04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

子供への教育を間違えるとどうなるのか? 

週末は旦那に子守を頼み、何かしらの護国活動をするのが当たり前になってきた我が家ですが、それでもワタシはのめりこむととことんいくので、旦那はそれを制するために、1ヶ月に1回規定をワタシに申し述べてきた。

週末に尖閣諸島を守る国民の会という言い方をしながら、人がたくさん行き交う日本のとある場所で署名活動にはじめて参加いたしました。

知らぬが仏とはよく言ったもので、何もわからないのでビラを配ってはいけない境界線外のところでビラを配っていて、ルールを教えてもらったり、段々配っているうちに”もらってくれそうな”匂いや署名を書いてくれそうな匂いを感じ、笑顔でニコニコと話しかける・・・普段はかなりクールなワタシで「目は笑ってないよね」と言われることもあるくらいなので、笑ってばかりいると疲れるタイプなのですが、あの日は本当に、夜は実はぐったりしたのですが、心地よい疲れでした。

もちろん、このような政治的活動はどうしても白い目で見られる。知り合いが来たらどうしようか?不安や迷いがあったけれども、何かやらなきゃ、今はその気持ちしかない。

my日本で知り合ったゆとり世代の高校生がいる。

この方と話していると、まだ大丈夫、なんとかなると思えてくる。

戦後教育をどう思うか?と尋ねてみたら、「その辺の教育はやってない」ということだった。つまりは今の教育では、わたし達の頃もそうであったろうが、近代史がすっぱり教育されていないことが多いのだろう、ということだ。

「何でこれを知ったの?」と聞いたら「ニコニコ動画がキッカケ」だって。

ママ~、テレビを消してパソコン画面にニコニコ動画をつけておこうよ!

一線を越えるのは勇気が要るけれども、何かに突き動かされているみたいに感じる。お友達の同じく主婦仲間で、沖縄尖閣諸島を守る!デモに参加したドサンコさんも、日記に書いておられる。旅日記が護国日記になってしまった、愛すべきニッポンのママです。

ドサンコの東京子育て&旅日記
http://dosanko720.blog106.fc2.com/blog-entry-487.html

------------------------------
けれど、このデモをテレビだけで知った人の中には、「中国を刺激するのはやめてほしい」「せっかく、元通りになりつつあったのに」とデモ隊に参加した人に、批判の目を向ける人も少なからずいるだろうと思います。政治家や財界人のみならず、一般の人たちの間に。
マスコミの手によって、日本人同士の間に、分裂や対立のタネをまかれたような、そんな不安が募ります。

現実に自分が使える時間がやらなければならないと思うことに追いつかないことにただただ焦る。
民主党政権がもう長くはないであろうと見限れたのか、「今のうちにとれるものはすべてとっておこう」とでもいうかのように、すべてが加速度的に進み、一層激しくもぐら叩きの様相を呈してくる。
そんな中での昨日のデモ、そして、マスコミ。
私の焦りと危機感は募るばかりで、ただただ落ち着かなく、チョコをばりばり食べています。

知りたいことも、書きたいことも、山ほどあって、睡眠時間がなくても生きていけるようになりたい。一日中、書き続けていたい。

一番の問題は、まだまだ「気づいている」人は少ないということ。
ひとりでも多くの人に気づいてほしい。
--------------------------------------

ワタシも同じキモチです。

ビラを受け取ってもらえなかったママやパパの後姿を見ながら「これはアナタの子供達に関わってくることなのに」と思ったことは言うまでもありません。

デモに参加して欲しいなどと強制などはしません。

5800人以上が参加したと思われる(中継を見ていた人たちも同じ気持ちだから)10.16のデモに、動員された人なんて居ないはず。ベビーカーを押しながら、赤ちゃんを抱っこしながら参加された方もいるんです。

でも、まだまだ、それを胡散臭いものとか、自分には関係のないことだと捉える人が圧倒的に多いと思っている。

目を覚ましてもらおうと、今日もどこかでチラシがポストに投函されます。

せめてゴミ箱直行とせず、チラシを読んでください。

捨ててしまう人から、読む人へ
読む人から、インターネットへアクセスする人へ
ただアクセスするだけでなく、興味をもって調べる人へ

いろんな普通の日本人が、頑張り始めています。
ここへ検索でたどりついてきてくれた方がいたら、どうか立ち止まって、読んで欲しい。

知ることが大事です。


今日はとある出来事から、教育を間違うとこうなる・・・記事を書きます。

国家「君が代」

君が代は、千代に八千代に

さざれ石の巌となりて

こけのむすまで


ワタシは子供と演劇を楽しむ会みたいな地域で活動している団体の会員です。0歳から高校生まで、0-3、4-6歳、低学年、高学年、中学生、高校生みたいなカテゴリ分けで、年に4回演劇を楽しみます。
ワタシは仕事もしているし、自分では何にもやってなくて、ただ呼ばれる演劇を楽しむだけの立場なので、選ばれる演劇に口出しできる立場ではありません。
夏くらいから初秋にかけて皆のリクエストをもとに来年度の演劇が決められるのです。

