03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

人間の善の面ばかりを強調しすぎる日本の教育  

ご訪問ありがとうございます^^
ニッポンのママさんたちに是非読んでいただきたい、台湾人医師の言葉を、着物を着こなす護国主婦りえか様より転載記事と、絵本の話をしたいと思います。
ランキング維持のため支援クリックよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

ワタシは子供の教育というテーマを通じて日本の教育に巣くう病弊なるものにフォーカスしたいと思ってます。

今日ご紹介する記事は、そんななかで、世の中にはこんな主婦もいるんだなぁと、ワタシが感心してしまってやまないブロガーさんからの拡散希望記事です。下手なニュースコメンテーターよりよっぽどタメになるよ。テレビ見ていると本当に馬鹿になること請け合い。テレビは大人も子供もダメにする。

子供は外に出て遊ぼう。これが基本だ。子供は外に出ると勝手に遊び始める。遊びの天才だと思うが、外遊びができない遊び方がわからない不幸な子供もいると聞く。外で遊べないなら、外で遊べる環境を大人の手で取り戻してあげようってそう思うけれども、現実的になってない今の日本。悪循環を断とう!できることから、やろうって・・・思う方が増えて欲しい。

大人は覚悟をして、日本社会の病弊に目を向け、本気で子供達を救わなければ、本当に日本がダメになってしまうと思います。戦後たった65年で、当に滅亡の危機にある。

「教育が国をつくる」・・・奇しくも、日本の家族像を壊すCMで”日本で大人気”のソフ○バンクの社長がデジタル教科書協議会発足の会で述べた、当たり前の言葉・・・教育が国を作る。その教育が、共産党や日教組に牛耳られている現状を、大人がみんなで一致団結して非難してもいいんじゃないかと、ワタシは思いますけどね。

以下転載記事です。ピンク字はワタシの感想として、合間に入れます。また、ご了承ください。
-----------------------------------
台湾人医師の直言

               (転送転載自由) 林 建良


第2章 台湾から見た日本および日本人  
       
    争いを避けたがる日本人に平和は守れない


6、博学にして無知な日本人

●被害者に命の尊さを説教する?
 
日本に来て一番感心したのは、日本人の知識の高さであり豊かさである。日本の一般庶民が、台湾の庶民に比べて豊富な知識を持っていることに驚かされた。ごく普通のおじさんやおばさんでもかなりの教養を持っていて、文化、芸術、文学など、いろいろなことについて知っている人が少なくない。

 私は栃木県の片田舎で生活しているので、まわりには農家の人が多い。そこには俳句や短歌を作っているおじいちゃんやおばあちゃんたちがいて、彼らはよくその作品を私に見せてくれる。なかには、絵を描いているお年寄りもいて、その絵をもらったりもする。話をしてみると、国の経済状況にしろ社会状況にしろ、それなりの知識を持っていて、私の知らない話をよく聞かせてくれる。

 日本に来る前から、日本人は本を読むのが大好きだと聞いていた。実際、日本に来て本屋をのぞいてみると、思っていた以上に出版されている数が多いのに驚かされた。あらゆる分野を網羅し、手に入らないものはないのではないかと思い、日本人は出版物には恵まれていると感心した。

 おそらく日本人は、世界のどの民族と比べても知識の点では最高水準にあるのではないかと思われる。しかし、なぜか非常に幼稚とも見えるところがある。無知に近い、あるいは無知と言っていいような現象を見聞きすることが多い。

 私がよく予防注射に行く栃木県今市市(現日光市)内の小学校で、一年生の女の子が殺害されるという事件が起こった。何とも酷い事件である。

 このような事件が起こると、学校では決まって全校集会を開き、子供たちに命の尊さを説教する。しかし、これは異様な光景だ。被害者になっていたかもしれない子供たちに、命の尊さを説教するということにどういう意味があるのだろう。子供たちに命の尊さを説教するのは滑稽としか言いようがない。命の尊さを説教するなら、犯人にすべきなのである。子供たちに教えるのは、いかに自分の身の安全を守るか、それだけだ。

