09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

識者ってナニモノ? 

さて、昨日の話題の絶対権力者に対する検察審査会の議決が下された件、左巻きがどう書くのか楽しみにしておりました。

あ、我が家は中日新聞です。

まぁ・・・擁護もしようもないのでまぁ普通かなぁと思ったですが、

「結論変わらぬ」検察内部では冷めた声

というのが、今回の検察審査会の判断をあざ笑うかのような記事で、不快だったかな。

一番不快だったのは、「起訴相当」識者の見方------------------------------

起訴相当という重い議決への感想から-。「捜査は検察の負け」と明快だった作家の室井佑月さんは「不思議に思ったことがある」と言う。

「検察があれだけやる気満々で捜査して、得た材料で不起訴と判断したというのに、今度は審査会が何を根拠に起訴相当と判断したの?マスコミ報道じゃないでしょうね。」

検察のチェック機能として、国民から選ばれた人で構成する検察審査会を必要な機関と見ているが、「判断の根拠を見てみたい。公平な目で捜査権力を監視するのだから、メディアの影響を最も受けてはいけない人たちだと思う」と続ける。

「影響されるなら、メディアを牛耳った者のいいなりになってしまう。だって審査員十一人が反小沢氏に偏った新聞を購読している人ばかりだったら、どうするのか
----------------------------------------------------------------------

えーっと、突っ込みどころ満載で笑えるのだが。
室井さんよ、あなたが何故とくだねコメンテーターが務まるのか、本当によくわかるよ。

絶対権力者がお好きなのですね。うんうん。

ワイドスクランブルで大沢弁護士が説明してたけど、専門の弁護士も同席の上、過去の判例なども用いて全ての資料をチェックしているとのこと。
そりゃそうでしょ。いい加減なわけがない。

そんなことも言わず、感情的に判断したみたいな印象を与える。
それでも識者なんかねっ(怒

マスコミも偽識者も一斉に麻生叩きをして、政権交代を誘導した。

ジャーナリスト青木理のコメントもあるが、
「・・・検察審査会の議決書も具体性に乏しく極めて感情的。検察に寄り添った報道を大展開したメディアの責任は大きい」

って、自らの首絞めてんじゃなくて?

政権交代を誘導したメディアの責任は計り知れないのよ。



しかし、ワイドスクランブルは醜かったですね。
テレビは基本的に見ないんですが、マスコミが最近どう言ってるのかを知りたくて、実は最近見てます。
ここは報道しただけマシかもしれませんが、コメンテーターは尋常な様子ではなかった。
もう何としても擁護擁護で、喧嘩打ってましたよ。
大沢弁護士もやれやれと白けていたようにワタシは感じた。

でも、激論を交わしただけいいですよ。
偏っていると、わからないかもしれないからね。

でもって川村という人は、今回の議決を、法律ではなく国民感情で有罪扱いされることはおかしい・・・とか。

へんな屁理屈で、大沢弁護士とかみ合ってなかった。

どこもかしこも報道が大人しい。

前の政権ならこんな自体に続投宣言なんて・・・ぼろくそだったはず。




なんでこんなに絶対権力者を擁護するの?
というところを、ちょっとおかしいわ?と疑問に思ってくださいね。


目覚めの一杯のお伴にオススメ本。
今度自民党から出馬される三橋貴明さんの著書です。
ブログはこちら


第一章:政権交代に貢献したマスコミの偏向報道
第二章:問題大臣の化けの皮を剥ぐ
第三章:「テレビ政治」によって曲げられている真実
第四章:見世物としての「事業仕分け」
第五章:民主党の暴走、テレビの迷走


是非、一読をオススメします。



昨日のブログで紹介した月夜のぴよことロバの耳の管理人、梨恵華様からメッセージ頂きましたので、お届けします。

次の参議院選でもし万が一民主党が2/3議席とることがあれば、憲法を改正されてしまいます。

もうすでに、日本人家主が外国人に家賃の請求をすることが人権に反しているという人権擁護法案が今国会で通過しようとしています。

次々と、外国人のための日本に作り替えられているのがおそろしいです。

子供手当は税収30兆円のところ、日本人1700万世帯に2兆円、海外に住む外国人に15兆円の拠出になります。

いったいだれがそんな恐ろしいお金をはらうんでしょう。

主婦のみなさんが怒ってくれることは力になります。どうぞよろしくおねがいします。



ひとりでも多くの方の目が覚めますように。
スポンサーサイト

category: ニュース

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/6-809f81e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。