04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

教科書を巡る戦いに唖然、凛として美しい毅然とした日本人を育てたいあなたへ 

ご訪問ありがとうございます^^
23日の天皇陛下の御誕生日に国旗を掲げたお宅はございますか?我が家は家の中に飾りました。ダンナが抵抗するんですよね。家庭内で争いが起きています(笑。
家の中に卓上国旗なんていかがでしょう。卓上国旗、かわいいです。ワタシ、買おうと思います。思いますではなく、買います。我が家にある国旗はお出迎えなんかのときに降るような大きさの国旗です。
いや、本当に、おかしいですから、今の日本。。。
何で教師が、日の丸君が代を否定するのか、いや、これ確信犯ね。こどもを守りたい、こどもの権利をまもりたい、”こども”って前はワタシもそう書いてたけどやめた・・・。子供ですよ、子供ね。漢字で書こう。

日本を壊したい人は、本気です。知れば知るほど理論は破綻してるんだけど、本気でやってます。
日本に普通に、何も知らずに暮らしている人は、”うっそだ~www”って馬鹿にします。目も向けません。
でも、目を向ける人も増えていると、思っています。

あ、クリスマスですね。今年ほど、クリスマスに興味がない年はありませんwww
しかし、子供がいるのと、イベント好きのダンナのために、クリスマスのイベント・・・と言ってもご馳走つくってプレゼントをあげるだけですが、やらないとね。

ランキングに参加しています。ぽち~っとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

いきなりですが、クリスマスの黒い歴史を知っておくのもいいんじゃない?

クリスマスに興味のない人3割越えという記事をどこかで見ましたが、ケーキ屋さんとおもちゃやさんが儲かるので、美味しいケーキを食べるくらいはまぁ楽しく楽しくおつきあいしておいて、その~恋人同士はまだしも、おかしな恋愛推奨のどさくさに紛れて不倫を推奨したりすることのないよう、マスゴミの垂れ流す情報、ドラマの傾向などによるイメージ操作には、充分に注意するようにしましょうね。

文化と文化がお互いに近づく時、別の民族が近づきあうときにかならず、思わぬ事がおきる。イイコトもあれば悪いこともある。警戒しながら、親しく慣れるところは協力する。
そう言う姿勢が必要です。

梨恵華師匠のブログいつでも拡散キャンペーンww
メリークリスマス、メリークリスマス♪ むかしキリシタンが日本で奴隷狩りをしたこと知っておこうね。
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2010/12/post-62f0.html

今日ご紹介したいのは教科書の話ですが、昔英雄、今悪人。これがある期間の酷い教科書の特徴だとか。

天下統一、ポルトガルからの植民地化から日本を救った豊臣秀吉も、朝鮮侵略をした極悪人と教えるのが、今の教科書なんだそうですよ。
☆改善されているかもしれません?中学生のお子さんのお持ちの方は教科書をご覧下さい。


今日はざっと、教科書をめぐる流れ、教科書を巡る争いなど、全体的なところをざっと取り上げたいと思います。
若い人たちはなんにもご存じないでしょうから、ご一緒にお勉強しませんか?
ワタシも勉強中でございます。


新しい歴史教科書をつくる会
http://www.tsukurukai.com/index.html

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/新しい歴史教科書をつくる会

検索していただければカンタンにわかることなのですが、このつくる会を巡っては批判が渦巻いてます。賛同もありますが、特にその後に内紛などもあり、この教科書を出版する会社も扶桑社というところから、自由社というところへの変更があって、このことで、おかしな教科書に逆戻りしているという指摘をしているHPがあります。のちほど紹介します。

残念ですが事実ですね。でもま、自虐でないマンガシリーズくらいなら、別に読んでも構わないでしょう。教科書ではありませんからね。設立の経緯は参考になるでしょう。

つくる会から分かれてできたところがここ。つくる会との対立は決定的と書かれています。ただ、まだ教科書は出版されていない。

教科書改善の会
http://kyoukashokaizen.blog114.fc2.com/#

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/教科書改善の会
--------------------------
教科書出版社として扶桑社が設立した「育鵬社」から教科書を継続発行することが決定している。正式には「改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会」という。
--------------------------

