09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

新米は汚染が心配だしコメの買いだめでもするか・・・ 

中日新聞で、コメの買いだめ兆候があると書かれている。

あぁ、こうやって、また余計な心配もふえるだろうし、買いだめは今後進むだろう・・・との思いを強くした。
(注:悪意のある記事ではありません。念のため)

風評被害を助長するのもまたメディアという悲しい現実。

日本が嫌いとしか思えぬみのもんたせいで、不二家は大変なことになったという事実なんかもありますが、日本企業はいじめられても、みののように発言力がないから、負ける。だいぶ古い記事ですが。

「『あるある』なんてレベルじゃない誹謗中傷」
http://www.j-cast.com/2007/03/29006494.html?p=2

怪しいおコメセシウムさん事件もあることですし、本当にメディアリテラシーが問われています。

もちろん、今日のタイトルもツリです。当たり前です。

放射能は怖い、、、が世の中の通説になっているため、本当のところはどうなのだろう?と、ひねくれもののワタシは反対のことを言う人を結構注目するタチなので、買ってみました。

低量放射線は怖くない低量放射線は怖くない
(2011/06/25)
中村仁信

商品詳細を見る


おそらく、このタイトルだけで、原発御用学者の本なんて読めるか!とか、こんな原発御用学者の本を薦めるブロガーなんて信用なるか、ってことになりそうですが。。。

是非、放射能の恐怖でぐるぐるになっている方とか、真摯に語ってみたいと思っています。

昨日とどいたので、ざーっと読んだだけですが、読む価値のある本だと思いました。

買えないという人は、図書館にリクエストしてみてください。

決して、原発御用学者ではなくて、この著書の方はドクターです。

「放射線の安全性のことを言うと、すぐに原発賛成論者と捕らえられがちですが、原発に対しては賛成でも反対でもなく、電力確保のためには仕方がないという認識を持っていました。しかし、今回の事故の被害の大きさがわかり、原発はいずれなくすべしとの考え方に変わりました。」と書かれています。

緩やかな脱というより減原発という感じですかね。つまり、原発については一般的な考え方だと思います。

実際、読んでいる方が多いのかもしれませんが、子供たちの未来のためにという理由で、異常な脱原発を煽る方々のを鵜呑みにしてしまい、ノイローゼになっている方がいたら、本当に目を通すことをオススメします。

ワタシはアンチエイジングの鬼さんにずっと昔から興味があって、読んできました。

基礎化粧品はアン鬼こと勝谷さゆりさんのプロデュースのアムリターラを使用しています。

余談ですが、彼女のプロデュースする限定香水などは、本当に素晴らしい。

ワタシは犬の鼻とも言われるくらいにおいに敏感で、においで色々わかる人ですが、この私も使える嫌味のない、本当に素敵な香水を年に1回くらい、限定で出されています。

そして、あんなにアンチエイジングにこだわり、免疫力は最強な彼女でさえ、放射能の恐怖にあるんだなぁと思いながら見ています。

正直、彼女は本当に免疫力はこの日本に住む女性の中で最強じゃないかと思うので、放射線を浴びて発生する活性酵素の害など心配するまでもなく、じつは更に彼女は免疫力がUPしていくのではないかとさえ、ブログの読者としては思います。

いや、放射能をストレスに感じておられるので、プラマイゼロかな。

放射線のリスクは、活性酵素が発生する要員がひとつ増えたこと・・・大雑把にそう捉えていますが。

よもや、子供を愛するママは、たばこを吸いながら、あるいはご主人がタバコを吸うのをそのまま子供にもその煙を吸わせてるとか、そんなことはしませんよね。

活性酵素を過剰に発生させる因子、という図がこのパワポにのってました。

ご紹介した本を、パワポで紹介したもののようです。まさにタイムリー。7/12付けになってます。
http://www.3sjapan.com/pdf/2011%20tox%20lunchonsemi.pdf

運動、食品、アルコール、高温
放射線、紫外線
ストレス、炎症
タバコ、アスベスト
医薬品、ホルモン
環境汚染物質
食品添加物
発ガン物質

毎日ガン細胞は身体のなかでつくられている、っていう話は皆さんご存知だと思いますが、そいうことを改めて、あぁそうだったなぁと、知識を深めることのできる本です。

ちなみに、原爆の被爆者8万人のきちんとしたデータもあって、被曝した女性の出産した子供の調査もされています。

で、傷ついた遺伝子は動物では影響があって遺伝されるそうなんですが、不思議なことに人間は違ったんだそうです。

精子自身は強いのだけど、精子をつくる細胞が放射線に弱いそう。しかも、卵子よりも。

やっぱり産む性は強いのですね。

それにつけても、昨今の、男性の女性化にはヘキヘキします。

ちょっと、男性を守ってあげないと、男女平等の流れでますますと少子化がすすみそうですね。

特に男の子は大事にされてくださいね。

んで、
改めて、添加物の少ないもの、作り手のわかるもの、医薬品に頼らない生活、ストレスをためない生活、などということを、これからも意識していきたいと、自分は思っています。

