09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

休日分散化は「学校休暇分散」「祝日分散」がごちゃ混ぜ!経済効果の数字に要注意 

子供に祝日の意味を教えたり、年中行事を楽しむ・・・子供を産んで、それまで気に留めなかったことに注目して、子供に伝えて生きたいなぁとか、国旗を掲げようかなぁとか、そんなことを思うようになったワタシですが、子育てママさんはそんな風に思ったことはありませんか?

絵本アドバイザーの方に勧めてもらった本でたまに活用しているのがコレです。
年中行事コツのコツ (大図解 大きな図で解りやすい本)年中行事コツのコツ (大図解 大きな図で解りやすい本)
(2007/04)
味元 敬子遠藤 サホ

商品詳細を見る


全4巻で、新年のしきたり、冬から春のしきたり、春から夏のしきたり、秋から冬のしきたりという構成になっていて、例えばもうすぐ七五三ですから、そういうのを探してみると、儀式の意味や由来、お宮参りのときに気をつけたいことや、熨斗袋の表書きの書き方などが図解されていて、とってもわかりやすいです。

七五三は写真をとるだけじゃありませんよ!こんな豆知識はいかが?
-----------------------------------
七五三
子供の成長を祝う「髪置」「袴着」「帯解」などの儀式に由来しているといわれ、晴れ着を着せて神社にお参りします。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳のときに行います。本来は数え年で行いますが、現在は満年齢でおこうなうことが多くなっています。

「髪置」子供の髪を伸ばし始める儀式。昔は子供の頃は髪の毛をそって頭を丸めさせており、11月の吉日にこの儀式を行ってから髪の毛を伸ばし始めた。

「袴着」大人への第一歩。男児がはじめて袴をつける儀式。室町時代に3歳から7歳の間に11月15日、または正月に行われるようになった。

「帯解」ひも付きの子供の着物から帯でしめる大人の着物に替える儀式。室町時代に始まったという。もとは9歳で行っていたが、江戸時代に男児は5歳、女児は7歳か9歳で行われるようになった。

------------------------------------
とまぁ、こんな風に書かれていて、年中行事を知るのにとっても面白い内容です。

あと、ワタシのカレンダーの定番はシーガルの歳時記カレンダー。
saijiki.jpg
二十四節気と七十二候、月齢・旧暦・潮名・六曜・干支が全てわかる。
俳句や和歌、月、植物、歴史的なできごとなど、見て読んでためになる、まさに「歳時記」で、忘れがちというか全然知らないことがたくさん!

例えば10/13は菊花開(きっかひらく)、キクの花が開き始めるころという意味だそうですが(そのまんまやね)、月暦なども書かれており、こんな風に毎日何かが書いてあって、本当に面白いです。

別に子供のためと言うより、自分が面白くて毎年買ってますけれども、くもんのカレンダーがつまらないと思うくらい、このシーガルの歳時記カレンダーは味わい深いですよ。

お月様の満ち欠けに何だかいつも興味がひかれ、東の空にぽっかり浮かぶまんまるお月様に感動したり、段々と満月に近くなっていくその様になにやらロマンを感じる・・・よくわからないけれど、お月様が好きなので、つきの暦は興味のひとつ。二人目の出産のときは、出産予定日と月の暦をいろいろにらめっこして、出産予定日を”予想”するなんてこともしてました(笑)

で、こういうことに多分本当に興味がある人になってくると、戦後の法律で決められた祝日とかは、味気ないものと思うすごい人も居たりして?なんて思いますが、それはそれ。休みはやっぱり嬉しいし、子供も学校休めて嬉しいし、でも親は大変><みたいな。

それでも毎年カレンダーとにらめっこして、「今年は上手に休みがとれそうだね~」とか「今年はここを休めばこんなに連休になる!」とか、楽しみなんですが、皆さんはどうですか?

祝日の意味とかも、やっぱり子供に教えたくて、今日は何で休みなのか?ということをよく子供に教えたりします。

天才児を育てる魔法のカレンダー―家庭でできる英才教育の12ヵ月メニュー天才児を育てる魔法のカレンダー―家庭でできる英才教育の12ヵ月メニュー
(2002/03)
三石 由起子

商品詳細を見る


早期教育ママがとびつきそうな本ですが、これ、本当にママが勉強になるんですよ。
----------------------------
●日本中の神様が集まる島根県
10月の県で教える県は、なんと言っても、島根県。神無月といいますが、島根県だけは神有月といいます。
「日本中の神様が島根県の出雲大社で会議を開きます。だから今月は、どこの神社も神様はお留守。だから神無月。ただ、島根県だけは別。10月は神有月というんですよ」
と教えます。続けてこんな文章を暗記させます。
-----------------------------
という具合。

