09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

シラけた運動会の原因は? 「教育勅語」を読んでみたことありますか? 

ワタシは働いているので保育園に子供を預けておりますが、10.2のあの記念すべき日に運動会がありましたので、子供の成長を見ることができる嬉しい機会を夫婦ともどもワクワクして参加・観覧してまいりました。

普段から子供の話を聞いていて、事実を知るまでワケがわらかないなぁと聞いていたことは、運動会のメイン、オオトリのイベントである年長さんのリレーでした。子供の話を聞いていて、最初の頃は自分のクラスの色であるみどり色組みは勝っただの2番だったの、そういう話をしていたのですが、しばらくして「何番だった?」と聞くと、わけのわからない答えが返ってきていた。

しかも、「あなたは何番に走るの?」「誰からバトンをもらうの?」「誰にバトンを渡すの?」という質問に、本番が近くになっても答えられない。おかしいなぁ?って思ってたんですが、直前になってやっとはっきりとした理由がわかりました。

なんと!リレーがクラス対抗でなくなっていた!

クラス対抗じゃなくてじゃぁ何かということですが、我が子の学年は3クラスあり、その3クラスをごちゃ混ぜにしてグループ分けにする・・・つまり同じクラスの中で3つに分かれるってことなんです。

だから、こんな風になった。
みどり、ふじ、しろ ⇒ あか、しろ、き

しかもプログラムを見ると、例年年長のリレーは運動会の締めくくりとして最期の競技なのに、真ん中くらいの競技順になっている。更に事情がはっきりわかったのは、下の子の親子競技に出たママとお話しをしたとき。このわけのわからないリレーの原因は何なのか?

みどり組がいつもぶっちぎりだから、他のクラスの子が泣いちゃったり、どうせみどりが勝つんでしょ!ってやらなくなったりしたんだって。だからこんな風になったらしいよ。

これは当然予測できたことでした。決して目新しい理由でもない。しかし、この子供の言葉を真に受けて、じゃぁクラス対抗じゃなくて、順位が同じくらいになるようにしようと、操作をはじめたことに、苦言を呈したいと思ったのでした。

毎日毎日、練習のたびに、人を入れ替えてきた。
先生の言い分としては「順位はみんなの意見で決めてきた」とのこと。
だから、前日になってチームが確定し、走る順番も確定した。

いざ、リレー競技がはじまった。突如見慣れぬ年長の帽子の色に早速の違和感を覚えながら、リレーを見守った。
はっきりいって、誰がなんだかわからない。
年少や年中さんのときに一緒だったお友達の顔がわかるくらいだけど、自分の子供が属するチームカラーとは違うから、チームを応援するというわけにはいかなくて、個人の応援になる。
みんながみんな”個人の応援しかできなくなる”
うちの子は何番に走ってくるのか?同じチームに誰がいるのか?ということを、多くの保護者は知ることもなく応援する。

なんなんだろう?この盛り上がりにかけるリレーは???

確かに、わが子のチームは優勝した。しかも皮肉なことにぶっちぎりだった。

優勝に喚起する子供達、拍手を送る子供達は無邪気だったと思うが、どんなにシャッフルしたって、ぶっちぎりで負けチームになる子はいるわけで、シャッフルしてまでして負けるチームにいる子供達の表情がなんとも・・・考えすぎで片付けるしかないけれども、複雑だった。

”なんだオレ結局負けたの?”みたいな。

リレー観覧中に隣に居たママは同じクラスのママだったけれども、リレーではチームが違うため、応援も盛り上がらない。知ってる子が走ってきて、「◎◎ちゃんガンバレー」って言うのが精一杯。
ワタシも結局年少年中で仲良しだったお友達が走ってきたら写真を撮るくらい。。。
クラス対抗だったら、あまり親しくしていないお友達の写真も一緒にとったり、応援したりして、仲良くなれるきっかけにもなっただろうに。

チーム一体となって頑張ることの美しさなるものは、全く感じられない、感動がうまく伝わってこない結果となったことは言うまでもなく、はっきりいって、このチョイスは大失敗だったと思う。

今まで数年リレーを見てきたが、もっともっと盛り上がっていて、頑張る姿に本当に感動したし、どうしても苦手な子はいるから、そういう子にはクラスを超えて全体で応援の声が飛ぶ、悔し泣きをする子供に、勝利したチームに、惜しみない拍手が送られれたことが、あの場に居て何度も浮かんだ。

年長最後の運動会がこの感動を味わえなかのは本当に悲しかったのは言うまでもない.

