07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

キレやすいこどもはなぜ増えるの?日本大丈夫? 無敵な母乳を大事にしようね! 

※アクセスブロックされる場合があるので表記を変えました。メンドウな世の中ですね。
ぱーっと明るくなるニュースはありませんか?本当にこの国は、本当は優秀な国民がいいるのに、どんどん壊れていく。

一番の問題は、自ら壊れていく方向を選択していることだと思う

「キレる子供、低年齢化」小中高校生の暴力が過去最高 文科省調査

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100914/edc1009142203000-n1.htm
------------------------------------------------
小中学生と高校生の暴力行為が平成21年度の文部科学省調査で約6万1千件に上り、過去最高となったことが14日、分かった。小中学生の増加が顕著で、同省では「感情をコントロールできず、キレる子供が目立つ。暴力の低年齢化が進んでいる」と分析している。

 同日公表された「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果によると、全国の小中学校・高校などの児童・生徒が校内外で起こした暴力行為は6万913件で、前年度比2・1%増。うち中学生は4万3715件で2・2%増、小学生は7115件で9・7%増。高校生だけは2・9%減って、1万83件だった。

------------------------------------------------

原因として思いつくのはキリないです。おかしな食事をやめよう、早ね早起きさせよう、早いうちからテレビにお守りをさせるのやめよう、イロイロありますが,今日はこの観点から子を守る、国を守るということを記事にしたいと思います。

新米ママさんたちに申し上げたいことは、こどもの力を信じよう、こども達の自由なやりとり、解決方法を見守ろうということです。

ワタシは2児の母で、一人目の子は本当にあれやこれやと試行錯誤し、悩み、苦労しましたが、今はそれなりに落ち着き、度胸もつき、そう不安もありません。色んな問題にぶつかると思いますが、それなりの覚悟はできています。失敗も含め、たくさん経験をしてきたから言えます。今のママさんはすぐにこどもの世界に手足口出しする。集団の場でこども達がおもちゃのやりとりをする、当然順番を待つということを知らないこどもはお互いが欲しい欲しいで、喧嘩をする。

力の強い子が勝って、とられる子は泣く。力の強い子のママは必ず介入します。「●●ちゃんダメじゃない!返しなさい!」ってときにはその子を怒ったりまでする。叩いたりもする。でも、そこ、ちょっと待ったですよ。

負けた子はママに泣きつくかもしれないし、ママは泣かされて不快に思うかもしれない。勝った子のママはきまづいかもしれない。うーん、例えば気の合う仲間でくっちゃべってこどもを放任して遊ばせるスタイルが今本当に多いから、その仲良しのママさんの間で、取り決めしてみるといい。

こども達にまかせてみよう、こども達の意思を尊重してみよう。見守ってみよう。黙ってみていると、泣かされたこどもはそのあと、意外にあっさり諦めて他のおもちゃで遊びだすかもしれない。黙ってみていると、泣かしたこどもも取り上げただけで、意外にあっさりとそのおもちゃを放り出すかもしれない。諦めたこどもって忘れなくって、それが空いたとき、すかさず取りにいくのではないかとも思うし、取り上げたこどもも、自分が納得したあとに、自分で”どうぞ”っておもちゃを返しに行くかもしれない。あるいは、そこにいるお兄ちゃん、お姉ちゃんが助けてくれるかもしれない。泣かされたこどもはあるいは、再チャレンジしておもちゃを奪いに戻るかもしれない。

要するに、小さいうちから自分で考えて行動することを、生きていく術を学ぶ機会を、ママさん達は自らの手で奪ってるんです。あるいは、こども自身が、なんとなく、世の中には力の関係というものがあるんだなっていう、現実の厳しさを知る、もっとも身近な機会を壊してます。兄弟げんかに口出ししますか?下の子は泣かされてナンボでしょう?手を出す、足を出すことはもちろん叱りますが、そういう方法でしか感情の爆発をおさえられないように既にその時点でなってしまっていることが、残念です。

こどもを叩けば、こどもは叩くことを覚えます。ママには見守るという覚悟も必要です。(限度もありますからね、もちろん)それと同じようなことがお友達同士でできるといいですね。切れやすいのは、こども通しのコミュニケーションを学んでこなかったから、どうしたらいいかわからないから、それが年齢が大きくなって弊害になっていると思います。