年中行事とあわせて、祝日の意味も教えるヒントがたくさん書かれています。


前置きが長すぎてごめんなさい

で、何がいいたいのかといいますと、こういうことをちゃんとママが教えてあげないと、世間ではどんどんどんどん忘れられていっちゃいますよ、ということを申し上げたかったんです。

世の中で話し合われていることといえば、何でもカネ・カネ・カネ。

祝日の意味さえも壊してしまいそうな、ゆくゆくは無くなっていくのではないか?何をしたいんだ?って思う愚作の一つである、休日の分散化のことが本日のテーマで、本当に次から次へのおかしなことを思いつく人たちの集まり=民主党って思ったことの一つです。

空き菅内閣の「元気な日本」復活のシナリオを読むと、真面目に意気消沈するということを昨日書きましたが、これにも実はしっかりと書かれている休日の分散化。

平成22年6月18日に閣議決定されている「元気な日本」復活のシナリオはしかし、このシナリオどおりに描かれると、まさに国の形を根本から変えてしまうことになると思うのですが。何とも思いませんか?

というのは、この休日の分散化にも当てはまるのでは?ということなんです。しつこく再掲。
------------------------------------------
菅内閣の「元気な日本」を復活させるシナリオ  
http://www.kantei.go.jp/jp/sinseichousenryaku/

×・・・「元気な日本」を復活させるシナリオ  

何かの間違いでしょう?本当はこうなのでは?
○・・・「元気な日本」を売るシナリオ
○・・・「元気な日本」を不幸にするシナリオ

資料の一部
日本滅亡のシナリオ
-----------------------------------------

動画がありますので、貼ってみる。


とにかく、これ意見募集があって、私も反対意見を打ち込みましたが、反対が大勢を占めるのに、政府はとにかく推進ありき。これだけの反対世論でありながら、国民的機運を高めていくとやる気満々が痛すぎる。

でも、忘れないで、彼らは衆議院に300議席あるんです。子供手当ても「ご異議があるようですので採決します」と摩訶不思議な議長(現在の法務大臣)により、強行採決された。
だから、彼らはやっちまうんです。どんなに反対が大きくても、法案を通すという暴挙に出ることが可能なのです。


観光庁の動きとしてごく最近にこんなことがあり、一部報道もありました。

-------------------------------------
「休暇改革国民会議」を開催します! ~第1回会議を10月6日(水)9:00より開催~
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000065.html

主旨
国内旅行需要の平準化を図り、新たな観光需要の創出、観光産業におけるサービス向上や雇用の安定化、またこれらを通じた地域経済の活性化を図るため、関係府省との連携のもと、休暇改革に取り組んでおり、具体的には、大型連休を地域別に分散して取得する「休暇取得の分散化」を提案しており、各界からの御意見を丁寧に頂戴しているところです。休暇改革は、休暇のあり方を見つめ直し、再構築を図るものであり、国民生活全般に関わることであるため、その推進に当たっては、国民的・社会的な気運が高まり、休暇を取得することに対する国民の意識が向上することが必要です
 このため、休暇改革に関して国民的コンセンサスを形成するとともに、休暇取得の促進・分散化に向けた国民運動を推進するため、国民各界を代表する委員から構成される「休暇改革国民会議」を立ち上げるとともに、第1回会議を開催いたします。
----------------------------------

来年の通常国会に、休日分散化案を提出し、立法化する構え、なんです。「元気な日本」を復活させるシナリオにも、ちゃんと組み込まれているんです。

休暇改革国民会議メンバーの名前
http://www.mlit.go.jp/common/000125066.pdf
東国原知事や橋下知事などもメンバー。

コレに関する記事を配信したもの。

徳島新聞社
休暇取得の分散化を議論 国民会議が初会合
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldPolitics/2010/10/2010100601000174.html

国民会議メンバーのF1レーサーの話
可夢偉、休暇改革国民会議で積極的な有給取得を訴える
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=29663

日本商工会議所
「休暇改革国民会議」で意見陳述
http://www.jcci.or.jp/news/2010/1007203420.html


注目はこれ、ようは恩恵をうけそうなと思われる観光旅館連盟から反対が出た
国観連、休暇分散化に反対へ
http://www.kankoukeizai-shinbun.co.jp/backnumber/10/10_09/ryokan_hotel.html

---------------------------------------------
国際観光旅館連盟(佐藤義正会長、1171会員)は、政府が実現を目指す休暇分散化の施策をその進め方を含めて疑問視している。1日に東京都内で開いた正副会長会議では、現在提示されている地域ブロックごとに大型連休をつくる分散化案への反対意見に加え、議論が不十分なままに来年の通常国会に関係法案が提出されてしまうのではないかとの不安が相次いだ。制度案が固まる前に、国観連の考えを何らかの形でアピールすることも検討している。