笑うに笑えませんが、その通りですね。しかし、昔の道徳教育が浸透していない今の教育にあっては、ゲーム脳な子供には命の貴さもやっぱり教えないといけないと思いますね。 と同時に、身の安全を守る、善人ばかりではないよということもしっかり教えないとダメだと思います。両方を教えることが重要なんじゃないでしょうか。


 ●人間の善の面ばかりを強調しすぎる日本の教育

 日本の戦後教育を見ていると、人間の善の面ばかりを強調して、悪の部分には触れたがらない傾向が強い。まるで童話の世界を見ているようだ。しかも、それは幼い者に対するほど顕著で、制約を極力なくして、本能的な部分を尊重しているようだ。かつて小児科も担当していた私から見れば、これは子供の動物的部分を放置するようなもので、教育の放棄でしかない。

 たとえば、個性の尊重を強調する。しかし、人間はそもそも自己中心的なので、教えずとも本能として個性を発揮する。学校教育というのは、自分の個性だけではなく他人の個性を尊重し、社会のルールを守ることを教える場だ。それを、個性や自由といった本能に類することを教えるというのだから、これが学校教育と言えるのかどうかはなはだ疑問だ。

個性や自由だと称してなにやら子供の権利の主張とか。。。させていますね。日教組のHPを見てみてください。この医師の指摘の教育ってどんなの?ってここを見ると、まさに”そこにある”感じですよ。

 また、幻の平和と反戦を吹聴する一方で、正義感と冒険心を意図的に子供たちから取り除こうとしている。そして、決まって命の尊さを説教する。子供の悪に相当する動物的部分を放置しながら、正義感と冒険心を抹消しようとするこのような日本の学校教育は、偽善的で偏っているとしか言いようがない。

 そもそも、子供が善の存在だというのは幻想にすぎない。子供にも悪の部分はある。だからこそ躾が必要なのであり、さらにこの世には善もあれば悪もあるという現実を子供に教えるべきなのである。悪の存在を教えないような教育であれば、当然ながら悪に向かっていく正義感も育たない。また、我が身を守る心構えも育たないのである。

 このような教育はつまるところ、子供に迎合して教育しているのである。知恵のある者が知恵のない者に合わせて教育しているということである。こういう教育の現状を見てしまうと、これは無知に基づいてやっているとしか思えないのである。

学校の先生に読んで欲しいですね。一語一句否定するところがありません。ママさんも、幻の平和と反戦と言う言葉に敏感になっていただきたいものです。今の世界を眺めれば、その丸腰を推奨する姿が、いかに滑稽かを現実的に捉えて欲しいな。個人はそれでいいかもしれないが、そのために国まで丸腰になっていいと思いますか?個人が丸腰でいるために、国家は丸腰でいてはいけないと思いませんか?今、日本は丸腰ですね。北朝鮮からテポドンがとんでくるかもという危機感を民主政権は全く持っていないから、自衛隊じゃなくて海保を増強するなんて言ってますね。無能な政権がが今、国を操っていますよ。

 私は地域診療のかたわら、地元の小学校と中学校の学校医も務めている。日本の教育は子供に媚びる傾向が異様に強いように感じている。

 子供を無垢で善な存在と考え、それに基づいておこなわれる個性尊重の教育は、結局、教育現場の崩壊をもたらしているが、これは教育責任の放棄以外のなにものでもない。なぜなら、それは人間は本来、善と悪を兼ね備えている存在であることを無視しておこなっている教育だからである。結果として、人間の悪の部分を矯正することを放棄し、善を伸ばすこともできないのだ。

 子供を善の存在とする教育思想は、子供の悪の部分を放置して助長してしまう。実際、私の診療室に、親に対して命令形で話をしたり、バカと怒鳴りつけたりする子供を多く見かける。このような子供たちがどのような大人になるのかは、成人式での新成人の悪ふざけを見れば想像がつく。

 なぜ賢いはずの日本の大人はわからないのか、台湾人の私は理解に苦しむ。いや、わからないはずがない。戦前の日本人は子供に媚びるような真似はしなかったという。しかし、現代の親や教師にとっては、個性の尊重を楯に、子供に媚びる方が楽だからだろう。

●知識やデータは蓄積できても、発言は許されない?

