05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

マスゴミMAD編集。周回遅れのノブタに大人の対応をした谷垣総裁 

(ちょっと修正した)
ノブタ政権初の党首討論。皆さんの感想はいかがだったですか。

下に載せた酷使様ご用達産経新聞によれば、党内議員からも不満がというようですが。

今回の党首討論の印象は、谷垣総裁は、心底この政権に怒りを感じているというか、相手にならない相手につきあわされている感じがして仕方ありませんでした。

最初からかなり厳しい顔をしておられた。答弁中より、ノブタの回答を聞いているときの顔がずっと青筋たってたんよなぁという印象でした。

物足りない印象だという声は、とにもかくにも、非常に大人の対応だったからだと思います。

抽象的な回答でしかかえしてこなかった、逆質問までしてきた、何がディベートの達人か知らないが、テレビ切り取り用の、空き菅と同じ手法にでる、情けないブタだったではないか。

はと、空き菅、ブタ・・・・本物の政治家にとっては政治ごっこは耐え難い相手だろうと、推察する。

次から次へと問題を引き起こし、爆弾を打ち上げるノブタ与党民主党なので、「任命責任を問わず」と産経は書いているが、この防衛大臣に対しては、もう総裁は相手にしていないのであると思うのね。

だいたい、問責話でてるでしょ?このお方が、「話にならない」と既に片づけた相手、に対して産経はこれだものね。

しかし、これが谷垣おろしをしたいひとの見方なんだね。



甘い谷垣氏 不適切発言追及わずか7分 “ドジョウ”スルリ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111201/plc11120100260000-n1.htm
-----------------------------
野田佳彦首相(民主党代表)にとって初めての国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)が30日開かれた。本来ならば、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる前沖縄防衛局長の不適切発言などで窮地に立たされるはずだったが、自民党の谷垣禎一総裁は一川保夫防衛相の任命責任さえ問わず、甘い追及に終始。首相は、責任までも官僚に「丸投げ」してうまく逃げおおせた。(加納宏幸)

 首相「中江公人防衛事務次官が沖縄に飛び、説明と謝罪をしている。私自身(の沖縄訪問)は適切な時期を選びたい」

 谷垣氏「今度の発言で普天間問題の解決は民主党政権では不可能になった。そのことを申し上げ、次の問題に移ります…」

 谷垣氏の不適切発言に関する追及は35分のうち冒頭7分だけ。後はマニフェスト問題などに話題を転じてしまった。首相には拍子抜けだったはずだ。

 30日朝、首相は官邸玄関で「更迭は当然の措置だった。沖縄県民の皆様に大変ご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げたい」と記者団に陳謝した。外遊や視察時を除き、記者団の「声かけ」に応じたのは11月7日の散髪後に「さっぱりしました」と語って以来。党首討論に向け、予防線を張ったに違いない。

不適切発言に普天間移設問題はますます進展が難しくなったが、官僚任せなのは首相だけではない。藤村修官房長官は30日の記者会見で「政治的案件というよりは『事務方の不祥事』ととらえている」と人ごとのように語った。

 この内閣の無責任体質は追及されてしかるべきだが、谷垣氏相手では予防線を張る必要もなかった。

 ディベートに自信のある首相は11月25日夜の民主党参院幹部との懇談で「党首討論は丁々発止なので一度やりたかった」と自信満々。ひそかに谷垣氏の過去の言動を調べ上げ、初の討論も原稿を持たずに臨んだ。

 対して、谷垣氏は分厚い想定問答集に目を落とすことがしばしば。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題では、参加への積極論から慎重論に転じた理由を首相に問われ、目を白黒させた。

 あまりの谷垣氏のダメぶりに自民党の脇雅史参院国対委員長はこう嘆いた。

 「谷垣氏は議論すればいいのに演説しちゃうからダメだ。毒にも薬にもならないことを言って過ごすなら党首討論はいらない…」
-------------------------------
TPPに関しては、ノブタは、マスゴミのミスリード報道を、そのまま使った。

ノブタとマスゴミのタッグ、恐れ入った。ま、そんなのも、当然想定済みの範囲だろうけども。

ノブタは「谷垣氏がTV番組でTPPに前向き発言した」と言い、その後反対の声を受けて手のひら返しをしたと言ったが、総裁はいまだに、TPPに前向きだと明言していないし、ノブタが引用した報道は、ウソであることは間違いない。

報道では、その辺のやり取りは、切り取られている。総裁がどう発言したかなんて、書かれていないし、報道もしない。

あったものがなかったことにされている、、、、ノブタ政権延命のためのMAD編集。

党首討論は、もともと、谷垣総裁側だってずっとやりたいやりたいと言ってたはずだ。ノブタがやりたいだなんて、聞いたことないけど、そうなんだ。へー。

じゃぁなんでこんなに遅くなったんだろうね。

総裁のあまりのダメぶり?って何だろうね?

ワタシはわからんよ。こういう党内議員の態度がさっぱりわからん。麻生さんのときも、まぁそうだったということになるけれども、、、。

これだけ、メディアが総裁を隠し、自民党を叩き、味方がいない状況で、何故自分のポジションを活かした全員野球をやらないのだろう?

自民党にないのは、民主党のような、どんなバカでも宇宙人でも空っぽの空き菅でも、ブタでも、徹底的に支えるところにある。鉄壁。どんなに失言をしても鉄壁。割れないことだ。

翻って、自民党は、完璧を求める、、、腹黒さが足らないのか、いつまでも与党気分なのか?全員で、解散総選挙をってじゃぁ言えばいいじゃないかと思うが。地元の議員をみても、動きが感じられないよ。はっきりいって。

解散をと、総裁はずっと言ってるけど、部下はあんまり言わなくて、これだけは総裁に言わせてんだよね(印象として)。みんなで言えばいいのに。

国民が必死に叫んでいるのだから。

何故、酷使するんだろね。執行部を。監督を何故、支えないのだろう。何故、足を引っ張り合うのだろう。

マスゴミも民主党もここを、ほくそ笑んでいるのではないかとさえおもう。

民主党により日一日と、国益が失われている状況下において、メディアのMAD編集により、国会の危機的状況、民主党議員の醜態は隠蔽されている。

あなた方は全員野球で、追及を行っているでしょう。自分達の言葉で、議員を追い詰めているではないか。

その言葉を、総裁は否定したのか?

酷使様ご一行様も、あれを言え、これを言え、物足りないと煩いが、各議員がやりこめたことを、この党首討論で繰り返せと言うのだろうか?