 休暇分散化について政府は、来年の通常国会に祝日法の改正法案を提出し、早ければ2012年度中の実現を目指すと新成長戦略に盛り込んでいる。観光庁は、「休暇改革国民会議」(6日に初会合)や地方ごとの説明会で合意形成を図る考えで、年内には法案を固めるスケジュールを描いている。

 佐藤会長は1日、観光経済新聞の取材に対し、「国を挙げて観光振興策を推進することは喜ばしいが、休暇分散化については議論が不十分なのではないか。国民や経済界にも反対や慎重論があるようだ。国観連会員にも反対意見が多く、もっと時間をかける必要がある。このまま賛成はできない」と述べた。

 国観連には、年明けの法案提出に向けて年内に数回開かれる国民会議など限られた機会で分散化の方向性が決まってしまうことへの不安がある。国民会議は経済団体の代表者や大企業のトップ、県知事、大学教授、教育関係者など65人が委員だが、観光業関係は日本観光協会の西田厚聰会長(東芝会長)、日本ツーリズム産業団体連合会(TIJ)の舩山龍二会長の2人だけということにも疑問の声が挙がっている。

 佐藤会長は「業界の利益のための分散化ではないことはもちろんだが、国内観光需要の喚起を通じた地域経済の活性化が目的である以上、地方を含めて観光関係者の意見をもっと取り上げて議論すべき。観光業界が全面的に賛成であるかのような印象を持たれたまま、一般社会や国会での議論が進んではおかしなことになる」と指摘した。

 (略)続きはリンク先でどうぞ。

-------------------------------------------

ばんさーい!反対意見表明を支援! 

超参考HP発見!
祝日を壊そうとする「休暇分散に反対」!
http://blog.livedoor.jp/addinbox-kyuuka_bunsan/

すごく丁寧に追われています。このサイトをみれば休日分散化の動きがよくわかります!支援支援!

皆さんもごっちゃになってると思いますが、マスゴミもうまく騙してるんですね。サイトより引用させていただきます。

学校休暇分散学校の長期休暇の一部を移し替えて、子供の連休を創り出す事により親の有休取得を促す
祝日分散祝日から「休み」を奪い取り、それを春/秋に割り振って全国5ブロックにズラした連休を創り出す。
これらがはっきり線引きされていません。

社会実験を覚えておいでの方もいると思いますが、学校休暇分散について実験をしただけで(あいまいな感じだけど)、祝日分散の実験をしたわけではないのです。

学校の休暇分散には賛成だが、祝日分散には反対と明確なスタンスで、まとめているこのHP、是非ブックマークしてみてください。

休みを奪い取りというのは、祝日はそのまま残しますよ、休みの権利だけ移動しますよ、だから問題ありませんん。伝統も破壊しませんよ、そう言いたいらしいんですよね。

はっきりいって、大迷惑。社会的な影響が非常に大きいと思います。

ちなみに分散化の対象になる祝日は現状は以下(だと思う)
春の大型連休用に犠牲にする日
みどりの日(5月4日)
こどもの日(5月5日)
成人の日(1月の第二月曜日)

秋の大型連休用に犠牲にする日
海の日(7月の第3月曜日)
敬老に日(9月の第3月曜日)
体育の日(10月の第2月曜日)



だいたいですよ、観光庁が言ってる需要の平準化という言葉。これが相当にむかついちゃう。

上記サイトの国観連反対表明の記事からの転載
---------------------------------------
そもそも、祝日分散による休暇分散構想は、(株)星野リゾート 星野佳路社長の発案から始まり、「観光産業の発展を起爆剤にして、その周辺産業への経済効果を狙った」 ものでしたが、その肝心要のキーストーンである観光業界という土台が早々と抜け落ちてしまいました。

また、祝日分散による「秋の3連休」配置の目的には、

中国の国慶節の休みに伴う中国人観光客の誘致

という思惑もあった訳ですが、その中国人観光客の受け皿となる筈の国際観光旅館連盟が反対したという事を推進派は重く受け止めるべきなのですが、あの観光庁長官は恐らく歯牙にも掛けないでしょうね。
------------------------------------

そう、又出てくるよ、中国。もう腹いっぱいだ、イラン。

本当にそのとおりで、分散化の根拠にあるこの需要の平準化というのは、民主党のダイスキなアジア市場、しかも中国の休日を基本に、日本の休暇をずらそうってんですよ。
彼らの考えの根底にあるのは、やっぱりアジア、しかも中国からの観光客。観光立国といったって、じゃんじゃん呼んでるのは中国人。
観光庁の休日分散化ワーキングチームのHPに資料がありますが、そのうちの一つ。平成21年12月の時点での資料。たたき台になっているものが、このHPにはあるのではないかしら。

