04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

子供と読むからこそいろいろな新聞を読んでみる、いろんな角度からみつめてみる 

教育に新聞をという声がいろいろ囁かれているので、そこにちょっと待ったをいいたい、というのが今日のエントリーです。

あなたはどの新聞を購読していますか?新聞に書いてあることが全部正しいって思いますか?新聞に書いてないからウソだって思いますか?

最近、管理人はこう思います。

結局、振り回され、犠牲になるのはただただ平和に暮らしたい国民である。

何が真実なのか?それはそれを評価する人の視点によって変わってくるのは当然である。

わたし達は何に振り回されているのか、はたと立ち止まり、考えてみるのもいいかもしれない。

そのためには右も左も知っておく。


な~んて、変なこと書いちゃいましたが、やっぱりインターネットって革命ですよ。

先日、my日本の方たちとお話していて、インターネットは誤算なんだろうね、って話が出たんだけど、本当にそう思う。

トラップ(しかけ、罠)があることも事実だけれども、インターネットで知らない世界が見えるようになったこと、そしてこの自由を享受できる環境を守りたいものである。

インターネットは情報が氾濫している。

ワタシ自身も振り回されてる、前よりはうんと冷静に物事を見ていられると思うけれども。

だから、情報を読んだら自分によく問いかけてみるといい。

今の政権は市民運動上がりの菅氏が長の民主党政権。反日議員、帰化した議員、外国人に選挙権をあげたい議員、必要のない夫婦別姓をすすめたい議員、そういう人がいるのは間違いのないこと。

何やってんだかわからない議員が、立法する立場にあり、改革と言う名の革命を本人達が知ってか知らずか定かではないけれど、すすめているということ。

日本を自虐史で埋め尽くす人たちが政権を握っているということ、これはきっと間違いのないこと。

だから、う~ん、なんていうか、そこまで自虐史におぼれるというか、悲劇のヒロインよろしく、全てに甘んじて受け入れる必要があるの?ってことですね。

まぁググッていたら、民主党の勉強会の記事にたどり着いて、民主党がどんな本やどういう講師を呼んで勉強しているのか?ということを垣間見たわけですが、そういうことを知ったほうがいいなぁと思いました。

そりゃ官僚は叩かれるわ・・・ということになります。

しかし、こんな一方的でいいんだろうか?

どうもHPから検索しにくいので、骨なんですけど、いずれ掘り下げてみてみたいなぁとは思います。

ただ、どういう勉強をしているのか、そういうことを知らずに、やっぱり支持するのはどうだろう?自民党が全部いいとは思わないけれども、民主党は何なのか?あまりに知らないまま、国民は政権を渡してしまったのではないか。

まぁ、とにかく、翻弄されるのは、国民と言うことです。

中国だって、台湾だって、争いたくないし世界平和を望む人も親日の人がたくさんいるだろう。

こういう人たちは今の中国の強硬姿勢をきっと迷惑がっているし、悲しんでいるに違いない。

時の権力が行う、情報操作、これこそが、国民を誘導する諸悪の根源だよね。きっと。



やっぱり改めて思うのは、日本は日本の独自の文化を大切にしようってことだろうか。

はるか縄文の時代から稲作を営み、米を主食として粗食で生きてきた日本人。味噌や醤油などのちゃんとしたものを食べて、魚を主食とし、漬物などのちゃんとした発酵食品を食べる。

西洋の食事はやはりご馳走だと思って、たまに美味しく頂くくらいが丁度いいのかもしれない。

毎日毎日、カタカナ食が続くのはどうかな。そこ、見直したほうがいいんじゃないだろうか。

ワタシは水代わりに牛乳を飲み、小さいのに平気で炭酸系のジュースを飲むことに非常に違和感を感じているタイプの人間ですが、そういう人に限って、「こどもはご飯を食べない」って言う。

ガミガミ言う前に、食事を少しずつかえてみませんか?

幕内秀夫さんの「粗食のススメ」がワタシは心地よい。

カタカナ食を全て否定するのではなく、上手に付き合う。スパゲティーよりうどん、スープより味噌汁。少しずつでもいいから、味噌や醤油をきちんとカラダに入れたほうがいいんじゃないかな。

ワタシの一番の希望は、給食が米を中心とした粗食に戻ること。これだけでも数年先の子供達がかわっていく気がする。

少し脱線した。

こういった、当たり前の日本を壊そうとする、世界的な流れでもある日本に押し寄せる男女共同参画の嵐は、男系皇族を継承してきた日本をそのまま否定すことでもあると思う。

田島陽子が、たかじんで、「女性を社会に」というまた煩い発言をして騒いでいたけど、女性を社会にの前に、若者が働ける社会のほうが優先じゃないだろうか?