添加物の害や電磁波の害は、避けようと思えば避けられますしね。


無論、除染を急がないといけないのに、やらないとか、だから規制値を上にしていくことは、そういうことは、批判していかないと多分いけない、政府の無作為です。

いろんなことが不透明で信用ならないというのは、本当に行政の問題だと思います。

そこに問題があったり足らなかったりすれば、きっと例えば国会議員に声を届け、法案を整備してもらう必要があります。法治国家だからね。

問題は、このブログを知ってくださっている方ならご存知ですが、この政府の無作為が、政治の無作為として、ひいては野党のせいで物事が進まなくて、あげくの果てに政治不信を煽る形で報道されていることです。

復興に関して言えばですよ、、、本当に、政府の問題です。

120c.gif


野党は被災地を救おうという法案を出したりしています。本当は法案は内閣が出すものです。予算はもちろん、政府からしか出せません。

野党は議員立法と言う形で、様々な支援策をやろうとしています。

立法機関のしかも、野党としてできる範囲のことは、復興に関してほとんどやれることは全てやっているのです。

そこは理解してください。

例えば復興予算を、執行しないのは、それは政府なのですよ。

私たちが今、誰に命を預けているか?

私たちの命を預けているのは、奇しくも、北朝鮮に国民の税金2億円近いお金を貢ぐ、拉致実行犯の釈放を要求する、男なんですよ。

これでまた、無能な民主党集団を選択すると、日本は本当に滅茶苦茶になってしまいます。

天下の悪制度子供手当てをはじめ、いったいどれだけの資金や技術が、みすみす盗まれていったか・・・。

日本国民は怒らなければなりません。

原発推進だからという単純な理由で、能力があり、国民を救おうとする本物がたくさんいる自民党他保守系議員を否定することは、自らの生活基盤も危うくなる状況です。

本当に国民を護ろうとしているのは誰なのか、考えてみてください。

そして、世界の中の日本であること、日本は、中国、韓国、北朝鮮によるあらゆる侵食を受けているという事実に向き合っていただきたいものです。

すぐ利権といって批判がありますが、他方から見れば、あらゆる規制や保護は、日本のなかでお金が回る、日本人の納税は日本人に還元されるそういうシステムという見方もできます。

ちょっとずつちょっとずつ、できるところは規制緩和していく。事業仕分けしていく。それは理解できますが、民主党のやってることは悪乗り、悪用としか思えない。

二大政党制の意義がなくなっているとか言われていますが、外国勢力の圧力を国を担う政党が、二大政党のひとつとカウントする意義はあるんでしょうか?

そんな変な政党は共産党だけで十分のような気がしてしまいますけどね。

さよなら民死党


さて、最初に戻って・・・

私もときには不安になったりする放射能の影響ですが、一応宅配で被災地方面から野菜を入れていますし、メインのおコメは秋田から買っていますが、独自で検査もしてくださっている信頼できることろなので、そのまま継続しています。

冷静に判断していきたいと思います。

ただ、被災地方面に住む方は、活性酸素が増えるものをわざわざ摂取する必要もないので、可能なら地産地消などといわずに汚染度のない、あるいは十分に低いものを摂取されたほうがいいと思いますし、私もそうすると思います。

あえて被曝をふやさなくていいですしね。

なんてことは、、、シロウトが口を挟むことではないですね。失礼しました。

しかし、何事もバランスで、被曝を減らしすぎても、よくないようですよ。

その辺のこともわかりやすく平易に書かれています。

中村先生の本、読んでみてくださいね。

信じるか、信じないかの問題は、読んでから考えてみてください。

少なくとも、冷静にはなれると思います。

追記 昨日、再生回数80回くらいのところで見つけました。今日はもう、13000回に迫ろうとしてるw ちょっとなける動画です。

コメは日本人そのもの



ルナついった フォローをお願いしますね^^
https://twitter.com/#!/Luna_japanlove

皆さんお忙しいと思います。拍手は結構ですので、こっちにぽち~っと!
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

お時間ございましたらぽちっとお願いします^^


ありがとうございました^^
スポンサーサイト

category: 生活

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/480-c5b55c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。