05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

英語教育を心配する前に

ママたちに知って欲しいこと、綴ります。カホ、モンテetc. やってきました。常識範囲で、早期教育支持派の普通のママ。明日の日本を担う子供を、左翼思想から守ろうネ!バラエティー番組は放射線より毒!解散総選挙こそ日本復活の近道!ん?橋下?誰ソレ?「責任は、全て俺が取る」この覚悟あってこそ本物のリーダー!第24代自由民主党総裁”谷垣禎一”を支持!ずっと応援していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ご無沙汰しています。 

長いあいだほったらかしにしておりました。

よんどころない事情により、ブログの更新ができなくなりました。

何故、急にやめたのだろうと不信に思われたことかと思います。

更新したくでもできなくなったわけですが。

人生には本当に、何があるかわかりません。

実にドラマチック!


ご心配をおかけしましたが、ルナは生きております。

ブログで仲良くしてくださった方、どうもありがとうございました。

理由も告げずにフェードアウトしてしまってごめんなさい。



子供のことを書いたりしていたので、思い出もあってなかなか削除ができないのですが、今後、政治ブログを更新はすることはしません。

政治関係は、皆さんにお任せしました!

日本が間違った方向に行かないようにというのも大事なことですが、皆さんが自分のためにも時間を使うということや、自分の身は自分で守るということも必要なことかと思います。



もうしばらくしたら、本ブログを削除しようかなと思います。

別ジャンルでブログを書きたい気持ちもあるため、その気持ちが固まったとき、決めようかなと思います。


人生は一度きり!

皆様が、後悔のないよう、一瞬一瞬を楽しんで、充実した人生をお送りくださいますように。

そして私も、穏やかで健やかな、充実した人生を歩んで参りたいと思います。

愛する家族とともに。

2013年6月 ルナ
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

ガッキーが学園祭の王子になる?! 

谷垣前総裁ねぎらう 自民府連が懇親会 京都
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121022/kyt12102202020002-n1.htm
---------------------
自民党が下野した後、先月まで総裁として党を率いてきた谷垣禎一衆院議員をねぎらおうと、京都市内のホテルで21日、自民府連主催の懇親会が開かれた。谷垣氏は「3年前、意気消沈していたのが党の姿だった。政権の奪還に何年かかるんだろうと思っていた」と振り返り、「精進し、党が一つになったことで元気が出てきた。だが、政権をまだ取り戻せていないのは残念」と話した。
懇親会には、国会議員や地方議員、OBなど約120人が参加し、谷垣氏の総裁としての3年間の苦労をねぎらった。
谷垣氏を支えた伊吹文明元党幹事長は「野田(佳彦)首相を誠実な人物だと信じたことが谷垣氏の弱い点だった。どじょうはぬるぬるしてつかまえられない。もっとずるく厳しく立ち回れなかったのが、結果的に残念なことになった」と話した。(栗井裕美子)
---------------------
イブキング、ガッキーは信じたんじゃなくて、信じたフリをしてたんですよ。わかってるでしょう?

そして政治の信頼を失わないためにも、ずる賢く立ち回らなかったんですよ、って私は思います。

「京の皆さん、支えだった」 自民総裁3年 谷垣氏慰労の会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121021-00000021-kyt-l26
----------------------
野党転落から3年間にわたり自民党総裁を務めた谷垣禎一衆院議員(京都5区)の労をねぎらう党京都府連の懇親会が21日、京都市内であった。
党所属の国会議員や地方議員ら約120人を前に、谷垣氏は「わたしを支え、ねじを巻いてくれたのは京都のみなさんだ。生涯忘れられない」と述べた一方、「政権を取り戻すまで頑張れ、との期待に応えられなかったことは申し訳ない」とも語った。
府連会長の二之湯智参院議員は「谷垣さんは2年前の参院選で党の勢力を拡大するなどいろんな実績がある。ご労苦に敬意を表す」と話し、元党幹事長の伊吹文明衆院議員は「党が今後もうまくまとまるか心配もあり、谷垣さんには返り咲きのチャンスがある」と奮起を促した。
谷垣氏は9月の総裁選で再選を目指したが、執行部の分裂を防ぐため、立候補を断念した。
-----------------------
イブキング、産経では書いてないけど、こうも言ってくださったんですね。そうこなくっちゃ!!!

京都の皆さん!!!谷垣先生をどうぞ、まだまだお支えくださいね!!!

西部さん、こんなことをおっしゃってたそう。


動画があるんだよね。きっと。。。また、ツイッターを頼りに、待ってようっと。


さて、ツイート情報より、谷垣先生は学園祭の王子になるようです!!!

という冗談はさておき、明治学院大学と、学習院で講演会をやるとのことです。



いいなぁ!!!

明治学院大学の場合はきちんと案内が出ているようですから、お近くの方は行かれてはいかがでしょうか。

学習院はサークル主催とのことですので、大学への無理な問合せは控えてくださいね!なんでも、谷垣さんのファンを語っているらしい方が、大学へ無理無理問い合わせをしたようです。

谷垣さんの支持者ならば、行動を慎みましょう。

谷垣さんにご迷惑をおかけしてはいけない!!!

安倍さんが返り咲きおkなら、谷垣さんに何の問題があろうか!!!

ということで、イブキングが言うくらいだから、絶対に谷垣総理に!!!

だからこそ、誠実な態度を!自民党のために、谷垣さんのために!

というわけで、

んでもって、谷垣先生の話をまともに聞こうと思ったら、本当は○万円でも、寄付して聴きたいもんなんですよね。

本物の政治家、総理になるべき谷垣さんのお話をしっかり聞いて、感想を是非呟いて欲しいですwww

党首会談は物別れでしたが、谷垣さんの凄さをもう一度。


「解散密約」明言避ける=谷垣氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102100156
---------------------
自民党の谷垣禎一前総裁は21日、野田佳彦首相が「近いうち」の衆院解散を約束した8月の谷垣氏との党首会談で「(2013年度)予算編成には手をつけない」と語ったとされることについて、京都市内で記者団に「あまり外でぺらぺらしゃべるものではない」と語り、明言を避けた。
 ただ、谷垣氏は「予算編成したら成立までやらなければ、つじつまが合わない。そうすると衆参同日選挙の確率が高くなるが、それはあり得ない」と指摘。「近いうち」は予算編成前との認識を強調した。 (2012/10/21-20:13)
----------------------
まー、、、谷垣総裁でなくなっちゃったもんだから、野田はホッとして、いつまでも粘り続けるようですが。。。

なんたって、、、近いうち解散の言質をとられたときの野田はこれですからね。
20120808党首会談後の野田首相と谷垣総裁の表情 on Twitpic
野田の冷や汗もんの顔、今でも頭に浮かんでくるよ。。。

でも、変わっちゃったからね、こうなるのはもう目に見えてた。

攻める方も手詰まり感いっぱいで、なつおさんも自民党執行部も、密約をばらしてしまったわけですが。

さー、、、しかし、自公で何とか政権奪取してもらわないと、、、日本が沈没します。

学生さん、または学生さん以外で行かれる方、是非、よーく聞いて、マスコミで聞く政治と違うなというところをしっかり学んできていただきたいと思います。


谷垣さんは、、、「べらべらしゃべるもんでない」と、相変わらず、、、相変わらず、、、、相変わらず

かっこいいなw

ってか、慰労会の谷垣さんの画像は?

マスコミ!!!谷垣ファンが増えるのが困るからって、隠すんじゃないぞ!!!

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 6   tb 1   page top

谷垣さんが目指したかった「まじめな政治」 

いま、国民の間で大変な政治不信が広がっているのではないだろうか。

復興に使う税金すらまともに・・・被災地のために使われていないんじゃという状況が明らかになって。

政治家なんかに税金なんか一円も払いたくない!ってそんな気分に簡単に陥ってるんじゃない?

でも、今の、政治不信ってやっぱりなにより、こんなバカみたいな国会議員を選んだ”自分たちの責任”ってことからあまりにも目をそらしすぎてるんじゃないの?

