07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

電波の無駄遣いをして茶番劇を流している 

出所の真偽、情報の真偽は別にして、こんなのを拾いましたのでご紹介。

>【重要 各位厳守のこと】
>御存知のように、本日6月2日にプランCが発動されました。
>つきましては、かねての手順どおりに行動していただくようにお願い申し上げます。
>念のために、大まかな指針を記入しておきますが、確認後は即時ご処分ください。
>1. 今週一杯は代表選・組閣で民主党を持ち上げること。
>2. 来週一杯は新総理・新閣僚の紹介で民主党を持ち上げること。
 (この間郵政改革法案強行採決があるが無視すること)
>3. 14日から16日までは終盤国会の新閣僚奮闘で持ち上げること。
>4. 17日から23日までは国会閉会後の民主党新人候補の活動中心に報道。
>5. 24日の参院選告示後は、公平な報道に尽力すること。

以上引用おわり

何度でも言います。

顔がちょっと変わっただけで、現政権与党の革命的な政策の危険性はなんら変わりません。
裏で手を引いている人が変わらないからです。
小沢氏はこれで堂々とというかひっそりと選挙対策に走りまわるのではないですか。

マスコミはずいぶんとでかでかと鳩山首相退陣を取り上げていますが、あんまり真剣に耳を貸さないほうがいいですよ。

イメージUPを画策するために必死なのですから、笑って眺めていたらいいです。
どこぞか知りませんが、BGMにクラシックを流しながら退陣報道をした局があるとか?
臍で茶が沸けますな。
新しい代表が変わったとたんに支持率がどれだけ伸びるか、どれだけ操作してくるか、です。

まぁ、どっちにしても、高い支持率を、期待する声を押してくるでしょう。

自民党にとって、反小沢色として印象付けられている前原氏が代表になることが一番怖いことでしょう。
マスコミのageageが目に見えているもんね


賢い皆さんは騙されないように。

でも、洗脳をとくためには、やはりもっと格調高い文章を読んでください。

博士の独り言 
民主党の正体、出来レース、175回国会の闇法案関連について、読み応え満載。

175回とは次の国会です。
今、民主党のゴタゴタで、闇法案が一部成立しなくなる模様。

ほんの少し余裕ができたけれども、このまま衆議院が解散されないか、あるいは参議院選挙で自民党が圧勝できない場合は、日本国滅亡へまっしぐらでございます。

もう一つ、秀逸なブログです。
花うさぎの「世界は腹黒い」
何度もリンクを貼っていますが、管理人さんの政治感覚というのか、う~ん、野党議員ここで学んで、と言いたいくらい。

とにかく、現政権与党というのは

日本の利益をへらすこと
ある特定の外国への利益供与には積極的に関与していること
小手先のばら撒きで世論を騙し続けていること


これは本当に火を見るより明らかです。

なんで?って、お隣の国々に日本を差し上げたいからです。

なんで?って、そういう人たちが今与党にいるからです。

そんなん知らなかったよぉ><という方は、もう今日からすぐに学んでください。



口蹄疫で現在日本は”汚染国”となっており、和牛の輸出は完全ストップしています。
テレビでも言っていますね。
10年前の700頭を自民党が封じた際は輸出再開まで、半年。

じゃぁ今度は?宮崎はエースを残し全滅させました。で、清浄国として再び再開できる日はくるのでしょうか?

実はどこぞで鳥インフルエンザがはやっている模様。
これが来たら、どう政府は対応するか、です。


政治主導法案などの重要法案
・・・と、新聞では随分カッコウいいこと書いていますが、実態はとんでもないんですから。

何いってんの?という方は前回のエントリーをご覧下さいね。

でも、7/1に4億人ビザ解禁は本当に怖いんです。
今お仲間と色々頑張っているのですが・・・。
重い腰を上げさせることができるか、全く未知数。

難しいことではありません。問い合わせをし続けること、断固反対の声を届けるだけのことなのですが、国難を憂う方がおられれば、是非、参加してください。

ひめのブログ

口蹄疫のような問題が三度起これば、選挙なんてやってられないかもしれない。
それは国難が続くことを意味します。


今の混乱は政治家半分、私たち国民にも責任があります

子ども手当がやっぱり欲しい、満額がやっぱり欲しいとか、もうそういうのはやめましょう。
品位を問われると思ってよいです。

どこぞの自治体で、今日も、書類の真偽を確かめられぬまま、偽養子への子ども手当が認められ、血税が流れているはずです。

一人の偽養子ならいいのですか?
一人なら年間15万6千円、満額なら約31万。10人なら約160万、満額なら312万。
10人の養子がいると偽装している悪い輩がいるはずなのです。

こんな大盤振る舞いがいつまで続くのですか?
自民党がこの制度を争点としてもいいくらい、大問題です。

民主党政権クーリングオフ!
再び政権交代!
自民党も生まれ変わろう!
日本人と日本人の利益を守る政治を!
もういっぺん任せてくれキャンペーン

展開しないかな。
キャッチフレーズを提案してみようっと。

保守団結、再生!行動する保守!