女性には育てることに意義を見出す方もたくさんおられる。結婚して辞めることがそんなにダメでしょうか?
辞めたい人だって大勢居るだろうに。

働きたい人が働く、やりたい人は自分で何でもやっていくよ。

女は強いんだよ。

それを受け入れる器があればいいだけのことで、まずは救うのは日本の若者じゃないかな~。

ってまた脱線したけど、皇室のことを考えるに、今は天皇陛下を神様と思う時代は断ち切られてしまった。

このことは、やっぱり非常に大きなことで、男女共同参画の嵐は、自分には日本の皇室文化というか、これを崩壊させたい大きなうねりがあるように思えてなりません。

これに屈しない。

これこそが、日本が独立するために大事なことだと思うんだけど、だから、至極自然な流れとして独立国として最低限の軍事力が必要だし、大事なものを守るため、伝統を守るという主義主張の政党が必要なんじゃないだろうか。

平和と言う言葉は素敵だ。

これを高らかにうたっているのは左翼だと思うが、国民はそれに上手に利用され、振り回され、翻弄されている。

争いなど絶対に望まない。保守であり、天皇陛下のいる日本ってやっぱりすごい!って思う自分だけれども、戦争なんて反対だよ。

ウィキペディアで右翼と左翼を見ると、右翼にいろんなことが書いてあって、なんだかさ、あ、ワタシって右翼って見えるわけ???って、笑っちゃうんだけど。

伝統を守ろうって思ったっていいでしょう?皇紀2670年ですよ。すごいことだと思いませんか?
ロマンを感じる~、大事にしたいなぁって普通の思いですけどね。

日本が日本たるは天皇陛下を敬い、お天道様に従い、ひびの生活を営み、家族を大切にし、ご近所様とも仲良くやっていく、争いを好まない平和的な日本人が、そこにいること。

家族のためなら、その温厚な日本人が立ち上がるのは、それが大きな歴史のなかで翻弄されたのが事実であったとしても、戦地に向かい命を落とした人たちそれぞれは、日本のためと信じていたはずだ。

開戦には反対だったという昭和天皇の御心に今更ながら思いを馳せる。

靖国の英霊よ、どうぞやすからに。

この狂った日本をナントカしようともがき続ける子孫たちを、どうぞ見守っていていただきたいと思う。

新しい日本の形は、民主党の掲げる東アジア共同体の一員、中国の属国なんかじゃない。

天皇陛下がいつも述べておられる、世界の平和を願うという気持ちを持ち、伝統も大切にし、お金に猛進するだけではない、まじめにはたらく人が報われて、老後も安心して暮らせる社会、日本がそんな風になってほしい。



って、ちょっとワケのわからん、本当に呟きでした。。。(汗

本題は、いろんな新聞を読んでみようってことなんですが、やっぱり朝日を報道の朝日と信じてしまうのは、本当に怖いと思うので、いろんな新聞を読んで欲しいと思うわけです。

メジャーな新聞ばかり読んでいると、思想が偏るので、普段みない新聞社の記事を読むことをオススメします。

ご自身がいろいろと考えるきっかけになるといいです。

尖閣諸島の問題で、何やら日本がおかしいと不安に思っているパパ、ママ、これをきっかけに、世のまつりごとに目をむけてみてください。

やまと新聞
 【my日本総会】田母神俊雄 前航空幕僚長講演
http://www.yamatopress.com/c/2/4/3033/

田母神さんは多分、「極右」と書かれる人でしょう。ワタシにはそんな先入観が全く持たないまま、漫画田母神流を読んだので、まぁなんて至極普通のことを言う人なんだろう?って思いました。
まぁ、田母神さんを更迭してしまったのは、麻生さんなんですが、この辺も悲しい事実ではあるけれど、うーん、逆にそうせざるを得なかった、見えざる圧力のほうこそ、うらむべしとしたいですね。
麻生さんも田母神さんも好きではダメですかね~。

田母神さんの思想は、ある意味、新鮮だと思うし、日本人がこれを普通と思ったら世界最強になっちゃうかもしれません。だから、すんごい圧力なんだと思います。

支持するか支持しないかは別として、田母神流を知っておくことは、マイナスにはならないと思います。



しかしまぁ、今、曲がりなりにも日本がおかしいとボンクラ主婦でも気がついたので、この流れはもう止められないでしょう。my日本は集まる場所、右でも左でもない、日本を誇りに思うネットワーク、そのものだと思います。

どうも胡散臭いイメージを書いたり叩いたり一生懸命してイメージダウンをはかったりする動きがあったり、まぁいろんな思いを抱きましたが、今は自分自身の中にあったもやもやは消えました。