先に述べた、つくる会の、新しい「自由社」からの教科書の問題点を多々指摘しておられるブログを次に紹介します。このブログの推薦されているところ、この「つくる会」から分裂して結成されたところ、が内容的に信頼できるところになるのかな。つくる会の「自由社」の教科書は自虐史が戻っているという指摘を多々されております。

正統派保守の立場から、善良な会員に正確な情報をお伝えするというブログ
http://blog.goo.ne.jp/project-justice
----------------------------------------
保守国民運動は「指令」で動員される人やカネに頼ってはいけません。
(略)
これらの方々や日本会議、日本政策研究センター、神社本庁といった正統保守勢力、そして産経新聞、扶桑社、全日本教職員連盟、日本青年会議所やPTA団体の人たち、どの団体にも属していない人たち…などによる幅広い「ゆるやかなネットワーク」が必要です。
----------------------------------------

指摘として信頼できる感じがいたしますね。カネが絡むとろくなことがない。本当に日本を憂う方がやって欲しい。この方が信頼しているのが次に紹介しているところ。

日本教育再生機構
http://www.kyoiku-saisei.jp/index.html

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本教育再生機構

教科書改善の会は日本教育再生機構の人が賛同している。同じチラシが紹介されているので、この財団法人が推薦するところの教科書が、「教科書改善の会」の教科書になるのかな。

すごい・・・このページを見て、顧問などを見ても、メディアに全然出てこない人ばっかりだwww
http://www.kyoiku-saisei.jp/kiko/kiko.html

あの、ちょっと前によくテレビに出ていた市田ひろみさんなども入っておられますね。今、ちっとも出てこないね。左翼はびこるマスゴミの策略でおいやられてしまってるのかもしれないですね。

メディアに出てこない人たちがたくさんいて、安倍晋三氏が言葉を寄せ、櫻井よしこ氏も言葉を寄せ、今度衆議院に鞍替えするという自民党の義家さんが言葉を寄せたりもしている。

うん、嫌なにおいがしませんよね。
----------------------------------
私たちは「教育再生」を提言していくうえで、5つの方針を表明しております。
1 伝統文化を継承し、世界に発信します。
2 心を重視する道徳教育を充実させます。
3 男女の違いを尊重し、家族を再興します。
4 教師力を向上させ、学力を取り戻します。
5 教育再生を願う志と志をつなぎます。
----------------------------------

学校の先生たちには組合がありますが、稚拙ブログで前に紹介したことがありますが、全日教連というのがあり、政治的に中立を目指す先生たちで、信頼できる先生達です。この先生達の連合も、この日本教育再生機構のネットワークに入っているんですね。

我は海の子は7番まである・・・って歌をそもそも知ってるかな?
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-210.html

全日本教職員連盟(全日教連)
National Teachers Federation of Japan
http://www.ntfj.net/

って、いっぱいいっぱい、紹介しちゃいました(笑
時間あるときにリンクを見てくださいね。教科書を巡る動きがざっとわかると思いますので、とりあげました。

日本では本当に聞こえてこない、聞いておいたほうがいい言葉、日本教育再生機構 理事長の八木さんの言葉を転載しますね。
------------------------------------
レーガン政権の報告書「危機に立つ国家」の衝撃

 「経済衰退の原因は教育にある」――1981年1月にアメリカ合衆国大統領に就任したロナルド・レーガンはそう考えた。その頃、アメリカの基幹産業である自動車・製鉄・工作機械の分野で日本・韓国・ドイツに凌駕されかけていた。レーガン大統領は、その背景には教育の異常があると見て、早速、同年4月、教育関係者や有識者、政治家などからなる「教育の卓越に関する国家委員会」を組織した。そしてその後、18ヶ月にも及ぶ広範な実態調査を行なわせ、議会の公聴会を経て、1983年、『危機に立つ国家』と題する報告書を提出させた。
 「我々の国家は危機に瀕している」と書き出されたこの報告書は、アメリカでは今、一世代前には考えられないことが起こっており、国家・国民の将来が脅かされることになるだろうと、“危機”の深刻さを国民に訴えるものだった。