はっきりいって、リレーなんてやってみなくちゃわからない。こけるかもしれない、緊張して本番で力が発揮できない子がいるかもしれないから、いつもトップがトップであるとは限らない。
負けても頑張ろう!と言う前に、1番になるためには?勝つためにはどうすればいいんだろう?と考えることが出来たかもしれない。
悔しいかったから、次の競技は(次のチャンスでは)◎◎組には負けないぞ!ってもっと向上心が芽生えたかもしれない。
仲間で力を合わせて頑張ろう!という団結力が遥かに高まったかもしれない。

たかがリレー、されどリレーであると思う。

子供のありがちな我ままをまともに受け入れたばっかりに、失ったものはないと思うが、得られるものを得られなかったと思わずにはおれない。

小学校にあがれば、そこには残念ながら厳しい現実と向き合うことも多くなる。競争もある。優劣もつく。そこをどう乗り越えるか、導いてやるのが大人達だと思うけれども。。。

子供達には力がある、でもその力を弱くしているのは周りの大人だ。

・・・って「保育園は福祉ですから」と保育園の先生に言われたことがあるからね、正論なんだけども、保育園の先生が常識の範囲で子供を”指導”してくれたって、誰も文句は言うまい。(ちなみに、田舎なので公立幼稚園が住む自治体に無く、幼稚園みたいな雰囲気で通わせているというのが実情なので、この辺の事情を勘案してお読み頂けると嬉しいです)

一番とか二番とかって優劣つけるのはよくない、みんな平等、事なかれ主義ってみんなどう思ってるんだろう?

ワタシはこの考え方が席巻きする現在の風潮にあって、日本の将来にノーベル賞を受賞できる若者は育っていくのか?社会に役立つ人間を送り出すことができるのか?不安に思ったりもする。

個々に突出して優秀な子はいくらでもいるけれども、皆で切磋琢磨したり、他人と協力するとか、他人に遠慮するとか、どうも周囲への気配りがなくて、個人主義が行き過ぎているような気がする。会社の若い子をみてそう思う。5歳差に違和感は感じないが、10歳差には違和感と言うかすっきりしないものを感じる。

優劣が良くないとか競争主義は良くないとかいうけれども、そのような点は道徳教育みたいなものが当然裏返しにセットされていて、それでバランスを取ることができると思んだけど。。。(すくなくとも自分の子供の頃は道徳の教育はありましたしね。)

命の大切さ、家族兄弟を大切にする気持ち、友達を大切にする気持ち、そういうものをしっかりと教えることで、弱者と呼ばれてしまう方々への配慮、目配り心配りも嫌味なく可能となり、そこに新たな規範がうまれていくのだろう。

ところが、今はただ、自分さえ良ければいい・・・みたいな雰囲気じゃない?
家族を大切にしないから、悲しい事件がしょっちゅう聞かれる。
下の子を連れて散歩すると「かわいいね。けど今はどうなっちゃったんだろうね。どうしてこんなかわいい子を殺せるのかしらね」みたいなことをよく言われる。
一度や二度ではなく、何度と無く聞いている。

なんかね、日本は悪いもの悪いものを選択させるよう社会が仕組まれているような気がしてなりません。
マスコミのミスリードが本当にひどすぎると思う。

今のこの困難な時代をしきる時の政権は、マスコミにミスリードが大いに影響して誕生した詐欺政権だと思うけれども、例えば教育についてフォーカスすれば、レンホーとかいう人が代表してやってる事業仕分けと言う名の官僚叩き、パフォーマンス、パフォーマンスで国の力は弱くなっているというのに、拍手喝采を送り事業仕分けを支持する国民が気の毒にさえ思うけれども、例えば、心のノートなる道徳教育の教材が、無駄なものと仕分けされる。