そんなのは、部下がやればいいではないかと思う。

今日、おおいに感心したツイート。
--------------------------------
今の状況を劇的に変えてくれる指導力とカリスマを持った人をという英雄願望の結果が民主党政権なわけで、それとほぼ反対側にいる谷垣総裁を、頼りない地味だ駄目だお前じゃ戦えないと言う人は後の選挙でまた英雄気取った詐欺師に騙されるんでしょうね。私は谷垣総裁は良い総理になれる方だと思うけど

谷垣総裁の考える政治家のリーダーシップとは「自分が責任をとって部下に思い切り仕事させてあげること」だってツイッタ対話集会で言ってたけども、今必要なのはそういう人なんじゃないんですかね
--------------------------------
今、国民は、やっぱり民主党政権がおかしいよなぁって何となく気がついていると思うんだよね。

でも、民主党が日本をぶっ壊そうとしているということは露ほども思っていない。

メディアはまともに報じない、民主党の全ての手続きの不備を、国会のほんの短い時間で、明らかにせねばならない、、非常に難しいポジションだと思うが、その点を、いわゆるわかりやすく説明をしたような、そんな感じだったように思うが。。。

総括すれば、5分で終わる相手だ。

ノブタなど、全く相手にならない。まったく、空き菅との答弁かのような、程度の低さを露呈したノブタ。

完敗もクソもない。


国会の仕組みが全て。国会は椅子の数が全て。

自民党の分解は、日本国家滅亡へ一直線であることは明白なの。

国民政党として国民からの信頼をうけ、自民党こそが国家の大事を担う覚悟があると言う谷垣総裁。
そのために、まとわりつくノブタを振り払う谷垣総裁。
自民党が翻弄されることなき政界再編は考えないという谷垣総裁。
若い政治家が育たないと中選挙区を理想といいはじめた谷垣総裁。

自民党を守ることが、国権の最高機関である国会の運営を正常化するものということが明確で、なんて、まともな上司なんだろうって思うのに、党内ですら、またぞろ足を引っ張るようなのが出てくるのは、いったい、、、この国をどうしたいんだろうって思ってしまうよ

敵の術中に嵌って欲しくないね。

主婦でも容易にたどりつく結論に、、、、こうして訴えてるのに、、、どうして冷静にこの国を見つめてくれないのかな。

自民党ぶっ壊れたらこの国に革命が起こってしまうよ。この日本で。八百万の神様が住む日本で。経済の破綻も現実のものになるだろうよ。

本当にそれでいいんか?

ほんと、理解に苦しむな。

沖縄問題は、民主党政権では対応がもはや不可能。
TPPは、国益に反するものであれば反対するのが当たり前である。
消費税は、もう自民党は議論が終わっている、そっちが出して来い。


今回の党首討論、一番大事なのは最後の言葉だったように思う。一番価値あるものと感じた。

この消費税の引き上げは国家の大事であります。沖縄の問題であろうと消費税であろうと、 国民との信頼関係なくして、国家の大事は成し遂げられるはずがない

この言葉だけで、本当なら、民主党は潰れるはずなのだ。マスゴミが、まともならね。

だって、今までの政権与党の酷さったらどうなの?

でも、マスゴミはそれを隠蔽しているんだよ。

完全に国民のミスリードをし続けているんだよ。

おかげで、この国民が、信頼関係のない相手、詐欺師との結婚でも構わないと言っている。

党首討論は、だから、ブタの勝ちだという。

逆質問をするブタ、「協力してください」と泣きつくブタの勝ちだという。マスゴミって本当に恐ろしい。


主婦の皆様も、ひとごとなどと言っておらず、国家の大事に、向き合うつもりはない?

ご主人は、ますますサラリーが減っていくよ。大胆に職を失うことも、非現実的なことではないよ。税金は増えるし、それで手当てにぶらさがる生活になるかもね。ポイントは、民主党政権だと収入が増えないことだ。税金だけが増える。仕事はない。明らかに国民が堕落していく。そういう政策なんだから。

政権交代すれば、世界から信頼される(たかられるともとらえられるが)日本の地位を再び示せる、力はありますよ。自民党は日本を大切にします。ときに、取引はやりましょうがね。でも、働くことが美徳とされる社会は戻ってくるでしょう。

まぁ、税金は増えてしまいますが、経済成長路線を描くでしょう。お金をばら撒くのではなく、仕事をばら撒く方向に向かうでしょう。

税金が増えるとあっさり書いていますが、このデフレ下で本当に大変なことですので、それこそ、職を賭して、経済立て直しに奔走してくれるはずですというか、それをやれるのは、自民さんしかない。

今までやってきたことを全否定ではなく、良いものは残していく、日本らしいやり方を模索していくのがいいんじゃないのか?

っていうようなことを、宇都議員が喋ってたように思う。こういう方のほうが信頼できる。

早いところ、政治音痴を脱しましょう。

今、一番大事なのは、解散総選挙。

奴らは絶対解散をしようとしないが、国民の声を投げつけるひとつの大義名分のようなものが消費税になる。

総裁が、消費税にこだわっているのは、本当の国家の大事を、民主党に破壊されず我が手で成し遂げたいということもあるのだと、勝手に想像しますが、ワンイシューとしても、その理論が成り立つ、確実なものだからではないのかな。

もちろん、国民の意識がまともなら、契約違反を放置しないと思うのだけど。

圧倒的なマスゴミの力に屈するの・・・か?

なんたる屈辱よ。全く成長しないまま、死んでいくのか?


そんなはずはない。しっかりしてください。

私たち国民の選択は、世界を救うかもしれないって、そう思って欲しいものです。


総裁、党首討論、お疲れ様でした。

ご苦労が耐えない、既に総理にしかわからない孤独感さえ味わっているのではないかと推察いたします。(与党的対応を求められているから)

応援しています。執行部も頑張って欲しいな。

きついことを書きましたが、自民党先生まるごと応援している気持ちは変わらないですよ。

頑張ろう、ニッポン!


党首討論も、Youtube版があるから、見ていただきたい。ニコニコ動画に溢れるコメントが、いかに、思考を邪魔するか、、、ですよ。

国民にわかりやすく、難しい話を、国会のあり方を説明してくれる、谷垣総裁は、エライとおもいます。

国民のレベルをあげなければいけない。TPPなんて、、、大騒ぎしないほうがいいんだから(ボソ


ランキングに参加しています。よろしくお願いします^^
ゆでがえる  
スポンサーサイト

category: 国会を見よう

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

解散総選挙が必要とわかるBKD紅ノブタを知るためのニュ~ス色々 

紅ノブタのBKDがBKDがとーまーらーなーいー。

麻生さんが止めた負の遺産を復活させたルーピー鳩、それをさらに引き継ごうってのが、自称日中友好の申し子、紅ノブタの今度は中国へのバラマキ。

旧日本軍が遺棄した化学兵器の処理再延長=日中が基本合意、野田首相表明へ
http://netouyonews.net/archives/6390778.html
-----------------------
第2次大戦中に旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器について、日中両政府が化学兵器禁止条約に基づく2012年4月の廃棄処理期限を再延長することで基本的に合意したことが22日、分かった。野田佳彦首相が12月に訪中する際、中国側に再延長方針を表明する方向で調整している。政府関係者が明らかにした。 