東京なんて、仕分けの女王、レンホー議員に170万票でしょ?凄くないですか。。。。自分たちの投票の結果だよね。

今回の、東日本大震災の動きを見ていれば、自民党が真面目に取り組んでいたことは明白であり、自民党が協力を申し出、政策を低減し、挙げ句の果ては議員立法という方法を使って、野党が法案をつくってきた。

しつこく書いてるんです。執行は・・・行政府すなわち内閣の仕事ですよ。

内閣って・・・私たち国民が選んじゃった、与党民主党から構成されてるよね。

選挙が大事だってことは、わかるよね。

何で、被災地のためにお金使ってくれないの?って・・・政府の仕事ですよ。それをしない、政府なら、国民がひきずりおろさないといけないの。

自殺者が毎日出てるんだそうですよ。国会において、マスコミでは報道されない事実が明らかになっています。

《復興予算の検証》 【参議院​ 国会生中継】 ~平成24年​10月18日 決算委員会~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv112080840

なんでも野党のせいとして政局扱いでしか報道しないマスコミ。
日本を潰すことしか考えていない政府民主党。
こんな状況だってわかろうとしない・・・有権者。

解散総選挙が望ましいですね。一刻も早く。

ブルームバーグ谷垣総裁
(写真:ブルームバークより http://www.bloomberg.co.jp/
----------------------
総裁選前の記事
「まじめな政治」取り戻す 谷垣禎一総裁に聞く

 「近いうちに解散する」と表明した野田佳彦総理が、いまだ解散時期を示さないことで、政治が機能不全に陥っている。昨年のこの時期も「災害復旧などにメドがついたら辞める」と述べた菅直人総理がなかなか辞めず、政治の停滞を引き起こしていた。政権交代から3年。いつまでこんな政治を続けるのか。野田総理に早期の解散・総選挙を求める谷垣禎一総裁に政治の現状に対する認識を聞いた。

解散・総選挙行う以外に政治の立て直し不可能

3党合意は「信」問うことが前提 進退窮まった民主党政権
――なぜ、一日も早い解散・総選挙が必要なのですか。

理由は二つあります。一つは、社会保障と税の一体改革法案に関する3党合意が、「法案が成立したら信を問いなおす」という論理に立っていることです。

わが党として民主党のマニフェスト違反を看過するわけにはいきません。また、社会保障の使い道について、バラマキのようなことは認められないと主張してきました。しかし、われわれも消費税が必要だと公約でも言ってきましたし、われわれの政権下で財政赤字が増えたことに対する責任感もあります。そこで、わが党の考え方を示した社会保障制度改革に関する「基本法案」を提出したところ、民主党がこれを受け入れ、野田総理も「政治生命をかけてやる」という。「それならば」ということで、「法案成立前に解散して信を問え」という主張は譲歩して、「法案が成立したら信を問いなおす」ということで合意したのです。

3党合意は法案が成立すればおしまいということではありません。消費税率の引き上げまでに社会保障国民会議を立ち上げて社会保障の基本的方向を整理するほか、経済対策など、様々なことをやっていかなければなりません。そのためには、やはり国民の信を得た状況でなくては本当の意味での設計はできないのです。


――もう一つの理由は。

民主党が国政を担っていく能力があるのかどうかという問題です。党の中はバラバラで、離党した人や残った人が野田総理の足を引っ張っています。民主党が何をやるための政党なのか、いわばアイデンティティーを喪失した状況です。特に最近は、いよいよ進退窮まった観があります。内政だけではありません。外交面でもその基本が民主党政権によってガタガタになっています。それが、メドベージェフ露首相が北方領土に、李明博韓国大統領が竹島に来る根本的原因です。

もはや民主党自身でこれを立て直すことは不可能です。解散・総選挙を行って新しい体制をつくっていかない限り、内政も外交も進んで行きません。


――「近いうちに」行われる総選挙で問われるべき「信」とは何でしょうか。

一つは、税と社会保障について、例えば社会保障国民会議は動いていないけれども、これをどうしていくかということは当然ポイントになるでしょう。また、外交をどう立て直していくのか。どうやって、希望の持てる社会を築いていくか。それは経済成長をどう実現していくかという問題でもあります。メニューはわが党政権下で大方出ていますので、それをどうブラッシュアップし、どう優先順位を付けていくかを詰めていくことになります。また、昨年、東日本大震災が起き、また、東海・東南海・南海の3連動地震が予想されているなか、どうやって国民の安心をつくっていくか。これは震災復興のテーマであり、国土強靱化といった問題でもあります。また、今後、わが国のエネルギーをどうしていくかという問題もあるでしょう。

本当のことを正直に訴える
――わが党は何を訴えますか。

民主党は前回の選挙でわが党との違いを強調したいあまり、マニフェストで美辞麗句ばかりを並べてしまいました。しかし、わが国には、派手なマニフェストを信じてもらって、その嘘(うそ)が露呈するというようなことを繰り返している時間的余裕は残されていません。本当のことを正直に、一生懸命訴える。そして国民の信頼をいただき、「まじめな政治」を取り戻す。今度の選挙はわが党にとっても正念場です。

――8月8日の野田総理との会談で、谷垣総裁は一体改革法案に賛成する道を選びました。

政権の問題点を追及しなければならない野党の立場とこれまでのわが党の主張をどう両立させるか、たいへんなジレンマでした。その意味で、政治生命をかけたのは野田総理だけでなく、私も同様です。どっちを選択しても批判されるのだと思います。

いずれにしても、民主党政権にきちっと「信」を問わせない限り3党合意は完結しません。わが党としては、様々な手立てを講じて、それを実現させる覚悟です



――民主党政治をどのように見ていますか。

マニフェスト違反の問題もありますが、それ以上に強調したいのが、政治の運び方が滅茶苦茶(めちゃくちゃ)だということです。「法の支配」という言葉がありますが、大臣がどういう権限と責任に基づいて何ができるかという点についての自覚があまりにも薄い。例えば菅内閣の時に、中部電力浜岡原発の運転を止めましたが、いったい、誰がどういう権限で決めたか、あいまいなままです。あるいは、被災地から復興に関するお願いをしても、誰が何をやっているか分からないし、それに対する答えも返ってきません。また、内閣が提出した法案が通らなくても「野党が反対しているから」とまるで人ごとのようです。責任の所在があいまいだからです。民主党政権の法案成立率が低いのはこれが大きな要因です。一日も早くわが党が政権奪還し、誰が責任を持ち、どんな権限を持ってやっているのかを明確にするところから政治を立て直さなければなりません

新綱領制定で「旗印」を明確化
――わが党は野党となった3年間で何を反省し、どう変わったのでしょう。

総裁に就任し、まずやったのが新綱領の作成です。伊吹文明元幹事長に座長になっていただき平成22年、就任後初めての党大会で決定しました。

目指すべき国家像を明記

わが党は常に進歩を目指す保守政党であると規定したうえで、「新憲法の制定」や「自助自立を基本とし共助、公助の仕組みを充実する」など、政策の基本的な考え方を整理しました。

また、目指すべき国家像として「和と絆の暮らし」「努力する者が報われる社会」などについても明記しました


わが党の原点は地域重視全国津々浦々の党組織

自民党は政権奪還して何をするのかとよく聞かれますが、その基本はこの新綱領に書いてあります。いわばわが党の旗印といえます。

そのほか、これまで会合が開かれなかった山間地や離島などに出かけて膝を交えて住民の声を聞く「ふるさと対話」集会を400回以上やりました。また、候補者の公募や都道府県連での地方政治学校開設など、人材発掘、人材育成に力を入れてきました。

結局、それは、わが党の原点は地域を重視するところにあると考えるからです。わが党は、強弱があるにせよ、全国津々浦々に党組織があって、一定レベルの地方議員を出している。

ところが民主党にはそれがない。だから、地方の声を吸い上げることもフィードバックすることもできません。そこに民主党とわが党の大きな違いがあります。野党3年間にあらためて確認したことです。


様々な意見を一つの政策に練り上げる

〝生煮え〟感ぬぐえない「第三極」政策
―――わが党のあり方、進むべき方向性をどう考えますか。

前回の政治改革で小選挙区制を中心にした選挙制度にし、政権交代可能な二大政党制を目指してきましたが、民主党政権の姿を見て幻滅感が広がっているのが現状です。民主党は分裂過程に入っていく一方、「大阪維新の会」など、いわゆる「第三極」といわれる勢力が出てきています。総選挙が行われた場合、それがどう影響し、どんな結果になるのか、現時点で見通せているわけではありません。

「第三極」についていえば、例えば大阪に対する問題提起については、見るべきところが多々あると思います。しかし、国政全体の政策については、まだ生煮えではないかという印象を持っています。

例えば、「消費税は地方税に」と言っていますが、高齢化でこれだけ伸びている社会保障費の財源は、消費税しかないというのがこれまでの議論です。

もし、それを地方税にするのだとすれば、社会保障も地方が担うことになりますが、現実にはなかなか難しい。また、「地方交付税はいらない」というのは、総務省のコントロールを受けるのは嫌だと言っているだけならば分からなくはない面はあります。しかし、財政調整システムそのものをなくしてしまっては、やっていける自治体はそう多くありません。

政党はビジョンを示すだけでなく、意見をまとめていく役割も担っています。自民党には全国の様々な意見を吸収し、それを溶かしこんで、一つにまとめ、政策に練り上げていく力があります。民主党にはそうした力がありません。

また、わが党には、あらゆる政策について、それなりの理念と体系があり、一つひとつ議論していけば、「やはり自民党がいい」と評価いただけると確信しています。

国民の皆さんの信頼を取り戻し、わが党が長年にわたって積み重ねた土台やシステムをわが国再生のために使っていただく。そのために全力を尽くすことが私に課せられた使命だと考えています。

-----------------------------
谷垣先生の憂いが届きますかね。(今日は谷垣先生と書いてみよう)

