07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

日本人の良心が目覚めるとき 管談話雑感 

ワタシは今夏休み。どこへ行こうか考えて、8/10はかねてより出かけたかった・・・伊勢神宮に参拝に行くことにしていました。

伊勢神宮といえば、皇室とゆかりの深いところであり、内宮は皇室の御祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ) をお祀りし、外宮は衣食住の守り神豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしているところです。

決して近くはないのですが、子どものころから数えて・・・多分3回目の参拝、観光スポットとして、おかげ横丁は大人気。利用者は支払うべきと思う高速無料化の影響もあってか、あるいは世相か知りませんが、おかげ横丁一人勝ちなほど、混雑しているらしいと親から言われ、朝早くに出発しました。

今回という今回は、今までにない気持ちでの参拝でした。

きっと保守の多くの方が気がついておられると思うが、まさに今は日本の危機、皇室の危機。
あらゆる意味で、危機ですから。

美智子皇后が確か秋篠宮家のご婚礼の際に「秋篠の宮(宮家だったかな?)の幾久しい御栄を祈ります」と、確か述べたことがあったと記憶していますが、ワタシはこの幾久しいという言葉がとても印象的で、好きで、今でも頭の中に、美智子皇后の声とこの言葉がちゃんとあります。

お伊勢さんと親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮ですが、日本人の心のふるさととも言われる伊勢神宮に参拝するということは、皇室の御祖神をお参りするということでもあります。

ところが、ときの政権であるこの民主党政権というのは、やまと新聞8月号に記載されている土屋たかゆき氏も述べているように、皇室の繁栄を望まない政党です。

それなのに、多くの国民は支持をしています。

ですから、非常に複雑な思いで、擦れ違うたくさんの参拝者を、ときには眺めたり、ときには、振り返ったりしていました。

さらには、このお伊勢さんの周辺のお宅で、「元気な日本を復活させる」というポスターも当然ながら見かけたわけですが、なんとそこは神具を取り扱うお店のようだった。

何をやっているのか知りませんが、伊勢神宮のお膝元にあるということは、きっと伊勢神宮と関わりがあるのだと思うけれども、なのに、「元気な日本を復活させる」ポスターなんですよね。

矛盾しているようにワタシは感じる。

あぁ、本当に多くの国民はまだ気がついていないのだということを、まさに見せ付けられたわけです。

参拝者の中には何も知らずに民主党を信じている人もたくさんいるだろうが、そういう人が、参拝して「幸せになれますように」だとかお願いごとをするんだから・・・、笑っちゃうわけです。

本当に、多くの人に訴えたいという衝動に何度かかられたけれども、仮にもあのような神聖な場所でそれをするわけにもいかないし。

しかしながら、神様は総てお見通しだと思うと心も落ち着きました。

と同時に、ここは本当に保守陣営はその真価が問われるときなのではないかと感じました。

脱力している暇などない、粘り強く、この問題を周知し、国民を覚醒させる工夫が必要だと。



日韓併合100年を前に、発表された首相の談話
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008101141007-n1.htm
----------------------------------------------------------------------------
本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

 日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。
-------------------------------------------------------------------------------

もう唖然としてしまい、全文読んでまさに絶句モノ。

気を取り直すのに時間がかかりました。本当に。あちら様にとっては、保守側の戦意喪失という狙いもあったのでしょうか。

一字一句、これが、日本国首相の発言と思うと、情けなくて仕方がありません。

どこの国に、自国の誇りを傷つける発言をする、国家元首がおりましょうか。

この菅談話を前向きだと書いている新聞もおかしい。

本当に涙流しながら、これを書いているんです。

どう読んでも、日本人の立場からの発言とは思えません。韓国の立場からの発言です。

これがこの民主党政権の外交なのでしょうか?