時事通信 11月23日(水)2時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111123-00000015-jij-pol
------------------------
みんなの声

3:名無しさん@12周年:2011/11/23(水) 03:34:10.27 ID:DtBjU2uk0
接収されて中国軍やソ連軍が埋めたものです><

6:名無しさん@12周年:2011/11/23(水) 03:35:26.95 ID:p63Hc5Qg0
経済的に逆転して援助の形式がまかり通らなくなったので
中国への朝貢をどうやってやるか売国奴が知恵を絞った結果がこれ。
この兵器処理の方式で底なしに日本の税金を中国へ貢ぐのだろう。

8: 【東電 68.8 %】 :2011/11/23(水) 03:37:13.82 ID:dmUo3gUr0
そんな金があるなら増税なんかしなくて良い筈だが。

9:名無しさん@12周年:2011/11/23(水) 03:37:19.31 ID:zwjf77A80
おい、麻生政権の時にもう終わったんじゃないのかよ。

10:名無しさん@12周年:2011/11/23(水) 03:37:41.43 ID:H17+ZPEn0
いつまで詐欺利権に付き合うつもりだ?
正式に引き渡した化学兵器を中国側がちゃんと始末しなかっただけなのに

20:名無しさん@12周年:2011/11/23(水) 03:42:05.43 ID:ruN64CK00
なんでこいつ、こうやって無理に外国訪問を急いでお土産ぶら下げるんだよ?
韓国ではスワップや儀典引渡し、米国ではTPPと。
安倍も米議会で慰安婦決議騒動になってるところに訪米を急いで河野談話継承発言。
訪中も急いで靖国参拝見送り。
馬鹿じゃねーの?

他にもずらずら

http://netouyonews.net/archives/6390778.html

7cb2a9c2.jpg

日本国民の生活は二の次
b8c3b396.gif
-------------------

紅ノブタの決めた南スーダンへの自衛隊派遣。

【南スーダン】 武装勢力がスーダンから越境攻撃、18人が死亡 国境付近での緊張高まる [11/12]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1321065297/


南スーダンPKO派遣決定は「前のめり」ではないか? 佐藤正久 11/1ブログ
http://east.tegelog.jp/index.php?itemid=11074

【南スーダンPKO自衛隊が危ない】根底から見直せ!能力超えた自衛隊の海外派遣
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111005/pl...

南スーダンPKO 内陸2000キロ空輸中心に 陸自幹部「前例ない輸送」 
http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_1106.html
--------------------------
国連のPKO=平和維持活動として、陸上自衛隊が派遣されるアフリカの南スーダンで、隣国スーダンから越境した とみられる戦闘機が難民キャンプを空爆して、これまでに12人が死亡し、両国の間でさらに緊張が高まることが予想 されます。
現地からの報道によりますと、南スーダン北部のスーダンとの国境に接する難民キャンプで、10日、スーダン側から 越境してきた戦闘機が空爆を行いました。空爆があったのは、南スーダンの首都ジュバから北におよそ500キロ離れ た場所で、南スーダン当局によりますと、これまでに12人が死亡、多数のけが人が出ているということです。
南スーダン政府は、「戦争を仕掛けている」としてスーダン政府を非難していますが、スーダン政府側は、「南スーダン で起きていることは南スーダン人によるものだ」と関与を否定しました。
南スーダンは20年以上にわたる内戦の末、ことし7月にスーダンから独立しましたが、その後も散発的な衝突が起きて おり、今回の空爆で、両国の間でさらに緊張が高まることが予想されます。日本政府は、新たな国づくりを支援するため 陸上自衛隊を派遣することを決めており、具体的な任務などを定めた実施計画を早急に策定し、来年1月に現地に最初の 部隊を派遣する見通しです。
----------------------

ものっすごい危ない地域らしくて、自民党は対応が遅いと怒っている人がmy日本にいたけど、自民党が怒っても動かないのが政府。

イラクの比ではないほど、、危険な地域なんだって。

みなさん理解してください。日本のタメニならないことには全力疾走する民主党。

左翼や素人の考えるPKOは、自衛隊員が死亡する可能性だってあるくらい、危険な場所という指摘。佐藤正久議員のツイートに寄れば、政府民主党は集中審議を拒否しているんだって。

自衛隊員を便利や扱いするのが、民主党。
自衛隊員の誇りを、打ち砕くのが、民主党。

南スーダン派遣を批判=自民・石原氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011112200828

-----------------------------
 自民党の石原伸晃幹事長は22日、福岡市で講演し、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊施設部隊を派遣する政府方針について「(南スーダンはスーダンと)けんかしている。そこに出すというのは明らかにPKO参加5原則違反だ」と述べ、認められないとの考えを示した。
 石原氏は「今、日米関係が良くないが、残念ながらこれ(陸自派遣)は日米関係にはこれっぽっちもプラスにならない」と指摘した。(2011/11/22-18:29)
-----------------------------
前出の方は、自民党の批判が遅すぎるとものすごいお怒りでした。

自民ちゃんは、南スーダンへ議員を派遣した。リンクは切れているが、これはツイートさせていただいたもの。
自民 南スーダン視察へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111114/k10013937691000....
-----------------------------
アフリカの南スーダンに、国連のPKO=平和維持活動として陸上自衛隊が派遣されるのを前に、自民党は、元防衛庁長官らを現地に派遣し、武器使用は必要最小限にするとした「PKO参加5原則」に抵触しないかどうか、現地の治安状況を確認することにしています。

政府は、ことし7月に独立したアフリカの南スーダンに、国連のPKOとして陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方針で、来年1月にも最初の部隊が現地に派遣される見通しです。これを受けて、自民党は、中谷元防衛庁長官と今津元防衛副長官を今月20日から南スーダンの首都ジュバや補給拠点となる隣国ウガンダのエンテベに派遣することを決めました。中谷氏らは、自衛隊の宿営地に予定されている地域やPKO司令部などを視察し、武器使用は正当防衛など必要最小限にするとした「PKO参加5原則」に抵触しないかどうか、現地の治安状況などを確認することにしています。南スーダンは、独立後も厳しい治安状況が続いており、自民党内では、自衛隊派遣にあたっては武器の使用基準を緩和すべきだという指摘が出ており、今回の視察は、PKO参加5原則の見直しに向けた議論を活発化させるねらいもあるものとみられます。
------------------------------

それでも、、、、、これ。

佐藤正久議員のツイート。
---------------------------------
南スーダンPKO、司令部要員2名が28日に出発するが、国会ではまともに一度も議論していない。自民党は集中審議を求めているが、民主党は大臣が答弁がおぼつかないためか拒否。派遣前に国会議論を求めてきたこれまでの立場とも不整合。民主党が守るべきものは大臣でなく隊員であるはずなのに
---------------------------------
東日本大震災に感謝する、誇りですといいながら、災害派遣の最中に、民主党は自衛官の定数削減、復興財源にと自衛隊員の給与を最大10%(平均7.8%)3年間削減の法案を国会に提出しました。自民党は修正を求めています。
---------------------------------

おい、民主党所属の議員よ、400人も国会議員になってんだろうに。

日本をめちゃくちゃにして、反省する気持ちがあるんなら、あんたらが行きなさいよ!

