09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

8月10日は「やまと新聞の日」になった 

ワタシのようなものがわざわざ記事にするまでもなく、多くの保守ブロガーさんがとりあげてくださっていること。
日本が普通の国になるように、なんとかしたい保守の端くれとして、やまと新聞紹介運動に参加します。

でも、8/10は不在なので、フライングします。

クリックするとやまと新聞にとびます。
 やまと紹介 

2008年にGHQの呪縛から解き放たれた新聞社、やまと新聞

ねずきちさんの紹介文を読んだだけで泣けてきそうですが。

---------------------------------------------------------
やまと新聞を守れ! ねずきちさんのHPより転載

国会における新聞社は、いまは国会の<外>に「記者クラブ」を持っています。
その「記者クラブ」に登録した新聞社の記者だけが、「記者クラブ」の発行する通行証を持って、国会議事堂内に入って取材できます。

しかし戦前には、「両院記者会」というものが国会議事堂に中にあって、そこに新聞各社の記者が詰めていました。

そして新聞社ごとに直接国会の模様を取材し、社としての意見を添えて、政治の報道をしていたのです。

ところが終戦後、GHQによって、その「両院記者会」が事実上、国会議事堂から追い出されます。
記者が国会の模様を自由に取材して報道するのではなく、記者の取材を「記者クラブ」が管理するようになった。
そして、記者クラブの管理人=つまりGHQの委託を受けた者によって検閲を受けた記事だけが、一般大衆へ報道されるようになったのです


もし、言うことを聞かず、あくまで新聞社として独自に国会内での取材をし、自らの価値観に則って記事を書くというなら、一般民間人への報道はいっさい許可しない。
取材は国会議事堂内だけにせよ。
新聞紙の発行も、国会議事堂内だけに限定せよ。

それがGHQの命令です。

----------------------------------------------------------------

どんなにお花畑さんでも、GHQが検閲していたことはご存知でしょう?

GHQって占領軍だったよね。何の罪もないヒロシマやナガサキの人々に原爆を落とした人たちだよね。

原爆を落としても誤りません(今年もか)
日本が侵略戦争をしたんだ(それ、違いますから)

そういうふうに思想を捻じ曲げて、徹底的な情報統制を行ったそのGHQにとって、都合の良い記事しか書いてはいかん!発行してはいかん!

そゆことを新聞社に強制したってことですね。


---------------------------------------------------------------
GHQは、新聞報道のまさに中心となるべき、国政に関して、完全な検閲体制をひきます。

そして、国会議事堂内にあった「両院記者会」から記者たちを追いだし、議事堂の外に、「記者クラブ」を設置します。

そして、記者クラブであらかじめ検閲を受けた記事だけが新聞社に持ちこまれ、記事として一般国民に知らされるようにした。

やまと新聞社≫は、ジャーナリストとして、GHQの政策に対し、これを敢然と拒否した。

GHQは、その≪やまと新聞≫に対し、

1) 当時の社長が書いた書籍を、全部ことごとく焚書処分にする、
2) ≪やまと新聞≫が国会議事堂内の「両院記者会」からあくまで粘るというなら、代わりに、新聞の発行も国会議事堂内以外にはいっさい認めない、

という厳しい処分を課します。

-------------------------------------------------------------


おぉ~、なんと骨のある新聞社なんでしょう!

その他の新聞は要するに、占領軍が喜ぶ記事を書くことで、生き残って大衆に浸透していった、ってことですね。


ほら、多くの皆さんが今まさに手にしているそれ、それがそうなんですね。

GHQの気に入る記事
日本に原爆を落とした人たちが喜ぶ記事
日本が嫌いな人たちの思想を植えつける記事
古きよき日本を破壊する思想を持つ人たちが気に入る記事
日本が嫌いな人が喜ぶ記事