教育改革で国家の危機を乗り越えた米英両国

  『危機に立つ国家』が着目したのは過去20年間、アメリカで支配的となっていた教育思想だった。教育の圧倒的大部分は過去の文化・文明を正確に継承し、それを発展させることであるのに、子供たちの「個性尊重」「自主性重視」の名の下に、文化・文明の継承が疎かになっている。その結果、国家の将来を担う子供たちの学力が急激に下がり、基本的な道徳が身に付いていない。これでは国は立ちゆかない。まさに“国家の危機”であり、この危機は教育の再生によってこそ乗り越えなければならない――このような認識が示された。その後、レーガン政権は大胆な教育改革を行い、その結果、国家の危機を乗り越え、アメリカは経済を含めて再生したのだった。
 ちょうど同じ頃、イギリスでもサッチャー政権が同じく「子ども中心主義」をはじめとする左翼教育思想を教育界から払拭するための大胆な教育改革を断行した。そしてこれまたイギリスは“英国病”を克服し、見事に再生したのだった。
--------------------------------------

アメリカもイギリスも、教育改革を行ったわけですね。こういう報道があるといいのにさ。

親殺し子殺し、平気で殺人をおかす子供達がおかしくなっているのは教育にあるのに、そういうのにフォーカスする番組、骨のある番組って本とにやらないですよね。見たことないよ。最近の話ですよ。。。ないよね?

日本も教育改革やらなくちゃね。

「こども中心主義」って言い得てますね。今がまさにそうです。子どもの権利条約など、その最たるものでしょう。どこが推進してるか、って日本ユニ○フと、日教組が絡んでいます。子どもの権利を守るんだ、子どもへの逆虐待は許さないぞ、子どもを守るぞ!と美しいことを言う人たち。児童ポルノと称して都条例のマンガ規制に多大なる影響を与えているのも、このアグ○スなんとかという人です。

なんで・・・日本人じゃない人がこんなに日本の教育に口を出すんだろうね。


今日持ち帰っていただきたいのは、こういう歴史教科書、道徳や公民の教科書を採択させまいと、圧力をかける団体の摩訶不思議な主張と、ものすごい圧力です。

ワタシのところへ読みにきてくださる方は、もう理解されておりますよね。
はじめてここに来た、という方には、こんなチラシをどうぞ。
平和を叫ぶおかしな団体


つくる会のHPでは、特に平成9年度から13年度の教科書の酷さを、PDFにして紹介してます。
該当するページです。
http://www.tsukurukai.com/13_web_panel/webpanel.html

子供たちの感想がかいてあるんですね。

扶桑社の歴史教科書以外、共産主義・社会主義を基礎とした日本の歴史はすべて誤りだったとする反日・自虐の歴史観に貫かれいたんだそうです。ロシア革命を好意的に記述していたんだそうで、確かに見るとそうなってるぅ。

ロシア革命の成功は平和と民族独立を求める人々に勇気を与えた・・・ってさ。

そして、我々の貴い先人は、侵略に邁進する獣として書かれていて、ワタシたちが習った頃とは雲泥の差があるようですね。

日本の中国侵略が見出し。
安重根が主、伊藤博文が従の記述。もちろん日本は徹底的に悪玉として描かれている、とかね。

---------------------
「私はこんな人たちの子孫なのだと思うと悔しくてたまりません」(十五歳女性)

「日本人の癖、見栄をはるから核爆弾など落とされてしまうのだ」(十三歳男性)

「私は、今日勉強してみて、日本の天皇はわるい、自分さえよければいいという考えの人なんだなと思いました」
(小学六年生)

「日本が戦争に負けて、よかったと私は思う」(十三歳女性)

この作文に担当教師は三重丸を与えている。
---------------------

オイオイ頼むよ。やめてくれよ。中国韓国の思うツボじゃないか。



つくる会の教科書(扶桑社)の採択の際のものすごい反対運動、調べるとごろごろしていますので、興味のある方はどぞ。

共産党、左翼のプロ市民団体が、扶桑社の教科書を採択しようとする教育委員会に対して個人にも執拗な圧力をかけたり、とにかく、すごいんです。吐き気がするくらいすごいの。