まぁやっぱり、変な教育環境も影響していますよ。今の幼稚園や保育園のお遊戯ではですね、スイミーやったらスイミーは5人も6人もいるんです。桃太郎やったら桃太郎が5人も6人もいるんです。クラス対抗のリレーは白熱しますが、当然ビリクラスにも健闘を称え暖かい拍手が送られます。おおとりの子は恥ずかしいやらうれしいやら、それも思い出。ところが、そのリレーも、最後はファストパスみたいに、途中でゴールまで早くたどり着ける、要するにインチキコースを用意して、みんなで一緒にゴールするなんていう馬鹿げた風潮らしい。

ただ、このような風潮が見直されればよいけれど、どうやらジンケンとか”こども権利条約”とかを広島県で採択しそうになったようだが、こどもの単なる我がままをこどもの人権だ、認めなさいってのも、どうかしている。度が過ぎています。バカらしいと思う。いちいち反対するのもバカらしいくらいだと思うが、そんな人権なるものを法律にしようってんだから、反対です。悪いことは叱る、親の責任で叱る、親は子の言うことを聞きなさい、です。もちろん、それは愛情があって成り立つことですけれども。

そう、こどもが壊れたまま修正されない環境って、このように待ったなしで社会のあちこちに存在しています。こどもが壊されると知らずに攻撃されていることっていっぱいあるんです。これにNOを言えるか、ここがニッポンのお母さんの頑張りどきなんですよ。子育て前からそれははじまっているような気がします。例えば、たまごクラブひよこクラブ・・・あーゆーのを見て、初心者ママさんは勉強しますが、半年も過ぎたら”離乳食をはじめなければいけない”と思い込むお母さんも多いでしょう。紹介される離乳食はそれはもう素晴らしいですよ。栄養たっぷりで、見た目も華やか。そして、ママは無理しなくても、今は”離乳食のレトルトパック”や瓶詰め離乳食がたくさんあるから、それを利用すればいい、足りない栄養を補えばいい、って書いてある。

最近では少しずつ母乳が見直されている様子ですが、生まれたその日から粉ミルクを提供する病院も普通にある。母乳から牛乳へ以降するために、9ヶ月もすればフォローアップミルクというのが用意されて、1歳にもなると普通に断乳の話がでる。卒乳ではなく、断乳。この違いは非常に大きいのです。ワタシからすれば、正直全く必要ないし、踊らされる必要ないと思うんですよね。離乳食なんて、まさに企業の金儲けでもあり、あーゆー雑誌は宣伝機関ですよ。

じゃぁ全く使うなとは言いません。上手に使えばいいけれど、自分でご飯も作らないで、便利素材に頼り切っているとしたら、チョット待て、なんです。母乳でいいんです。歯が生えてきたらで十分だし、白いご飯粒でいい。お母さんがおいしいと思う塩加減で、おむすび作ったらいいんです。

お味噌も醤油も、脱脂加工大豆なんてものではなく、ちゃんと豆からつくられている日本の企業が作ったものを選ぶ。ご飯と味噌汁、たくあんやのり、醤油など、昔から丁寧に作られたものをあなたのこどもにあげてみてください。日本は魚で育ってきたから、あげるなら魚や納豆などの豆類など、欲しがるものをあげればいい。魚も残念ながら海洋汚染が激しいので、養殖の心配のない「いわし、あじ、さんま」などで十分です。カレイやヒラメもいいですね。多分、食物連鎖の関係から言っても、危険性が少なくて済むと思う。鮭を食べるなら、養殖は避ける。添加物のないもの、少ないもの、許せるもの、そういうものを選んでいけばいいんです。時には脱線したってかまわない。

牛乳神話に踊らされないほうがいいとおもいます。育児雑誌には普通に、1歳過ぎたら断乳して牛乳です。でも牛乳は水代わりに常飲するものではないし、嗜好品だと思ったほうがいい。どうしても飲みたいなら、低温殺菌で丁寧につくられた牛乳をありがたく頂戴するほうがいい。あれは白いから飲めますが、ウシの血液です。人間の体にせっせとウシの体液を入れる必要はありません。何事も行き過ぎは弊害を生みます。ウシの赤ちゃんが飲む牛乳で育てるのではなく、人間の赤ちゃんは母乳で育てるんです。ヨーグルトやチーズはその先人の知恵と工夫で保存食になっていますが、嗜好品として頂くのが本当は望ましいと思います。