そして、本当に薄気味悪い事業仕分けは、ネットメディア局長、ひらたくちゃんが斬る!

のまえに、予備知識。必読。

国債の返済は魔法のようにめっちゃ簡単、なんでムダ減らし(事業仕分け)するの?
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2010/09/post-f493.html


本日おすすめの国会中継。

H23/11/24 衆院総務委・平井たくや【提言型政策仕分けのいい加減さ】


うわぉ。ほら吹き野郎ことホラ口が出てる。めっちゃふとったな。

すげーあほそうな総務大臣。。。。シャドウキャビネット総務大臣ひらたくちゃんと、この瞬間から入れ替わって欲しいよ。。。

ひどいな。これ。。。。全く自分の言葉で答えられない。官僚の言葉をカンペみてしゃべってるだけ。

17分あたりから、事業仕分けの追及がはじまります。



あー、もう息をするもの大変になってきました。

浄化のために、本日最大の国益ニュース!世界の国益ニュース!はります。

陛下のご長寿を、心よりお祈り申し上げます。

天皇陛下、ご退院のニュース!




ランキングに参加しています。よろしくお願いします^^
ゆでがえる  

category: 国会を見よう

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

谷垣自民党のTPPへの姿勢 その二 

ワタシの総理ことガッキーが、昨日の衆議院本会議で異例の質問を行ったのですが、野党第一党の総裁が異例の質問をしたことを、報道されない事実が、なんとまぁ。。。結構、ストレートに痛いところをついているのと、もうひとつは、TPP交渉を、民主党にかわって担う覚悟があるということを、言ったのでした。

だから報道されないんだろうと思いますが。

そんでも、存在感ないから報道されないっていうんかね。



----------------------------
一、基本認識

 私は自由民主党・無所属の会を代表して、野田総理のAPEC帰朝報告に対し、質問いたします。

 最初に政府の基本認識について伺います。

 現在、野田総理の発言、あるいは政府の方針があまりにも曖昧なゆえに、国民は総理の真意を量りかねています。総理は出発の前夜、「関係各国との協議を開始し、更なる情報収集に努め、十分な国民的な議論を経た上で、あくまで国益の視点に立って、TPPについての結論を得ていくこととしたい」と述べられました。これを受け、報道各社は「交渉参加表明」と報じました。しかしながら、鹿野農林水産大臣や山田前農林水産大臣は「交渉参加が前提ではない」、「事前協議で踏みとどまった」と発言しています。一体この解釈の差は何なのでしょうか。

 問題の本質は、総理が言葉の定義をあえて曖昧にしたことにあります。従って、まずは確認いたします。「交渉参加」と「交渉参加に向けて関係国との協議の開始」とは、いったいどこが違うのですか。総理は、あえて「交渉参加」という表現を使わなかった。なぜなのでしょうか。これは、国内の慎重派、特に民主党内の慎重派に配慮したためでしょうか。

 我々自民党は、政府の情報収集不足、そして決定的な説明不足により、国民的議論が全く熟しておらず、APECにおいては交渉参加の表明をすることに反対する旨を表明していました。発表直前の11日の夕刻には、野党6党が共同して総理に対して同様の趣旨を申し入れました。そのうえで、総理が記者会見で国民に伝えたかったことは、我々が反対した「交渉参加の表明」だったのですか。それとも我々の声を受け入れ、その手前で踏みとどまったのですか。総理の明確な答弁とともに、政府の統一見解を求めます。

二、APECにおける米国との会談

 APECにおいて、最も重要な相手国である米国との会談は如何なるものであったのか、この会談内容を巡って日米で齟齬が生じています。「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる」と表明したとする米国側と、「今回の会談においてそのような発言をした事実はない」とする外務省がぶつかったのです。結果として、米国側が発言はなかったことを認めたようですが、発表を訂正する意向はないようです。問題は米国の意図にあります。総理がいくら日本国民に向けて言い訳をしようが、最大最強の交渉相手である米国には、「例外なく全ての品目・分野を交渉の対象とする」との明確な意思があるのです。

 これに関して見逃せない報道があります。枝野経済産業大臣がカーク通商代表との会談に備える映像において、大臣が手にする発言用の資料には「野田政権として交渉参加を決断した」「全ての品目分野を交渉の対象とする用意がある」と明記されているのです。これはどういうことでしょうか。APEC出発前の説明の二枚舌、日米会談の説明の二枚舌。政府の誠意はまったく見受けられません。

 総理はこのような状況を、どのように説明されますか。明確にお答えください。

 そもそも政府は、「『例外なき関税撤廃』と言わないと交渉に入れない。しかし実際に交渉に入れば、例外を取れるかもしれない」と言い続けてきました。総理は「例外なき関税撤廃」を本気で覚悟して交渉に臨もうとしているのか、それとも交渉により除外項目を取りに行こうとしているのか。どちらなのでしょうか。更に言えば、交渉で除外項目を獲得することに成算ありと思われているのでしょうか。既に米国側に交渉品目に例外なしと認識されてしまっています。除外項目獲得についての交渉の大方針について総理に伺います。特に国民的関心の高い、国民皆保険とコメの問題についてもお答え下さい。

三、外交交渉

 我々は、TPP交渉のような非常に高度な交渉力を要する協議を民主党政権には任せてはならないと確信しております。

 政府は「平成の開国」などというスローガンを掲げてきました。しかし、これが事実に反しているのは明らかです。日本は、わが党が政権を担ってきたころから、自由貿易を推進し、これまでの繁栄を築きあげてきました。わが国は既に13の国や地域と経済連携協定を結んでおり、TPPの参加国である9カ国のうち6カ国とは既にEPAを結んでいます。日本の平均関税率は4.9%と低く、海外から日本は鎖国状態にあるとは思われておりません。従って、菅前総理の感覚は始めからズレていたとしか言いようがありません。国のトップが、始めから「わが国は鎖国している」と言っていたのでは、条件交渉など到底できません。外交交渉のイロハもご存知なかったようであります。

 また、藤村官房長官や前原政調会長は交渉途中の離脱の可能性を明言しており、野田総理もそれを示唆しています。入口から逃げ腰の国を相手に、他の参加予定国が真剣に向き合うことはありません。国内への配慮のために、交渉本体へ悪影響を与えた、極めて稚拙な手法と考えますが、総理の見解を問います。

