06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

愛国者はチャレンジをしてはいかがか。 

今朝の中日新聞の社説、、、自戒を込めて言葉狩りを反省という主旨で書かれている。

失言が多く、言葉が軽く、あまりに突っ込みどころがおおく、耐え切れないと見て、日教組のドンこと輿石氏がメディアを規制でもはじめたようだ。

本当に大臣どこから議員の資格のない人たちが、まつりごとをやっているのに、国民に耐えろと、中日新聞は言ってるんです。

漢字の間違い(国会で漢字テストまでやってたのに)、カップラメーメンの値段で叩かれまくった、世界から信頼もされ、素晴らしい経済対策をやってた麻生元総理に、民主党議員とメディア各社は頭を下げてからこんな勝手のいいことを言うべきだわ。

1513495.jpg

突っ込みどころ満載の、政権交代時の衆議院選挙の演説、ツイッターのひろいもの。


書いてあることが命懸けでやれ、それ以外はやらない、それがマニフェスト!

と言い切ってた野駄目総理。

もうマニフェストは破綻している。。。谷垣総裁がいちいちこだわるのは、なるほどわかるような気がした。

ここまでいったんだから、そりゃやれよ、ということになる。

徹底的な税金の無駄遣いの排除・・・・、個人的には歳費削減には反対で、まじめな議員にきっちり対価を支払い、存分に仕事をしてもらうべきだと思っています。

議員の数はもう、、、民主党みたいな議員は余分だから、削減してもいいかもしれません。

民主党のお金の使い方はもっと間違っていることはもう国民の目には明らかなんだ。

もう一回政権交代しなければ、国民として、納税するのも馬鹿らしいと思えてしまう。

民主党は税金を、日本国民に還元するのではなく、外国に還元する、、、そういう国を売るにおいがぷんぷんする。

野駄目総理になってからこの豪雨災害。

土砂ダム決壊の危険性が高まっている。

神様はきっと怒っています。

日本人としての誇りや伝統を傷つけるこんな政権のままで放っている日本人に対して。自然はきっと容赦ない。

野田総理が町工場を視察 今週中にも円高対策
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210919012.html

なんだか、必死で産業空洞化を促しておきながら、3次補正で対応しますとか・・・前の政権での財務大臣だったくせに。。。


解散総選挙して、この馬鹿議員たちをもう一掃してほしい。

が、、、このメディアによるサブリミナル的自民党叩きにより、、、立候補者も、なかなか選考が難しいのではないかと考える。

浜田議員のように、あっさり釣られる議員がいるくらいだしね。。。新人発掘は難しいのだと思う。

国思う、愛国者の卵は、是非自民党の門を叩いて欲しいと思うんだけどなぁ。

さすがに国会議員クラスになると、相当な能力が求められるけど(民主党は谷亮子みたいなのがすぐなれちゃう)、、、国思う、愛国者の皆さんは、下記のコンテストに参加されてはいかが?

民主党の政策より、以下に紹介するコンテストに寄せられる政策のほうが、よほどタメになるのではないか?

第9回 国際政治・外交論文コンテスト
http://www.jimin.jp/involved/campaign/113868.html
---------------------------
2011年3月11日に発生した東日本大震災は、我が国に大変大きな打撃を与えました。被災地域も広く、都市の再生のみならず基幹産業の立て直しなど、今までの我々の震災の経験より、はるかに幅広い課題に対応する必要があります。大震災・津波で被害を受けた地域のみならず、福島第一原子力発電所の事故も、未だ収束を見ていません。エネルギー政策の見直しは必須ですが、電力の安定した供給がなされないことには、我が国の産業の空洞化を招き、国力の低下に繋がる恐れがあります。

 こうした当面迫られている復旧・復興の課題に加え、従来から日本が抱えている問題がなくなってしまったわけではありません。

 一例をあげるなら、国債発行額も年々膨れ上がり、これに対応した財源のあり方と歳出抑制の方策の早急な議論が必要です。

 少子高齢化で人口が減少していく我が国が、国際社会において今後どう競争力を維持していくのか。日本には解決しなくてはならない問題が山積しています。

 叡智を集め、一丸となって共に復興に取り組むべく、財政政策、エネルギー政策、外交政策、社会保障政策などの様々な観点から「日本の再生」について、ご意見をお聞かせください。

[第9回 国際政治・外交論文コンテスト 概要]

テーマ     「日本の再生のために、今、一番必要なこと。」
応募規定  400字詰め原稿用紙(20字×20字)10枚(4000字程度)、タテ書き。
        ワープロの場合はケイ線のない白い紙に印字。
日本語で書いた未発表の作品で1人1編。なお、原稿の返却はいたしませんのでご了承下さい。(応募作品の著作権については自由民主党に帰属します)

応募方法 住所・氏名(本名)・性別・年齢・職業・郵便番号・電話番号を明記し、下記宛先までお送り下さい。(なお、封筒表に「応募論文在中」と明記してください)
賞 自由民主党総裁賞(1編)賞状及び賞金10万円
    自由民主党幹事長賞(1編)賞状及び副賞
    自由民主党国際局長賞(1編)賞状及び副賞
審査員 袴田 茂樹 青山学院大学教授  他党外有識者
    棚橋 泰文 自由民主党国際局長  他党役員
締め切り 平成23年11月25日(金)消印有効
発表 平成23年12月中旬を予定
宛先 〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
     自由民主党本部国際局「論文コンテスト事務局」 (電話:03-3592-8896)
-------------------------

もっかい言う。

民主党の政策より、以下に紹介するコンテストに寄せられる政策のほうが、よほどタメになるのではないか?

教育や安全保障などの重要な課題を語れる、まともな政党を、荒れ果てた国土を再生する気力を与えてくれる、まともな政党を、選びたいものだ。

働くものが馬鹿を見る、愛国心のかけらもない民主党はもう本当に願い下げ。

働くものが報われる社会、人々が真面目に働く社会がまた再びきてほしいものだ。


ダムの決壊が心配です。ここ愛知も、ときどき強い雨が降ります。心配ですね。

被害が最小限に終わりますように。

-------------
今日は麻生さんのお誕生日。おめでとうございます!第二次麻生内閣求む!

ゆでがえるは平和ボケ日本人の象徴ということで採用しています。人気ブログランキングへも是非、ポチっとお願いします^^
ゆでがえる  


初めて当ブログにお越しの方,是非お読みください。2011.9.9までトップページに紹介していた記事「この国を守る覚悟を!」皆さんに知ってもらいたい動画やブログをご紹介しています。
日本
スポンサーサイト

category: 自民党

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/517-e88a3827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。