また、ウシのチチはカロリーが高いので、こどもはご飯を食べなくなりますし、牛乳にすると、自然とパンになりがちです。パンも、食べるなら、小麦、酵母、塩から作られたシンプルなパンをたまには味わってみてください。残念ながら給食のパンはスカスカで、添加物で膨らませたパンです。日本の技術は皮肉にも素晴らしすぎます。高いけれど、親が駄目でもこどもにはこの味を叩き込んであげたい。世の中の荒波にもまれる前に、舌に本物の味を教えるんです

最初にホンモノを舌に刷り込んでおくことは本当に大事だと思います。必ず子どもの舌は覚えていますから、必ず、変なものへ走っても戻ってきます。それは自分のこどもを見ていて強く感じることです。味の濃いものは好まない。たまの外食を喜んで食べるくらいでちょうどいいんです。毎日の食卓が外食のようなメニューである必要ありません。ましてや、育児雑誌に彩られる離乳食を毎日用意できないからとノイローゼになる必要もなく、ご飯でいいんです。

それをしないで、最初からカロリータップリの肉料理、牛乳への移行、バターたっぷりのケーキやクッキーなど、美味しいものを食べさせすぎです。うちのこどもは果物が大好きですが、果物もバナナではなくて、日本で採れるものでいいと思います。まぁ楽だし、美味しいし、安いものは安いからからバナナも結構ですが、漢字で書ける果物をできればあげたいですね。

「母乳でないから」「こどもが飲まないから」これは多分、カロリータップリのママの食事が影響しています。すっぱくてまずいから飲まない。あるいは脂肪たっぷりで血管が詰まって、母乳が出ないんです。何故母乳がでないのか?母乳が出るようにするにはどうしたらいいか?赤ちゃんがどうしたら母乳を飲んでくれるか?諦めるのはカンタンです。でも、そこに気がつくか否かです、ここに気がついて、食らい付くか諦めるか、ひとつの分かれ道のような気がします。

母乳に教えられる食事こそ、必要なものであることにお母さんは気がつくべきです

こうして書くと、お子さんに恵まれないカップルさんもおられるでしょう。母乳にたどり着く前に、お子さんに恵まれない方もおられますが、提案としてひとつ書いておきますが、不妊治療に悩むママさんも、カロリーいっぱいの栄養たっぷりの食事を少し諦め、普通の日本食に変え、体温をあげる工夫をしてみませんか。生姜や味噌は体温をあげるためにもとってもカラダにいい。昔からの知恵を取り入れてみませんか?

こどもは母親を選んでくると言います。赤ちゃんにとって心地よい子宮を用意するイメージをしてみましょう。血液は重要なんです。パスタよりうどんに、肉は魚にしたいですが、苦手ならスーパーで開いてもらえばいいです。コンソメスープより味噌汁です。パンにマーガリンは論外。腐らないものを体に入れないようにするんです。ほんの少しだけ意識すればいい。無理はしない。ただ、意識して取り入れてみようとするんです。脂肪たっぷりの血液より、日本食を基本とするさらさら美しい血液で体になるよう、体を整えてみませんか。世の中の心地よい情報だけに捉われないことが大事です。もちろん、種を提供するパパもね!そうしたうえで、お医者さんのお世話になればいい。効果も違うかもしれません。カラダが整っていれば、赤ちゃんも安心します。

母乳で育てるためには、その土台作りとして、食生活ってやっぱり大事なんですよ。そもそも、母乳は母親しかできない特権でもある。男がどんなに泣き叫んでも望んでも、母乳のでる母には勝てない。そういうもんだと思います。母乳をあげるということを通じて、かけがえのない親と子の絆を感じてください。母親の目を見て母乳を飲みますか?アイコンタクトしながらやりとりを楽しむ、その醍醐味をママさんはどうか味わって欲しい。

だから、出ないママは母乳をカンタンに諦めませんよ^^

赤ちゃんはまだ世の中の矛盾に染まっていない、太古からの人類の歴史をたったの10ヶ月でたどってくる奇跡の存在です。その尊い赤ちゃんのサインを読み取りましょう。日本の昔からの食事は本当に素晴らしいものだと思いますから、情報に流されないで、母乳をちゃんとあげればいいんです。うちの子はちゃんと、牛乳世代での統計による成長曲線の下限をちゃんと走って成長しています。消して大きくはありませんが、不安はありません。