削るところが違うと思うんだよね。

センスがないんだよ。

こんな愚痴をたれるワタシもおばさんですかね、まだ一応30代なんだけどね(ため息)


さて、ここで少し展開しますが、管理人の腹のうちでは全く無関係ではないから、この記事を取り上げます♪
れんほー

「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん、蓮舫氏発言をバッサリ 
http://sankei.jp.msn.com/science/science/101008/scn1010082354006-n1.htm
---------------------------------------------
ノーベル化学賞に輝いた鈴木章・北海道大名誉教授(80)は8日、産経新聞の取材に応じ、「日本の科学技術力は非常にレベルが高く、今後も維持していかねばならない」と強調した。昨年11月に政府の事業仕分けで注目された蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃだめなんでしょうか」との発言については、「科学や技術を全く知らない人の言葉だ」とばっさり切り捨てた。

 受賞理由となった「パラジウム触媒でのクロスカップリング技術」は医薬や液晶など幅広い分野で実用化されている。それだけに鈴木さんは「日本が生き残るためには付加価値の高いものを作り、世界に使ってもらうしかない」と、科学技術の重要性を指摘した。

 昨年の事業仕分けで理化学研究所の次世代スーパーコンピューターの予算が削られたことについては「科学や技術の研究はお金がかかる。研究者自身の努力や知識も大切だが、必要なお金は政府がアレンジしなければならない。(スーパー)コンピューターなどの分野では絶対に必要だ」と政府の積極的な投資に対する理解を求めた。

 特に、蓮舫発言については「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問。このようなことを言う人は科学や技術を全く知らない人だ」と厳しく批判。「科学や技術を阻害するような要因を政治家が作るのは絶対にだめで、日本の首を絞めることになる。1番になろうとしてもなかなかなれないということを、政治家の人たちも理解してほしい」と話した。

 一方、年間の自然科学系論文数が日本の約1.5倍に達するなど科学技術面でも躍進する中国については「人口が日本の約10倍なら研究者も多い。国の総生産もそうだが、絶対的な量で抜かれるのは当然で、問題は質だ。中国人にも能力の高い人はいるが、そのような研究者が日本の10倍もいるわけではない」と指摘。「もっと心配すべきは日本の質を高めること。それなのに2番目で良いなどというのは論外だ」と重ねて強調した。
----------------------------------------

この記事は大々的にとりあげてもらえないみたいで、産経新聞はこういうことちゃんと報道してると思いますが、あなたの新聞はどうですか?載ってます???

ワタシはこの教授の痛快な発言に拍手喝采を送りたいと思います。

今の子供達、ゆとり世代はワタシは気の毒に思っています。愚かな政治家たち(選んだのは国民だけど)、子供のためという言葉を隠れ蓑にして、実は子供達を犠牲にしているとしか思えない日教組(にっきょうそ)の先生たちの教育で、この日本はおかしくなってる。

差がつかないように、優劣がつかないように、傷つかないように、

実際には競争は避けて通れないのに、競争を避け、子供達の考える力を育てない教育を、推進してきている今の日本。

政治アレルギーのある方には思考が停止するキーワードトップ5に入るものだと思いますが、こういう考え方の根底にあるのは、所謂左翼主義的な考え方と言って差し支えない。

本当に性質が悪いのは、こういう人たちの思想は自虐的で、教える内容はものすごい自虐史を植えつけるものであり、こんな人たちに教えられる健全な子が、知らぬ間に自分に自身が持てない自立できない大人に育っているような気がしてならない。

で、こういう先生や平和を高らかにうたう団体やらなにやらがマスゴミも含めて、支援しているのが、今の民主党なのよね。

なるべくしてなった・・・みたいな今の日本だと本当に思うのです。

でも、もうそれを断ち切りたいと思いませんか?