 そもそもTPPは、民主党政権が普天間問題をこじらせたために日米の信頼関係が損なわれ、その外交上の失策の穴埋めとして、米国の歓心を買う為に苦し紛れに打ち上げたとの疑念が拭えません。いわば民主党の失政に国民が付き合わされたわけであり、この点について総理の認識を改めて伺います。

四、TPPに対する国民の不安

 TPPについて政府は十分な情報を開示しておらず、世論調査でも8割から9割の方がそのように感じています。国民の不安は高まっており、政府としてこれにどう答えていくのでしょうか。

 TPPの議論をする上で、避けて通れないものが農業です。民主党政権は農家の戸別所得補償制度を推進していますが、生産価格と市場価格の差が拡大していけば、それを埋めていくための巨額の財源を要します。TPPで輸出企業に、戸別所得補償で農家にもいい顔をし、その結果財源はないとなれば、まさにあの詐欺まがいのマニフェストと同じこととなります。民主党が50%とまで掲げた食料自給率はみるみる低下し、農村は荒廃し過疎化が進む一方となりかねません。また、食糧安全保障の観点からの検討も行われている様子もありません。中山間地域や離島も含め、これまで国土を守ってきた、地域で生活している人々の暮らしをどう守るのか。それとも守らないのか。さらには、今回被災した東北地方では一次産業を担われてきた方が多いのはご承知の通りです。オールジャパンで復興を支えなければならないこの時期に、今後の生業がどうなるか不安を与え、復興への意欲を失わせてしまうことなどあってはなりません。農業対策等についての具体策をお聞かせ下さい。

 医療についても、国民の不安は高まっています。これまで政府は、「公的医療保険制度などのサービスは議論の対象となっていない」と説明してきましたが、米国政府のTPPの目標に、医療制度の自由化を掲げているとの報道もあります。事実としてどうなのか。政府の情報収集と説明はどうなっているのか。日本の医療をどうするのか、その中で国民皆保険制度は守るのか、お答えください。

 TPPには、この他にも、ネガティブリスト方式の導入、投資に関する紛争解決の問題、金融サービスの郵貯や共済の扱い、政府調達の調達基準額の引き下げの問題等、国民に知らされていない重要な問題が多々あり、これらが広まるにつれて、国民の不安が増している現実があります。このような不安をどのように払しょくされるのか。政府・与党は国民の不安を「TPPおばけ」と切り捨てるのみで、真摯に説明しようとしてきませんでした。今後も不誠実な対応をとり続けるのか伺います。
五、TPPのメリット

 TPPによって、いったいわが国は何を得られるのでしょうか。TPPのメリットとして、10年間で2.7兆円のGDPアップという試算がよく挙げられますが、平均すれば一年当たり2,700億円、マクロの経済指標としてはいささか物足りない数字です。これに対して、国内対策費の見積もりは全く説明がありません。また、政府の試算は、内閣府、経済産業省、農林水産省とバラバラであり、政府が責任をもって統一的な試算すら出せないのは大いに問題です。野田政権のリーダーシップの欠如は、ここにも表れているわけです。

 この有様では国民を説得できるとはとても思えませんが、政府がTPPのメリットを堂々と説明できないのはなぜなのか、総理に伺います。

六、国益とは

 いずれにせよ、今や参加云々の事実関係に関わらず、関係国との協議はスタートしてしまったわけです。もはやこの段階においては、わが国の国益を守るうえで、総理や政府の強い意志、高度な外交交渉の技術等が問われることとなり、持てる外交資源を総動員していかなければなりません。その際、総理が口にされる「国益」とはいったい何なのか、その国益を守るために具体的にどのような外交交渉を行い、手段を講じていくのか、野田総理に伺います。

 なお、TPPについて、今後ますます議論を要することは明らかです。様々な課題を掘り下げ、国民的議論をさらに深めるべく、国会における特別委員会の設置を強く求めます。

七、おわりに

 これらの他にも外交・安全保障政策の観点等、TPPについて糾すべき点は多々あります。しかしながら、本日は言葉の定義等のそもそも論から確認しなければならなかった。これは、総理が国内ではTPP推進派と慎重派双方に対していい顔をし、海外でもいい顔をしたことに帰します。真意を明確にしないまま、解釈を相手に委ねた、総理の不誠実な姿勢が招いたものです。これを二枚舌、三枚舌と言わずして何と言うのですか。総理の「正心誠意」は言葉だけです。「民信無くば立たず」。政治にとって大事なのは国民や世界との信頼関係ではないでしょうか。これに関して言えば、先ほどブータンの国王陛下より格調高い演説をいただきました。その一方で、昨日、内閣の一員でありながら、極めて非礼な対応があったとのことです。野田内閣の品位と資質が問われることであり、甚だ遺憾であります。

 政治は、国民の理解、国民の後押しなくして進みません。TPPについては、情報不足と政府の説明不足が甚だしいことは、国民共通の認識です。今後我々は、国民の代表として、国民の不安を払しょくするため、これまで述べた、わが国のメリット・デメリット、リスクが何か、いかなる対策を検討しているのか等、様々な論点について、真の国益のために政府を問いただす決意です。政府においては、得られた情報を隠さず公開する等、真摯な対応を求めます。それすら政府ができないのであれば。一刻も早く退場して頂かねばなりません。その際には我々が、国民的議論を深め、国益に照らした判断を行うのみです。わが党はその覚悟を有することを表明し、私の質問を終わります。
------------------------------------

いまだに情報がないとか言ってる奴が何をいうか、と吼える奴はこれを聞いとけ。



情報がないという意味は「例えば、今回の交渉というのは、TPPという名前が付いていますが、ある意味では日米構造協議を彷彿とさせるところがあるわけです。今まで農業ばかりが主として問題になってきましたが、決して農業だけではない。日米構造協議みたいなところが多分にあると思います。ウルグアイ・ラウンド交渉などもありました。ウルグアイ・ラウンド交渉を振り返ると、交渉の時、我々は野党でした。しかし、当時の与党、細川政権が交渉している姿は、どういうことが問題になっているかは、かなり我々のところに情報が入ってきました。入ってきたのは、主として交渉に実際にあたっている官僚機構などがそういう情報を野党である我々を信頼して、野党の全員にということではないかもしれませんが、主だったところには情報を持ってきて、共有することが与野党でできていました。今度はそういうことがまったくない」という意味と解釈できる。

民主党は官僚に釘をさしているらしいとどっかで見た記憶がある。

梨恵華さんの記事が、非常に重い意味をもっているとおもう。

賢い人たちがやろうとしていることは、絶望的な未来への交渉参加を引き受ける覚悟ではなくて、少しでも明るい未来へ向かっての、交渉参加を引き受ける覚悟なのだと感じるのです。
(りえかさんの言う人たちに、入っているのかそれはわからないけど)