my日本はもう消そうと思っても消えないでしょう。そういうものが出来つつあると思います。

情報収集の場所と思って、my日本をのぞいてみてください。

胡散臭くないです。マジメに日本のことを心配している、日本が好きな日本人が、集まっているだけです。

たまに変な人がいるから、目立つだけで、気にしなくていいんですよ。

ここにいると、今のある意味、民主党政権をバックアップする思想に偏った報道とは一線を画する、意見や報道が見えてきます。

知ることが大事だと思います。

小さな一歩が大きな一歩になります。


イロイロに語られるあまりにも有名すぎる写真。
今、こんな目をした子がいるんだろうか?
焼き場の少年

この少年の思いは、私達に間違って届いていないか?
そのことを、子供を育てているパパさん、ママさんに考えていただきたいなぁと思います。

<ジョー・オダネルのコメント>
佐世保から長崎に入った私は小高い丘の上から下を眺めていました。すると白いマスクをかけた男たちが目に入りました。男たちは60センチほどの深さにえぐった穴のそばで作業をしていました。荷車に山積みした死体を石灰の燃える穴の中に次々と入れていたのです。10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。弟や妹をおんぶしたまま、広場で遊んでいる子供たちの姿は当時の日本でよく目にする光景でした。しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意思が感じられました。しかも裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。少年は焼き場のふちに5分か10分も立っていたのでしょうか?白いマスクの男たちがおもむろに近づき、背中の赤ん坊をゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。その時です。炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気づいたのは、少年があまりキツくかみ締めているため、唇の血は流れることもなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去って行きました…。

原爆の夏 遠い日の少年より
http://www.tbs.co.jp/program/genbakunonatsu.html


何だか何を伝えたいのかわからんエントリーになってしまいました(汗

でもま、考えるキッカケにはなるかな~?ってことを祈って、そのまま投稿します。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

応援していただけると嬉しいです♪
スポンサーサイト

category: 偏向報道溢れる日本

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

cm 4   tb 0   page top

コメント

こんにちは。
更新お疲れ様です。
また、先日のコメントのお返事ありがとうございました。

文才がないのでうまく表現できませんが、
「蛍の光」、天皇陛下は神様、祭日に国旗を揚げたり、先の戦争のこと、、、
本来であれば、知っていて当たり前のことが忘れられたり、教えられていなかったり、、、。
興味を持って調べないとわからなくなっていますよね。
これらの事、とても大切にことだと気づきました。
自分自身、まだまだ、勉強不足ですが、子どもに教えていかなければ!と思っています。

さて、、、そんな私を「右」だと言うならば、それで結構。
少なくとも、現政権のような考えは持ち合わせておりませんので、
「右」だと言われても、気にしませーん。と、最近、開き直っています。

たまに、現実逃避したくなるような事柄もありますが、何とか、がんばっていきます!
なすがすき #ICazf28Y URL [2010/09/27 14:42] edit

Re: タイトルなし

なすがすき様 コメントありがとうございます^^

そうですね。戦争の評価は時代も、そして評価する人によっても違うはずだし、その違う声を一方的に排除している点に問題がありますよね。
もちろん聖戦ではないという意見も把握はしてます。戦争は美化されるべきものではない。ただ、ただ、戦地に向かった国民が翻弄され、まさに命を懸けて戦った、それは事実ですよね。
この方達はお国のためと信じて戦った、それを否定し続けることは、やはりいけないことだと思います。

> さて、、、そんな私を「右」だと言うならば、それで結構。
> 少なくとも、現政権のような考えは持ち合わせておりませんので、
> 「右」だと言われても、気にしませーん。と、最近、開き直っています。

フフフ♪同じですね。「愛国で何が悪いの?」ですね。
ワタシは旦那には「ネトウヨ活動するから(パソコン)かわってくれー」と言いますからね(笑
ネトウヨ主婦増殖中だと嬉しいです。

国を救うのはママパワーよ!頑張りましょう!
ルナ☆ #- URL [2010/09/27 23:07] edit

ネットの可能性については、すぎやまこういちさんが以前演説で仰ってましたね。民主党政権が誕生した中、インターネットが普及しきっていたというのが不幸中の幸いです。あと4~5年早く反日が政権を握ってたら、日本は終わっていたかも。状況は悪いけど、ギリギリのところで持ちこたえているあたり、日本ってやっばり何かに守られているんだと思います。


新聞は複数読んだほうが新しい発見があったりしますよね。左右問わずに読み比べるのも面白い。
敵を知るのも大事だろう、と思ってこないだ赤旗(ネットの)見てみたんですが、あちら側の人たちがどういうことを考えているのかがわかったりするんですよね。偶然「レッドパージの補償」なんていう、他じゃ出回ってないような情報も見つけることができましたし。
K #KAms/y7Q URL [2010/09/28 02:40] edit

Kさま

お久しぶり?です。おいでくださって嬉しいです、

日本は守られている、本当にそう思いますが、しかし、日本人もダメになってきていますから、神様がどこまで御守りくださるか、心配です。ネット規制の動きは本当に目を光らせる必要がありますね。>
>
> 新聞は複数読んだほうが新しい発見があったりしますよね。左右問わずに読み比べるのも面白い。
> 敵を知るのも大事だろう、と思ってこないだ赤旗(ネットの)見てみたんですが、あちら側の人たちがどういうことを考えているのかがわかったりするんですよね。偶然「レッドパージの補償」なんていう、他じゃ出回ってないような情報も見つけることができましたし。

赤旗はときどき読むといいかもしれませんね。まともなことも書いているといいますし、そういう記事も実際見かけるし、今回は尖閣でも意外にちゃんと発信して、日本人ということを示しましたね。

知らないことが多すぎるので、やっぱりいろいろ見るといいと思います。

コメントありがとうございました^^
ルナ☆ #- URL [2010/09/28 18:05] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/175-98473413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。