解散が遅れれば遅れるほど、、、、自民党は勝てるようになるかもしれないが、本当にそれでは、、、国家がもたないかもしれない。

私は、今年の党大会を、ラッキーなことに、参加することができて、谷垣先生の訓示を直接現場で耳にしました。

国家破綻の危機と、仰ったんです。谷垣先生の言葉はなんといっても”報道されない”攻撃を受けて、ほとんどの人が知りませんからね。

谷垣先生のよい言葉は報道されない。良い行動は報道されない。それは恐ろしいほどまでの情報操作。

私はそれを、くぐり抜けて、谷垣総理大臣を目指して応援してましたけどね。(今も諦めていませんん)

第79回自由民主党大会 谷垣禎一総裁 年頭演説
動画 http://www.youtube.com/watch?v=QGy20nBQICI

谷垣先生の、日本国に対する、憂いを私は全身で受け止めた。

今からでも遅くない。

政治に関心をもってみてください。


ちなみに、上にはった今日の参議院決算委員会のキャプ。
酷い閣僚席
福島県の森まさこ議員が被災地の怒りを込めて魂をぶつけていた。それを聞いている、閣僚席のこの態度。。。

国民もね、危機感を持つべきです。

本来、閣僚とは、もっと尊敬するべき人たちがそこに座り、品格を感じるはずなのです。

微塵も感じない・・・この状況に、異常な雰囲気を感じませんか?

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: 自民党

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

日大文理の国際情勢の講義に谷垣さんが! 

昨日、日本大学文理学部の国際情勢の講義に谷垣前総裁が特別講師として教壇にたったようです。

ツイッターが一時期谷垣祭りになっていたみたいで、私のフォロワーさんも多数、公式RTされていました。

個人情報が絞られるといけないので、まとめサイトは鍵つきです。ごめんなさい。

いやいや、谷垣萌えの自分としては、燃料不足な毎日なので、谷垣さんがたくさん見れて、ほんと嬉しかったです。

久しぶりのイケメンぶり、久しぶりの足チョン画像とかねwww

講義の内容というか、谷垣さんの感じを、ツイートされている方がいました。

で、学生さんのツイートから谷垣さんがわかるところをさらっと部分的に

”知識・経験に基づいたかなり現実的な思想の持ち主で、政治家の講演にしては諧謔の少ない堅物な印象を受けた”
”天皇陛下を単なる象徴(この言葉に抱く印象は恣意的なものだが)――それを越えた絶対なもの(直接にそう言ったわけではない)と捉えているのには好感が持てた”

など。

まぁなんというか・・・学生の質問の程度について、その方自身がちょっと嘆いていた感じでしたけどね、なんで、公式RTとかにはしません。

うん。学生さんがワイドショーレベルじゃないことを心より祈りますよ。

政局にしか報道しないマスコミなんて全く、、、あてにできませんからね。

そしてしかし、うちらみたいな無知なのが選挙権をもつって恐ろしい、、、、っていう風につぶやいている人もいて、空恐ろしい思いをして欲しいと、心より願った。

若い人がまともに政治を見ないからね、政治家はちっとも若い人たちのためにお金を投じようとしませんよ。

国家公務員の新規採用を抑えたり、定年後の再雇用を促したり、、、企業はどんどん海外に流出する流れをとめないし、ダイナミックな視点から見て、日本の若い人の雇用の場は狭まっている。

40歳定年制とか、そんな話もでてきましたが、ご存知ですか?

社会保障を根底から変える「40歳定年制」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120910/236616/?rt=nocnt


人それぞれ捉え方があるかもしれないけれども、社会保障と税の一体改革は、谷垣さんが政治生命をかけて、成立に寄与したものです。

政治生命をかけたのは野田ではない。こいつは詐欺師である。

というか、ま、自民党も谷垣さんを変えちゃったから、野田は詐欺師になっちゃったと、私は思いますけどね。

ってまぁ、、、愚痴はさておき。


日本人の雇用をまもる、日本人をまもる、日本をまもる視点の政党を選ばないと、、、日本は真面目に沈没しますから。

学生さんは、中迎さんのメルマガ読んだらどうかなぁ?
ツイッター(https://twitter.com/nakamukae

すごい、ためになりますよ。

中迎聡の『井戸端話から政治まで』
http://foomii.com/00066
直近のメルマガ
政治家の世襲に関する考察
-------------------
自民党の石破幹事長が党支部長の選考に関して、公募と併せて党員投票を
実施するよう党改革を進めるという報道が出ている。世襲批判をかわす狙
いがあるのは明白だけど、そもそもの問題として世襲は悪いものか、党員
投票(予備選挙)は現時点で可能なのか。

まず、大前提として被選挙権はなにものにも制限されるべきではない。こ
れに反する立法は違憲のおそれもあるので、各政党とも党の内規で世襲を
制限するかどうかを判断している。自民党は09年の公約で、世襲を禁じる
ことをうたっていたが、このように各党の一政治結社内の身分としての支
部長を選ぶ際に世襲かどうかを判断材料にするのは問題がない。

では各党とも世襲を禁じるべきかどうかというと、話はそう単純ではない。

以下続きは登録後
---------------------

さぁ、今日は水曜日。

チーム谷垣の勉強会の日です!!!情報が楽しみwww

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

卒乳後のマッサージ、子供の様子あれこれ 

先日、卒乳したことを書きました。

一人目のときは、3年半を経て卒乳後、ほどなくして二人目を妊娠したので、まぁいいかと、卒乳後のケアをしませんでした。

そして今回は、実は3人目がほしいと何回か書いたことがありましたが、諸事情によりきっぱりと実は断念。

ですから、今回の卒乳はちゃんとケアしようとおもって、桶谷のマッサージに行ってまいりました。

桶谷式でも、きつく言う先生と、優しい先生と色々いて、私は途中で先生を変えて、とても良い先生を見つけることができて、ときどきお世話になっていました。

(なので、先生が納得できないという方は、別の先生を探すのも手です。先生によって全然違います。)

ときどきお世話になるといっても、二人目は全くノントラブルで、おっぱいが張ることもなく、でもじゃんじゃん出るという、最適な状態で。

二人目を出産後に、実は出すぎでコントロールできないくらいになり、それで桶谷さんのところに、”抑えるために”マッサージにいったのでした(笑

調整していただいて良い状態になってからはもう、それこそ全く行くこともなく、ですから今回の卒乳ケアのために、実に3年ぶりくらいに先生のところに出かけました。

ベッドに寝て天井を見ると、昔と同じように、象さんがゆらゆらと気持ちよさそうに風になびいて。

3年間、いや、授乳の7年間や先生のお話でゆったり、ケアの時間がはじまりました。

先生曰く、「まだまだよく出るねー」って。

おっぱいはやめるとすぐに甘いおっぱいだったのからあっという間に”しょっぱいおっぱい”になるんだそう。

「すっかりしょっぱそうなおっぱいになってるけど、まだまだ復帰可能だよwww」と3人目を勧められたのでした(笑

先生は45歳になってやっとご自身が3人目を宿すことを諦めたとおっしゃってました。

女性はまぁ、それくらいまでは初産でなくて健康に問題あれば、そこまでいけるのかもしれませんね。

先生曰く「まだまだルナさん、絶対いけるよ」って言われたんだけどねー。

問題は、出産後の体力なんだよね。。。

一人目は一日以上かかりましたけど、二人目は破水からはじまったものの、非常に順調に3時間くらいでした。

一人目は病院だったので、最初に哺乳瓶だったからね。そこは子供には申し訳なかったなぁと。

で、一人目は混合だったんですね。

なんとなく、一緒に出産したタイミングのママが、たまたま桶谷に行っていると聞いて、母乳をあきらめないでいたので、それで自分も母乳をあきらめないでおこうと思って平行で続けてましたが、本当に、大変だった。

そしたら、3ヶ月たって、子供が、おっぱいを選択したんです。哺乳瓶を拒絶したんですね。

主人は、本当に残念そうでしたが、子供の決断だったので、それから私のおっぱいライフがはじまったのでした。

一人目の桶谷の先生は所謂桶谷式の食事制限を言ってきて、私はそしてそれ以上に、いろんな情報を調べまくって、所謂最終的には、マクロビの方向に走っちゃった。

紆余曲折書くと長いので省略しますが、しかし、行き過ぎは問題だと気がついて、戻ったんですね。

今でも食材は気をつかっていてエンゲル係数は高めですから、人様から見たら普通のレベルというには少し高いかも、しれませんが、外食も普通にしますし、という状況になりました。

そして二人目ですが、私は二人目は助産院で出産したんです。

家庭保育園のエンジェルコースをやって、リラックスリラックスを心がけていましたよw

出産が楽になるようなイメージトレーニングもたくさんやってました!

助産院で出産した理由は、うーん。出産は病気ではないし、自分の健康に問題ないって自信があったし、最初からおっぱいで過ごしたかった、というこの三点目の理由がいちばん大きかったかもしれません。

出産直前は、ヒノキ風呂(殺菌、リラックス)に入り、痛みを和らげてたんですよー!