しかし、来年の高学年用の演劇内容を見て、複雑な思いをしました。

来年度に”自然を感じ、平和、命の大切さを考え合えるもの”に選ばれていたものは、「歌わせたい男たち」でした。
ワタシは映画を見ていないので映画の評価は出来ませんが、あらすじから何が言いたいのか想像を逞しくする。
---------------------------
観点:お芝居は卒業式直前の保健室から始まります。なんとしても「君が代」を滞りなく歌い終えたい校長先生、そして「君が代」の解釈に反対意見を持ち、なんとしてもうたいたくない一人の教師。二人の意見の対立に巻き込まれる音楽の先生。「君が代」を歌うことがいいのか悪いのかが問題ではなく「自分はどう感じたか」それを仲間の中でどう表現していくのか。見終えたあとたくさん話したくなる。
---------------------------

2005年の記事だが、こういう記事と言うのはきっと、いつまでも削除されずに残っているのが、今の日本をよくあらわしている。ここから少し引用記事が続きます。ご容赦を。

卒業式の“君が代騒動”描く 「歌わせたい男たち」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20050928et05.htm
-----------------------------------------
永井愛が新作
 劇作家で演出家の永井愛の新作「歌わせたい男たち」が、10月8日から11月13日まで東京・森下のベニサン・ピットで上演される。卒業式での国歌斉唱を巡り、高校内で起きる騒動をユーモアたっぷりに描く異色のコメディーだ。(多葉田聡)

一種の極限状態面白い

「いろいろな方面から今の日本に生きる自分を検証する作品を書きたい」と話す永井愛 売れないシャンソン歌手から都立高校の音楽講師に転身したミチル(戸田恵子)。卒業式で歌う君が代の伴奏を命じられるが、ピアノは大の苦手だった。しかも、あがり性のミチルは式の直前、コンタクトレンズを無くしてしまう。社会科教師の拝島(近藤芳正)から眼鏡を借りようとするが、拝島は「君が代」反対派だった。
 「君が代を歌わなかった教員が処分されたという新聞報道で、初めてこの問題を知った。でも、処分者何人、不起立者何人という数字の背後に一人一人のドラマがあるはず。それを演劇として書いたら面白いと思った」と、永井は言う。
 ある状況に置かれた登場人物たちを、それぞれの立場で巧みに描き分けるのが永井の持ち味。今回も、反対派への説得に奔走する校長(大谷亮介)、賛成派の英語教師(中上雅巳)、双方から距離を置く養護教諭(小山萌子)ら、いろいろな意見の教師たちが織り成すドラマをコミカルに描いていく。
 「私の政治的主張を言うなら芝居でなくてもいい。この問題については、いろいろな意見の人がいて、立場も様々。そういう人々をそれぞれ、ちゃんと描くことを心がけた。社会派の告発劇にはしたくなかった」
 物語が進むうちに、賛成、反対という立場の違いを超え、個人の尊厳や内心の自由といった問題にどう向き合うかというテーマが浮かび上がってくる。
 「殺人も暴力もないけれど、究極の人間性が試される状況。一種の極限状態をスリリングに、おかしく描く作業は劇作家として触手を動かされ、面白かった」
 もともと、この芝居は、英国で劇作家の登竜門として知られる劇場ブッシュ・シアターとの提携公演のために企画された。しかし、粗筋を同劇場の芸術監督に送ったところ、「現代のロンドン市民には理解できない」と却下されたという。
 だが、脚本を書き上げた今でも、「ロンドンで上演したって、いいんじゃないか」との思いは強い。

 「君が代の歴史は確かに理解しにくいけれど、物を言う人と公権力との関係、人間にとって譲れないことと公的なルールとのあつれきは、どこの国でもあることだと思う」
 極めて日本的な状況の中に、普遍的なドラマを見いだす。永井作品に共通する鋭い視点は、今度の作品にも貫かれている。(電)03・5638・4587。