母乳はやめなくちゃいけない?働いたら、やめなくちゃいけない、というのもこれまた間違っています。働きながらでも母乳は続けられます。本当はママは働かないで済むなら、そのほうがいいと思います。(しかし民主党政権が続けば、ママは働かないとやってけないような最小不幸社会が待っています)でも、今は働きたいと希望するママさんいます。でもそれはママのわがままでもありますから、こどもが望むのなら、母乳はやめなくていいんです。

1週間くらいママは食べるものをご飯と味噌汁だけにでもして、摂取カロリーを落とす、昼間おっぱいが張ったら圧抜きというのをすれば、昼間はらなくなり、夕方、お迎えに行ってお留守番のご褒美に母乳をあげる。欲しがるときにあげる。夜もきちんとあげます。こどもは満足しますから、極めて穏やかです。そして母親のほうといえば、不思議と体は順応する。母の体は素晴らしいですよ。搾乳なんてして保育園に届ける?そんなメンドウクサイこと全く必要ない。保育園ではお茶を飲ませておけばいいんです。
(ただ、保育園の先生たちが抱く牛乳神話と対抗するには現状、テクニックとお芝居が必要ですが^^)

ワタシ自身もまだ母乳をあげていますよ。日中は普通に仕事をしていますけれども。

カンタンなことなんです。世の中はメンドウクサイこと、お金がかかることが一生懸命正しいこととして書かれている。その矛盾に気がついていることが大事です。じゃぁあなたは離乳食のレトルト使っちゃいけないって言うの?ミルクは駄目なの?って批難されるかもしれないが、もちろん、否定しません。

病気でどうにもできないときもある、お世話を他人に頼まないと駄目なときもある、病気になって薬が必要になることもある、ミルクでないと駄目な人はいます。世の中はうまくいかないことがたくさんあります。母乳は無敵ですが、母乳をあげられなかったからと言って、悲観する必要はないと思います。ミルクでもちゃんと育ててらっしゃる素晴らしい方もいます。その辺は片方に偏りすぎては駄目だと思います。ただ、こういう意見もある、ということを知っておいて頂きたい。右か左か、ではなく、右も左もあるということです。大事な根っこを見失わなければいいんです。


ワタシはいま日本が危ないということを訴えていますので、全く関係のない話ではないからとりあげます。

実は前々からこんな風に思っていますが、たまひよを信じて疑わないママさんは、比較的簡単にミルクを与え、まじめに離乳食に取り組みますが、少なくとも自分の周囲を観察していて、このあたりの人は子ども手当てを喜ぶ傾向にあり、テレビを信じて疑わない、情報に流されやすい方が、比較的多いのではないかと思っています。今はおばあちゃんに教えてもらえる環境は少ないから、頼るのは育児雑誌です。そこには先に書いたように、企業の金儲けがたくみに仕組まれた情報が溢れていますが、見事に釣られて、模範的なお客さんになります。

ところが一方で、母乳をきっかけにこの赤ちゃんビジネスに疑問を持ち、自分の手で何とかしようともがきはじめたママさんは、世の中に溢れた情報にはおかしなものがあることに気がつく方が比較的多いのではないかと思います。

しかし、そこをぜーんぶ拒絶したり否定したりすると日々の暮らしが大変だし、友達も失いますし、出来ないからノイローゼになりますので、たまには騙されたフリをし、美味しいものを食べて贅沢もすればいい。企業が倒産して路頭に迷う人が増えるのも困りますから、便利なものもときには有難く利用しましょう。そう、臨機応援にずる賢い人間になりたいものです。

ママはこどものためという錦の御旗を立て、腰をすえて世の出来事を見つめ、荒波から適宜こどもを守るために腹黒くなろう(笑

国防の重要性を語りたいワタシとしては更に踏み込んで申し上げますが、こういう意識の高いママさんは自然という言葉に敏感ですから、戦争と平和という言葉にも敏感だと思います。武器をもつことはいけない、憲法9条は大事だと、まじめなお母さんほど、戦争と平和という言葉に酔いやすいような気がしますから、ヒロシマの平和宣言を素晴らしいと思い、核兵器廃絶の署名運動に協力して署名するのではないでしょうか。民主党は非核三原則を法制化しようとしていますが、これにも疑問を持たず、まぁどうぞって感じかもしれない。