もう頭がそこまででかかっているというギリギリまでお風呂につかってたんです。

そっから自力でベッドにあがれとwww

あがりましたよー!おばあちゃん先生と助産師さん一名と、主人と4人で頑張った出産でした。

二人目は本当に上手にいきむことができました。

なつかしいなぁ。

出産は夜中の3時半くらいでして、その日のお昼くらいにはおっぱいをくわえはじめてたかなぁ?

最初に書いたとおり、二人目は最初は出すぎで貼りすぎて苦労しましてw

でもそれもあっという間で、あとは全くノントラブルでまったく自由なおっぱいライフでした。

よく、仕事をはじめるから断乳するというのが常識になっていますが、私から言わせれば何を言ってるの?と。

全く問題ないですよ。

6ヶ月からというとちょっときついと思いますが(子供に気の毒なので、なるべく復帰はやはり1歳すぎがいいと私は思う)、1歳からなら、搾乳なんて全く必要ないし、朝と、帰ってからと寝る前にあげていれば、子供が満足するし、おっぱいも全く問題ないです。

もし、問題が出てくるなら多分、お母さんの授乳調整ができていないということなので、そこはお母さんが少し、食べ物を考えて食生活を見直し、コントロールしたほうがいいと思います。

桶谷の先生とかにお世話になるのもいい(あわない先生に無理に合わせる必要はない)。

私がいちばんてきめんに効いたのは、やはり牛乳と悪い油、ですね。

有名なドーナツどころのドーナツは、食べると実はおっぱいがチカチカしてました。

おっぱいセンサーってやつなんですけど、だいたい、乳製品食べるとおっぱいが重くなる感覚がある。

なんで、多分、乳脂肪ってすごいとおもうので、この辺はもし、新米ママさんやお悩みママさんがめにすることがあったら、ま、参考にしていただいていいかなと思います。

ってまぁ、授乳調整がご自身の体でできるようになると、あとは本当にもう、へっちゃらです。

泣いたらおっぱい!の伝家の宝刀は、卒乳まで有効でしたよ!!!

豊かな気持ちになる、ママと子供の楽しい充実したおっぱいライフを、より多くの方に広がるように、心から望みます。

あー、ちなみに健診の時は、3歳の時はね、もう飲んでないって申告しました。

その片はバカ正直にならない賢いママになりましょう(笑
********
卒乳してから、子供はすっかり忘れたわけじゃなくて、今でも実は、欲しがってるんです。

実は、卒乳したといっても、本人はモノの試しで「もう要らない」と私の前ではっきり言ったんだと。

それも多分、私はそうじゃないかな?って考えてたんだけど、もう、卒乳するならこのタイミングしかないなと確信があって、「バイバイしよっか」ということにして、本人もそのときちゃんと納得のうえ、バイバイしたんです。

卒乳後、わけのわからぬことで、癇癪を起こすことが多くて、私もちょっとイライラすることがあって、お互い喧嘩したりしてたんですけど、「おっぱいまだ、飲みたかったーーーー。うわーーーーん」と言われて、気がつきました。

あぁ、我慢してたんだぁと思って、泣くこどもを精一杯受け止めて、私も心で泣いてあやまって、慰めて、落ち着いた感じです。

今は朝晩、おっぱいを触ったり、おっぱいにチューをして、満足している状態です。

かわいくてたまらんですね。

(殿方、スマンwww)

と、いうような話を、ケアを受けながら、桶谷の先生に話をしていました。


また、3ヶ月後くらいに、もう一度、本当に残ったおっぱいをカラにする、ケアを受ける予定です。

しこりがないか見ていただけるし、本当に空っぽにしておかないとね。

そしてまぁ、当然ですが、乳がん検診のすすめのしおりをいただきました。

授乳する人は乳がんのリスクがぐーんと減ると言われていますけれども、ま、侮ってはいけませんからね。

マンモグラフィも結局、一人目からずっと受診できていないという。。。

でも、これもやっと受けられそうだなっとwww



さて、普段政治ネタなんで、めずらしい日記を書いてしまいました。

解散する雰囲気が吹き飛んでしまいましたね。

谷垣さんじゃなくなったから、野田も約束なんてまもらんでいいもんねーっと完全に足元見られた感じです。

かえすがえすも、谷垣続投がベストだったとしか思えませんが。

世の新米パパさん、新米ママさん、選挙に行きましょうね。

これが参考になります。

政治に関心を少し持ちましょう。ワイドショーのような政治風味番組(めぐみ、みのもんた、ミヤネ、小倉、古館など)、ニュースの政局だという報道はまずもって、信用してはいけません。NHKはやはりマシではありますが、原発やオスプレイなどは特に、あれは、中国や韓国の視点から日本を報じていると考えるといいかもしれません。

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞をはじめとする大手新聞社も同様です。

むしろ”監視する”つもりで見たほうがいい。日本を潰したい奴はこうやって言うのか、考えているのかと。

私は良いと思ったフォロワーさんのを呟きをよくRTしておりますので、それを参考にしていただいていいし、国会中継を見るようにしたり、谷垣自民党の実績を是非、知っていただき、次の選挙は、政権担当能力のある政党を選択するよう、気がついていただけたらと思います。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: 子育ておやくだち

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

「近いうち解散実現を」と念を推す谷垣さん。(勉強会ネタあり) 

被災地復興はそっちのけ、与党民主党の本領発揮です。

自民党の平議員が盛んにツイートされていますが、現代ビジネスに寄稿された、ご本人の記事です。
沖縄での道路整備やシーシェパード対策に消えていく!使いみちが怪しい「復興予算19兆円」の「国会版事業仕分け」に民主党はなぜ応じないのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33661
-------------------------
NHKスペシャルの衝撃

 9月9日夜9時から放送されたNHKスペシャル「シリーズ東日本大震災 追跡 復興予算19兆円」の内容は衝撃的だった。復興予算は昨年度の1次補正予算4.0兆円、2次補正予算1.9兆円、3次補正予算9.2兆円、今年度予算3.8兆円の合計約19兆円。この財源の半分は復興増税(所得税や住民税などの増税)で賄われることになっている。

 多くの国民は、被災地復興のためならということで、この増税に納得しているに違いないが、その使いみちを見ると、明らかに不適当を思われる事例が番組内で数多く紹介されている。

 東日本復興予算を使っての沖縄の道路整備(国交省)、青少年の国際交流事業(外務省)、被災地以外の企業の設備投資補助金(経産省)、北海道や川越の刑務所での職業訓練拡大(法務省)、反捕鯨団体(シーシェパード)対策(農林水産省)、国立競技場補修(文科省)等々。

 その反面、被災地でのニーズが大きいと思われる現地の雇用や賑わいを取り戻す中小企業グループ復興事業予算(経産省)や、津波などで被害を受けた個人病院復旧に対する補助金(厚労省)などは全く足りていない。特に3次補正の9.2兆円488事業は、被災地の生活再建のための本格的復興予算の位置づけであるが、被災地以外の地域や全国が対象となる事業が205事業で、その予算は全体の4分の1にあたる2兆4,500億円にものぼると指摘されている。
(略)
いずれにしても報道の通りなら由々しき事態だ。私は放送翌日から早速、国会でこの件を取り上げるべく行動を起こした。私が理事を務める衆議院決算行政監視委員会の行政監視小委員会で、この復興予算を"国会版事業仕分け"するためだ。

 番組の中でスタッフが専門家に意見を求めるシーンがある。そこである書類が私の目に留まった。事業仕分けに必要な項目を書き込んだ「行政事業レビューシート」だ。この書類が揃っていれば、国会版事業仕分けはすぐにでも実行することができる。これは民主党政権の成果である。予算を伴う事業すべてに「行政事業レビューシート」の作成を義務付ける閣議決定をしているのだ。

 国会は閉会中であるが、閉会中の審査も制度上可能だ。また、民主党代表選、自民党総裁選の真っただ中ではあったが、そんなことは各党内のことであって国民には直接関係がない。国会議員は必要な時に必要な仕事を淡々と取り組むべきだ。事実、2008年に事業仕分けを初めて国政へ導入した自民党無駄撲滅プロジェクトチーム河野太郎グループは、自民党総裁選の初日に日本財団の会議室に朝から晩まで籠って事業仕分けを行った。総裁候補が逆に事業仕分けの現場へ挨拶に来たものだ。

 私の働きかけが功を奏し、自民党、公明党、国民の生活が第一の野党理事は全員、この復興予算の行政監視質疑(国会版事業仕分け)に賛成いただいた。しかし、肝心の与党民主党がまるでやる気がない。「国会閉会中に審議するほどの緊急性はない」「マスコミで報道されたことをいちいち国会で取り上げるのはいかがなものか」「代表選で忙しい」「人事があるので先の日程を約束できない」などの理由を挙げているようだ。
(略)
全文はこちらへ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33661
------------------------





しかし、、、、民主党が復興にやる気がないというのは、国会中継を見ている方ならとうの昔に知っていたことで、散々、ネットのまともな方たちは訴えていました。

流石に、報道も隠しきれなくなってきたのかな。。。

何故、解散総選挙が必要なのか?谷垣前総裁がどんなに批判されても、解散総選挙を求めることをやめなかったのは何故か?