選挙には必ず行くことです。
この混乱、マスコミの洗脳からの呪縛を、微力ではありますが、この私、とくために頑張ります。

ちょっと手抜き記事になりましたが・・・啓蒙のためには書かねばならぬと思いUPします。

あぁ、沖縄を次こそ。


正論 2010年 07月号 [雑誌]

正論 2010年 07月号 [雑誌]

価格:740円(税込、送料別)



たった740円で目が覚める日本人が読むべき本

文明の敵・民主主義を撃て
 誰か「民衆の声は痴愚の声」と真実を語る者が出てきてもよい時期だ。
 大衆の代理人ではなく、公民の代表者による政治をわれわれは手にできるか
 評論家・秀明大学学頭 西部邁
 ………………………………………
 【特集】民・自か新党か、 救国の士はどこにいる
 新党の真贋を見極める
 国家観なき「みんなの党」と舛添新党は保守と呼べるか?
 第二の民主党出現を許さぬ五つのポイント
 元航空自衛隊幕僚長 田母神俊雄
 ……………………………………
 懲りない民主党
 参院選“裏”マニフェストを暴く
 またも隠蔽される外国人地方参政権や選択的夫婦別姓法案…参院選の争点とは何か。
 これが国民を欺く民主党の“革命法案”だ
 東京都議会議員 土屋敬之
 ……………………………………
 最悪のシナリオ 「民・みん」政権という悪夢
 小沢幹事長に近い渡辺代表、保守嫌いの江田幹事長…。
 参院選躍進で民主の“釣り針”に食いつくか
 ジャーナリスト 山村明義
 ……………………………………
 誇張された沖縄「反米」感情の異様
 9万人「反基地」集会の大嘘。左翼活動家に操作される県民感情…
 本当に米軍基地が無くなっていいのか。沖縄の真実の声を汲み上げる政治家はいないのか
 産経新聞那覇支局長 宮本雅史


 ……………………………………
 だから言わんこっちゃない…
 外国人殺到!「子ども手当」狂騒曲
 産経新聞神戸総局記者 木村さやか
 …………………………………
 鳩山“友愛”路線につけ込む中国人民解放軍の無軌道
 CUBIC米海軍アドバイザー 北村淳
 …………………………………
 沖縄戦「集団自決」 控訴審判決の誤判を糺す
 拓殖大学教授 藤岡信勝
 …………………………………
 石炭火力発電の新たな可能性
 脱温暖化へ日本の高度技術を世界に
 今こそエネルギーと環境、二つの問題を同時に解決できる
 クリーンコール技術の推進に官民一体となって取り組もう
 石炭エネルギーセンター会長 中垣喜彦〈聞き手/産経新聞編集長 鶴田東洋彦〉
 …………………………………
 箸を持った憂国の士が訴える
 日本を愛する同志よ、捕鯨を守ろう
 日本人はいかに鯨を愛し、付き合ってきたか。
 反捕鯨国の偽善、独善にわれらが食文化と
  生き物への感謝の念を蹂躙させてはならない
 食文化論者・東京農業大学名誉教授 小泉武夫
 …………………………………
 歴史の証言
 防大生が見た五十年前の安保騒動
 軍事評論家 柿谷勲夫
 …………………………………
 病気療養から復帰――
 「立川談志、このへんでもう十分だと思います」
 ――行きつけの銀座のバーで吐いた言葉は本音か韜晦(とうかい)か
 落語家 立川談志 〈聞き手/本誌 桑原聡〉
 …………………………
 緊急インタビュー
 結局どうなる? 円生襲名
 ――円窓も名乗りを上げ混沌とする大名跡の行方
 落語家 三遊亭円丈〈聞き手/フジテレビアナウンサー 塚越孝〉  ⇒これは?だな
 ……………………………
 【連続対談】歴史精神復活のために――第3回 水戸学と「夜明け前」
 人間を突き動かす形而上学
 文芸評論家 桶谷秀昭/文芸批評家 新保祐司
 …………………………………

など
スポンサーサイト

category: 偏向報道溢れる日本

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/35-71721906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。