日本人の皆さんは、本当にいい加減に目を覚まして欲しい。

水間条項

まえがきより一部抜粋
あなたは、「近代朝鮮半島の歴史」と聞くと、つい条件反射的に暗い気分にさせられませんか。

それは、戦後生まれの者にとっては、ごく一般的で自然な反応です。戦前の朝鮮半島の歴史を正しく伝える書籍や資料がGHQ占領下で焚書され、国立国会図書館や国立公文書館にもほとんど残されていないこともあって、日本人は長い間、正しい情報から遮断されていたからです。テレビや新聞、そして歴史教科書など見るものすべて、日本が朝鮮半島を統治していた時代を、悪性の限りを尽くしていたと表現してきました。

日本が統治していた時代朝鮮半島の日常的な風景は、実際どうだったのか。
それを本書で明らかにできるようになったのは、国立国会図書館で戦前の資料調査をしていた過程で、朝日新聞地方版のマイクロフィルムの中から「大阪朝日新聞・朝鮮版」がたまたま見つかったからです。戦後、謎に包まれていた1937年(昭和12)年から1945(昭和45)年8月までを含めて、戦前の朝鮮半島の実態がこの資料によって提示できるようになりました。


その実態の一部を抜粋します。もっとも、インターネットでは、この著書がなくとも、調べることができる真実です。それが、このような著書として確かな証拠(朝日が報じた記事)があることで、紛れもない真実と、理解できます。


言葉を奪った」どころか、ハングルを広め、教えたのは日本
------------------------------------------------------------------
圧制の象徴・伊藤博文が韓国近代教育の礎を築いた

世界が帝国主義に席巻されていた20世紀初頭、日本は日韓併合条約によって朝鮮半島と統治することになった。

現在、韓国・北朝鮮から聞こえてくるのは、「日帝36年の植民地支配」を”民族圧制の暗黒時代”とする批判がほとんどだ。彼らの常套句は、日本人が朝鮮民族から国王・主権・土地・資源・国語・人命・姓名の7つを奪ったという「日本の7奪」だ。

それらの批判に対して、朝日新聞などの親・朝鮮メディアは、反証しないどころか、ろくに調べもしないで迎合している。

今回は「日帝の奈七奪」のひとつ、「朝鮮語を奪った」に焦点をあてて、その実態を「朝日新聞・朝鮮版」と一次資料を基に検証する。

-----------------------------------------------------------------

読むと、伊藤博文がいかに、韓国教育制度に力を入れたのかが、よくわかります。

伊藤博文は1909年に、暗殺されますが、日本が統治を開始してからわずか数年で、学校をつくり、「言葉を奪った」どころか、庶民にはじめて言葉を教えたのは、紛れもない、日本だったという内容です。

朝鮮統治時代は日本語が強制されたとか言われていますが、そもそも、ハングルは日韓併合(1910)以前は公教育で教えていなかったんだって。強制ではなくて、「義務教育」としたということね。

ハングルは教育を受けることができない婦女子の文字という位置づけであって、近代化のためにハングルを必修化したとも。

1921年から1945年のあいだの公務員の昇進等の認定試験はハングルで実施されていたとか、日本語教育講習会は強制ではなく任意だったと。

日本語強制の実態がないことが、よくわかる内容になっている。

たったこれひとつをあげるだけでも、本当になぜ、日本が言葉を奪ったと言われるのか、と思う。


日本人必見の書です。

どうか、入手してください。古本ではなく、新刊で入手してください。



政府の意向であろう。

日本の未来の100年に暗い影を落としたこの菅談話は、報道規制されているようだ。

80歳を超えるハマコーを、今更逮捕ですか。どうせやるのであれば、今更しなくても良い。何故、このタイミングか?

在日特権を許さない会で4人の逮捕者が出たが、良く読むと12月の容疑だという。何故、このタイミングか?

在日特権を許さない会は、その行動が保守派の間でも批判を受けることはある。

しかしながら、物言える日本の政治家がいない以上(言えば、潰されてしまう)、彼らのある意味たまに過激とももられしまうという行動が必要なのかもしれない。

在特会幹部ら4人を逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑
http://www.asahi.com/national/update/0810/OSK201008100099.html

うーん、これは、本当に、いやらしい記事ですね。

機動隊がいかにも大袈裟な写真だ。

朝鮮学校授業料無償化を決めている政府。

そう、勝手に決めてしまうんです。

ウィキペディアによれば、朝鮮学校がどういう学校か、すぐわかります。

こういう学校に、日本人の納める血税を投じて、授業料を無償化しようとしている。


この逮捕によって、実態を知らないお花畑の批判をかわす、和らげる狙いも含んでいるのだろう。

この容疑を狙ったところに、そういう意図を感じる。



人権侵害救済法とか人権擁護とかいう嫌な言葉がありますが、日本に住む120万人の中国・韓国・北朝鮮の人たちが、わたし達保守派の例えば、正当な言い分が「差別だ」の一言で一蹴されてしまうのです。