腹かっさばく覚悟

【誇りと自信を持って】3月3日仙台市・谷垣総裁街頭演説 書き起こし【皆さんに申し上げたい】
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-1708.html
-------------------------
これがなかなか実は、メディアの上では認められておりませんで、谷垣、あんたはいつもこめかみに青筋を立てて攻撃するばかりだと叱られるんですが。実はそんなことはありません。補正予算、今まで全部出してきたらすぐ賛成しました。それから色んな提案。こんなことしたらどうですかと提案もしました。進まない時には、やっぱりこれは野党で議員立法で出して、やっぱり復興基本法も復興庁の法案も、あるいは二重ローン対策なんかも全部自民党が出した法案です。瓦礫処理の法案もなかなか政府から出てこないから自民党の案を中心にやったんです

私はね、いつも皆さんに言われるんです。こういう時に自民党も長い間政権とって来たんだから大人のところを見せろっていう声が強いんですね。もうちょっと助けてやったらどうだと。でもね、やっぱりこれが悔しいんです。野党でありますと法律までは作れます。だけど、具体的にその予算を執行するとなると、これは政府でなければ出来ないんです。

だけれども、今の民主党を見ていて、私達の方が、これはもし嘘だったら、腹かっ捌いて皆さんにお詫びするつもりで、私は言っております。自民党の方が絶対、復旧復興はしっかりやると皆さんに安心していただけくことが出来る。このことは、私は自信と誇りを持って皆さんに申し上げたいと思っております。
-------------------------
モスリンさんのブログには、被災地を訪れた谷垣前総裁に浴びせる厳しい被災地の方の言葉が掲載されています。

どうしてどうして、谷垣前総裁はいったいどんなお気持ちで、この批判を受け止めたのか、本当に悲しくなります。

でも、悟りの境地を開いている感すらある谷垣さんのことですから、これも全て全て、下野した自民党の責任でもあると、歯を食いしばって、聞いておられたのでしょう。

もう、いい加減、国民は理解しないといけません。

自民党は単なる野党でしかないと。協力は法案の成立まで。執行(行政)は民主党政府の仕事であると。

そして、それを、さぼって、、、政治音痴の国民をいいことに、全部自民党のせいにしているということです。

谷垣前総裁は、今年の党大会で、なんとしても解散総選挙を勝ち取ると、そうしないと、国家破綻もありうると、部下に訓示したのでした。

民主党政権であることの危険性を、マスコミは報じません。だから、まだ国民は気がつかない人もいるみたいだけど、気がついた人から、教えてください。

理由はまた書けることができたら触れたいと思いますが、国政選挙の暁には参考にどうぞ。

さて、谷垣勉強会の発足を応援しておりますが、10/10水曜日に、無事に勉強会が開催されたようです。

自民・谷垣前総裁が独自の勉強会 14人が参加(10/10 17:54)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221010048.html
---------------------------
自民党総裁選で出馬断念に追い込まれた谷垣前総裁が独自の勉強会を立ち上げ、14人の議員が参加しました。

 自民党・谷垣前総裁:「野党としても立派な仕事をして、政権を奪還するにはやっぱり、福沢諭吉も戊辰の時に上野の山で学問を続けたと聞いているので、その心で勉強会を進めていけたらと思っています」 谷垣氏は、かつて所属していた岸田派前会長の古賀元幹事長から支持を得られず、総裁選の出馬断念に追い込まれました。谷垣氏は「派閥に戻ると迷惑がかかる」と周辺に語るなど、派閥には戻らない意向を固めています。10日の勉強会に参加した議員のうち数人も、すでに岸田派に退会届を提出していて、事実上、派閥が分裂した状態になっています。
---------------------------
( ゚∀゚)彡 ガッキー!ガッキー!
( ゚∀゚)彡 ガッキー!ガッキー!
( ゚∀゚)彡 ガッキー!ガッキー! 

 ってか、アカヒめ、余計なことばっかり書いて、、、勉強会の中身をかけよって話なんですね。

そしていいですか。今は、谷垣さんにとっては戦時という認識なんですね。

自民・谷垣前総裁、新たな勉強会を発足
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5153432.html
写真が素晴らしい!!!TBS動画ニュースサイトより
谷垣勉強会スタート


勉強会に参加している遠藤利明議員のFBより
---------------------------
本日、谷垣グループの政策勉強会を開きました。(株)日本総合研究所理事長の高橋さまを講師としてお招きし、当面の景気と経済政策について意見交換いたしました。
---------------------------
露出度がぐんと減って飢えているファンにとってはお宝の写真が!!!

遠藤議員は、自民党総裁選について次のようにコメントされていました。
http://www.e-toshiaki.jp/aisatsu/back/120915.html
----------------------------
さて、自民党の総裁選挙は14日告示されました。今回の総裁選挙には5名の国会議員が立候補しています。私が支持していた谷垣禎一現総裁は、候補者乱立による党内の混乱を招いたのは自分の党内掌握が不足していたことが原因であり、これ以上の混乱は避けたいとの想いから、9日、立候補を断念致しました。
9日午前、川崎二郎代議士から至急の連絡があり、部屋を訪れると谷垣総裁から出馬断念の連絡があったとの事。直ぐに党本部に駆けつけ、「谷垣再選の為に多くの同志が頑張っているのに、大将が突然の戦線離脱では同志の仲間が耐えられない。状況が厳しいのは我々も分かっているけど、推薦人も皆が頑張って確保出来たし、最後まで頑張って欲しい。もし、どうしても立候補を取り止めるにしても、告示前日まで再選出来るよう最善の努力をし、その上での状況判断で良いのではないか」と直談判したのですが、総裁本人の意志が固く、残念ながら諦めざるを得ませんでした。

夕方、総裁本人も出席の上10数名の仲間が集まり、総裁自ら、今回の突然の立候補辞退への経過とお詫びの挨拶があり、更に、これまでの皆さんからのご支援で、自民党再生と政権奪還への道筋をつけることが出来たとの感謝の言葉がありました。その上で、これからも仲間が谷垣さんを中心にまとまって行動をして行くことを申し合わせました。

さて、総裁選挙が告示されましたが、私はまだ誰にするか決めておりません。しかし、3年前の総裁選挙で党再生の為には(1)世代交代、(2)派閥や長老支配の排除、を掲げて谷垣総裁の誕生を果たしたのですから、今回もその基準で判断して行きます。
----------------------------
そうなんですよね。。。。文藝春秋に書かれているみたい。。。”野党・自民党を立て直す困難な役目は谷垣らに任せ、権力が眼前に迫れば、これを引きずりおろして、野党時代(略) なりふり構わず横取りする。…自民党が党再生を果たすどころか、その体質を変えていなかったことを白日のもとに晒した”とね。

私は安倍自民党を応援します。谷垣禎一と書きたかったけどね。

でもね、なんにも知らなかった方はせめて知ってほしいんです。

自民党は谷垣総裁の再選で本当に良かったんですよ。全員、谷垣路線を継承なんだし。。。

被災地の復興も、自民党政権だったら絶対に、間違いなく、お亡くなりになる方はもう少し少なかったと思います。

もっと早く、希望を持てる状況になっていたんじゃないだろうかと、思います。
420233_306114102775449_154551137931747_713672_440358067_n.jpg
自民党FB。被災地での街頭演説での写真。

この動画は2011年3月27日。奥様がきっと大変なときだったですが、誰にもおっしゃらないで。。。でも、きっと奥様と話し合って、被災地に向かったんだと思います。私がそういう立場なら、恐らく、「あなたは被災地に行きなさい。被災者の声を聞いてあげて。政府の代わりに」って言ったと思う。

谷垣総裁だった時代、遅々として進まぬ日本だったけれども、それでも、政治は前に進んでいたと思います。谷垣総裁は、実に、影の総理だったと思います。

情けない、フォローシップのない姿を晒した自民党を、、、みっともねーって思うかもしれないですが、本当にその通りだと思いますけどね、でも、ま、それでも自民党に愛のムチをふるって頑張ってもらうしかないんですよね。

石破氏に「近いうち解散実現を」 谷垣氏
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1002N_Q2A011C1PP8000/
--------------------------
自民党の石破茂幹事長は10日、歴代の総裁・幹事長経験者にあいさつ回りをした。谷垣禎一前総裁は「社会保障と税の一体改革関連法への協力と『近いうち』の衆院解散はセットだ。切り分けることのないように」として、野田佳彦首相に「近いうち」の解散を引き続き求めていくよう念を押した。

総裁経験者は谷垣氏のほか中曽根康弘、河野洋平、福田康夫の各氏、幹事長経験者は古賀誠、中川秀直、細田博之の各氏らを回った。
--------------------------
谷垣さんが総裁だったときは、あっちから、会いたい会いたいと懇願してきたけど、いまはさっぱりですね。逃げてるんでしょうけどね。。。

とたんに、政治が進まなくなりましたね。

安倍執行部も、どうにか打開しないと。。。。ね。谷垣総裁より数段、ハードルが上がるのは覚悟のうえだったんですからね。

幹事長、総裁選の規定を変更するなど、そんな阿呆なことをやってないで、ほれ、解散解散で、輿石と会談しないと!!!総裁選の規定なんてね、総選挙のあとで結構ですよ。

頑張れ安倍自民党!

