10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

声を届けてみては?  

黙ってられないわということで、細々とではありますが時事ネタ連投しま~す。

4/26日中日新聞 発言 (読者からの投書コーナー)
--------------------------------------------------------------------
47歳の主婦の方 子ども手当は貯蓄していい

テレビ番組で、こども手当をもらったらどうしますか?という質問の答えで「貯蓄」が一番多かった。
(途中略)
番組では「貯蓄に回すのは、日本の経済効果につながらない。子どものために消費しなさい」とでも聞こえる伝え方をしていた。
しかし、こども手当をどう使うかは各家庭で考えるべき問題で、消費しなくては意味の無い手当のように言うのはおかしいと思う。
子どもを育てるにはお金がかかる。将来、必要なお金を今から貯蓄し、子どもを育てている家庭が少しでも助かればいいと思う。こども手当がずっと続くことを祈っている。
---------------------------------------------------------------------

こういうのってテレビや新聞が闇部分を報道しないから、こういう意見になるのでしょうか。
敢えて、こういう意見を採用していることが左巻き新聞の意図的なことなのかな。
「そうよね、続いて欲しいわよね」
って叩き込むことで、民主へ投票、という具合に。

しかし、将来への負の遺産がどれほどになるのか、考えて欲しい。
わけのわからないところへ血税が流れることを知って欲しい。
もう、おかしすぎるよ。

子どもを安心して預けられる環境が整うこと。
その環境が、託児に終わらず、専門性の高い保育が充実していること。
学童保育の充実。
学校給食の正常化

個人的な希望の色が濃いですけど(笑、ばら撒きではない、使い道なんて、もっと別にあるのに。

こども手当がずっと続いて欲しいということは、民主に投票しちゃうのかしら?
この釣りが一番やっかいではないだろうか。

教育にお金がかかる → どんぐりならそんなにかかりませんよ

どんぐりを絡めないでってどんぐりママに拒否反応を示される方もいるかもね。
最初からお詫びしておきます。

教育と言えば、日本は偉大だなぁ・・・と思うのは、どんぐりってね、こんなすごい教材があるわけで。
こういうの発明?する日本人の底力はすごいのだと最近つくづく思うのであります。

考えない頭を作っていると言われている今の教育の現状のようであります。

・・・が、これって、日本人の力を弱体化せしめる腹黒いものが、全て、繋がっているのではないかと思ったりします。

我々世代はあまりにも腑抜けにさせられすぎています。

博士の独り言さんのお言葉をお借りして

日本は毅然とあれ!ですね。

おまけに、目覚めよ日本人!であります。


自民党のマニフェストが発表されているようです。

外国人参政権、夫婦別姓などに明確に反対を打ち出しています。

自民党のなまごえ.comでは、国民の声を届けることができます。

国民のなまごえを募集してますよ。

色々届けてみてはいかがでしょうか。

批判するのは負のパワーがいるけれども、願いを届けるのは、楽じゃない?

で、ワタシは国会法改正案を断固阻止してくれとお願いを届けてきました。
衆参同時選挙大歓迎だともね。

何度でも行くわよ~♪

日本を正常な状態に取り戻そう!と思う方は、レッツゴーでございますよ~。

何も変わらないから、という発想こそ、敵の思う壺。

知りすぎて諦めている方も、諦めないで、こども達の将来のために、できることをしていきませんか^^
スポンサーサイト

category: 生活

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/4-a3a772e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。