るとちゃんと離島の事も考えてくれてて、ちゃんと日本をめぐる動きに対応してくれてると感じます。
> でも今は野党なので権限がないので出来る範囲が決められてるので、早く与党に戻って思う存分行動してほしいです。
> こういう日頃からの動きを知らない人達が騒ぎすぎなのかもしれないですね。
> 自民党はある意味大人の政党なので、国民がお子ちゃまなのでそのギャップがあるのかもね。


大人すぎて、大人すぎてw
みんなでアピールしてほしいですね。自信をもって。
ルナ #- URL [2012/01/12 01:00] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/616-5b950188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。