戦前と戦後の違い、占領政策で戦前の良き教育が断ち切られたことは日本には痛手であると思う。

教育勅語って読んでみたことありますか?大日本帝国がアジアに勢力を伸ばしていた時代というか占領していたといわれる時代に、日本は外国でどういうことをしていたかということです。

南京大虐殺?言葉狩り?

図書館で歴史漫画シリーズをいくつか借りてみましたが、悲しくなりましたね。あぁこうやって自虐史が植えつけられているかと思うと、あらためて悲しい。

これから左翼教育の荒波に飲まれるであろうわが子にどう教えていこうか、それはワタシの課題でもあります。

さておき、西欧列強の植民地支配はアジア諸国に及び、人間ではなく奴隷としてしか見えなかった黄色人種は様々な迫害に耐えてきたと言われています。

そういうアジア諸国に当時の日本は派兵し、占領していたということだけれども、例えば戸籍制度を設けたり、学校を開いて文字を教えたり、莫大なインフラも投じて様々な支援をしてきたのも裏を返せば語られない、葬られた真実でもあると思います。

ASEAN諸国はそれがわかっている。ODA狙いのリップサービスだという評価もあるけれども、日本が大切にしなくてはならない国々はASEANにもあると思う。

ASEANの旗の意味についてはコチラ。仲良くしたい国ですね。
日本が仲良くしたい国!夏休みの自由研究にいかが?
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-date-201008-7.html


中国と韓国と北朝鮮だけに振り回されているんだよね。日本の恩を仇で返すまさに裏切りの国だともいえる。また、間違った教育をされている本当は普通のこられの国の人たちも気の毒としかいいようがない。

もちろん、日本の子供達も。

国の存亡をかけての戦争だったんだもの、全てが善人でもないし、酷いことはあったはずだ。しかしそれはお互いさまではないのか?

この壁をぶち破って欲しいな。

古くてもなお新鮮さを感じる「教育勅語」
軍国主義だ右翼だと何でもレッテルシールを貼りたがる人のフィルターを通さず、普通に読んでみてください。
-------------------------------------------------
教育ニ関スル勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風を顕彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名 御璽


現代語訳
私(明治天皇)が思うに我が皇室の御先祖様が国をお始めになったのは、遥か昔のことであり、その恩徳は深く厚いものです。
我が臣民は忠と孝を守り、万人が心を一つにしてこれまでその美をなしてきましたが、これこそ我が国の最も優れたところであり、教育の根本も実にこの点にあります。
あなたたち臣民は父母に孝行し、兄弟は仲良くし、夫婦は協力し合い、友人は信じ合い、人には恭しく、自分は慎ましくして、広く人々を愛し、学問を修め、仕事を習い、知能を伸ばし、徳行・能力を磨き、進んで公共の利益に奉仕し、世の中のために尽くし、常に憲法を重んじ、法律を守りもし国家に危険が迫れば忠義と勇気をもって国家のために働き、天下に比類なき皇国の運命を助けるようにしなければなりません。このようなことは、ただあなたたちが私の忠実で良い臣民であるだけではなく、あなたたちの祖先の昔から伝わる伝統を表すものでもあります。
このような道は実に我が皇室の御先祖様がおのこしになった教訓であり、子孫臣民が共に守らなければならないもので、今も昔も変わらず、国内だけではなく外国においても理に逆らうことはありません。
私はあなたたち臣民と共に心に銘記して忘れず守りますし、皆一致してその徳の道を歩んでいくことを切に願っています。

ちなみに英訳(英語してるお子さんと読んでみるとか^^)

Know ye, Our subjects:

Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue;
Our subjects ever united in loyalty and filial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of Our Empire, and herein also lies the source of Our education.
Ye, Our subjects, be filial to your parents, affectionate to your brothers and sisters: as husbands and wives be harmonious, as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to all; pursue learning and cultivate arts, and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers; furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should mergency arise, offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth.
So shall ye not only be Our good and faithful subjects, but render illustrious the best traditions of your forefathers.
The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects, infallible for all ages and true in all places.
It is Our wish to lay it to heart in all reverence, in common with you, Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.