風の谷のナウシカを覚えていますか?あれは今だからわかりますが、ものすごい左翼思想の色濃いアニメですね。命を顧みず戦うものを止めることを美しく描いています。巨神兵は核兵器をイメージさせますが、不気味な化け物として書かれているし、戦闘機をイメージするガンシップより、メーヴェでした。「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし、失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん」は、最後大ババ様が最後に、生き返ったナウシカを見て泣きますが、覚えておいでではないですか?ワタシは本当に嵌りましたね。あれに。あれは自然に対するメッセージも強かったから、漫画の得意だったワタシは父親の仕事柄、ある資料としてナウシカを用い、マンガを大きな紙に描いたりしてこどもながらに手伝いました。懐かしいな。

しかし、それはそれです。アニメはアニメ。メッセージ性が強いだけに、影響を受ける人も多いでしょう。でも、きれいごとで命は守れません。現実世界は、生き返るということはありません。かけがえのない命です。丸腰で危険を顧みず身を投げ打って争いを止めにはいっても、命を落としたらそこでジ・エンドです。

自分達の住む国の領土がきちんと守られてこそ、安心して暮らせます。ところが、この日本と言う国は自分の国を自分で守ることができない状態です。しつこいですが、それが現実です。改めて驚いてくください。日本が今教えられている歴史は日本に原爆を投下した国が我々日本人に押し付けた歴史であることを、しっかりと受け止めてください。戦後もう65年もたっているということを強く感じてください。

沖縄が侵略の危機にあります。沖縄の侵略が報道されない恐ろしさを自分のことと受け止めてください。日本は無防備だから、武器を持たないことをいいことに、中国が襲ってきますが、自衛隊が軍隊として機能し、領海侵犯に断固たる措置をする国であれば、無理に踏み込まないだろうと、少し考えれば理解できる話です。日本は侵略する気持ちも争う気持ちもないのに、こうして愚かな相手が、勝手に戦争をしかけてきます。そんな相手に左翼の平和主義って通じるのかなぁ?平和主義も結構ですが、それは侵略の心配のない領域のうちにおいて、成り立つのじゃないだろうかと、感じたりもします。残念ながら、平和を維持するために武装するということが、現実的なのではないでしょうか。

まぁそこを、この国は平和憲法と言う名で抑えつけられている。日本には、日本人が教えるべき歴史があります。ワタシの左側のバナーの欄に「愛国女性のつどい花時計」というところがありますが、そこに”凛として愛”という動画をご紹介する記事のリンクがあります。また、ワタシがトップにあげているやまと新聞の動画をはじめて出合った方はどうか再生してください。今、日本は自分達で自分の国を守るという当たり前のことを大きな世論として展開していく必要があります。

気がついてください。マスコミはおかしいのです。おかしいのは赤ちゃんを取り巻く環境だけではないのです。ただ、これは何も不思議なことではありません。赤ちゃんを取り巻く環境がおかしいことに気がついたお母さんならきっと、戦後教育のからくりを理解できるはずです。でも、大多数の方はそのからくりに気がつかず、日本国民は今、とんでもない政権を選択し、しかも捏造とも思える高い支持率を保持している。彼らのこの日本を、天皇陛下を敬う戦前は普通だったごく当たり前の日本を破壊します。小沢でもない菅でもないのです。これはワタシの購読している新聞ですが、こんな写真を今日掲載しました。

ba.jpg

ちょっと小汚くて伝わりにくいですが、げんぶつはなんというか、この撮り方が何となく陶酔しきった人がとったような写真に見えて、朝一番に唖然としました。 日本をこれから破壊しようとする総理大臣を印象的に撮影し、大特集を組む。あなたが報道の朝日と信じている朝日も、毎日も、大手の新聞はきっと民主党政権の広報機関と成り下がっていることでしょう。改革が進めば、日本は日本でなくなるのに、こんな風に書かれていれば、「ねじれを乗り切れ」「死ぬ気で政権運営にあたれ」という民主党広報機関のその言葉にすっかり騙されます。