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

蓮舫は逆神?! マスコミが消したい過去。そしてまたいちばんを目指す国へ。 

誠に喜ばしいニュースが入ってまいりました。「ノーベル賞は日本という国が受賞した」と、また新たなる漢が誕生した!

山中伸弥氏にノーベル医学・生理学賞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121008/art12100820310008-n1.htm
----------------------------
スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学・生理学賞を、あらゆる細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授(50)ら2氏に授与すると発表した。患者自身の細胞を移植して病気やけがを治療する再生医療への道を開いた功績が評価された。

日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで、米国籍の南部陽一郎氏を含め計19人。医学・生理学賞は1987年の利根川進氏以来、2人目の快挙となった。

iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞の一種。これを基に神経や肝臓、心臓などの細胞を作製し、病気や事故で機能を失った患者の臓器などに移植することで、難治疾患を治療する再生医療の実現が期待されている。

研究はまだ安全性評価の段階で、実際に患者に使われたケースはない。医療分野のノーベル賞は広く実用化した段階で授与されるのが通例で、極めて異例のスピード受賞となった。

万能細胞は1990年代以降、米国を中心にES細胞(胚性幹細胞)の研究が進んだ。しかしES細胞は「生命の萌芽(ほうが)」である受精卵を壊して作るため、倫理的な課題が壁になった。

これに対してiPS細胞は皮膚から作製するため、倫理的な問題を回避できるほか、患者自身の皮膚から作れば拒絶反応も起きない利点があり、再生医療実現の「本命」として世界的に開発競争が激化している。

山中教授は平成18年、マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することで世界で初めてiPS細胞の作製に成功。19年には同じ手法でヒトの皮膚から作製することにも成功し、世界の第一人者として研究開発をリードしている。
臨床応用が実現すれば、脊髄損傷やパーキンソン病、網膜疾患などの難病治療に道が開ける。また、作製した患者の細胞を研究試料として使うことで、病気のメカニズム解明や医薬品の開発など幅広い応用が期待されている。

共同受賞者は英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる
-------------------------

山中氏が会見 「感謝という言葉しかない」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121008/wlf12100821110029-n1.htm
-------------------------
ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大の山中伸弥教授(50)は8日夜、記者会見で「名目上は2人の受賞ということになっているが、受賞できたのは日本という国に支えられたおかげ。一言で表現するなら感謝という言葉しかない」と感想を述べた。

午後7時55分、記者会見場となった同大本部棟5階に姿をみせた山中氏は、グレーのスーツに同系色のネクタイ姿。胸には記章をつけ、穏やかな表情で会見に臨んだ。

会見では、山中氏がマイクに向けて「あの…」と一言発すると、カメラのフラッシュを一斉に浴び、一瞬戸惑った表情もみせたが、その後は淡々と思いを語った。

山中氏は「無名の研究者にすぎなかったが、国や大学、一緒に細胞をつくった同僚や若い研究者、いつも私を励ましてくれた友人や家族にも感謝の意を表したい」と述べ、「80歳を超える私の母に報告できたのはよかったが、(他界した)父もきっと天国で喜んでくれていると思う」と心境を語った。

また、受賞について「喜びも大きいが、同時に大きな責任も感じている。iPS細胞はまだ医学や薬の開発に役立ったといえるところまで来ていない。受賞できたのは光栄だが、一日も早く社会貢献に役立てたい」と話し、「国民のみなさんに私たちの研究に意義を伝えていきたいが、来週からは研究に専念したい。それが私の仕事である」と喜びを押し殺すように語った。

受賞の一報は自宅で聞いた。

「洗濯機がガタガタ音がするので、座り込んで直そうと思っていたら、携帯電話が鳴った。(通話の声が)英語だったので、そうだと思った」と振り返った。

受賞後には、野田佳彦首相からも「日本国民みんなを元気にする受賞で、国の代表としてお祝いの言葉を述べます」と電話がかかり、「総理と直接話すのは生まれて初めてだったので、よく覚えていないが、身に余るお言葉をいただいた」と率直な気持ちを述べた。

共同受賞した英ケンブリッジ大のジョン・ガードン名誉教授(79)について「(iPS細胞の)核の初期化という分野を切り開いたのがガードン先生。これがなければ私たちの仕事もない」と評価し、「真理を明らかにするのが研究者の仕事。何枚ものベールを最初にはがしたのがガードン先生であり、私はある意味幸運だった」と謙虚に語った。

受賞の知らせは母にも報告したが、「キョトンとした様子だった」という。「母は『ああ、よかったね』と言ってくれたような気がしますが、あまりピンときていなかったのでは」と振り返り、会場をわかせた。

iPS細胞は、動物の体を構成するどんな細胞にも分化できる能力を持つ。患者の皮膚などからiPS細胞を作り、そこから必要な臓器を育て、機能不全に陥った臓器の代わりに移植する再生医療への応用にも熱い視線が注がれる。

山中教授は記者会見で「iPSは万能細胞とも言われるが、すぐに病気が治ると誤解を与えている部分もあるかもしれない。でも、実際は時間がかかります」と前置きした上で、「日本、世界中の研究者たちが日夜研究に励み、一歩ずつ前に進んでいる。難病で苦しんでいる方も希望を捨てないでほしい」と力強く語った。

わずかな遺伝子を組み込むことで生命のプログラムを巻き戻せることを示し、生物学の常識を覆したとも言われるiPS細胞だが、山中教授は受賞会見の中で倫理面での問題点にも触れた。

「アメリカでマウスのES細胞の研究を始めたが、受精卵をつかう問題に直面した。iPSではこれを克服できたと思ったが、理論的には皮膚から生命をつくる、新たな課題もつくりだしてしまった。かつて私自身も『倫理的問題はない』と言ったことがあるが、これは間違いだ」

およそ1時間で終了した会見では、若い研究者たちへのメッセージもあった。

「私も若いつもりだが、アイデア一つで、また、努力で、どんどんいろんなものを生み出せる力のある仕事だ。研究成果、知的財産は無限に生み出すことができる。志す人が安心して研究できる環境がつくれるよう、微力ながら貢献したい」
---------------------------
以上、産経新聞より。

正直、倫理面の問題や、この研究の凄さゆえ、ちょっと怖いなぁと実は思っていた研究でしたが、ノーベル賞とは本当に凄い凄い凄い!ですね。

ご本人様の会見動画を拝見致しました。(http://www.news24.jp/articles/2012/10/08/07215442.html#)日の丸のおかげ。日本のおかげと、山中氏は国の支援に対して全面的に感謝の意を述べておられたのが印象深い。

そして、その部分を、日の丸とか日本の、と山中氏が語った部分を、あろうことか日本のマスコミは・・・カットして放送。NHKって日本のテレビ局じゃないみたいですね。ま、ほかもだけど、日本のマスコミって横並びで差がなくなってる。。。って感じがするね。

野田がしれっと、会見途中に山中氏に電話したと。。。(フォロワーさんがイタ電と表現www)ツラの皮が厚いと、恥という言葉を知らないんでしょうね。日本人には恥の文化というものがありますが、堂々と、自分たちの過去を省みない姿・・・日本人の感覚があるのでしょうか。

蓮舫という人に、二番じゃダメですか?と批判された日本軍は、奮起し、奮起し、なにくそーという精神で這い上がって参りました。

小さな研究にももっと投資して、日の当たる場所へ再び、となるために、早く政権交代が必要です。

民主党とマスコミの恥列伝って感じですけどね、毒の効いたやつをのせておきましょう。

この動画ですね。お早めに。山中伸弥氏にノーベル医学・生理学賞

<動画説明>
世界で初めて人工多能性幹(iPS)細胞を作った京都大の山中伸弥教授は25日、iPS細胞の特許成立の記者発表で、科学技術分野でも予算削減を求めた行政刷新会議の事業仕分けに対し「日本の未来はどうなってしまうのか」と述べ、憂慮する考えを示した。山中教授は「iPS細胞の研究は10年間支援してもらい、幸運にも花開いた研究の一つ。10年前のどの研究が大きな成果につながるか誰も予想できない」と述べた。





人工多能性幹細胞
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPS%E7%B4%B0%E8%83%9E
間違いなく自民党政権ですけどね。支援してきたのは!!!

