05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

運動会を終えて、先生達の言葉に思ったこと色々。 

先日、小学校の運動会がありました。

児童たち先生達の一生懸命な姿にときどき感動しつつ、子供の成長に改めて感じ入り、子供たちの将来に幸あれと願ったのは言うまでもありません。

ゆでがえる  

とまぁ、感動はしたのですが、いくつか気になる点が。

開会式は見ていないのでしらないのですが、閉会式で国旗をおろすとき、「旗(はた)」と言ったような気がしたのです。

国旗と言うのは堅苦しいとか難しいとかいう理由で「旗(はた)」なんだろうが、国旗という呼び方にすべきだと感じたのですが、こういうことを言うと煩いオバサンですかね。

「コッキってなに?」とか言う間抜けな子が育ちそうな気がして。。。

あと、全校児童が赤組白組に分かれて闘ったわけですが、勝ったほうはおめでとう、はもちろん良いとして

「負けた白組の皆さんは残念でした。でも皆さんの頑張りは素晴らしかった。頑張ったからいいんです。勝ち負けは関係ありません。大事なのは一生懸命頑張ることです」

と、いうようなことを校長先生が言ったんですね。

その後、1年生の学年主任も同じように1年生に対して言うんです。

「赤組さんはおめでとう。白組さんは負けてしまいましたが、でも、勝ち負けは関係ないんです。大事なのは頑張ることなんです。みなさんは一生懸命頑張りました。・・・」

まぁね、細かいことですよ。

細かいことですが、例えばうちの子は徒競走で3位以内に入れず、とても悔しい顔をしていました。

「どうしたの?」と聞いてみると「悔しい」と言う。「何が悔しいのか?」と聞いてみると「3位に入れず賞状がもらえなかったので悔しい。」と。

「賞状が欲しかったんだ。じゃぁ賞状を来年はもらえるよう頑張る?」と聞いてみると「絶対賞状が欲しい」といいました。

まぁ、悔しいと思うのが普通だと思うんだけど、このように「悔しい」と思う子供の気持ちを、今の先生はどう受け止めるのかなぁと、先生に聞いてみたいと思ったのは言うまでもありません。

頑張ったから良い、結果は関係ないというのは、負けた子供たちの感情への配慮なんでしょうが、次、勝てるようにするためにはどうしたらいいか、考えてみようとか、より高みを目指して努力しようということを伝えるとか。。。”悔しい”と思う子供の気持ちも受け止めないと、、、駄目なんじゃないかと思うんですね。

大人になれば、頑張ったからいいんだとか、いちばんになれなかったからいいんだ、という風に逃げてしまう大人予備軍を大量生産しているようにしか思えません。

高い目標を持ち、切磋琢磨することとか、人は平等ではないということ、努力したものが報われるというのが現実であることも、ちゃんと話をしていかないと、駄目じゃない?って思うんだけど、、、口うるさいオバサンかな。

もちろん、頑張ったものは褒めてあげていいし、当然褒めるんだよ。

だけど、高みを目指す芽を潰してしまうというか、芽を育てないのは、ありえんと思ったわけです。

まさに、ナンバーワンになれなくてもいい、オンリーワンでいいというやつです。

オンリーワンは一人ぼっちですよ。特別なオンリーワンって素敵にSMAPは歌うけど、オンリーワンだけ取り出したら、孤独な世界という側面もあると感じませんか?

言いがかりだとかそうなんじゃなくて、そういうトラップが隠されているのかもしれないなぁと感じて頂けばと思います。

この辺は、左翼思想をぶったぎる、うぃすぱーぼいすさんが素晴らしいので、お読みになってください。

関係ないよそんなの!って思うかもしれないけど、そういう面もあるという指摘でもあります。

何回か紹介させていただいてるんですが。

http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=203

子供が、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」なんて歌ったら気味悪く思うくらいになって頂きたいもの。

子供から悔し涙を奪っちゃ、いけないでしょ。

・・・って思うんだけど、、、口うるさいオバサンかなぁ?

今日は代休で子供はお休み(ワタシはこれから仕事なので学童だが)だけど、いつか先生に聞いてみたいもの。

けんか腰ではなくて、どう思ってるのか、についてね。

保守の思想として普通のお子様に育っていただくために、3匹のこぶたって大事。

ちゃんと食われちゃうやつじゃないと駄目ですよ。

三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)
(1967/04/01)
山田 三郎

商品詳細を見る


ちなみに最近の下のこ(2歳児)のお気に入りは”にっこり侍”です。

(心を育てる紙芝居 第2弾)にっこり侍(心を育てる紙芝居 第2弾)にっこり侍
(2009/07/10)
ときた ひろし

商品詳細を見る


9番目の戦車をお書きになったときたひろしさんの紙芝居なんですが、中学生の男子女子に求められる理想的な姿を最後に説教っぽくなく、説いています。

一枚一枚紹介したいのですが、例によって時間がないので、またということで。

理想的な男子、女子なんですが、、、、いまどき居ないとしか思えない。

残念だなぁ。

素敵な男の子or女の子が居ない><といって、恋ができない子になってもらっても困るので、どうか、この紙芝居、図書館などでリクエストしてみてください。

多分、こういうのは嫌われて、採用されてないと思いますが、これも日本を普通の国にする行動だと思います。

ってか、内容きっと見たい方もおられるでしょうね。

頑張ってそのうち、紹介してみます。

ちなみに、一年生のうちの子の友達(女のこ)に、旦那はショックを受けてどよーんとしていました。

てめぇ、白髪が生えてるよ」といわれたそうです。

どう思う?

みなさん、言葉遣いにはくれぐれも注意なさってくださいね。ホント、興ざめです。


おまけ

今日は日本一日の丸の似合う男、故中川昭一議員の命日です。


北海道、十勝の愚か者へ、という動画もあります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15773273

遺志を継がれる奥様のご活躍をお祈りいたします。

ゆでがえる  

初めて当ブログにお越しの方,是非お読みください。2011.9.9までトップページに紹介していた記事「この国を守る覚悟を!」皆さんに知ってもらいたい動画やブログをご紹介しています。
日本
スポンサーサイト

category: オススメ絵本、オススメ本

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/530-253577df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。