(2005年9月28日 読売新聞)
--------------------------------------------------

この歌わせたい男たちに拍手を送っている共産党の記事


永井愛 作・演出「歌わせたい男たち」を観て
http://www.jcp-kyoto.jp/culture/2006/02/10-112005.php
-------------------------------------------------
 永井愛さん作・演出のお芝居「歌わせたい男たち」が関西でも上演されると聞いて、びわ湖ホールに出かけました。
 ご存じのとおり、このお芝居は、「日の丸・君が代」を題材にしたコメディーです。
 この物語は、ある都立高校の卒業式直前の保健室での出来事で、君が代の演奏・斉唱や斉唱時の着席などをめぐってお話が進行します。
 内心の自由を教える事が処罰の対象になったり、斉唱時に生徒が不起立だと担任が処分されるなど、東京都でおこった事実も織り込まれ、コメディーといえども考えさせられます
 お芝居は、「卒業式に自由が無くなった」と嘆く教員に、「『紅白幕を使用するかどうか』『来賓のあいさつ』などは各校の自由だし、卒業式の自由はいっぱいある」と校長に強弁させたり、小泉首相の演説をパロディーにした校長の演説を盛り込むなど、笑える場面が盛りだくさんでしたが、私には笑う事ができませんでした。

 「斉唱の時に着席すると、大好きな先生が処分される」と思い、自分の正義を曲げてしまう生徒。「個性豊かに」「自分の考えをしっかり持って」と教えてきた教師が、内心の自由について教室では語れない現実。(内心の自由について教えると、教育委員会の聞き取り調査があるそうです)
 芝居の後、永井さんのお話を聞く機会がありました。永井さんは「これはコメディーにするほかない」と思われたそうで、「どう考えても今おこっている事はおかしい事ばかりだ」「おかしい事は笑わないといけない」と話されました。芝居の中で、永井さんは、孤立する君が代反対派の教師に「あなた達が言っている事はおかしい事ばかりだ。おかしくって笑いたいんだけど笑えない。泣けてくる」「笑わせてくれよ」と語らせます。
 永井さん自身、「この芝居ではどちらが正しいなんて結論は語っていません」というように、結論めいた台詞は出てきません。でも普通に考えて何がおかしいかは教えてくれます。
 かつて「ウソも100回言えば本当になる」といった人もいましたが、私たちは、ウソを1000回言われても、おかしい事には「そんなアホな」と笑い飛ばせる感性が必要なのだと思います。
 昨年末に、幼い命が奪われる事件が続きました。京都では、学習塾の中で命が奪われる事件まで起きました。このことが当たり前になってしまわないように、感受性をにぶらせずにいたいと思います。
 日の丸の掲揚率や、君が代の実施率を調査する前に、教育委員会がやるべき仕事はいっぱいあるはずです。
 
君が代を歌わせる事に躍起になるよりも、もっと大切な事、本当の意味で、こどもたちの心が豊かになることを考える教育委員会や政府であって欲しいと心から願います。人が人を大切にできる心を育てる。そんな教育が求められているのです。
 3月になると卒業式が実施されます。学校での最後の教育の場〈卒業式〉が、生徒一人一人にとって「自分も捨てたもんじゃない。私だってやれた」と思える場にして欲しいと願わずにおれません。
 同時に、学校だけではなく私たち大人が、周りのこどもたちに何ができるのかを考える事も必要になっています。
 教育現場でこどもたちの未来を考え、私心を捨てて努力している教職員の方々。こどもと共に悩み苦しんでいる保護者の方々。住みよい町をつくろうと願い努力している地域のみなさんが、力を合わせて社会のゆがみを正していく事が、今こそ必要なのだと思います。

 本当に改革すべき事は何なのか。手をつなぎ、力を合わせて未来を切り開きましょう。
-----------------------------------------

つまりはぐたぐた言ってますが、要するに「君が代」を強制するのはおかしいけど、あなたはどう思う?ってことですよね。この映画の言いたいことは。

いいこと悪いことは問わない、言ってないって言ったって、映画を見れば何を言いたいのかわかると共産党が書いている。

永井愛と言う人は社会派の告発劇にしたくなくて、コミカルに描いたようだが、ロンドン市民には理解できないと、海外では認めてもらえなかったということで、それでもまたロンドンでやりたいと。。。