 ところで、国家レベルから見れば、日本はありとあらゆる世界情勢に関するデータを持っている。日本の繁栄はこれらのデータによるところが少なくない。

 先にも触れたように、二〇〇五年一二月八日、民主党の前原誠司代表(当時)がアメリカで中国の軍備増強について脅威だと発言したことがあった。当たり前のことを指摘したにもかかわらず、民主党内からは鳩山由紀夫幹事長をはじめ前原発言を非難する声が相次いだ。

 一二月二二日、今度は麻生太郎外務大臣が閣議後の記者会見で、中国の軍備増強について「軍事費が一七年間、一〇パーセント以上伸びている。その内容はきわめて不透明だ。かなり脅威になりつつある。前原氏の『脅威、不安をあおっている』という言い分は確かだ」と発言したところ、山崎拓元自民党幹事長が「脅威と言ってしまうと、対処しなければならなくなる」と批判した。

 もちろん中国は、前原発言にも麻生発言にも、根拠のない中国脅威論であり、「中国の発展が、日本を含むアジア各国に大きな発展のチャンスをもたらすなど、地域や世界の平和に貢献してきた」と、中国の軍備増強は日本の発展にも貢献したと嘯いて反発した。

 この前原代表や麻生外相のケースに現れているように、日本では、いろいろなデータをそろえ、いろいろな知識を蓄積することは許されているが、その知識やデータに基づいて発言することや行動を起こすことは許されていないようだ。つまり日本では、研究するのはいいが、行動を起こしてはいけないことになっているようなのである。

それをしてるのがマスゴミですね。マスゴミが間違った世論をつくってきたともいえるんでしょうね。まともなことを言う大臣が去っていたのを今更ながら思い出しますね。「日教組はガン」と言った自民党だった中山成彬先生がたった5日で辞任に追い込まれましたね。今思い出しても・・・マスゴミってほんと、ゴミだよね。。。。

 世界では殺人、戦争、権謀術数、裏切り、闘争、資源の争奪などさまざまなことが起こっている。しかし日本では、このようなことは映画やドラマの世界の出来事と片づけ、まるで存在しないかのように考えて「臭いものにフタ」をしているように思われる。日本人を見ていると、そのようなことが世界で起こっているとは考えたくもないというふうだ。

 これは、ある外交官から聞いた話である。

 外国人新聞記者が外務省の高官に「もし万が一、台湾と中国が戦争になったら、日本の外務省はどのような対策をとるのか?」と質問した。これはきわめて現実性の高い想定で、当然、対策はあるものと思って聞いたのだそうだ。すると高官は「われわれはそのような事態を発生させないように努めている」とだけ答えたという。

 それだけだったので、その記者はもう一度「もし発生したらどうするのか?」と聞き直した。すると高官は「われわれはそのようなことは考えたくない」と答えたというのである。

きゃーーーーーーーーひどすぎるーーーーーーー

 確かに、外交官としては事態が発生する前にその芽を摘み取っておくのが役目と考えての発言だったのかもしれない。もちろん、それが外交官としての役割なのだから理解できなくもない。しかし、「考えたくない」とはどういうことだろう。発言の影響力を考えて「仮定の話には答えられない」と言うのならまだわかる。しかし、外交の最先端にいる外交官が考えなくて誰が考えるというのだ。

 実はここに今の日本が透けて見えるのである。日本人には、世界で現実に起こっている戦争も殺人も暴動も略奪も「考えたくない」対象であって、映画やドラマという虚構の世界に押し込めてしまいたいのであろう。

 ●戦争の想定すらできない日本人

 では、日本人は軍事学や世界情勢について無知であるかというと、決してそうではない。私が知っている自衛官にしても軍事マニアにしても、恐ろしいほどの軍事知識を持ち、世界情勢の分析も的確で、私はいつも感心しながら拝聴している。しかし、この知識を行動としてどのように活用するかについてはほとんど考えていないようだ。