こんなのがざくざく拾えます。

反対する市民団体「親の会」=過激派・中核派

> さて、この教科書採択に反対している反日団体、「親の会」などと、とぼけた名称を使ってますが、
> 代表の小笠原恵子で検索をかけると実に香ばしい方々との繋がりが浮き
> 彫りになります。
>
> 西野瑠美子(VAWW-NETジャパン副代表)・・・つまり朝鮮総連の傀儡
> 大林道子(女性問題研究家)・・・・・・・・従軍慰安婦宣伝活動家
> 川田文子(日本の戦争責任資料センター副代表)・・・親中反日活動家
> 西村綾子(婦人民主クラブ全国協議会代表・相模原市議)・・・蒙昧左翼
> 松谷みよ子(児童文学者)「ねりま九条の会」賛同者。非現実非武装主義者
>
>
> 朝鮮総連 + 中核派(左翼過激派) が親の会の正体です(w

ワタシ、ちょっとショックだったですよ。。。はじめて知ったときの衝撃です。

赤ちゃんがはじめて出会う絵本作家の代表格。松谷みよ子が・・・9条を守りたい強い思想を持っている人だとは・・・。が~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。

絵本も実は危ないのではないかと気がついているのですが、ま、知識として、左翼思想の浸透に絵本も大いなる役割を果たしているということを、知っておくのは悪いことではないでしょうね。

だからこそ、右というか、こんな絵本も必要です。絵本棚に忍ばせておくことが、きっと必要です。

「9番目の戦車」復刊リクエストのご協力を 今の日本の教育に足りないものを補う絵本として超オススメ
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-161.html

ワタシはこの絵本を持っていますので、写真入で紹介しています。この絵本、絶版です。重版未定なので復刊リクエストをお願いしています。
復刊ドットコムでぽちっとやってください。
圧力があるかと思う絵本だけれども、復刊ドットコムはそれなりに実績があると思います。


結局ね、”こども”たちのためとか言って、違うんですよ。戦争を美化するとか基本的人権を捻じ曲げるとか、この安倍さんの教育改革も急速な右傾化って言うけれども、全然違うと思うのに。

誰の為に主張しているって、中国共産党や朝鮮半島の為に日本と戦ってるのですよ。

子どもをダシにするな、うそ臭い美化された言葉に、もう騙されてはいけません。

世界に誇る、世界に輝く平和憲法なんて、手足をもぎとられたカニみたいなもんでしょう。美しい日本、水がタダで飲める日本、一応今のところ、まだそれなりに秩序を保ち、順番待ちができる日本、美味しいですね。

ずどんと一発やられたり、本当に領土が奪われたりしたら、どうするんですか?

全部、甘んじて享受するんでしょうか?日本は悪かった、侵略戦争をした報いだと、この先1000年も言い続けるの?

バカみたいじゃない?そんなの。

共産党や、日教組の教えたい歴史は日本人のためじゃないんです。心のノートをキモチワルイ、おかしいって言う連中なんですよ。

そこのところを、よーーーーーーーーーーーく、よく、理解していただきたいです。

どっちが普通だと思う?



こういう反核、反戦、平和を主張する団体は署名集めが上手なんでしょう。

先日も紹介したのですが、こういう声が、恐らく、参議院や衆議院で、共産党や社民党の国会議員が紹介議員となって、国会に請願として提出されているのだと思います。多分、そうだと思う。

ものすごい署名の数なのです。
衆議院請願
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_seigan.htm
参議院請願
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/176/seigan.htm

外務委員会
○11 普天間基地の無条件撤去に関する請願 一覧
○12 普天間基地の無条件返還を求めることに関する請願 一覧
○32 日本から米軍基地をなくすことに関する請願 一覧
○190 核兵器のない世界の実現に関する請願 一覧
○319 米軍機の低空飛行訓練の中止を求めることに関する請願 一覧
○333 辺野古新基地建設計画の撤回、核密約の公表・廃棄と日米地位協定の抜本改定を求めることに関する請願 一覧
○676 グアム移転協定に反対することに関する請願

○1 憲法改悪反対に関する請願 一覧
○528 憲法の改悪反対、九条を守ることに関する請願 一覧
○664 戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案の早期成立に関する請願 一覧


本当に平和を訴えている団体だと思って、知らずに、深く考えずに署名した方の署名もきっとたくさんあるのではないかと推察いたします。

この辺りは、マンガ田母神流がカンタンに理解できていいかな。

マンガ田母神流 (晋遊舎ムック)マンガ田母神流 (晋遊舎ムック)
(2009/12/16)
田母神 俊雄

商品詳細を見る


GHQのやった20万人の公職追放により、日本の教育界や官公庁に、ソビエトの手によって共産主義思想を叩き込まれてきた左翼的思想の持ち主がたくさん入り込んできて、当時の日本人を洗脳しはじめたことが、書いてあります。

このために戦後になって、日本の歴史観が一変するわけですね。

こうなってくると、鬼畜アメリカとなるでしょ?