あぁ、いろいろと修飾語ができますね、ホホホ。

やまと新聞のHPにとんでくださいね。

トップページのタイトルに堂々と言葉が書いてあります。

やまと新聞社は日本の素晴らしい歴史・伝統・文化を大切に
左傾化するマスコミとは一線を画した報道姿勢を貫いています



うん、そういうことなんですね。

世の中に溢れる新聞とは、なんていうかな、このHPから流れてくるオーラと言うか、なんか違うんだな。ここ。何かを発している気がします。

だから、ワタシ、はじめて知ったとき、何の迷いもなく、すぐに会員になりました。
年4回の発行しかできていないということを知らずに、会員になりました。

やまと新聞を応援せねば!守らねば!ひろめなくては! 


せめて、毎月読みたいよ!そのためには、理解者を増やすしかないもんね。

天皇陛下の国会開会式でのお言葉を動画配信してくれました。

その動画は、ウフフ♪ 会員さんにならないと見れません!


口蹄疫のときも、本当に頑張ってくれた!

事実を報道しすぎて、民主党議員から脅迫されたくらいなんだからね!

なんて大和魂に溢れていることでしょう!


これは、やまと新聞編集者の方のご了解を得て、多分編集前の、衆院予算委員会の様子を撮影した動画ですが、貼らせてもらいます。

見ていただければわかるのですが、画面がぶれぶれなんです。





編集者さんのつぶやきです。(ツイッターではないよ)
----------------------------------------
他社はがっちりと台の上で固定してMovie撮ってるから
ブレる訳がない。
いいよな… いいよな…
しかも機材も凄いの持ち込んでくる。


うちは小さなハンディカムみたいなやつ。
しかも4時間以上、同じ体制で手持撮り。(席の後ろに立って)
おかげで、途中でプルプル痙攣してくる。
足もパンパン。


お願いですから
やまと新聞社にも席下さい…
----------------------------------------

なんか・・・こう、母性本能をくすぐる、かわいい文章です。

日本一勇敢なやまと新聞には・・・撮影する機材も満足に購入する資金が、ないようなんですね。

ワタシのトップの記事に貼り付けている、口蹄疫でどこのマスゴミもカメラを入れなかった、あの江藤拓議員の叫びを、唯一動画配信した、やまと新聞です。

ここを守らなくて、どうしますか!

月々500円、年間契約で一回で払うと5500円で済むんです。

アカヒ新聞にに払うよりずっとか、あなたのためです。

年4回の発行なんです。

8月号にも、つっちーの記事があります。

闘うつっちーこと土屋たかゆき氏(元民主党議員にして民主党を訴えた男、実は、空き菅総理は今は被告人なんだからね!)の記事など、いったいどこが書いてくれますか?

つっちーの叫びが全国民に知れ渡ったら、少しはお花畑も目が覚めるだろうか。

ワタシはとりあえずのところは、お花畑さんに理解しやすいようにと、麻生太郎氏も好きだし、自民党にもいい議員はいっぱいいるとおもう(創生日本)ので、どんなに叩かれようとも、腹の立つことがあろうとも、自民党を応援するスタンスです。

衆議院の椅子の数が、相手はすごいし、平沼先生のあのわかりやすい語り口でさえも、政治に興味のない人にはまだ、宇宙語なのかもしれない。

ワタシは一度平沼先生と握手させていただいたことがあります。なんともいえぬ、暖かさでした。お優しい人柄そのままでした。

たちあがれ日本が、みんなの党くらいにならないと。

長野の県知事選挙で、民主党が勝っちゃったし、保守はまだ、勝つことができない。

政治にどうやって関心をもつよう仕向けるか?って、選挙当時は、シンジロウのほうが宣伝しやすい、顔はかっこええし・・・、本人も客寄せパンダを自認し、それでいいと言っていたし。
しかも、シンジロウは・・・あの演説はスゴイ。