 たとえば、中国と日本の兵器などの戦力をよく知っている日本人に、「万が一、中国と日本が戦うときはどうするのか?」と問うと、途端に口が重くなって、まるで貝のように口をつぐんでしまうのだ。

 このように、知識に基づいて事態を分析・予測して行動に移すということが日本ではタブーとなっている。そこで思考を停止してしまうのである。それゆえ、起こっていても、見て見ぬふりをし、起こりうると予測される事態であっても、非現実として考えないようにしているのが今の日本だと言ってもあながち間違いではあるまい。

 それが冒頭に述べたような教育にも現れ、殺人事件があるたびに、学校は身を守るための行動については教えず、命の尊さを説教するだけに終始してしまうのである。また、自国の将来に関わる防衛をどうするかという問題では、戦争の想定すらできない日本人が増えつつあるのである。

 おそらく大方の日本人は、日本が核兵器の脅威にさらされたとしても、かたくなに「非核三原則」を守るつもりなのかもしれない。しかし、前原誠司氏も指摘したように、すでに中国の核ミサイルは日本に向けて配備されているのである。これも「非現実」の事態だというのだろうか。

戦争で負けたことが尾を引いてるんだね。もうさ65年たちました。日本は負けましたが、本当に負けたのはどっちなのか?ってことですよ。ワタシ達日本人の貴い先人は、世界の赤化(共産主義化)を食い止めたかった、そしてそれをやったとも言われています。日本人はもう目覚めなくてはいけません。南京大虐殺は南京事件であったこと、広島の原爆慰霊碑の文言「過ちはくりかえしませんから」が摩訶不思議であることを子供に教えないといけません。
日本

http://www.geocities.jp/ryokuin_seidan/img1/japan1_index.htm


 ●いつまでも学生気分に浸っている日本人

 日本に長くいればいるほど、日本人全員がずっと学生でいるのではないかという感じが強くなってきている。日本人全員が毎日、一所懸命に勉強しながら学校生活を送っているような思いにとらわれるのである。学校のキャンパスにいれば、学内で多少のいざこざがあっても、学外で起こっている陰謀や殺人や戦争からは保護され、仲間や先生に認められればそれでよしとして満足しているのである。

 その点で、今の日本人は殺害された小学校一年生の女の子のようにも思えてくる。学校では一所懸命に勉強しているが、自分をどう守るのかを学校では教えてくれないし、自分もその術を身につけていない。学校のなかなら先生や仲間に守られているが、一歩、学校から出れば守ってくれる人はいない。

 今の日本はアメリカに守られているが、アメリカが手を引いてしまえば、学校から一歩出た女の子と同じような立場に立つ。しかし、日本はどのようにしたら自立できるのかといった議論は、すぐに封じられてしまう。実行はおろか議論さえもまともにできない国なのだ。

 日本をどう守るか、日本の置かれている状態はどうなのかなどについて、日本人はよく知っている。しかし、有事の際はどうするのか、どのように対処するのか、そのようなことについては立ち上がろうとしない。日本が集団的自衛権を実行できないでいるのも、これが原因していると言ってよい。

 日本人は知識を持っている。しかし、学校で学んだ知識のように実際には役に立たない知識かもしれないし、そうでなかったとしても、使おうとしない知識であれば、いくら博学でも無知に等しいのである。

平和憲法さえあれば、戦争は回避できると信じ込んでいる、平和ボケ日本人を憂う、良心的台湾人のお言葉です
---------------------------------------

以上です。いかがでしたか?目が覚める想いがした方は、まだ救いがあります。そうでない方は、逃げずに今すこし現実と向かう覚悟をされていただきたいと思います。


このような台湾人意思の意見を、日本のメディアは”右翼”と決め付けて報道しています。右翼というと、よく変なスピーカーを鳴らしながら、日の丸とか君が代とか靖国とか書いたおかしな黒い車を想像される方が多いと思いますが、それは日本人ではないある勢力がやっているというのが事実です。