星野委員提出資料 
分散化4

見ていただけばわかりますが、中国の祝日を基本としてアジアの需要の平準化を狙っている。
旧正月、清明節、労働節、端午節、旧盆、国慶節

中国総合ガイド 法定祝日・伝統祭日より

旧正月(中国の法定祝日 旧暦1月1日)
春節は中国の祝日の基本中の基本だ。日本の盆と正月を足したような感じで、1年で一番大きな祝日であり、1週間程度の連休となる。旧暦に基づくので、西暦によるカレンダー上の日付は毎年異なり、連休のスケジュールもその都度発表される。

清明節(中国の伝統的な祝日 春分15日後)
先祖の墓参をする日。春分から数えて15日後。24節気の一つ。掃墓節とも呼ばれ、祖先を敬い祭る行事が中国各地で行われる。古来より、春を迎え、家族で郊外に散策に行く習慣もあり、「踏青」とよばれている。

労働節(中国の法定祝日 西暦5月1日)
正式には国際労働節。西暦の5月1日なので、「五一労働節」「五一」とも言われる。いわゆるメーデー。模範的な労働者は人民大会堂で表彰される。この日から始まる約1週間の休暇は「五一黄金周」と呼ばれる中国のゴールデンウィーク。

端午節(中国の伝統的な祝日 旧暦5月5日)
戦国時代の「楚」の愛国詩人・屈原が汨羅(べきら)という川に身を投じた日とされる。また、屈原を慕う人々が多くの船を出して遺体を捜したという故事が、現在のドラゴンボートレースの由来だとされている。屈原の遺体が魚に食べられないように、川に粽をまいたことから、この日に粽を食べるようになったという言い伝えもある。

国慶節(中国の法定祝日 西暦10月1日)
中華人民共和国の建国記念日。1949年10月1日に、故毛沢東主席が天安門の楼上から中華人民共和国の建国を宣言したことにちなむ。「十一」と呼ばれ、中国ではこの日をはさむ約1週間が大型連休となる。


えーーーーーっと、すみません。知識としてオモシロイ、そういうことにしておいてください。

何で、こんなに中国がスタンダードなの?

100歩譲って日本の良さを伝えたいのが観光立国としてのあり方なのでは?

他の国は?世界は中国だけじゃないぞ?

中国客を呼ぶために、日本の伝統的な年中行事も祝日の意味を無味乾燥なものにするのか?
 


経済界でも反対する日本商工会議所と異なり、慎重にやるべきだが、基本推進なのが日本経団連ですが、企業で働く社員のことは考えないんですかね?考えれば考えるほど、やって欲しくないこの休日分散化。

来年にも立法化しようとしてるんですけど、あなたは賛成ですか?反対ですか?

休暇改革国民会議メンバーの名前再掲
http://www.mlit.go.jp/common/000125066.pdf
反対の方はこういうメンバーに反対意見をメールするのがいいかもしれません。国民の声を伝えなくては。

有給休暇をちゃんと取れるよううにすれば、別に何の問題もなく、例えばその人の希望で、閑散期にだって大型の休みが取れるわけだ。
有給休暇がちゃんと取れるように、社会を転換しているほうが、まともなのではないかと思う。

しかし、年中行事や祝日など、どうもないがしろにされつつある現状、ママさんは是非お子さんに伝えていきませんか?ママも楽しめます。一緒に行事を楽しむ、祝日を楽しむってのもいい。

ワタシはこの休日分散化にも大反対!ちっとも日本国民のこと考えない民主党。さすがサポーターが外国人でも可能なだけありますね。

ここは日本なのよ。やっぱり日本人が選ぶ首相じゃなきゃダメでしょう?
外国人参政権が認められていないのに、堂々と、実施されてしまった、民主党代表選も、2009年衆議院選挙も全部無効にして欲しいと、ワタシは本当に思っています。


政治アレルギーの一刻も早い克服を、たくさんの人が待っていますよ♪

ママ達の目に触れるように、ポチっとお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

いつも応援クリックくださる方、本当にありがとうございます♪
お礼にもいきまーす^^
スポンサーサイト

category: 危険な政策

thread: ママのお役立ち情報 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

完全な日本解体法案

日本の家族バラバラ法案ですよね。

ここでも中国を出すって本当に頭に来ます!

休日分散化法案に断固反対します!!
エムリン #- URL [2010/10/13 20:44] edit

日本を壊すのがダイスキ民主党

エムリン様

コメントありがとうございます^^

随分前から知ってましたけど、ご存じない方もきっといるんでしょうね。この中国。しかし、このご紹介したサイトを見て、繋がったのでびっくりしました。中国の需要に頼らねばならん・・・はずはないと思うんですよね。

脱中国をのぞむ国民が多いんだということを観光協会のほうにアピールしたほうがいいかもしれませんね。
民主党に言っても耳に入らないだろうから。
ルナ☆ #- URL [2010/10/13 23:00] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/198-33f82721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。