TPP について知っておいたほうがいいいくつかのこと
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2011/11/tpp-d4fb.html

TPP について安心できる現政権クオリティ。
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2011/11/tpp-0280.html
-------------------------
どちらにしても2年はかかるこの交渉、交渉の最後の批准という段階で政権を取っている人たちはババをひくわけです。
だからなんですよね。

TPPをただただ攻撃できないのは、ラチェット規定がある以上、万が一批准されたら、これとつきあっていくしかない。その時にババを持っている次の政権がこの罠のおかげで、失墜する。
いやーーーな仕掛けです。

だからアメリカさんがTPPなんて、すっきり忘れてしまうように、さっさと日米間で一番の問題になっている普天間基地問題を解決してしまいましょう。
自民党がやっていたものを引き継ぐしか手はないはずなので、土下座でもなんでもして、元に戻してくださいね。
それで、信用ならない日本をTPPにいれてやんないよーーと安心してアメリカさんも言ってくれるんじゃないですかね?
------------------------
こんなの読んだら涙出てくるわ。。。外交の一貫性というただソレを守りながら、なんとかソフトランディングさせようという気合が、ワタシには伝わってくる。

茨の道。苦しい道。

マスゴミは散々言いながら、自民党に政権が戻っても、今度は中国側の声が反映されるようになったりして、マスゴミなんて裏切るに決まっておる。

ほんとに、こんなオバーマの選挙対策に利用されちゃったりして、とんでもないよ。アメリカの反対勢力にも頑張ってもらわなくっちゃ。

進次郎クンが、執行部を批判している記事が飛び交っているでしょう?

ほんとにガッキーが気に入らないみたいね(新聞各社のこと)。

進次郎くん、このような高度な交渉を民主党に任せられないという上司のどこに不満があるんですか?


イエスと言うかもしれない。
でも、これはイエスと言うためだけの、覚悟を引き継ぐ発言ではない。

ノーと言うかもしれない。
それは、「その際には我々が、国民的議論を深め、国益に照らした判断を行うのみです」に集約される。

不信任を、問責をという声が飛び続けている。

ソレに対する明確な返答がない。視野にいれているという言葉だけでは納得いかないというせっかちな人が多い。だから谷垣では駄目だという。

今辞めさせたら次誰来るの?マエハラだと思わないの?解散なんてするわけないんだから。

マエハラ番長だって、人気あるんでしょ?(誰に人気なのか???だけど)

国会決議だって、反対したのは民主党と共産党なんだから。

ただ、国民的に最も理解を得られそうなのが、やはり消費税ということになってくるんじゃないだろうか。

何にせよ、絶対に選挙なんである。

まだまだ目が覚めないアホンダラが多いんだから、マスゴミの実態をひろめる、野田豚政権の醜態を晒しまくるって頑張ろうぜよ。



そしてね、そろそろ日本人は、国防費にお金を投じることに、イエスといえるようにならないと、いつまでもジャイアンに苛められるんだ。

日本人にも、覚悟が必要なのですよ。ほんの少しでも自立の覚悟が必要なんじゃないかと、感じます。

9条なんて、クソ食らえってんですよ。

バラエティ番組見て、寒流ドラマ見て、ポテチくってへらへらしてないで、国会を見なさい。国会を。


追記
それでもって、報道されないのは混乱させたいからだとしか思えないんだけど、この発言を通じたにも関わらず
「自民党のTPP反対はおかしい」という人たちは、やっぱり、不安に思っている国民をただ、混乱させているだけに過ぎないと思う。

ずーっと見ている側からすると、総裁の発言は一貫しているからである。

TPP交渉を引き継ぐ覚悟があると仰ったではないか。賛成派はこれで何もいえまいよ。

そして、反対派は、少し落ち着いて欲しいのかなって思う。つまり、反対はできるということについて。

勉強家で資質も備わった議員先生が多い、自民さんは、まじめに考えてくれていると思う。また、逆に、心配のある人は真面目に訴えなければならないと思う。圧力ではなく、議論だ。

そして、国益に照らしNOならNOと、いえる方法があるという希望を、棄てずに。

イエスならイエスの、ノーならノーの、これからの日本をどうするのかということを考えないとって思っちゃう。

実は昨日、休みをとって、美容院に行ったのですが、担当の人と話をしてて、JAの話が出て、そこからTPPの話になったんです。まさか興味なんて持ってないだろうと思ったのだけど、「TPPのこと?」って言ってくるもんだからびっくり。

政治家が大嫌いな人なんだけど、ノブタの悪口と、政権交代の必要性は説教してきたですわよ。

皆さんも地道に、民主党叩き、頑張ってくださいね。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします^^
ゆでがえる  

category: 国会を見よう

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

谷垣自民党のTPPへの姿勢 その一(というよりオマケの序章) 

タイトルとは裏腹ですみませんが、、、、序章。

テレビから呪文のように聞こえてくる「強いリーダー」が求められるという声に、何と言うか、国民は自らの主体性というものを、いったいどう考えているのかということについて、ときに考えてしまう。

今の日本国民は、例えば話題のTPPについていってみれば、実態もわからない不安だけれども「交渉参加に賛成」が多いと言う。

なんとなくいいんじゃない、鎖国しててもねぇ、って上っ面の言葉だけで調べもしないで、なんとなくいいと思ったりする。

残念ながら、日本だけじゃないと思うが、マスゴミって言われるくらい、マスゴミの情報ってすごい偏ってて、事実を隠蔽したり、印象操作はお手の物、ときにはそのペンひとつで人の命を奪ったりもする、非常に恐ろしい強大な影響力を持っている。

・・・が、????って一度思えば、何かあれば何かおかしいぞ、隠してるぞって簡単に分かるし、マスゴミに踊らされないで、自分で考えて欲しいよ。

自分で考えることを放置して、「強いリーダー」なるものを求め、今結果的に、独裁者を支持している国民が多いようだ。

何をしてても、間違っててもずんずんと突き進む強いリーダーを求めるということは、その人の独裁を許すことでもあるということに、気がついてない人が多いんだろうかと感じる。そこに、国民の主体性はないように思うのだ。

一方で、存在感がないとか、覇気がないとか、言われ続ける今の自民党の谷垣総裁はその逆なんだろうと思う。支持率が伸びない理由の一つとしてときに取り上げられる。

ガッキーの理想の政治家は聖徳太子だというし、今のちゃらんぽらんな政治家からはほとんど聞かれない、故事成語などをよく用いる。

人柄だけではない、この人には何と言うか独特の言葉があって、ワタシはそれが好きになりました。1人くらいそういう人がいてもいいだろと思ってたら、ニコニコ動画などでワタシと同じようなことを言っている人がいることが、気になったのはいつごろだっけなぁ。。。(遠い目)