わけがわかりません。

表現の自由という言葉をたてに、保守派はとにかく、周知活動を計算高くやる必要があります。

どうしてやったらいいのかわかりませんが、意気消沈などしている暇はないですね。


日本最大のパワースポット、伊勢神宮にお参りし、本当に、色々な思いを抱きました。


来年の1月に、内閣総理大臣として誰が、参拝するのか知りませんが、果たして参拝するかさえ、見ものだ。


既に、元農水大臣の宮崎県をボロボロにした赤松氏は、伊勢神宮に閣僚として参拝していないし。

来年は、仙谷氏あたりなど、参拝しないのではないかと思えてきた。


いや、靖国参拝を見送ったついでに、1月恒例の総理大臣、閣僚の参拝を、民主党政権は是非、見送って欲しいものである。

日本人の心のふるさとに、立ち入って欲しくないから。


と、ここまでUPして、気がつきました。

ダイスキな・・・「日本が好きなだけなんだよ様がブログ休止で、お休みに入ると。
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-685.html#comment-area

これは・・・・・・・・・・悲しすぎる。

本当に、ありがとうございましたと感謝の意を申し上げたいが、同時に、また復活していただきたいと切に願います。

これが、管理人様政策の動画とは知りませんでした。

実は、伊勢神宮に参拝に行き、ガイドさんが案内をしていたところをちょろちょろしていたのですが、今上陛下が今何代なのか、とか、名前は何なのかとか、質問していたのですね。

今の日本人はそのどちらも応えられない、正答率は10%もないそうです。

逆に外国人のほうが正答率が高いとか。

説明では日本では当たり前すぎて「天皇陛下」という言葉が先行しているからだということでしたが、果たしてそうなのか?

ワタシは、教育の問題が大いに影響していると思いますが、まぁガイドさんはそこまで考えも及ばないでしょうね。

かっこいい動画で、かつダイスキな動画なんです。
ご存じなかった方がもしおられたら、勉強してね!
これが、日本が好きなだけなんだよ、の管理人さん作とは知らなかったです。



どうか戻ってきてください。

管理人さんのように鋭い糾弾はできないですが、草の根しかありません。

主婦には主婦でできることを、こども達のために、やるだけです。

もし、おもしろかったら、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

もうひとつポチ





スポンサーサイト

category: 菅談話とは?

thread: これでいいのか日本 - janre: 政治・経済

tag: 伊勢神宮参拝  天照大御神  豊受大御神  水間政憲  総理談話  自虐史  在日特権を許さない会 
cm 4   tb 0   page top

コメント

 おはようございます
 神宮に参拝されたとのこと、何よりものこと、と思います。気持ちは焦ってしまうものの、この政権、この総理を選んだのは、(自身は一票を投じては居ないものの)間違いなく、日本国民です。何とかするには、遠回りのようでも、ルナさんのように国民の自覚を促すしかありません。
 靖国神社には参らずとも、神宮には参拝をする、それだけでも、小さな人、何かが変わります。我々は、個々に、あるべき日本人の姿を追い続けるべきかもしれません
SR400 #- URL [2010/08/11 09:57] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2010/08/12 01:58] edit

SR400様 my日本からありがとうございます

遠回りではなく、それしかないと思います。

英霊達のように、死に物狂いでやらないといけないのかもしれません。
そのとき、なんだろうと、ふと思います。

あるべき日本人の姿、それを見失っている今の日本です。

取り戻さなくてはいけませんね。
ルナ☆ #- URL [2010/08/14 05:23] edit

Re: 情報提供(菅談話について)

いつもコメントありがとうございます^^

内容をよく読み、また突っ込めたら突っ込みたいと思います。

弱小ブログですが、違う視点で提供できたらなぁと思っています。
ルナ☆ #- URL [2010/08/14 05:25] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/120-8050b359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。