右翼はおかしなものという洗脳が、戦後ずっと行われてきた。教育はそして、左翼的になっています。この台湾人医師は極めて的確な表現をしていて、とてもわかりやすいと思いますが、台湾人医師の説明する日本の教育内容は、そのまま左翼的なものといえるんです。

そう私達戦後教育を受けた世代は基本的に左翼的な思想になっているんです。

そしてテレビでも新聞でもそうですが、右翼を悪とし、先人の貴い犠牲を侵略戦争と教え続けています。民主党政権になりそれが顕著になった。日本を牛耳る人間が一気に左の極限な人たちにかわってしまったんです。それが政権交代でした。

マスゴミはそらいっせいに民主党マンセーです。今でも自民党はダメだと言う。こんなに民主党が狂っていても、自民党はダメだと言う。それを聞いている視聴者は”そうだよね、自民党ダメだよね”ってまた思う。その繰返し。。。

そうこうしているうちに、国家の独裁主義のもと、みんな仲良くしかも貧乏で暮らす・・・今、日本はこんな風になっている事に気がついていますか?これはまさに共産主義化ともいえます。

は?日本は民主主義でしょ、何言ってるの?ってそれはあなたが、マスゴミのおかしさにまだ気がついていないからです。

明らかに言論の自由を封殺しようとしています。
教育ではみんな仲良く丸腰が美しいものと教えられ、最近はまた特に”人権”ジンケンと煩くなっています。
バラマキ子供手当て、バラマキ農家戸別補償、バラマキバラマキで国民を酔わせておき、一方で、大増税路線が始まります。(りえか様がまとめてくださってる。増税一覧を見てね。)
働けど働けど庶民の暮らし楽にならず、税金が巻き上げられる、平等だけど、真面目に働く人は馬鹿を見る社会になっていきます。

シンジロウーは言っています。

一生懸命働く、働いた人だけが幸せになるのが顕著になりすぎるのもまたいけませんが、一生懸命汗水流して頑張る人が報われるる社会にしようって、そういう日本を目指そうといっているのが自民党です。


今のあなたと同じように、私も日本の事を熱く想っています。
ものづくり、教育、長生き。元々、日本はいちばんの国。
今、この国の経済を立て直す。暮らしの安定を取り戻す。言うだけでなく実現する。
日本がまた世界でいちばん幸せな国になるために、私たちは実行します。
日本の政党、自民党

と、谷垣総裁が言っています。

ワタシね、こう見えても、自民党員じゃないんです。あんまり自民党叩きがひどいので、かわいそうになってきた(笑、普通の主婦ですね。本当です。腹黒いけど、党員じゃないことは本当です。結構まっすぐに書いているつもりです。

賢くならんといかんと思って、まぁそのうち真剣に考えようと思ってますけどね、こうして自由に発言するため、不公平感をとりはらおうと思って、党員じゃないとハッキリ言います。そして、支えるためになろうかな、とも思ったりしてますよ。

自民党も完璧じゃないですが、いろいろ考えているうちに今は、現実的にここだろうって思うだけなんですね。

マスゴミが総叩き、そしてね、保守層の間で、今谷垣叩きがあるんです。まさにフルボッコ?ってこういうこと?

ワタシのところにうっかり足を踏み入れてくださった方はね、谷垣総裁が物足りないとかいう保守の正論は通じないと思いますよ。わかんないと思います。何が起こっているのか、日本が狂っていることも知らない人が、谷垣総裁の仕事ぶりなんてわかるわけがない。

興味ないですよ。ただ、はっきりしているのは「自民党もダメだよね、谷垣もダメだよね」これだけです。

耳に残るのは、この台詞だけ。

日本が保守であらねばならない、その正論は、もっと日本人が成熟しないととても無理だなと思うのです。

マスゴミに騙されて、あるいは声の大きい人につられて、本当にいいことか悪いことかを考えもせずに投票したり署名しているようでは、核武装しようなんていう正論を、受け入れられるわけがありません。

