07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

これはトンデモナイことになりそう 沖縄旅行をのんびり楽しむお花畑広がる日本人の方に知ってもらいたい 

書きたいことがやまのようにあるのですが、ちょっと目の覚めるこの記事を今日は大慌てでおいておきます。

いや、充分に推敲のうえで記事をあげたいのですが、時間がいかんせん、ありません。

安保条約の対象と明言せず オバマ政権、尖閣諸島で
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166421-storytopic-1.html
2010年8月16日

  【ワシントン共同】中国が領有権を主張する尖閣諸島(石垣市、中国名・釣魚島)について、オバマ米政権がブッシュ前政権の政策を変更、「尖閣諸島日米安全保障条約の適用対象」と直接的に言及するのではなく、対外的に間接的な言い回しにとどめる方針を決め、日本政府にもこれを伝えていたことが16日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。

 尖閣諸島に安保条約を適用するとの基本的立場を米国が崩したわけではないが、直接関連付ける言い回しを控えることで、金融危機後の米経済回復に向け、協力を取り付けたい中国を「刺激しないよう配慮した」(同筋)形。中国は東シナ海で活動を活発化させており、日本政府は早急に対策を取ることが不可欠だ。

 ブッシュ前政権時の2004年3月、米国務省のエアリー副報道官は記者会見で(1)尖閣諸島は1972年の沖縄の施政権返還以来、日本の施政権下にある(2)日米安保条約第5条は、条約が日本の施政下にある領域に適用されると明記している(3)従って、安保条約は尖閣諸島に適用される―と公言した。
(共同通信)

----------------------------------------------------------------

オバマ政権は、日本の外交姿勢のあまりの迷走ぶりに、日本がどうしたいのか、分からないのだと思う。

いや、わかっているのだろうけど、政府の思いはすごいことなので、国民を刺激しないように、アメリカは「日本がどうしたいのかわからない」って言ってるんだと思う。

(あ、青山さんのアンカー見たので。商船三井の石油タンカーテロの話を聞いています、ワタシ)

上段1/3 2/3 下段3/3



1/3の書き起こし(一部省略)
青山)日本にある安全保障の危機的状況と言うと、どなたも朝鮮半島の現状にいくと思うんですね。北朝鮮が韓国の哨戒艦を撃沈したりといった大きな事態が起きているんですけれども、しかし日本の経済活動って世界中に広まっていますから、決して朝鮮半島の問題だけが日本の死活問題ではないんですね。で、そういわれるとお気づきになる方もいらっしゃると思うんですけれども、2週間前まさしくアンカーでやりましたけれども、
女性)7/28に速報でお伝えした内容をVTRでご覧頂きます。
VTR)ここで気になるニュースが入ってきました。ホルムズ海峡横断の商船三井が運搬する大型石油タンカーが爆発し船体の一部が破損しました。外部からの攻撃と見られるということです。
青山)このアンカーでも何度もあげました。ホルムズ海峡での事態と言うのが段々と現実味を帯びてきたというのを考えざるを得ない。
女性)その後アラブ首長国連邦の国営通信は、6日、沿岸警備隊のチームが爆発物を積んだ船舶の攻撃だったと報じました。この問題を巡ってはアルカイダ系のイスラム過激派が犯行声明を出しています。
青山)はい、あの、もう一回地図を見ていただきますと、・・・略・・・でうからクエート原産の油とかカタール原産の天然ガスを持ってくるときに必ずこのホルムズ海峡を通らなきゃいけない。
女性)とおらないといけない場所なんですよね。
青山)だいたい原油で言うと、日本の8割以上、このホルムズ海峡を通るということですから、ここが通れなくなると、直ちに生活を直撃するわけですね。だからこれはさっき申したとおり、朝鮮半島・アジアからすごく遠くても、日本の死活問題であり、しかもこれ、ここに書いてあるとおり、商船三井のタンカーです。

船籍、船の国籍としては、マーシャル諸島ということになっていますが、実際は商船三井のものですが、日本がどういう情報を取るかって、すごく大事ですね。

(略)

青山)どうしてこの話、メディアに全然出てこないのかは、そのうちのひとつが非常にショッキングなことなんです。
女性)防衛省幹部によると海上自衛隊にアメリカからの情報が入らない青山)(略)さっきのリムペットマイン(商船三井に仕掛けられた吸着機雷)もはっきり言えば推測なんです。
例えば防衛省、自衛隊は情報が入らないけれども、警察庁の情報機関で他の国の情報機関と連携そて何とかとってきている・・・略

青山)何故、海上自衛隊にアメリカ海軍からの情報が入らないというのは、さっきの地図をもう一度見ていただくと、インド洋というと、ここで思い出すと思うんですが、今は夏休みでお休みのやまひろさんが、かつてこのインド洋に行って、海上自衛隊の船にのって現場を見られましたね。
何の現場かと言うと、給油活動、このアフガンでテロリストが活動しにくいようにする作戦のために、多国籍軍に協力して海上自衛隊が給油するということをやってきたんですね。その時代は、ペルシャ湾にアメリカ海軍の第5艦隊がいるんですね。その第五艦隊がいるんですね。その第五艦隊からこと細かに日本の情勢は、ここにいた、海上自衛隊が幹線を通したり、東京でもワシントンでも情報交換はされてた。

