09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

三宅議員転倒事件・・・ 

国家公務員改正法案がまたもや強行採決。強行採決。

甘利明の活動報告
*************************************

先般の内閣委員会における騒動<三宅議員の転倒事件>の顛末をご報告致します。

YouTube の動画サイトでご確認頂けます通り、私が「ふざけるな!」と私を妨害している私の前の議員を押しのけた所から始まります。(なぜ私が怒ったかは後で記述します) すると、突然、私の視野の外から三宅議員がダイビングをするかの様に前に倒れこんできました。一瞬、私は何が起こったのか判らず、ぼーぜんとしましたが、三宅議員が私の方を見ながら「ひっどーい!」と叫ぶものですから、「えっ?オレのせいなの?」と虚をつかれた様になりましたが、たちまち、私の行く手をふさいでいた十数人の民主党新人議員に罵倒され小突かれるという事態になりました。瞬間「しまった、、、はめられた。」という思いが頭をよぎりました。カメラが入っている中で映像を作られた。という思いでした。

当日の内閣委員会は民主党が強行採決を行うという噂が流れておりましたので、最後の質問者、小泉進次郎君はそれを防ぐべく、持ち時間が過ぎても大臣の不明朗な視点を正すという質問を続けました。しかるに、採決の強行に至ったものですから、各委員は委員長席に抗議に詰め寄りました。私も委員の一人であり、昨年の国会に当時の政府案を提出した担当大臣でありましたので、抗議に立とうとした所、委員でもない民主党の議員が乱入し、壁を作って私を執拗に妨害しました。委員以外が実力で議事妨害をすることは許されません。何度も力ずくで押し返されたものですから、いささか、腹を立てて再度歩み寄り、冒頭の「ふざけるな!」と前の議員をどかす行為に及んだというのが、事の顛末です。
************************************

5/18修正
甘利議員の名誉のために・・・と書きましたが、残念、彼は人権擁護推進派でしたね。
あぶないあぶない(笑)こうして、色々でてきそう。
というわけで、ある意味、非常に興味深い事件でした。
以下はそのまま残しておきますが、タイトルは変更しました。


動画は溢れています。

自作じゃないの?の論調は知っていましたが、愛国者の方の贔屓目もあるかもしれないと思ってみました。
・・・が、はっきりと、甘利議員は三宅氏に触れていません。
それ、というタイミングでダイブしています。

甘利氏の報告に、民主党新人議員に罵倒されたとあるので、あるいは、強行採決が決まっているところ、何らかの、悪意のシワクがあったとしかワタシには思えません。

三宅氏、甘利氏の手の辺り見てますよね。

中日新聞は、甘利氏の弁解には何も触れず、淡々と
**********************************
自民党の甘利明元行革担当相が三宅氏をつきとばしたとして、懲罰動議を衆院に提出した。
**********************************

どですか、この民主党の捏造ぶりと、マスコミの援護射撃ぶり。

んで、すんごい曝露記事ありますよ。msnです。さすがです。GJ。

三宅氏「自分で転んだ」暴露? 自民議員ブログで明かす
2010.5.15 21:06

この自民議員というのは馳浩氏だそうです。

はい、どうぞ。

*********************************
議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。
 えらいものものしい。
 「どないしたの?」
 「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって・・・」
 と、痛々しい包帯姿。
 「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・・」
 と三宅さん。
 「強行採決は与野党阿吽の呼吸でやるもんだけどね。 新人はまだ要領がわからないんだね・・・」
 と、同乗の共産党の宮本たけしさんと世間話。
*********************************

自分で転んだといってるんだから、これで懲罰動議が衆院で可決されたら、とんでもないよ。

自民党さん、二の足踏まず、審議拒否してください。
相手が悪すぎます。
紳士に対応なんて・・・通用しませんよ。
ヘタに衆院まで持っていかれたら、終わりです。

審議拒否に否定的=大島自民幹事長

幹事長・・・侍魂はないのか!カーツ!


もうひとつとんでもない動画。

民主党の懲罰動議に抗議するお電話の様子を自作自演画像とともに送り届けてくださる動画。

民主党事務所の対応・・・すんごいですね。
この方のご職業は何ですか?とお伺いしたいものです。

本当、真実でしょうか。
あるいは、ものすごい妄想入り希望的考え方として、民主党の暴挙を暴いて欲しいという内部告発でしょうか。
いや、これは妄想ですからね。
ウソを言うな、という声は届けないでくださいね。

民主党、相当態度が悪い。
この画像を野放しにしておくことが、信じられないからです。
普通にしたら、消したいでしょう。

・・・いや、しかし、これは、もう、なにもかも強行採決するぞというメッセージなのか。
開き直る○○ほど怖いものはない。


いいよいいよ、民主党に入れてくれなくていいよ、との発言も相当ですが、

極めつけ
日本は中国になるんだよ

(この動画が真と確定を前提として)
はっきり、ご本人たちがしゃべってくれたのですから、わかりやすいですね。

民主党のマニフェストにはない、インデックス2009に記されていることは、全て、日本国解体、ご皇室へ影響を及ぼすことにつながります。


敢えて反日朝日様より記事を頂きましょう。

国会改革関連法案を与党提出 小沢氏肝いり、野党は反発

国会法改正案
先にも記事にしたことがありますが、至上最悪法案の一つ。

民主独裁政権成立への足がかりとなるとんでもない法案です。

与党は、国会法改正案は野党の反対を押しきる異様な形で、衆院に提出した。
これに対し、審議入りは未定と多くが報じています。

どの新聞にも書かれていない重要なこと、それは

多くの憂国の同士が、必死で、fax、手紙、メール、電話を通じ、断固反対意見を送り続けていることです。

マスコミはこれを報じることなどできません。
うやむやな形で審議入りが何と無く遅れている論調になっているのは、この反対抗議も効いているのだと信じています。

そして、またもや強行採決があったのです。
敢えて反日朝日様よりソースを頂きます。
***************************************
温室効果ガス排出量の「25%削減」目標などを盛り込んだ地球温暖化対策基本法案は14日、衆院環境委員会で民主、社民両党の賛成多数で可決された。それぞれ独自の対案を出している自民、公明両党の議員たちが、樽床伸二委員長(民主)に「強行採決は許されない」などと詰め寄る中での採決となった。自民党は週明けにも、委員長の解任決議案を衆院に提出する方針だ。
***************************************

CO2の25%削減。

衆院環境委員会の動画がありますが、自民の1年生議員斉藤氏が強行採決させないために審議を引っ張っています。
全く正論を述べていますが、民主党と話が噛みあいません。

ワタシは環境問題には懐疑的な立場です。
データは怪しい部分もあると言われる武田邦彦氏の環境論は概ね理解する、立場です。
なぜなら、そこに巨大なビジネスが成立しているからです。

25%削減はまたもや日本国、日本国民に相当負担を強いるものです。
こんなのが国会で可決されてしまったら、経済活動が停滞してしまいますよ。

企業は海外に出て行ってしまうでしょう。
24時間コンビにはなくなるのでは?
家庭では冷蔵庫も24時間つけられませんよ。
環境税も導入されるでしょう。
使用しているエネルギーを半分にしないと目標が達成できない、法案です。

こんな大事な法案が、たったの18時間しか審議されずに衆院に提出されることに


先の衆議院選挙はもはや無効であると思います。

自民党も二の足を踏まず、内閣不信任案を提出されたし!

スポンサーサイト

category: ニュース

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/17-5a77ecb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。