田母神さんのエライところは、これをNOと言ってるんですね。反米ではないところだと思います。そう書いてある。とにかく、日本が好きなんだと、そう書いてあります。反米でも新米でもない、節度ある、国と国との付き合いです。

これができたら、きっと日本はまた世界で一番になる。それを媚びない、世界とともに歩む・・・世界が謙虚になってくれないと無理だろうが。。。夢は持っていいでしょう。

日本は連合国との間にサンフランシスコ講和条約を結び、一端この平和条約、講和条約を結んだ以上、もうこれ以上蒸し返してはならないと主張しています。

正論だと思います。

それでもなお、批判してくるのが・・・どこかおわかりになりますね。中国や朝鮮半島の国々です。

田母神流から文字だけ転載します。
----------------------------------------------
東京裁判で日本側の弁護に当たったアメリカ軍のブレイクにー少佐はその法廷でこう主張している。

国家の犯罪である戦争の個人責任を問うことは、法律的に誤りである。

なぜならば、国際法は国家に対して適用されるものであって、個人に対してではない。

個人による戦争行為という新しい犯罪を、この法廷が裁くのは誤りである。

戦争での殺人は罪にならない。それは殺人罪ではない。

戦争が合法だからです。

つまり合法的な人殺しなのです。殺人行為の正当化です。

たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としての責任は問われなかったのです。

キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々はヒロシマに原爆を投下した者の名を上げることができる。

投下を計画した参謀長の名も承知している。

その国の元首の名前も、我々は承知している。

彼らは殺人罪を意識していたか。してはいまい。我々もそう思う。

それは、彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。

何の罪科で、いかなる証拠で、戦争による殺人が違法なのか。

原爆を投下した者がいる!

この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認した者がいる!

その人たちが裁いている。

「私の見た東京裁判(上) 冨士信夫著 講談社、1988より
---------------------------------------------------


私達は後ろ向きになってはいけないと思いますね。

この洗練された感覚を取り戻したいものです。ワタシは、これに賛同します。

みんながこれを受け入れる思想を持っていたら、田母神さんは更迭されなかったかもしれません。時代が悪かったというか、そういうときだったのかもしれません。
自民党から田母神さんが出てくれたら一番いいんだけど・・・なぁ。すんごい外野から、望んでみたりしています。自民党批判をしても、何にもならないことを田母神さんはきっとわかってるって思うんだけどなぁ・・・ボソボソ。

広島の原爆

ほるぷこども図書館にも入っている有名な本だと思いますが、ここにもしっかり「侵略戦争」と書いてあります。

こういうところを、地道にお膝の上で、違う解釈があるんだよ、と教えてあげることが必要ですね。


教科書の動きに、これから敏感になっていきたいと思います。

ちなみに、これが日教組の選ぶ教科書のポイントですよ。

ソースはこちらから
http://aruite5.blog.shinobi.jp/Entry/1272/

ひどいもんです。

基本的観点
・民衆が歴史をつくる原動力である
・東アジアの国際関係を正しく位置づける
・戦争を反省し平和への願いをもつ
・人権を尊重し、民主主義を守る
・ヨーロッパ中心の史観を克服する

http://file.aruite5.blog.shinobi.jp/kyoukasyo160a.jpg
http://file.aruite5.blog.shinobi.jp/kyouka160b.jpg
http://file.aruite5.blog.shinobi.jp/kyouiku103.jpg
http://file.aruite5.blog.shinobi.jp/kyouka160d.jpg
http://file.aruite5.blog.shinobi.jp/kyouka160c.jpg

画像保存をお勧めします。

これ、また別に書き起こししようっと。見ない人いるだろうからね。



本当に、このままでは日本は大変なことになってしまいます。

9条はもう、本当に、改正しないとまずいとおもいますね。

自民党はやる気だと思う。

日米関係を強化する、自民党はやっぱりここが基本になる。

そのアメリカが、実は意見がかわってきてるんだって。

「日本は憲法改正せよ」が米国議会で多数派に
日本の「集団的自衛権」否定は日米共同防衛の足かせ
--------------------------------------
米国議会が日本の憲法第9条を日米共同防衛への障害と見なし、改憲を望むようになった――。