この辺にある基地の中の「情報交換はされてたわけですが、政権交代のあと、インド洋かからの海上自衛隊が撤収しましたね。で、今このアデン湾のところに海賊対策でいるんですけれども、それは全然この海賊対策の話で、ここのテロ対策とは違う話ですから、第5艦隊はもう、日本に情報を与えないということになっているんですね。

女性)与えない
青山)(略)アメリカ側とかなり議論をしましたけれども、「いや、インド洋にないんだから、第五艦隊から情報を与える必要はない、海上自衛隊にとって必要ないじゃないか」と言われるんですよ

略、動画参照、  

------------------------------------------------------------

書いていて怖くなりました。。。。。。。。。。。。。。。。。
というのもあるし、ちょっと省略もしました。
こういうの、あげても、見てくれない方はみてくれないでしょうが、でも、やっぱり見て欲しいです。


抑止力があったはずの米軍も、こりゃいよいよ左翼の言う、「抑止力がない」が本当になってきたのかな。

もっといえば、抑止力をなくそうなくそうと仕向けているように思えるこのヘタレ外交。

中国に配慮するアメリカ。


いつまでも、日本が、南京大虐殺を捏造だと声をあげないので、とんでもないことになってきました。

国民が声をあげなくてはいけませんね。

動きがあればワタシは・・・協力したいな。

尖閣諸島とはどこですか?

Googleマップから航空写真
尖閣諸島

Googleマップから地図 の矢印の先の小さい小さい島

尖閣諸島2

Googleマップ 尖閣諸島拡大
尖閣諸島3


グーグルマップで良く見ると、この尖閣諸島というのは・・・・

すでに、チャイナ語で、侵略されていますね


これはワタシがいつもトップにおいている「この国を守る覚悟を」にのせている記事の、動画に関するものです。

----------------------------------------------------------------
<シュプレヒコール>
1. 日米同盟を強化し、沖縄の自由と平和を守ろう!(自由と平和を守ろう!)
2. 日米同盟は、日本の命綱、絶対に守るぞー!(絶対に守るぞー!)
3. 沖縄を無防備にするなー!(無防備にするなー!)
4. マスコミは中国の脅威を報道せよ!(脅威を報道せよー!)
5. マスコミは、尖閣諸島の危機を報道せよ!(危機を報道せよー!)
6. 尖閣諸島を守るために、与那国島へ自衛隊を配備しよう!(自衛隊を配備しよう!)
7. 独裁国家、中国の脅威から沖縄を守ろう!(沖縄を守ろう!)
8. 沖縄のマスコミは、偏った報道をするなー!(偏った報道をするなー!)
9. 日本の防衛力を強化し、自らの国は自ら守ろう!(自らの国は自ら守ろう!)
10. 沖縄の偏ったマスコミに、もう騙されないぞー!(騙されないぞー!)
11. 県民を騙すマスコミは絶対に許さんぞー!(許さんぞー!)
12. 中国の覇権主義から、日本の自由と平和を守ろう!(自由と平和を守ろう!)


<アナウンス>
私たち日本の領土である石垣市登野城2392番地の尖閣諸島が、中国からの侵略の危機に直面しています。

石垣市登野城2392番地の尖閣諸島の所有権を主張している中国は、海島保護法という法律を作り、尖閣諸島に押しつけてきました。


私たちは、これ以上黙っていることができません。
沖縄のマスコミは、中国に都合のいい報道しかしません。
これ以上、マスコミに騙されてはいけません。
心ある県民の皆様、気づいてください。
沖縄の危機に、日本の危機に気づいてください。
私たちは一党独裁国家、中国の脅威を訴え続けてまいります。
県民の皆様、私たち日本の領土である石垣市登野城2392番地の尖閣諸島を守りましょう。

騙されてはいけません。
中国の尖閣諸島侵略の脅威に気づいてください。
沖縄のマスコミは、中国の脅威を県民に伝えようとしていないのです。
日米同盟は、日本の命綱です。
日米同盟を強化し、沖縄の自由と平和を守りましょう。
日本を守りましょう。
祖国を守りましょう。


マスコミは米軍基地の県外移設を、あたかも県民すべての総意であるかのごとく世論を操作し、あろうことか、抑止力となっている米軍基地の県外移設を強く推し進め、沖縄を無防備にしようとしているのです。


もし尖閣諸島が取られたら、次は与那国、八重山、宮古、沖縄本島と、次々と中国の領土にされてしまうでしょう。
この沖縄が、私たちの祖国が、第2のチベット、ウイグルとならないように、十分注意しなければなりません。
--------------------------------------------------------------------



日本人よ、沖縄旅行に行く前にこの実態を知りなさい。

日本は平和なんかじゃない。

向井クンのブログが大人気のようだが、幸せをかみしめている場合ではない。

有史以来の危機に間違いないですよ、きっと。

時間がないのでここまで。
スポンサーサイト

category: みんなに知ってもらいたい

thread: 国家防衛 - janre: 政治・経済

tag: 尖閣諸島  日米安全保障条約  抑止力  中国の沖縄侵攻 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/124-bd289370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。