こう見えてもですよ、ワタシは2チャンに書き込みなどしたこともないし、ニコニコ動画に書き込みなどしたことないです。なんか追跡されそうな気がして(先入観)、ときどき見てるだけ。

全ては、ガッキーの言葉を聴いての、自分なりにたどりついた考えなんだなぁ。

いかにも、日本人らしくて、玉虫色も好み、メガネの下は腹黒く、叩かれても耐え抜くガッキーを、ワタシは本気で応援しています。変人と言われても構わないぞ。

変人の日記へようこそと、申し添えます。

やはり報道されることのない、野党第一党の、異例の代表質問。


ワタシは、逆に、リーダーが、部下と同じように例えば西田議員と同じようにやり込めてるのが、果たしてそれが強いリーダーなのかといえば非常に疑問である。

部下を自由に発言させ、全体として民主党を締め上げている姿に、ワタシはそれでいいと思っている。何故、リーダーまで、同じことをしなくてはならないのかね。

ガッキーはときどき演説でも言うが、色々言いたいことが山ほどあるが、民主党の悪口は差し控えるという言い方をする。これは、裏を返せばもう本当に腹が立っているというか呆れてモノがいえないということだよね。

それでも、ガッキーも、要所要所でちゃんと発言をしているのだが、それは報道しない自由を行使されていると、むしろその点を強く感じる。

党員でもない(JNSC会員だけど)一国民がだよ、日本のことを心配して、いろいろ調べて調べておういう境地にたどり着いているのに、谷垣総裁は人気がないとかいって文句を言ってる党内の議員は、ちゃんと地方の議員にも説明してるのか?総裁が何を言っているのか、知ってるのか?

自民党さんはね、ある意味、甘えすぎのぼっちゃんだなと思う。

宮城県議選で自民党は勝利をおさめましたが、それについてmy日本のフレンドがこんな話をしてくれた
------------------------
「自民が勝った」話って、テレビではご法度みたいですね。
民主が政権を取ってから、TVは民主の悪い点をほとんど叩かないにもかかわらず、選挙ではずーっと自民に負けている。
で、「自民が今回も勝利しました」っていう事実は報道されない。
それでも、次も民主が負ける。次も次も・・・。
そのことに、自民党では、変な安心感というか、驕りがあるんじゃないかな、って思います。
黙っていても、次は民主が自滅するさ。みたいな。
非常に危険ですね。
これでは、「自民も民主も同じだ。政治に絶望せよ、選挙に行くな」というマスコミの誘導で、簡単にひっくり返されてしまいます。


私は、テレビに洗脳されている組の感性というか、「洗脳目線」を忘れちゃいけないと思っているので、そういう目で自民を見ています。
つまり、公式サイトには積極的に行かない。一般的に、政党の公式サイトを見るお花畑民はほとんどいないと思われるので。
その私に、自民の活動っぷりというのは、ほとんど見えてきません。
でも、共産党は見えてるんですよね~。自分たちの活動っぷりを、ポスティングしてきたりするから。
自民には、地味に地方で見えるように動く、という努力が、完全に足りないんじゃないかと思います
----------------------------
その通りだ。JNSCを使って、やってみろ!って言いたい。支持率があがらないことについて、総裁に悪口を言うことではけ口にせず、街に出て若者に語れ。一人2人と人が立ち止まってくれる人が増えていくように、泥水を飲むような覚悟を、あなた方皆で見せて欲しいと、多分、ワタシは目の前に議員がいたら、言う。

ところで、JNSCって誰が何をやってんだろう。。。絶対、、、感度が鈍いよ。誰がやってんだろう???

JNSCが死んでることも、非常に尾をひいているように思う。


ガッキーが、地方行脚をはじめているという。いいことだと思う。

今、国内でちょっと沸騰気味の、TPPについて、自民党はどう考えているのか見えてこないとか、賛成だー反対だーということで党内は一致していないとか、ぶつぶつ文句を言われているが、昨日の本会議の異例の代表質問で、その未来が見えてきたような気がしました。

茨の道。泥水を飲む覚悟。

報道されないから、これは末端の地方議員まで知るべきだと思うんだけどね。。。

またあーだのこーだの喧々諤々いろいろあるんだろうと思いますが、議員バッジをつけた人ひとりひとり、しっかりと理解して、支持者に説明しないと。

悪いけど、ワタシ主婦なんですけどね、、、仕事もやってて忙しいんだけど、なんというか、、、手を焼かないと、すぐ悪いことをする子供みたいなのを相手にしている感覚って何だろうな。。。。

やっぱり変人かも。

その二につづく。



野党の政調会長の会見なんて、普通の人はまず聞かないと思うんだけど、聞いてるんだな。これが。。。

やっぱり変人かもしれないけど、これが結構重要な会見なんだと思いますの。

米側要求は間違い=自民・茂木氏
-------------------------
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111600819&g=pol
自民党の茂木敏充政調会長は16日の記者会見で、カーク米通商代表部(USTR)代表が日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向けた協議の中で牛肉輸入制限や自動車市場の参入障壁を取り上げる考えを示したことについて、「通商交渉でやるのは明らかに間違いだ。そういう昔ながらの対日要求を議論するなら、TPPとは何なのか疑う」と述べた。
 茂木氏は「牛肉は(既に)自由化されている。今問題なのは安全基準だ。自動車の関税もゼロで、(日本で売れないのは)品質の問題だ」と指摘した。
 一方、同党の石破茂前政調会長は講演で、「野田佳彦首相が交渉に参加すると言った以上、わが党が離脱すると言ったら、日米関係は持たない」と述べ、TPP交渉参加に賛成の考えを強調した。(2011/11/16-19:06)
-----------------------
ゲルがいつ、この発言をしたのは14日だと思うんだけどね、、、わざとこの記事に入れているのかしらないけど、こういうのを印象操作って言います!

ま、ゲルはどっちだか正直???ワタシは???なんだけど、もてぎんは、いいなぁと思って今のところはみています。

いやー、凝りだすととまらない性分をどうしたらいいだろう。。。。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします^^
ゆでがえる  

category: 国会を見よう

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

被災地の方もお子様も必見!ブータン国王ジグミ・ケサル陛下及び同王妃陛下(国賓)歓迎会 

bhutanbig.gif


ブータンという国名は、公用語のゾルカ語で、自称「雷龍の国」を意味する。国旗にも、その意味の通り、龍の絵が描かれている。20世紀の半ばに、似たようなデザインの旗がいくつも作られ、1956年から現在の国旗が使われている。左上部の黄色は、王の世俗の権力を、右下のオレンジ色は、仏教を象徴している。龍の白は清浄を表し、四肢がつかんでいる宝珠は富と繁栄のシンボルとされている。
http://www.abysse.co.jp/world/flag/asia/bhutan.html

黄色は王家の権威なんだそうです。



全文(記事がなくなると残念なので、全文転載いたします。)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw147415