The 30th day of the 10th month of the 23rd year of Meiji (1890)
(Imperial Sign Manual. Imperial Seal)

以上、国民の知らない反日の実態より
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/443.html

----------------------------------------------------

敗戦後、強かった日本を弱体化させるために、GHQは真っ先に教育改革に取り組み、この教育勅語を廃した。

国民の知らない反日の実態の記事を引用いたしますが、昭和20年(1945)10月22日、GHQが「日本教育制度ニ対スル管理政策」を発令し、占領目的に立ち、「日本の教育の民主化・平和主義化のため、あらゆる軍国主義的な極端な国家主義的政策を払拭」することを宣言した。

恐らく赤字に示した部分に象徴される部分に繋がる部分が軍国主義だと言うんですね。

この動画を見ると、教育勅語の素晴らしさを感じることができます。教育勅語は現代語ではよさが伝わりにくいとも言われているみたい。あの難しそうなの読めるの?って方は、この動画で高森先生がすご~い、滑らかに読んでくれますから参考になりますヨ♪



天皇絶対の押し付けだってのは、この言葉で一蹴しよう。
”おめーこの意味わかってんのか?本当に読んでるのか?”
って言いたくなる楽しい、勉強になる動画です。

内容は以下のとおりです。
Q1 教育勅語は何故出されたのか?
Q2 教育勅語の内容は?
Q3 教育勅語は封建的か?
Q4 教育勅語は儒教的か?
Q5 教育勅語は道徳の押し付けか?
Q6 教育勅語の「天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」は非民主的か?
Q7 「臣民」は国民を奴隷視した言葉か?
Q8 教育勅語は神道国教化の聖典か?
Q9 教育勅語は戦後いかにして否定されたか?
Q10 教育勅語は現在では無効か?

もちろん、このイジワル質問に対する答えは全部ノーで、教育勅語の見直してみませんか?っていう動画締めくくりなんだけど、ここにも書かれているとおり、決して古さを感じさせない、おかしなゆとり教育が行われる現代にあって、新鮮に思う。
教育勅語1

芯のしっかりした優秀な子供達を世に送り出すためにも、ママさんパパさん、頑張るよ!

是非動画を再生してね♪


政治アレルギーの克服もよろしくですっ!

ママ達の目に触れるように、ポチっとお願いします^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

いつも応援クリックくださる方、本当にありがとうございます♪
お礼にもいきまーす^^
スポンサーサイト

category: 育児

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

こんばんは。
今の子供達への教育がとても心配になります。
横並びで皆が同じって一体なんだろう。
地元の大手企業が中国人留学生を採用したり、特区制度の提案で、留学生の就業規制緩和を求めたりしてる。
国際化ということで国境がなくなってきてる中、これからどんどん社会に出て行くのはゆとり教育を受けた世代。
狡猾な民族を相手にこの世代が乗り切っていけるのか心配です。
日教組の成果というか、侵略を始めてくる時期が、ちょうどゆとり世代が社会に出て行く時期と重なるような。
これって偶然じゃないよね。
一番大事なのは自分で考える力なのに。
なんだか虚しくなりますね。
教育を取り戻さないと大変なことになりそうですね。
多くのパパさん、ママさん達に目覚めてほしいです。
kuri #wQAHgryA URL [2010/10/11 22:13] edit

kuri様

kuri様、いつもありがとうございます^^

子供達の将来を奪うことをすすめている団塊の世代を糾弾せねばなりませんね。

国際化は愛国心あっての国際化であることを、ママさんが心せねばならないと思う。
ゆとり世代は犠牲者でもあるけれども、自分の権利ばかり主張せず、まずい釜の飯とやらもしっかり食らって、たくましくならなきゃ・・・という教育を、社会はしないから、ママがやるしかありません。

> 日教組の成果というか、侵略を始めてくる時期が、ちょうどゆとり世代が社会に出て行く時期と重なるような。
見事にマッチしてますよね。
全ての流れが来るべくして来たと思います。

しかも、加速してますよ。トップギアに入ってますね。

心して頑張らねばいけませんね。


ルナ☆ #- URL [2010/10/12 02:16] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/194-8abb60a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。