理解されないといわれたことは普通に考えて当たり前であろう。

自国の国家についてなんだかんだと論じることすら、他国に存在するのか?こんなことは戦後の日本だけじゃないのか?劇を見ていないのでなんだけど、世界で恥をかくのは日本人と言うのはこういう人たちのことで、世界から誤った印象をもたれるのも、仕方がないとも思える。だって、こういうものが、日本では評価されるし、こういう人はとにかく宣伝がうまく声が大きい。

しかしこれが日本だと評価されては正直迷惑だよね。

教科書選びの実権を握っているのは共産党だが、君が代の意味をいつまでも反日教育のネタのするのはもうやめないかと、そう思う。

日本が嫌いなら、日本から出ておいきなさい。

子供達を巻き込むな。自分達の赤い思想に染めるな。

世界のどこに、自国の国旗、国家を嫌う国民がいようか?自分達が言っていることがおかしいことにいい加減気がつきなさい。

君が代についてちょっとググって見るだけでこんなページに出くわす。全て転載したいが、是非ほんの少しのページなので、アクセスして絶対に読んでみて欲しい。

国家「君が代について」 
http://www5a.biglobe.ne.jp/~jisso/
-------------------------------------------
3,「君が代」と戦争について
 どこの国でも、戦争のときは国歌を歌い、その軍隊は、国旗を掲げて戦争をします。ですから、どこの国の国歌も国旗も、みな戦争につながることになり、特に日本の国だけ戦争の時、国歌を歌ったというわけではありません。戦争というものは、国の総力を尽くしてするものですから、どこの国でも国民の力を結集するために国歌を歌います。
 また、当然のことですが、「君が代」を歌えば、日本が再び軍国主義化するとか、戦争につながるという議論は成り立ちません。 
(途中略) 
 戦前、日本が軍国主義になり戦争になった原因は、平和を祈っておられる天皇陛下の御心を思うことのできない一部の政治家や軍人、また、自分の利益のみを求める国民の一部に原因があったといえるでしょう。
 天皇陛下が、平和を願っておられたことは、陛下の御製を詠むとよく分かります。アメリカとの開戦前、陛下のお気持ち尋ねられた時、日露戦争前に明治天皇が詠まれた御製を繰り返し詠まれました。その御製とは、次のような和歌です。
 
 四方の海、みなはらから(同胞)と思う世に、など波風の立ちさわぐらむ

(海をへだてた我が国のまわりの国々は、皆兄弟だと思っているののに、どうして、互いに敵として,憎み合い、戦争をしょうとさわぐのだろうか。)

----------------------------------------

君が代は愛の歌だと書かれているブログです。
「君が代」の意味
http://kikyoomon.blog51.fc2.com/blog-entry-97.html#pagetop
----------------------------------------
高校時代、古文の時間に、先生が、
「国歌、君が代の歌について、その本当の意味を話します。」
とおっしゃって黒板にその歌詞を書かれました。

君というのは、「あなた」という意味の最上級の尊敬語であり尊称です。
また、愛する人、恋人を呼ぶときの尊称に「君」という言葉が使われます。

「愛」する相手に対して、「愛」とは最高に尊敬するという心であり、
「愛」とはそういうものであって欲しいと共感しました。

「君」は尊敬する方に対しての最高の尊称の意味を表し、
私たち日本人は「天皇」に対して「君」という尊称の言葉を用います。
本来は「恋人」という意味から同じ言葉「君」を「天皇」に対する尊崇としても用い奉ります。
「私たち日本人は『愛』『尊敬』を重んじる民族です。」という先生の学説でした。
(略)
「天皇の代が永遠に続く」ということは
「日本国および日本国民がいつまでの平安安泰に永遠に存続する」  という意味です。

また、もう一つの意味として
 「私のあなた様(恋人)への想いは未来永劫続きます」という恋の歌でもあります。
--------------------------------------

君が代の解釈を教えるならばこうであって欲しい。

君が代の強制、軍国主義の象徴などという思想を植えつけることのほうがおかしい。愛の歌の意味でもある、そのことを子供が知ったら、どれだけ子供が素直にこの歌を感じることができよう。

このお芝居を見て、こども達に何を語らせようと言うのか?私はこの劇をある意味楽しみに待っている。この会は演劇を見る前後で、交流会があり、演劇について理解を深めるために話し合いをするのだが、大人達が何を発言するか、こども達が何を発言するのか?興味深い。
まぁもっとも、ワタシは仕事をしているので、これに参加はできないと思うが、やりとりの冊子が配られるので目を大きく皿のようにして読みたいものである。

そして、教師やソーカ学会員がいると思われるその中でワタシはどうワタシの主張を伝えられるか?自分の子供の安全と、自分の身の安全を考慮しながら、発言せねばなるまい。

日本を狂わす原点のこの分厚い面の皮をどう一枚一枚剥がしていけるのか?