民主党はNOなのです。一刻も早い解散総選挙が必要です。

自民党内にいる民主党みたいな人間は必ず落選させるべきだとおもうのですが、自民党中心の保守政権を誕生させる必要があります。麻生元総理は漢字が読めない・・・から駄目ですか????たかだか漢字ですよ。いいですか。民主党はキャミソール大臣や所詮グラビア出身の公職選挙法違反大臣やパチンコ業界を救いたい宮崎の種牛皆殺しを凶行する大臣や、不倫元幹事長やママから1500万円もこども手当てをもらう脱税王元総理大臣、とどめは拉致実行犯を釈放した総理大臣とか、もうわけのわからない偽者日本人が中枢にいるんですよ。それを叩かないマスコミがおかしいと気がついてください。

自民党を支持すると、表現規制に反対する人たちは理解しないでしょう。自民党が規制派だからです。でも、そこははっきりわかりませんが、それは、表現をする人、漫画家さんや作家さんが立ち向かわせるべきですよ。表現で生計を立てている人が声を大きくすればいい。表現の自由と言う言葉をもっと大きくして欲しい。そうすれば、自民党は日本人ですから、民主党のように日本を売りさばくような酷いことはしないと思います。もちろん、漫画家さんだけでなく、ワタシのような主婦でも協力できる場があるのであれば表現規制反対についていくらでも協力します。自民党に政権運営してもわらないと困るからね^^

しかし、民主党は違います。彼らは、こういう声を有害情報として抹殺することを平気でやるはずです。自民党も民主党も変わらないといっているのは、自民党に巣くう民主党みたいな人の存在に気がついていないからではないかと思います。完璧な政党など多分存在しない。ただ、日本を崩壊させるような政権を選んではいけないです。

たちあがれ日本の平沼氏は、先日テレビで、保守の大事なことは「天皇をおまもりすることだ」と発言しましたが、これが重要だと思います。皇紀2670年の伝統を、民主党政権を選択するような愚かな世代の私たちがやってはいけません。天皇陛下の世界的な権威を日本人は教育されていません。嬉しいことに、「日本が好きなだけなんだよ」様が皇室ネタのみ不定期で更新してくださいます。皇室を知るのはワタシが知る限りここが一番です。政治家ではできないことを、国民がやらねばなりません。日本が好きなだけなんだよ様の直近のエントリーのコメントに故フランス大使の言葉として”世界中の人類が滅ぶ時、もしも一つの民族だけを生き残せるならば、日本人を残したい”というというコメントを見かけました。それが本当であれば、それは、天皇陛下を崇拝してきた日本人だからこそだと思います。

日本人が忘れてはいけない根っこ、それは天皇陛下を敬うお気持ちです。

その天皇陛下を敬うどころか、根っこから崩壊させようとか、悠仁親王殿下がおられるのに、女系天皇だの女性天皇とか言うことを発言するのがおかしいんです。これは折に触れて目覚めない普通の人の目に留まるように、多くの保守派の皆さんがとりあげて欲しいし、ツイッターって言うの?あれ、やって欲しいですね。

というわけで、おっぱいから国防を語ってみました。いや、私にはそういうのが繋がって見えてしまうのです。私の中では切り離せない問題です。切れやすいこどもたちも、でるべくして出てきたというか、でてきて当然のこの世の中の乱れ。

昨日に取り上げた、翁杉の倒木は、なんとなく左翼でしかも反日思想に染まった占い師なら「古来日本の体制の崩壊だ、新しい体制が必要だ」でしょうが、ワタシのような愛国の立場から見れば「身代わり」です。樹齢2000年の悠久の昔から日本をみつめてきた大木の崩壊は、警告であると思うし、このままでは本当に崩壊することを憂う神々の声でもあると思う。

平和ボケも大概にしないと、ほんとぉに!

ママさん、パパさん、正念場なんですよ。気がついておくれよ~ん(^o^)/^

って、まとまりのない文章ですみません。言いたいことがありすぎて、削るの大変でした(汗

おもしろかったら応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 育児

thread: 子育てママのお悩み - janre: 育児

cm 6   tb 0   page top

コメント

まったく同感です!