ワタシは核武装賛成ですよ。核を持たずに核をもつ・・・核シェアリングなんていいと思いますね。

っていったら、普通のお母さんびっくりませんか?だからここでしか、言えないけど。。。

保守の意見が浸透する素地ができていないと、強く感じます。

名古屋は河村市長の意見に36万も有効署名した。ワタシは脅威に感じました。財源も明確に示さない恒久減税論にそんなに簡単に賛成するの?市議の歳費をいきなり半減って800万???って誰が市議やるの?冷静さを欠いていると思いますね。国民も。

いま、解散総選挙を強く望んではいるものの、果たして、国民が自民党に投票できるほど、意識が洗練されたとはとても思えません。みんなの党に投票しちゃいそう。あるいはもっとひどいのは、投票に行かないという最も無責任な選択です。

自民党はもう少し耐えて耐えて時を待っているような気がします。私達はもう少し痛みに耐えないといけないかもしれません。

その間にできることは、目の覚めた人たちがやるしかないってことだと、ワタシは感じている。

ダメな部分はしっかりと監視して叱る、民意をきちんと伝える、政治家にそれをさせる、政治家を育てるという意識を国民が持つようになればなぁって思います。

そうして世の中がだんたん真ん中になってきたら、やっと右の話、憲法改正や教科書を変えようっていう話がまともにできるんじゃないかな。

そのためにはマスゴミが障害なんだけど・・・いっかい潰れてくれないかな。。。

ワタシは神様がいると思っています。これも神の采配なのだと思う。

天皇陛下が心やすらかにお過ごしいただけるその日まで、国民の一人として頑張ろうと思っています。

ガッキーは靖国にちゃんと参拝してるから、英霊からきっと力をもらってると思うことにしている、ルナ☆でした。耐えますよ。ワタシは。。。

ママ、解散総選挙のこと、ヨロシクお願いしますね♪
サンタさんにお願いしますから、その折は、協力してください。


絵本・・・かく時間なくなりました。

3匹のコブタは最後、ちゃんとぶたがオオカミを食べちゃう話を読ませていますか?

おかしな3匹のコブタを読ませてちゃダメですよ。

虫を殺すのはかわいそうじゃないんです。観察です。こうすると、死んでしまう・・・そういうことがわからないと、ダメです。

大人が勝手にフィルターをかけてしまってはいけないと思うな。



おもしろい!って思った方は応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

ありがとうございました^^
スポンサーサイト

category: 子供の教育

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 6   tb 0   page top

コメント

かなり正確な分析ですね。ただ、こういう教育を受けている割には若い世代って左巻きや9条信者を鼻で笑ったりしますよね。なんでかなー、と考えたら、案外漫画とかアニメの影響が強いんじゃないかって思いました。少年漫画だと、大切な人を守るために戦うことや、非道な悪に屈さず戦うヒーローが肯定的に描かれます(北斗の拳とか、悪党には容赦しませんよね)。教育が破壊されている中で、案外こういうのが防波堤になっていたんじゃないかな、と。

保守陣営の谷垣叩きについては、本当に危ういと思います。あまり政治に興味ない人も(2chねらーとか)雰囲気で叩いている。

保守陣営は性急すぎます。まず、国民のコンセンサスを得ること、次に反日勢力をパージすること、ここで初めて保守陣営の主張することが可能になる。下地が整っていないのに強硬な姿勢に出ると、安倍政権の二の舞になってしまいます。

その安倍政権のときも、多くの人は批判ばかりで功績に目を向けようとしませんでした。そういった態度が、最低最悪の政権を成立させたことの一因であることは事実です。批判だけしてれば良かった時代は1年前に終わりました。これからは、有権者が戦略的観点と当事者意識を持つことが必要です。「自民党はダメだ。谷垣もいけない」と批判するだけではなく、その後に「ではどうするのか?」という考えが浮かんでこないといけない。代案もないのに、批判だけするというのは都合が良すぎますよね。