国を強調されるけど、この国は「民主党政府」だからね
事業仕分け (行政刷新会議)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%BB%95%E5%88%86%E3%81%91_(%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%88%B7%E6%96%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0)
-------------------
科学技術関連事業も大幅な削減が行われ、先端技術関連の予算が次々と削られた[17]。IPS細胞を生んだ事業も対象となり、科学関連で「無傷」な事業は存在しなかった
-------------------
どんだけ、日本の科学技術への予算配分が、、、削られたんでしょうね。民主党に夢を託した皆さんは、よーくよーく、見ていただけるといいかなと思います。




ここに経緯が詳しく ⇒祝・山中教授ノーベル賞受賞
http://ttensan.exblog.jp/16958965/

日本が目指さないといけないのは、やはり一番なんですよね。

今は、どうにも、、、一番になろうとか、負けたことに対して悔しいという思いを、打ち消すような、教育になっています。

間違った平等主義が、今の教育現場には広がっている。

優劣の差から逃げてはいけないんだよね。

あいつにはかなわない。あいつを尊敬する!どうしても勝てないあいつを!っていう方は、年配の方にはいるかもしれないけど、今の若い子にはいるのかな。


http://www.jimin.jp/activity/press/president/099845.html
Q:本日発表されたポスター「あなたのいちばん大募集」について、総裁の「いちばん」は、どんなお答えになりますか。
谷垣:私は、今度ノーベル賞を根岸英一先生、鈴木章先生がお取りになられました。本当に嬉しいニュースだったと思いますが、やはり皆、目線が下向きになって、自信を失って、肩を落としているというのは良くないと思います。やはり自分たちの周りに少しでも良いから「いちばん」というものを作っていく。何をというのではなくて、煎じ詰めれば、やはり皆、元気に前向きな姿勢で、眼を上げて進もうぜということを言いたいわけです。だから、我々が政治をやっているのは、大変口野暮ったい言い方ですが、世のため人のために少しでも灯を灯したいと思ってやっているわけですから、そういう「いちばん」を作ろうと努力している方のお手伝いをする。それが「いちばん」の道であると思います

世のため人のため

はーーーーーーーーー。

ガッキーのコメントが聞きたかった。。。総裁として。。。。

谷垣さんは、科学技術庁長官も勤めてきた方です。政府の財政出動については、科学技術への予算配分についてもしっかりと言及されてきました。


「おかえりなさい はやぶさ」を鑑賞した谷垣総裁
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-665.html
-----------------------
逢沢:自由民主党本部でも連日のように、私が所属しています、部会や調査会でも例えばIPS細胞、京大の山中先生に来ていただいたり、ゲノムの解析の問題、科学技術創造立国っていうのを議員提案でつくったのが自民党ですからね。
谷垣:はい
逢沢:そういえば、というと恐縮ですけれども、総裁は最初に入閣されたのは確か科学技術庁長官でしたね。
谷垣:科学技術庁長官という仕事を担いましてね、実はことのときは事前にですね、「おまえ経済企画庁長官と科学技術庁長官とどっちがやりたいんだ」という、あれが、というか事前のサウンド(?聴取という意味かな?)がありましてね。
逢沢:そういう時代もあったんですね
谷垣:それでお問いかけされた方はですね、要するに私は多分経済企画庁長官をやらせろっていうんじゃないかなっていうんでそうおっしゃったんですけれども、やっぱり私は政治家として一度科学技術を、しっかり科学技術政策をしっかりやらなきゃいけないと、思いましてね、是非科学技術庁長官をやらせてほしいとお願いして、そのポストを頂いたっていう記憶、経験があるんです。
逢沢:なるほど。そういう特別な立場も経験された、それからだいぶ時は流れたわけですけれども、その後の、日本の科学技術、あるいは技術革新、まぁどんなふうに政治家として、ま今は総裁という立場に立っておられますけれども。
谷垣:あの、科学技術、いろんな側面があって一言では言えないんですけれどもね、要するに科学技術っていうのは二つあると思うんですよ。一つはやっぱり研究者や技術者の創意工夫。政治があれやれこれやれといって出来るものでもない面があるわけです。その、そういう人たちの現場にいる人たちの創意工夫によって進めていかなくてはいけない面が必ずあります。それは政治が右、左となかなか言いにくい面がある。しかし大きな、国家がこれをやらなきゃっていうのは、ここに力をいれてやらなきゃっていうのは、科学技術というのは進んでいかないぞっていうのもあるんですね。それはある意味ビッグプロジェクトでもあるんだけれども、ビッグプロジェクトというのだけではなしに、国がやっぱりこの分野には力を入れていこうという、そういう何て言うか国の意思というのもなきゃいけないですね。
逢沢:そうですね。国家の意思を反映した研究開発。
谷垣:そういう意味で、我々もですね、大きな意味で科学技術政策を進めていくときに、司令塔として国の司令塔がどこにあるのか、どういうふうに、どう発信していくのか、そこを明確にしていこうと随分考えてやってきたわけですが、果たして今の政権で、そのあたりの国の司令塔としてのなんていうんでしょうかね、役割が十分果たせているかどうか、まぁこの辺は語りだすときりがないんですけれども、我々が政権にいたらもうちょっとこういうところをやってみたいなというところは、日々感ずるところがあります。
逢沢:基礎研究の充実も大事、もちろん、やはり国の経済やひいては国民生活に被益(多分?)があるというね。
谷垣:そうです。あの、経済や国民生活に被益だけで語れないのは今おっしゃった点、一番の基礎的な研究であるとか、あるいはこのはやぶさなんかにしてもですね、はやぶさの前はのぞみと言ったかな、途中で結局失敗して、還ってこなかった。これがすぐ経済に役立つとかにならないんですね。失敗したりなにか、そういう積み重ねなんですが、しかしやっぱり大きな意味で科学技術をすすめていくんだっていうのがないと、日本の国は将来の展望が描きにくいというのも事実ですね。
------------------------------
うーーーーーーーーー。

かえすがえす・・・・残念。

安倍ちゃん、ガッキーを重要閣僚に、、、せめて頼みますよ。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: 偏向報道溢れる日本

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

谷垣勉強会が発足!頑張れガッキー!あゆみとともに。 

NHKニュースなどで散々流れているので、政治にそれほど関心がない人もご存知さんが多いかと思いますが、チーム谷垣、始動いたしました。



既出ですが、小里議員ブログより。「谷垣勉強会」が発足
http://blog.livedoor.jp/o_yasuhiro/archives/1651994.html
---------------------------
「谷垣勉強会」が発足しました。総勢15名、これから毎週水曜日に会を開催します。
不思議なグループです。上から押さえつけることなく、言わず語らず、みんなが互いに強い絆と使命感で結ばれています。当面、「派閥」ではなく「勉強会」ということですが、政策勉強をはじめ、派閥以上に中身の濃い会にしていきます。
---------------------------

谷垣グループ結成 名門派閥「宏池会」分裂へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/stt12100400090000-n1.htm
---------------------------
自民党の谷垣禎一前総裁が顧問を務める政策勉強会の準備会合が3日、都内で開かれ、欠席した2人を含む15人が参加の意思を示した。派閥とは位置付けないものの、事実上の谷垣グループの立ち上げといえる。参加者の多くは古賀派(宏池会)所属で、かつての名門派閥の分裂は決定的となった。党内では既存派閥の影響力が急速に落ちており、再編が加速する可能性も強まっている。(水内茂幸)
「麻生太郎元首相から心配の電話をもらったが、この通り元気だ」
谷垣氏は準備会合で、総裁選出馬断念の「傷」を隠しながら、グループを束ねていく決意を語った。
参加者らは先の総裁選で谷垣氏の再選を目指した。谷垣氏の出身派閥である古賀派の古賀誠元幹事長が谷垣氏への協力を拒んだ反発から勉強会立ち上げに動いた。
週1回水曜日に定例会を開くことも決めた。他派閥の例会が集中する木曜を避けることで、参加者を増やそうとする狙いがある。
当面は執行部を支えるとしているが、安倍晋三総裁が「保守色」の強い政策を打ち出しているなかで、宏池会の伝統である「リベラル路線」を堅持し、対抗軸を打ち出していくことも視野に入れている。
古賀派は創設者の池田勇人元首相から「保守本流」を掲げ、4人の首相を輩出した名門派閥だ。平成12年の「加藤の乱」を契機に分裂した旧谷垣派と旧古賀派が、20年に再合流し現在に至る。
今回、旧谷垣派の7人前後が退会する構えで、古賀派(32人)は額賀派(28人)に抜かれ党内第3勢力に転落する見通しだ。
かつて自民党では派閥領袖(りょうしゅう)や重鎮が「数は力」を合言葉に幅をきかせていた。だが総裁選では、安倍氏が重鎮勢力に対抗し、勝利した。その後の執行部人事でも重鎮らは口出しできず、求心力は急速に低下している。谷垣氏らの勉強会も他の派閥に属する議員でも参加を認めるように派閥的な締め付けはしない。
宏池会に退会届を出した参加者の一人は、派閥政治の限界をこう指摘した。
「池田氏を首相にするために宏池会が生まれたが今は派閥領袖が総裁にならない。その役割は終わった」
----------------------------------