さて中国国家は何と歌っているか?(上記より転載)                             
立て、奴隷となるな            
血と肉もて築かむ             
よき国 われらが危機せまりぬ      
今こそ 戦うときは来ぬ           
立て立て 心合わせ敵にあたらん    
進め進め 進めよや 

アメリカはどう歌っているか?アメリカ国歌を上記サイトより転載                     

見よや 朝の薄明かりに
たそがれゆく 美空に浮かぶ
われらが旗 星条旗を
弾丸降る 戦いの庭に
頭上を高く ひるがえる
堂々たる星条旗よ                       
おお われらが旗のあるところ
自由と勇気共にあり  

軍歌だよね。
日本だけじゃないよね、ってか、日本は愛の歌ですよ。

平和を愛する日本人を育成するこの素晴らしい国家を、何故、さげすむのか?今一度よく考えて欲しい。

子供達を犠牲にしているのはどちらか?よーく考えて欲しい。


中国での反日デモが加速し、日本の狂ったマスゴミは喜んで報道している。 反中デモを報道せず、反日デモを大々的に報道し、日本人に不安を煽ってでもいるのだろうか。日本はほら、こんなに嫌われていると、日本こそ、平和を高らかに主張できる国であると、仲たがいせず、手を取り合えと、日本の生活が成り立ち行かなくなるよ、観光客が来なくて、観光業界は泣いているよ、レアアースコナイよ、とでも言いたいのだろうか?

教育を間違えるとこういうことになる。愚かなシナ共産党。
気の毒でならないのは、学生達だが、君達も大人なんだから、自分達で自分達の首を絞め、世界を狂わすことにいい加減気がついたほうがいい。。。
声は届かぬ・・・か。
反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織―香港紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101017-00000041-jij-int

------------------------------------------
【香港時事】17日付の香港各紙は16日に中国各地で起きた尖閣諸島問題をめぐる反日デモについて、各大学の政府系学生会が組織したものだったと伝えた。中国政府は「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」(外務省スポークスマン)と説明しているが、実際には官製デモだったことになる。
 中国系香港紙・文匯報によると、四川省成都市のデモ参加者たちは「各大学の学生会が1カ月前から準備を開始した」「校内で日本製品ボイコットの署名活動も行った」と話した。
 また、リンゴ日報も「デモに参加したある大学生がインターネット上で、デモは学生会が組織したことを明らかにした」と報じた。
 中国の大学学生会はすべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていない。 
-------------------------------------------

徹底的に反日教育をし、半日教育を強いられたシナ共産党員たちが、世界を狂わす。
国家を歌いながら、日本を侵略しようとしている。
そのシナ共産党員にまるで賛同するような日本のマスコミ、政治家、政党、知事、県議、市議、町議。
国民が目を覚まさなければもはやどうにもならないのです。

教育が間違うと、自分で自分を傷つけることにもなる。
私達、子供を持つ親は、心して子供の教育に責任をもって、社会に送り出したいものである。

相当な覚悟も必要なのだが、まずは政権交代です。
あんたの言ってることはちょっと理解できないと思っても、政権交代が必要なことくらいは理解して欲しいなぁ。
だってぇ、、、、あなたのパパの会社大丈夫?円高に泣いて海外に逃げちゃう会社もあるし、外人ばっかり採用してる日本のオバカな会社が増えてるから・・・ね。
民主党は日本が病気になってもらいたいんですよ。本当に、そういう政策をすすめているんです。

子供手当てもらって喜んでも、仕事なくなっちゃっても平気なのかな?

(※時間がないのであとでまた動画貼り付けます)

政治アレルギーの一刻も早い克服を、たくさんの人が待っていますよ♪

ママ達の目に触れるように、ポチっとお願いします^^
今「子供の教育」でINポイントで1位になってるんです。びっくりです。ドキドキ。
ご協力いただいているのだな~としみじみ感じ入っております。
ありがとうございます^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

いつも応援クリックくださる方、本当にありがとうございます♪
お礼にもいきまーす^^
スポンサーサイト

category: 子供の教育

thread: 子育て・教育 - janre: 学校・教育

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/204-d8fb98e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。