シンジロウが確かな保守に成長すれば、日本は日本でいられるかもしれない。

国民が多分、ついていくくらいの何ともいえぬものを感じる。

というわけで、選挙のときは本家のブログのほうで何度も登場いただいた。

おかげでアクセスは今までのワタシにはない数字だった(笑

だって、この顔だもの・・・つかわないてはないでしょう?
かっこぇぇ。なれるものなら、国会議員の秘書になりたいとおもうくらいだ。
進次郎3
ワタシが個人的にダイスキな花うさぎさんは、シンジロウをうまく使えと散々ブログで訴えてたんです。この辺の花うさぎさんの感覚が、ワタシは素晴らしいと思うのです。

しかも、シンジロウって・・・やっぱり保守だっておっしゃってる人をとあるところで見かけた(ネット内)こともある。

楽しみでもある。

で、何がいいたいかがずれてきちゃったけど、すみません(笑

こっちのブログは、実は、なんだか・・・自民党やたちあがれ日本をという記事を書いていたから、更新すると公職選挙法違反になるからと、なんだか誠怪しげな情報が、ブロガーさんの間で立ち込めたから、政治部ブログであるこちらを、更新しなかったんです。

こっちでシンジロウを使えばよかったなと後悔してますよー。

それくらい、ひき付ける力が、彼には備わっている。


んでも、つっちーにとっては、それも気に入らないでしょう。こんな記事を書いている人がいると仮に、つっちーが知ったら、似非保守だとか、リベラルなどいらんと怒られそうだ。

つっちーの言いたいことはすごーーーーーーーーーーくわかるし、理解できます。

しかしながら、あまりにも、つっちーの主張と、国民の認識には距離がありすぎるとおもう。

民度という言葉があるか知らないけど、国民の正しい判断力は、反日教育と、マスゴミのせいで、失われつつあるとおもう。

その距離を少しでも縮めないといけないとおもう。

そして、その役割を担えるのは、気がついている人たちだとおもう。

つっちーの叫びを報じてくれるのは、このやまと新聞だけだし、良識的な国民の皆さんが最後の砦である、っていうつっちーの言葉を、やまと新聞は伝えてくれた。

良識的な国民を増やすにはどうしたらいいのか?

この、愛すべきやまと新聞を、やっぱり大きくしなくっちゃ!っておもう。

やまと新聞に仕事をさせなくっちゃっておもう。

国民の知らないことを報じてくれる大事な報道機関です。


立派なカメラと立派なカメラを固定する台(三脚っていうの?)を購入する資金をカンパする運動を発足したいくらいだ。

というわけで、

頑張れ!やまと新聞!

やまと新聞をよろしくおねがいします!


もし、おもしろかったら、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

もうひとつポチ


スポンサーサイト

category: 拡散

thread: 日本を正常な国に戻したい - janre: 政治・経済

tag: やまと新聞応援キャンペーン  やまと新聞  天皇陛下のお言葉   
cm 2   tb 0   page top

コメント

やまと新聞ラブ

こんばんは。
先日は、リンクのお申し込み、ありがとうございました。
遅くなりましたが、紹介させていただきましたので、ご確認くださいませ。
http://matsujyo.blog133.fc2.com/blog-entry-9.html
返信コメントにも書いたのですが、記事の紹介文で、どう切り取ったらいいのか迷いました~修正などございましたら、遠慮くなく教えてください。

進次郎でもだれでもエエから、誰かホントに自民党を立てなおしてほしい。もう、ホント、間に合わないから。

罵詈雑言の一日だったドサンコでした。
ドサンコ #/N.sOLTI URL [2010/08/10 23:14] edit

Re: やまと新聞ラブ

ドサンコさん お世話になっています^^

紹介文ですね、そうですね。ちょっと考えますね。ヘヘヘ。

小沢大先生は自民党を立ち直れないほどぶっ潰すとのたまわっておられるそうなので、ここは日本国民が心してとりかからないといけないと思います。

ドサンコさんの好きなシンディをもっととりあげますね^^
ルナ☆ #- URL [2010/08/14 05:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuranippon.blog130.fc2.com/tb.php/119-78fcbe47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。