ある意味、皆が自民党に甘えているんだと思います。自民党は与党ボケが酷いと言われましたが、有権者のほうこそ与党ボケの気分が抜けきっていません。

求めるばかりではなくて、自分は何ができるか、何がベターなのかという視点を持たないといけません。
K #tSD0xzK. URL [2010/11/26 23:41] edit

こんばんは、谷垣さんが保守派に叩かれる理由ですが、尖閣問題への発言も問題があるのかもしれません。問題が起きた時の発言が問題なんだと思います。あの問題が起きた時の発言と似た発言を後にしたために叩かれているのかもしれません。自分は核武装には反対はしません。もし可能なら核そのものを無力化できたら一番良いと思いますが現実的ではないですし。教育関連ですが、マンガやゲームによって日本史の教科書のおかしさには気が付くかもしれません。特に戦争に関しては勝った側の見方でしか無いですから、違和感を覚えます負けた側の見方がほとんど無いので。教育で思い出したんですが最近ゲームやマンガの影響で命の大切さが解らない子供が増えたと言いますが、あれは日本が長寿の国であるため死というものが身近に無いことと教える事をしなかったのが原因であると思います。未成年の殺人等は確か今より戦前の方が多かったと思います。難しいですが、今の子供がおかしい訳では無く教えられない方の問題だと思います。
名無し #- URL [2010/11/27 02:19] edit

Kさま

Kさま、いつもありがとうございます^^
>若い世代って左巻きや9条信者を鼻で笑ったりしますよね。
K様のコメントどおりの子もいるだろうし、日の丸を何とも思わない同じ目で左翼も見ている子もいるのではないでしょうか?右にも左にも興味が無いという、正真正銘の考えない子ですね。そういうお母さんいますから、そういう子供を連想してしまいます。マンガの内容までわからないので何ですが、悪党はやっつけるものだという基本的なことが書かれているなら、良かったです^^

> 保守陣営の谷垣叩きについては、本当に危ういと思います。あまり政治に興味ない人も(2chねらーとか)雰囲気で叩いている。
2チャンはいかないからわからない(ダイジェストでしかみない)ですが、左翼が喜ぶだけですね。
そこはわかって欲しいなぁ。。。保守様のおっしゃりようを理解できないのではないのです。ただ、今はそのときじゃないと思いますね。
まぁ大連立組むっていったら本当に怒っちゃいますけど、谷垣総裁はまずはそれはしないと思います。
周りが騒ぎそうですが、谷垣総裁は絶対にやらない・・・予感がする(笑

> 保守陣営は性急すぎます。まず、国民のコンセンサスを得ること、次に反日勢力をパージすること、ここで初めて保守陣営の主張することが可能になる。下地が整っていないのに強硬な姿勢に出ると、安倍政権の二の舞になってしまいます。

本当だ、コメント秀逸!
ノンポリの皆さんもお勉強してください^^

>その後に「ではどうするのか?」という考えが浮かんでこないといけない。代案もないのに、批判だけするというのは都合が良すぎますよね。

誠に。侍風に御意。
安倍さんはご本人はもう総裁にというより、若手をバックアップしたいようですね。
マスゴミの報道がよほどこたえたんでしょう。
マスゴミは腹を切ってほしいですね。
安倍さんは日本が穏やかな大海に漕ぎ出したらもう一度やっていただきたいですね。

とにもかくにも荒波は谷垣総裁で乗り越えたらいいと思います。
谷垣総裁に続く人を守るためです。

> ある意味、皆が自民党に甘えているんだと思います。自民党は与党ボケが酷いと言われましたが、有権者のほうこそ与党ボケの気分が抜けきっていません。

お、いいこと仰いますね~。
それは新鮮な視点です。
そうかもしれません。常に現実的に考えないといけないですね有権者も勉強しないといけません。

K様ってナニモノ?(笑
勉強になります。これからもよろしくお願いします^^
ルナ☆ #- URL [2010/11/28 06:32] edit

名無し様

名無し様、いつもありがとうございます^^
> こんばんは、谷垣さんが保守派に叩かれる理由ですが、尖閣問題への発言も問題があるのかもしれません。

あ、そういえば。。。そんなことが(笑
確かにあれは・・・温度が違いすぎました。反省してほしいです。谷垣総裁は時流を読むのに極めて優秀なスタッフを揃えるべきですね。発言には本当に慎重になっていただきたいです。そして私達は叩くのではなく、そこは違うよと伝えていく努力ですね。