谷垣氏、月内にも勉強会=自民・古賀派が分裂
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012100300670
----------------------------------
自民党の谷垣禎一前総裁ら同党議員13人が3日、都内で会合を開き、月内にも新たな勉強会を結成することを決めた。出席者のうち、古賀派(宏池会)に所属する川崎二郎元厚生労働相、佐藤勉元総務相ら複数の議員は同派に退会届を提出。同派は2008年の旧古賀派と旧谷垣派の合流から4年余りで再び分裂した。
 会合には古賀派系9人のほか、無派閥の4人も出席。谷垣、川崎両氏を顧問とし、党所属議員に幅広く参加を呼び掛けることを申し合わせた。席上、谷垣氏は「政権奪還まであと一歩のところまで来ている。新体制を支えていきたい」と述べ、安倍晋三総裁を結束して支えるよう訴えた。 
 古賀派では古賀誠前会長が先の総裁選で谷垣氏の支援要請を拒否し、再選出馬断念に追い込んだことから、谷垣氏に近い議員らが反発。谷垣氏は同派に復帰しない意向で、中谷元・元防衛庁長官も2日に退会届を出していた。
 出席者は次の通り。(数字は当選回数、敬称略)
 【衆院】谷垣禎一(10)、川崎二郎(9)、逢沢一郎(8)、中谷元(7)、山本公一(6)、佐藤勉(5)、遠藤利明(5)、小里泰弘(2)、徳田毅(2)(以上古賀派系)、棚橋泰文(5)、近藤三津枝(2)、阿部俊子(2)(以上無派閥)
 【参院】松下新平(2)(無派閥)(2012/10/03-17:37)
----------------------------------
ここに参加される女性議員は私は、特に注目したいと思います。なんでっていうか、、、美しいと思うから。つくられた人気によらず、足元がしっかりされていると感じるから。

谷垣勉強会発足
ぶるー会長より http://twitpic.com/b1coe0

このツイートに、「何この、影の男ぶりは。頂きます」とツイートしたところ










というような具合に、、、谷垣さん(泣く泣く)は大人気ですw

派閥の詳しいことは、ウィキペディアでどうぞ。

産経新聞は、安倍さん系(清和会)の保守しか保守じゃなくて、谷垣さん系保守をリベラルとレッテルを貼ります。

でも、もともと自民党って英語で書くと(the Liberal Democratic Party )ですからね。



これが、その綱領。本当に素晴らしい。よくできたものだと思います。
平成22年(2010年)綱領
http://www.jimin.jp/aboutus/declaration/index.html#sec05

既出ですが、谷垣総裁を分析した森田実氏のコラム
http://www.pluto.dti.ne.jp/mor97512/C05979.HTML
-------------------------
谷垣禎一氏は本書のなかで早野透氏のインタビューに答えて、自身の政治哲学・政治理念の一端を語っている。
《『大学』には「修身、斉家、治国、平天下」とある。結婚式のスピーチで言うんです。まず、あなたたちが幸せにならなきゃだめだ。しかしそのエネルギーを、自分たちのためだけに使わないでほしい。さらに周りに及ぼしてもらいたいとね。そして国を治めて、天下を平らかにするとつながっていくわけでしょう。日本人にとって望ましい価値体系のような気がするんですね。》


 谷垣氏の家庭重視、地域重視の一つの原点がここにある。谷垣氏は儒教思想について高い見識をもっている。
 谷垣氏は、儒教思想には二つの面がある、と語る。第一に「人間を中心にした合理的な思考体系」、第二に「生命の尊重」である、と。そしてこう語る。

《何代かさかのぼれば、自分の祖先の名前も知らない。しかし、延々と伝えてきた命であることには違いない。ノそこに、先祖崇拝というものがある。ノ人間がぎりぎり一人で立って、おれは何だろうと思うときに、永遠の命の中に位置づけられているということ、これが儒教思想の神髄だノ。》

 谷垣氏は幼少の頃から日本の歴史書に親しんだ。平泉澄著『物語日本史』、竹越与三郎『二千五百年史』など。さらに最近になって田口鼎軒著『日本開化小史』、『神泉正統記』、『読史余論』、『愚管抄』など。

 そして、谷垣氏はこう語る。

《『二千五百年史』は、わりあい民衆史観というか、近代的、開明的ですよ。ノ竹越を読めば、聖徳太子は、中国の文明を取り入れて日本文明の骨格をつくった人物なんだな、ああ偉い人だったんだということがわかる。》

 さらに丸山真男、大塚久雄の史学も学んでいる。

 政治家・谷垣禎一氏の政治思想の根底には、日本と中国の歴史に関する長年の勉学がある。谷垣氏は「現代」を長い歴史のなかで捉えている。谷垣氏の価値判断は、長期的視点に立っているのだ。目先のことしか考えない最近の日本人の思考に対する正当な批判の心を谷垣氏はもっている。(つづく)
------------------------

「修身斉家治国平天下」を引くと、でてくるんですが、私もこの西部ゼミナールを拝見しましたよ。

元ネタ:西部邁ゼミナール 2012年6月30日放送回にて
---------------------------
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php
21:10~あたり 西田昌司議員談
「谷垣総裁覚えておられないかもしれませんがね、随分前20年近く前、自民党の京都青年部の勉強会やった時、総裁に話してもらいましてね。その時色々あったんですが、(西田は)『そんな事じゃなくて、もっと総裁のですね、信条の本当の部分を教えて下さいよ』と言ったんです。
そうすると総裁はね、『修身斉家治国平天下』って仰ったんですね。 まさに、本当そこの部分て凄く大事なとこでしてね。やっぱ家から― 身を修めて家をととのえるという、その延長線上に地域も国も平らかになると。
やっぱその所が、市場(違うかも。聞き取り難し)なんかでは当然治まりませんしね」

礼記-大学より 孔子の言葉『修身斉家治国平天下』
「天下を治めるには、まず自分の行いを正しくし、次に家庭をととのえ、次に国家を治め、そして天下を平和にすべきである。」

一般人のコラムですが慧眼だなと思った記事
ttp://www.fujitsubame.jp/democracyeep.html
>戦前の教育の根本目的は、修身斉家治国平天下であった。戦後、この教育方針は、頭から否定された。そして、戦後教育は、方向を見失い、彷徨う事になる。(本文続く)
-------------------------------
谷垣さんの保守感ってのは、とっても馴染みやすいって思うんですよね。

地方行脚をはじめたり、ふるさと対話集会を始めたりした、2009年頃の谷垣前総裁の、全く報道されない地味な地味な仕事ぶり。

この動画では谷垣さんの健脚ぶりが堪能できますwww

谷垣禎一総裁は3日、大阪府を遊説しました。
泉大津市の宿泊先から自転車に乗って最初に訪問したのは、泉北郡忠岡町在住の谷野辰三さん(81歳、党歴30年)のお宅を訪問。長年わが党を支えてきた党活動に
謝意を表しました。
このあと、岸和田市営競輪場や関西国際空港、東大阪商工会議所を訪問したほか、大阪市内のホテルで開かれた府連青年局大会、近畿ブロック青年部・青年局合同会議にも出席し­、地域の実情に熱心に耳を傾けました。
遊説の模様をダイジェストでお届けします。
-------------------------

地べたにござひいて。。。本当に膝付き合わせてのふるさと対話集会。

谷垣禎一総裁は11月4日、高知県を遊説しました。大阪から空路高知入りした谷垣総裁はまず、県内の中山間地に足を運び、製材所や「土佐赤牛」の生産農家を視察。農林畜産­関係者と積極的に対話を重ねました。この後、県都・高知市に移動し、車座になって若者と語りあった
ほか、県内の職域支部・友好団体との懇談会、四国ブロック青年部・青年局合同会議に出席するなど、精力的に地元の人との交流を深めました。高知遊説の模様をダイジェストで­お届けします。
-----------------------------
再生が少ないんだよね。。。

こういう足元の基礎固めをないがしろにすると、、、自民党といえどもその屋台骨が持ちませんぞ!!!

前にも書きましたが、この3年間を受け入れて継承していくことこそ、保守政党自民党の姿であると、思います。

そして、こういうのを通じて、谷垣さんの取り組みを知ってもらって、自民党って、本当に生まれ変わったんだなぁというか、日本を取り戻そうという本当の取り組みをしてきたんだなぁと、どこか、感じて頂ければ幸いです。

衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/
今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

ランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いします^^
ゆでがえる  
関連記事

category: ガッキー萌え日記

thread: 小学生ママの日記 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

愛国女性のつどい花時計

日本人は知っているだろうか

プロフィール

復旧復興が何より一番!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

復刊リクエストにご協力を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。