 この現実は日本の護憲派にはショックであろう。だが、米国議会上下両院の一般的な認識として、日本側の憲法9条の現行解釈による集団的自衛権の行使禁止は、「より緊密な日米共同防衛には障害となる」というのである。

 日本の憲法を改正するか否かはあくまで日本独自の判断によるというのが正論である。だが、日本の防衛が米国という同盟パートナーに大幅に依存し、しかも日本の憲法がかつて米国側により起草されたという事実を見れば、どうしても米国の意向が重視されてきた側面は否めない。

 つまり、日本で改憲を考えるに当たっては、米国が改憲に賛成なのか、反対なのかが、どうしても大きなカギとなってきたのである。

憲法9条の制約を指摘する超党派の議会の報告書

 日本ではこのところ日米同盟の重要性が再認識されるようになった。中国の尖閣諸島海域への強引な侵入と、それに伴う理不尽な日本への威嚇が、米国との防衛協力の価値を改めて意識させたからだと言えよう。

 だが、その日米の防衛協力や共同防衛では、日本の憲法から生じる制約がいつも浮上する。米国は日本を支援するために軍事力を行使する構えだが、日本側は米国への支援はもとより、日本自身のためであっても、日本の本土や領海を一歩出れば軍事力は一切使えない。憲法9条に違反するとされるからだ。この点が日米同盟の固有の片務性である。

続きはコチラ


もう、本当に改正しようよ。

ワタシは共産党は嫌いですからwww民主党はもはや論外ですから。

実家の父親が、最近のワタシを心配するんです。何をそんなに政治に意見をしているのかと。ダンナも「ですよね、言ってやってください」って言うの。左翼思想がとってもうまく浸透している・・・普通のダンナですからね、こんなことを平気で言います。別に気にしないけドォ!

そしたら母親だけが「別にいいじゃん、共産党を応援してるんじゃないんだから」ってね。


教育は息の長い話ですが、国民生活はもうすぐにでも、なんとかしないといけないというのに、まだ、バ菅が居座ってるよ。どういうことなの?

早く解散しなさい、解散、解散、解散だー!

メリクリバ菅
今日もバ菅が日本を壊します。
必ずや名を正さんか、コンサバ21さま(コチラ)より、楽しい画像を頂きました。


愛のワンクリックをお願いいたします^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

FC2ランキングは幼児教育カテで現在2位です。拍手くださる方に感謝です。
お時間ございましたら拡散にご協力ください^^


ありがとうございました^^


スポンサーサイト

category: 子育ておやくだち

thread: 早期教育・幼児教育 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

10年程前でしたか、教科書問題で世間が騒いでいたことは覚えています。相変わらず、酷い教科書が蔓延している…のか。

当面は民主党が敵ですが、ルナさんのブログを見ていたら、生活に密着した共産党や社民党のほうが厄介な敵だと思うようになりました。

民主党は言うなれば統率が取れていないにわか左翼ですが、共産・社民はドス黒い執念を持ち統率された、確信犯の反日左翼です。

つくづく嫌になるのは、過去の遺物に過ぎない反日左翼が一部でいまだにのさばっていることです。反日左翼団体なんて、大半の一般人は気持ち悪いとか、そういう感想を抱きます。でも、声がでかい集団に教育現場とか地方自治体は押されてしまう。本当に悔しい。

やっぱり反日左翼は行動するし、執拗だから強い。本来政治というのは「つまらない」ものであることは違いなくて、大多数の国民にとっては別世界の出来事です。一般人は政治に血道をあげるよりも漫画を読んだり、スポーツをしたり、家族と過ごす時間を取ることを選択するでしょう。しかし反日左翼はその「つまらない」ものに全力で取り組むから知らないうちに好き勝手にされる。

政治に関心を持つことが必要だということは、この一年で痛いほど学びました。でも私は、毎日数十もの政治ブログやニュースをチェックして、ときには意見送付や活動することもあって、それに疲れて投げ出したくなることがあります。本当はお気に入りのブログを5~6個確認するくらいで済ませたい。でも調べないと不安になるし、危機を知った身として逃げるわけにはいけません。