ブータン国王: 天皇皇后両陛下、日本国民と皆さまに深い敬意を表しますとともにこのたび日本国国会で演説する機会を賜りましたことを謹んでお受けします。衆議院議長閣下、参議院議長閣下、内閣総理大臣閣下、国会議員の皆様、ご列席の皆様。世界史においてかくも傑出し、重要性を持つ機関である日本国国会のなかで、私は偉大なる叡智、経験および功績を持つ皆様の前に、ひとりの若者として立っております。皆様のお役に立てるようなことを私の口から多くを申しあげられるとは思いません。それどころか、この歴史的瞬間から多くを得ようとしているのは私のほうです。このことに対し、感謝いたします。

 妻ヅェチェンと私は、結婚のわずか1ヶ月後に日本にお招きいただき、ご厚情を賜りましたことに心から感謝申しあげます。ありがとうございます。これは両国間の長年の友情を支える皆さまの、寛大な精神の表れであり、特別のおもてなしであると認識しております。

 ご列席の皆様、演説を進める前に先代の国王ジグミ・シンゲ・ワンチュク陛下およびブータン政府およびブータン国民からの皆様への祈りと祝福の言葉をお伝えしなければなりません。ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。

 私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。

 皆様が生活を再建し復興に向け歩まれるなかで、我々ブータン人は皆様とともにあります。我々の物質的支援はつましいものですが、我々の友情、連帯、思いやりは心からの真実味のあるものです。ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。2011年は両国の国交樹立25周年にあたる特別な年であります。しかしブータン国民は常に、公式な関係を超えた特別な愛着を日本に対し抱いてまいりました。私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。

 このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。

 皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。

 ご列席の皆様。私はすべてのブータン人に代わり、心からいまお話をしています。私は専門家でも学者でもなく日本に深い親愛の情を抱くごく普通の人間に過ぎません。その私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうということです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります。ブータンは国連安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、日本がそのなかで主導的な役割を果たさなければならないと確認しております。日本はブータンの全面的な約束と支持を得ております。

 ご列席の皆様、ブータンは人口約70万人の小さなヒマラヤの国です。国の魅力的な外形的特徴と、豊かで人の心をとらえて離さない歴史が、ブータン人の人格や性質を形作っています。ブータンは美しい国であり、面積が小さいながらも国土全体に拡がるさまざまな異なる地形に数々の寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています。手付かずの自然が残されており、我々の文化と伝統は今も強靭に活気を保っています。ブータン人は何世紀も続けてきたように人々のあいだに深い調和の精神を持ち、質素で謙虚な生活を続けています。

今日のめまぐるしく変化する世界において、国民が何よりも調和を重んじる社会、若者が優れた才能、勇気や品位を持ち先祖の価値観によって導かれる社会。そうした思いやりのある社会で生きている我々のあり方を、私は最も誇りに思います。我が国は有能な若きブータン人の手のなかに委ねられています。我々は歴史ある価値観を持つ若々しい現代的な国民です。小さな美しい国ではありますが、強い国でもあります。それゆえブータンの成長と開発における日本の役割は大変特別なものです。我々が独自の願望を満たすべく努力するなかで、日本からは貴重な援助や支援だけでなく力強い励ましをいただいてきました。ブータン国民の寛大さ、両国民のあいだを結ぶより次元の高い大きな自然の絆。言葉には言い表せない非常に深い精神的な絆によってブータンは常に日本の友人であり続けます。日本はかねてよりブータンの最も重大な開発パートナーのひとつです。それゆえに日本政府、およびブータンで暮らし、我々とともに働いてきてくれた日本人の方々の、ブータン国民のゆるぎない支援と善意に対し、感謝の意を伝えることができて大変嬉しく思います。私はここに、両国民のあいだの絆をより強め深めるために不断の努力を行うことを誓います。

 改めてここで、ブータン国民からの祈りと祝福をお伝えします。ご列席の皆様。簡単ではありますが、(英語ではなく)ゾンカ語、国の言葉でお話したいと思います。

「(ゾンカ語での祈りが捧げられる)」

 ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも繁栄を享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。
------------------------

是非、お子様に、動画で聞かせてあげてください。国王の声を、お聞かせいただければと思います。



んでもって、これを、NHKは生中継しなかったんだよね。もうね、NHKなんて受信料払わなくてもいいね。

んでもって、もっと汚らわしいニュースは、野田豚内閣の一員の話ですが、不敬動画がきました。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211117035.html

この人の何が問題なのかと言うと、私の一押し議員さんの1人、宇都隆史議員が、この発言の冒頭に説明されています。


宮中晩餐会に欠席したこの防衛大臣は、品性のかけらも感じられないが、国賓をお迎えする行事を休んでまでいったのは、高橋千秋とやらの政治資金パーティー。

し・か・も、国賓をお迎えするより「こっちが大事」と

ブータン国家が防衛費にどれだけ投じているか、1700万ドル。小さな規模。3/11後、3/18日に義援金100万ドルを寄付してくださった国。

高橋千秋という人のブログ
--------------------
今はちょうどブータンの国王が新婚の21歳という非常に若い女王とともに来日中で、皇居ではいろんな行事も行われていますので、お目にかかるチャンスがあるかも・・・・。

そのブータンの国王は明日の昼、衆議院の本会議場で演説をする予定で、私も「日本・ブータン友好議員連盟」の副会長をしているので、あまり馴染みのない国ということもあって国会議員の皆さんに演説へ行ってもらうように声がけをする仕事をしています。

ちなみにブータンは幸せな国の評価をするGNH(国民総幸福度)という指数で世界一だそうで、そのブータンの国王は結婚したばかりということから世界一幸せな国の中でも一番幸せな人が来日中です
--------------------
と堂々と書いていて、んで、大臣たるものが、宮中晩餐会を欠席してきたことを歓迎してんですね。

普通の感覚ならおい、お前なにしてんだ。おれんとこ来るんじゃなくて、宮中晩餐会だろってのが普通だよね。

ブータン国王を歓迎する日本側が、日本政府与党民主党自体が、反日団体の塊だと思うと、悔しくて仕方ありません。

問題は、これを大問題だということで大臣の罷免を要求する野党の姿勢を、「足を引っ張る」「揚げ足取りばかりしている」「謝ったからいいではないか」というマスゴミがいたとして、ソレに対して「うんうん、そうだ」って思うようなことがあったら、それはそう思う、国民がおかしいのです。

大臣としての風格も品位のかけらもない、大臣を「適材適所」と言い切るノブタが気持ち悪くてしょうがないよ。

皆さん、早く、この日本国の政権を担う資格のない、民主党を与党からひきずりおろしましょう。

民主党なんてもんを与党においておくと、ホントに日本が沈みます。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします^^
ゆでがえる  

category: 国会を見よう

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。