>自分は核武装には反対はしません。もし可能なら核そのものを無力化できたら一番良いと思いますが現実的ではないですし。
そうなんですよ。無力化が幻想なんですよね。。。そこんとこは永遠に通じないかもしれませんが、実際にその傘の下に居る事実に向き合って欲しいですね。いつ降ってきてもおかしくないのですから。

>マンガやゲームによって日本史の教科書のおかしさには気が付くかもしれません。特に戦争に関しては勝った側の見方でしか無いですから、違和感を覚えます負けた側の見方がほとんど無いので。

このあたりはやらないので。。。
子供達にインタビューしたいな。しかし、教師が異常だと子供も感じるでしょうね。親御さんは本当に気がついてあげてほしい。いきつくところは親ですね。

>最近ゲームやマンガの影響で命の大切さが解らない子供が増えたと言いますが、あれは日本が長寿の国であるため死というものが身近に無いことと教える事をしなかったのが原因であると思います。

なるほど。

>未成年の殺人等は確か今より戦前の方が多かったと思います。

そうなんですか。出典があったら教えていただきたいです。

>今の子供がおかしい訳では無く教えられない方の問題だと思います。

まさにその通りですね。先生、親とかですね。


名無し様もナニモノですか?(笑
勉強になります。今後もよろしくお願いします^^
ルナ☆ #- URL [2010/11/28 06:40] edit

ルナ☆さん、はじめまして。

今の政治や世の中は、何だか変だよね~?
と思いつつ、理系頭の私は割り切れない人間関係・社会勉強が苦手で放置しておりましたが…子供がいると、嫌でも見えて伝わり接する世の中。
どうなってるの?の根元を、ルナ☆さんは判り易く伝えて下さって、どうもありがとうございます。

すごいバイタリティが出ているのは
本当に日本の神様がルナ☆さんに寄り添ってるからかも!?

徳川家康・福沢諭吉や坂本竜馬のように、日本をより良い方向を目指す力添えになるためにも、私達にも何か出来たらいいですね。


ご存知かもしれませんが、中村天風著書は世の中を清く正しく力強く導く指南書になると思いますよ。
めありぃ #TSrhEex2 URL [2010/11/30 12:53] edit

めありぃ様

めありぃ様、コメントありがとうございました^^

>子供がいると、嫌でも見えて伝わり接する世の中。
そう、子供がいると気がつくんですよね。だから女性が狙われていると思っています。
女子ぱっぱらぱー計画ですね。そしたら子供産まないし、あとは優秀な女子にむけては社会進出を促す動きが加速してます。子供産まないと気がつかないことって多いですよ。
是非、うぃすぱーぼいすさんをよんで、左翼洗脳を解かれるといいですよ。
あ、あれも?これも?って笑えてきます。

> どうなってるの?の根元を、ルナ☆さんは判り易く伝えて下さって、どうもありがとうございます。
分かりやすいかどうか・・・わからないですが(笑
ご支援感謝です。嬉しいお言葉です。


> すごいバイタリティが出ているのは
> 本当に日本の神様がルナ☆さんに寄り添ってるからかも!?
これはまた・・・嬉しい勘違いしてしまいそうだ(笑
しかしなんていうかですね・・・何かが来ている感じはしてます。
うまくはいえません。


> ご存知かもしれませんが、中村天風著書は世の中を清く正しく力強く導く指南書になると思いますよ。
情報ありがとうございます^^
理系なママが理路整然とおかしいと言ってくれると、本当に世の中よくなると思うな。
ブログお持ちなんですね。
是非、良書の紹介をどんどんお願いします♪

ありがとうございました^^
ルナ☆ #- URL [2010/12/01 02:47] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/243-dd6a0b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。