保守系は主に一般人の支持拡大をメインに活動していますが、たとえ9割近い日本国民が真っ当な歴史観と情報を持つに至っても、反日左翼をパージしないことには本当の意味で日本奪還は不可能だと思います。でも完全なパージは絶対に不可能でしょう。反日左翼が日本で活動して随分経ちますが、今まで残っていますから。ならば、それらに負けない抑止力を考えないといけない。

左翼に比べると、保守は国家観や安全保障など大きな話題が中心ですから、もっと足元固めを重視してもらいたい。保守団体は多数ありますけど、地域密着型の組織はあまり聞かないし、反日左翼に比べると結束があまり強くない。こういうところは、敵を学ぶことが多々あると思います。

※質問
りえか様のブログって転載OKでしょうか?
K #tSD0xzK. URL [2010/12/26 12:22] edit

Kさま

Kさま、いつもありがとうございます^^

> 10年程前でしたか、教科書問題で世間が騒いでいたことは覚えています。相変わらず、酷い教科書が蔓延している…のか。

いや、現在はどうなんでしょう?改善されているんだと思いたいですが、ちょうどその、騒いでいた頃とおっしゃられるのが、9年度から13年度と言うにに該当しませんか?一番教科書が酷かった・・・時代なんでしょうね。今も名残があるのかな。

> 当面は民主党が敵ですが、ルナさんのブログを見ていたら、生活に密着した共産党や社民党のほうが厄介な敵だと思うようになりました。

民主党は国家反逆罪ですが、共産党も社民党もどうしようもないですね。こんなのが国会議員になれる、日本がおかしいです。そして彼らの活動は本気ですごいと思う。超やっかいだと思います。どんなことがあっても、自民党政権、日本人の政権を良しといわないでしょう。


> 民主党は言うなれば統率が取れていないにわか左翼ですが、共産・社民はドス黒い執念を持ち統率された、確信犯の反日左翼です。

そうですね、言い得ておられると思います。


> 声がでかい集団に教育現場とか地方自治体は押されてしまう。本当に悔しい。

本当に悔しいですね。何でこんなおかしな思想に日本は左右されなくちゃいけないんでしょう。日本人はプライドを取り戻し、左翼にように頑張らねばならない・・・そのときなのだと思います。

> 政治に関心を持つことが必要だということは、この一年で痛いほど学びました。でも私は、毎日数十もの政治ブログやニュースをチェックして、ときには意見送付や活動することもあって、それに疲れて投げ出したくなることがあります。本当はお気に入りのブログを5~6個確認するくらいで済ませたい。でも調べないと不安になるし、危機を知った身として逃げるわけにはいけません。

Kさまの名前、お見かけしています。ワタシは最近見る先を減らしました。行く頻度が減っただけ、結局行ってることに変わりはありませんが、ちょっと楽になりました。
どうかご無理をなされませんよう。

でも、こうしていただくコメントが非常にありがたいですし、うっかり足を踏み入れた方々が、何がどうなっているのだとうことを、知っていただくのによい情報だと思います。いつもありがたいと思っています。本当に。


> 保守系は主に一般人の支持拡大をメインに活動していますが、たとえ9割近い日本国民が真っ当な歴史観と情報を持つに至っても、反日左翼をパージしないことには本当の意味で日本奪還は不可能だと思います。でも完全なパージは絶対に不可能でしょう。反日左翼が日本で活動して随分経ちますが、今まで残っていますから。ならば、それらに負けない抑止力を考えないといけない。

ごもっともですね。決まりそうな段階でしか、ヤバイ情報に意見できないのが現状だと思うのですね。一生懸命意見しているような状態ですものね、もっと早くから、反対できるように、保守の立場が主張できるようにならないといけないと思います。


> ※質問
> りえか様のブログって転載OKでしょうか?

梨恵華様のブログはどんどん転載OKですよ。どんどん拡散してってたまにかいておられます。
ダメなものは記事に「ダメ」と意思表示されるはずです。

拡散してくださるほうが、ご本人は喜ばれるのではないでしょうか。保守にはない視点です。つい紹介が多くなりますが、それだけの価値があると思いますので。よろしくお願いいたします。
ルナ #- URL [2010/12/26 23:36] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/270-634ef972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。