さすがLunaさん
よくわかってらっしゃる。まったく同感です。
貴女みたいな母親ばかりだと日本も
安心なんですけど・・多分残念ながら
少数派ですよね。
だから私もLunaさんみたいな母親が増える
ようブログでがんばります。
おず吉 #NqwoKNcQ URL [2010/09/16 15:01] edit

こんばんは。
私もルナさんの言いたい事に同感です。
一人でも多くの人にこの変な状況を気づいてほしいです。

先程、News ZERO を見てたら、なんとあの来月約1万人も来日予定だった中国人観光客団が中止になったとありました。
今回の尖閣諸島の件が原因みたいです。
夢じゃないよね。
喜んでいいのやら。
でも中国マネーをちらつかせてきたようで嫌~な予感。
どうだ~言う事聞け~って感じかなぁ。
毅然と対応してほしいけど今の政府では難しいかも。




kuri #wQAHgryA URL [2010/09/17 00:26] edit

おず吉さん、いらしてくださってありがとうございます^^

やっぱり少数派ですかね(笑
でもねー、政治に興味を持つ手前までの人はたくさん居ますよ。
早期教育に目覚める人たちですね。
この人たちは日本の伝統を教えようと、日本の伝統を教えることは大切だと、英語を一所懸命教えながらも、考えていて、実践しています。

ただ、歴史観が間違ったままな方が多いと思います。絵本はどっちというと、危ないのもあって、例えば「広島の原爆」など絵本がありますが日本が侵略戦争をしたとはっきり書いてありますから、それをまともに信じている方が多いと思うのです。

そう、逆に左翼の平和主義に目覚めちゃう可能性もある。愛国左翼ならまだいいですが、民主党のそれとは違うぞと、そこをわかって欲しいですね~。遠い道のりかな~><

ブログ、頑張ってくださいね^^
ワタシも細々とですが、頑張ります。
ルナ☆ #- URL [2010/09/17 03:02] edit

Kuri様

いつもありがとうございます^^

1万人コナイの?ワーヨカタ~。
来なくていいよ。
日本が嫌いなんだから、何で来るんだ。
来なくていいよー。ばんざーい!
中国にお金を出す?
絶対許さんけど、起訴も決めたらしいから、何かお金を差し出しそうですね。

国民何とも思わないんですかね。
不思議でしょうがないです。
ルナ☆ #- URL [2010/09/17 03:05] edit

二児の母です。

たまひよ的な「赤ちゃんの全能感を育てましょう、決して泣かせてはいけません」育児イデオロギーを受け入れられず、
色々調べていくうちに、現在の子供を取り巻く異変に気がついたものです。

一つ気がつくと…ずるずる~と色々な問題が見えてきました。母乳から政治につながるという感覚はとてもよくわかります。

日本の伝統食を食べて、余計な刺激や、情報を入れずにお天道様のリズムに沿って暮らす…

これだけのことがなんと難しいことか…

でもなるべくそうありたいと思っています。

なかなか政治的なところまで踏み込めませんが、こちらのブログを読んで色々勉強していきたいと思います。

ちなみに自然食生活をしても、母乳は機能的な問題を克服できませんでした…。現在はミルクを大量にストックして、あと半年何事もないことを祈るだけです。

母乳に関しては、ミルク派が肩身が狭い風潮にはなってると思うのですがどうでしょうかね。私の周りにはミルクの人はいませんでした。でもみんな大変だから子供は一人でいいと言ってるので…WHOの狙いはそこか!とも思ってしまうのですが…。
かつら #mQop/nM. URL [2010/09/21 15:15] edit

かつら様

こういう違う方面からの書き込みは大変嬉しいです。書いて良かった、そう思わずにはおれません。

拙い記事ですが、また遊びに来てくださいね。

>日本の伝統食を食べて、余計な刺激や、情報を入れずにお天道様のリズムに沿って暮らす…
本当に単純なことなんですけどね。

機能的不全ですか。どうしても無理な方もおられますからね。どうぞ落胆なされずに^^

ミルク派が肩身の狭い思い?今はそうなんですか?少なくとも自分の周りはそうではありません。地域によって差があるのですね。

ミルクのほうがどう考えても面倒くさいと思うんですけど。
母乳でしたらいつでもどこでも年中無休で(笑
う~ん、せっかく母乳がでるのに大変だという感覚からしてちょっと違いますね。大変なのは最初だけなんですよ。その子の飲むペースとママの供給バランスが整うといいんですけどね。

信頼できる助産師さんがいるといいですね。

政治の話は難しいんですけど、知ると後に引けません。面白いですよ。

是非、またきてくださいね♪


ルナ☆ #- URL [2010/09/22 02:03] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/164-02c1e62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。